札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
採点、怖い

昨日の夜、衝撃が走りました

 

返却された答案用紙を見てみたら、採点基準が各高校で驚くほど異なっていた件。

 

楽天時代から読ませていただいている、神奈川県の彗真館の塾長さんのブログなんですが、先日行われた神奈川県の公立入試での証明の採点についての記事です

 

一言

 

 

「何じゃそりゃ…」

 

 

「かしゆか」さんの証明の答案は、仮に道コンでうちの生徒が同じものを書いたら満点をつけると思われます

 

それが、仮定しか書かなかった生徒と同じ点数しかもらえないとは…

 

いやいや、きっと上位校だから採点厳しいんでしょ?と思われた方

 

次に登場する「のっち」くんの受験した高校の方が偏差値的には上位です

 

もう、こうなると「それぞれの高校の先生次第」ということになりますね(-_-;)

 

 

まあ、同じ学校内なら同じ採点基準だからいいじゃないかと思った方

 

数学でもっと点数が取れたであろうに、不当に低く抑えられたのですから、思い切り不公平ですよ( `ー´)ノ

 

 

これ、神奈川県で答案が返却されたからわかった話で、同様のことは全国で、もちろん北海道でもあったんでしょうね

 

そうか…たまにある、得点開示に行ったら自己採点よりかなり低い点数だった現象はこれと同じだな(-_-;)

 

 

ここで、「何て酷い採点なんだ」と私が言ったところで始まりません

 

今回の件から、皆さんに学んでほしいのは

 

「相手のことを考えて答案を作ろう」ということです

 

採点をしたことがある人ならわかりますが、国語の記述・数学の証明・英語の作文の採点は、本当に疲れます

 

何が言いたいのか、さっぱりわからない答案は、勢いで×ってつけたくなる衝動に駆られるんですよ(-_-;)

 

高校入試で、そういうことがあってはいけないのですが、1人で何十枚という答案を見なければいけない(しかも上位校になるほど、空欄が少ない)のは、かなり精神的にキツイと思うんです

 

週末、問題を回答する際に、考えてみてください

 

 

独りよがりの答案になっていないか

 

採点する人がわかりやすいように書かれているか

 

 

大事なことだと思うんですけどね

 

 

自分の答案に責任を持ってください

 

 

それにしても、「かしゆか」さんの答案は満点です!

 

※うちの生徒の不確実な情報だと「AB=ACのあとを、同じ行で書いているのがまずいのではないか」と。どうやら学校の先生が、改行しなかった場合、減点されても文句が言えないぞと言ったとか言わないとか。「はぁ?」って感じなのですが…そういうくだらないこだわりを持っている先生って、どこにでもいますからねぇ

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
小ネタ4題

以前、いくつかのネタを1日でダイジェスト版のように取り上げたのが好評?だったので、今日はそれで行きたいと思います

 

本当は、何日分にもなるのですが…それぞれ話を広げるのが大変そうなので(^_^;)

 

 

(1)そもそも、日本語の文法で動詞の識別ができないのに、どうして英語の動詞を理解できるだろうか?いやできない

 

新中1準備クラスで日本語の文法について詳しくやっています

 

今、ちょうど品詞のところで、名詞・動詞についてなのですが、文の中から動詞を抜き出すというのが、ま〜できないこと

 

そもそも、品詞という概念自体が、今回の準備クラスの授業で初めて聞いたことかもしれません(もしくは学校でやっているが理解はしていなかった)

 

そりゃ、be動詞がー、一般動詞がー、と言われても「???」ですよね(-_-;)

 

何とか春休みまでに理解してもらいます!

 

 

(2)そもそも、週1回の授業で何ができるのか?

 

新年度、小学生の授業をどうするか、迷っていたのですが

 

もう、教科の枠とか取っ払って、やりたいことをやることに決めました(笑)

 

ですから、曜日も時間も決めません

 

来たい時に来て、私と一緒におしゃべりしながら、あれやこれやと勉強しましょう

 

ずっと考えていたんですが…習い事ならともかく、毎日の継続性が要求される勉強で、週1回1時間程度の通塾で、果たして何を得ることがあるのだろうかと

 

ですから、小学生にもできるだけ多くの時間来てほしいと思いました

 

学校の宿題やってもいいですし、一緒に調べものしてもいいですし

 

多くの時間を共に過ごすことで、いろんな種を仕掛けていこうかなと

 

 

(3)言われた通りにやる・言われたことをしっかり覚えるだけで、かなり上位になる

 

いかに、この単純なことができていないか

 

追い込みに入っている中3生を見ていても、それは感じます

 

私が指摘すること、そのほとんどが以前授業で取り上げたことです

 

恐らく、どこの塾に通ったとしても、指導方法やレベルにそれほど差はないと思います

 

要は、どこまで指導内容の定着を徹底できるかの差なのではないかと

 

その点、ウチはまだまだですね(-_-;)

 

 

(4)ワークの取り組み方について

 

以前、さくら個別の國立先生が「インチキワーク」について記事を書いていました

 

インチキワーク判別法

 

インチキワーク1級の手腕

 

これは、自分でズルをしているという認識がある場合ですが、実は本人が気づいていないインチキワークもあるのではないかと、最近気が付きました

 

それは…

 

教科書で調べながらワークをやる(理科・社会)

 

え?ダメなの?って声が聞こえてきそうですね

 

ダメですね、しかも時間がかからない分だけ、答え丸写しの方がマシかもしれません

 

ワークというものは、インプットする時に使うものではなく、アウトプットする時に使うものです

 

ですから、まず教科書などを読み込み、頭の中にある程度知識を蓄えた状態で取り組まなければ意味がありません

 

インプット用に使うのならば、最初からチェックシートなどで消える赤ペンで答えを書き込み、暗記に活用した方がいいです

 

 

おぉ、結構な分量の記事になりました

 

最近、短めの記事が多かったからなぁ

 

とりあえず、のどの不調も回復の兆しを見せているので、今日は少し遅くまで残って仕事します

 

 

え?早く帰れって?

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
今までにない悩み

この前、八反田先生のツイートへのRTで(前にもツイートがあって、あるツイートだけを抜き出してます。前後関係がわからないかもしれませんが、ご容赦ください)

 

「宿題もしないのに、何で塾に通わせるのか。 実際数人から『塾なら行ってる時間は勉強してるけど家にいると全くしないから』『いい塾だとついていけなくてやる気なくすからこの程度(よくある個別指導塾)で丁度いい』みな同じ事言った。学力伸ばす気はなく近所の高校に落ちなければOKらしい。 」

 

こんなのがあって、まあ世の中こういう人たちが多いんだろうなぁと私も思いました

 

そんな風潮の中、「宿題は出しませんが、その代りに小テストがあって、合格するまで追いかけられます」「期限までに追試に合格しないことが続くと退塾になります」なんて話を聞いたら、そりゃ選択肢から外れるよなぁ…と(笑)

 

何でこんな話をするかというと

 

新年度が近いのに、今までにないくらい、問い合わせがないんです(^_^;)

 

今まで、右肩上がりで生徒が増えてきて、生徒募集で頭を悩ませたことなかったですからね…

 

だからといって、考え方を変えるつもりはないんですけど(新年度、やり方は変えますが)

 

まあ、今いる生徒たちは、ちゃんと成果も結果も出してくれている子が多いですから、それを続けていくしかありませんね

 

それで、ダメならその時はその時です、うん

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(7) | trackbacks(0) |
失敗の経験

昨日の連続模試

 

派手にずっこけた子がいます

 

今日の解説の途中で「具合が悪くなってきた」くらい

 

コメントで、「昨日今日と過去問を解いたら結果が芳しくなく、すっかりテンションが下がってしまいました」というものをいただきました

 

 

昨日の記事にも書きましたが、本番ではなくて良かったと思いますよ

 

願わくば「パニック状態」も経験しておけば言うことなかったのですが…

 

わかりますか?

 

 

目は文字を追いかけていても、ちっとも頭の中に文章が入って来ない感覚

 

心臓の音がやけに大きく感じて、暑いんだか寒いんだかわからなくなるような感覚

 

目の前が真っ白になって、何も見えなくなるような感覚

 

 

大体は、1教科目の国語で想定外の難易度だった場合に起きるんですが、最近はそこまでキツイ国語は出題されませんからね

 

本番も道コンも

 

何年か前の1月道コンか2月道コンは、まあ凄かったんですよ

 

集めた解答用紙を見た瞬間に、何が起きたかわかりましたから

 

いつも国語で空欄を作らない子でも、空欄がありましたからね

 

顔は見るからにこわばっていました

 

 

でも、そういった経験があると、本番で予想外のことが起きても「あの時に比べれば」となるんですよね

 

そういった経験、できたでしょうか?

 

 

まだ9日ありますよ

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
連続模試を終えて

まずは、国公立大学2次試験前期日程を受験してきた受験生の皆さん

 

ひとまずお疲れ様でした

 

まだ後期日程が残っている人もいるでしょう

 

前期日程で受かっていれば…と期待したくなる気持ちはわかりますが、そこはそれ

 

合格発表までの数日間、何も手につかない状態で、そのまま後期日程を迎えるのは危険です

 

逆に言うと、ここが勝負どころでもあります

 

まだ、入試は終わってませんよ

 

 

さて、何とか時間通りに教室も開けることができ(笑)行われた2回目の連続模試

 

10日後に控えた本番前の最後の実戦機会でした

 

うちの生徒の出来栄えは…う〜ん(^_^;)

 

まあ、ちょっと停滞気味だった2人が一気に爆発してくれたのは良かったです

 

これで、気分よく本番を迎えることができるでしょうから

 

やってもやっても、結果に表れなかったのはきつかったと思いますが、何とか間に合ったかという感じですね

 

一方、芳しくなかった生徒は…

 

これが本番でなくて良かったと前向きに捉え、まだまだ自分にはやらなければいけない課題がたくさん残されていることを肝に銘じてください

 

 

そして、点数以上に今回の連続模試で特に気をつけてほしかったのは、休み時間の使い方

 

 

教科間ごとの20分の休み

 

社会と理科の間の60分の休み

 

 

この休み時間の使い方で損をする生徒、得をする生徒が必ず出てきます

 

 

できが悪かった時に、どうやって気持ちを立て直し、次の教科に向かうか

 

できが良かった時に、舞い上がらずに冷静に自分を見つめることができるか

 

 

色んな状況をシミュレートしておいた方がいいでしょうね

 

 

明日も高校生のテスト対策と今日の連続模試の解説で、午後1時〜9時の開放です

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
同様に確からしい

日本で何かを決める時に、最もよく用いられる方法が「じゃんけん」でしょう

 

くじを作る手間もかからず、勝ち・負け・あいこの確率が3分の1で公平だし

 

 

本当に公平なんでしょうか??

 

今日から中2は確率の単元に入りました

 

ここで出てくる「同様に確からしい」という言葉、学校ではそれほど重要に扱われないかもしれませんが、私は非常に重たいものだと考えています

 

だって、そうでなければ確率を論ずることができないわけですから(-_-;)

 

じゃんけんも、確率の問題で出題されているのを見かけますが、ちゃんと一言申し添えてありますかね(^_^;)

 

「手の出し方に偏りはない(同様に確からしい)ものとする」と

 

このページを見てください

 

じゃんけんの実験

 

私の疑問に答えてくれています(笑)

 

やはり、じゃんけんは少なくとも「公平なものではない」と思いますよ

 

 

ちなみに、この研究を行っているのは広島大学の「ディペンダブルシステム論研究室」

 

こういうのを見るにつけ、「どの大学に入るか」ではなく「どの大学で学ぶか」、そして「何を学ぶのか」ということが、もっと論じられた方がいいのではないかと思います

 

誰から何を学ぶのか?

 

偏差値などに囚われない選び方があると思うんですよね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
数学のポイント

とかく、「他の都府県の公立入試と比べて簡単すぎる」とか言われ、批判されることの多い北海道公立高校入試の問題ですが、私が評価している部分もあります

 

それは、数学の関数や証明の問題で、必要最低限の図しか与えず、文章で条件を示すところですね

 

自分で図に書き加えて、そこから考えなければいけないのです

 

これ、与えられた図でしか解けない子にとっては、かなりきついわけですよ

 

普段どれだけ「与えられた条件は、全部図に書きこめ!」と言っても書きませんからね(^_^;)

 

これだけで難易度2割増しです(-_-;)

 

 

問題集などに載っているような典型的な証明は、ここ数年出題されていません

 

ですから、他の都府県の問題で練習していると、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれませんよ

 

問題を選ぶ際は、なるだけ条件が図に書き込まれていないものにしましょう

 

そして、北海道の過去5年分くらいの問題は必ず目を通しておいた方がいいでしょうね

 

 

理科も、内容はよく考えて作ってあると思います

 

大問が各分野1つずつになったのは、残念ですがね(-_-;)

 

いつも文句ばかり言っていると思われてそうですが、たまには褒めたりするんですよ(笑)


 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
時代背景をどう学ぶのか

今日、高校生から現代文の質問を受けたのですが、その時にふと感じたのが

 

「時代背景ってどうやって勉強したっけ」

 

本をほとんど読まず、テレビとマンガと新聞で育った私ですが、時代背景を掴めず苦労したという経験はありません

 

う〜ん…

 

ことさら勉強するようなことではないのかもしれませんが、でも重要ですよね

 

特に小説なんかでは、解釈が丸っきり変わってしまうこともありますし

 

明治・大正、今なら昭和40年代でも、「古い」って言われそうですね

 

現代社会では当たり前と思われていることでも、その文章が書かれた当時はそうではなかったり、その逆もしかり

 

結局は、何から情報を得ようが、本人に興味関心がなければ、記憶にも定着しないし、知識にもならないだろうということなんですが

 

ただ「覚えなさい」では味気ないですよね

 

集団授業がなくなっても、余談なんかはことあるごとにしていくつもりですし、そもそもそれが楽しくて教えているって部分もあります(^_^;)

 

 

さあ、いよいよ公立高校入試まで残り2週間

 

その前に国公立大学の前期日程も今週末ですね

 

ラストスパートですよ

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
自由すぎるだろ

昨日、うちの教室では、算数・数学思考力検定というものが行われました

 

小学生の算数は、この検定での合格を目指してテキストを進めていましたので、言わば1年間の総まとめのようなものです

 

で、ある問題についての生徒の答案を見ていて思ったのが…

 

「ホント、問題の指示通りにしないよね、キミタチ」

 

まあ、好きか―――――――――――ってに解いてます(笑)

 

恐らく、その1問を間違えたからと言って不合格にはなりませんし、あくまでもこれは「算数・数学思考力検定」

 

国語検定ではありません

 

でもねぇ…

 

結局、どんなに計算が早かろうが、難しい問題の解法が閃こうが、指示された通りに答えなかったら「×」ですよ

 

そのあたり、この1年で随分と厳しく言ってきたつもりなんですがねぇ(^_^;)

 

堪えてないというか何というか

 

自分の直接降りかかってくることがなければ自覚できないんでしょう

 

冗談で「この問題間違えたら死んでしまうって時も、そんなにあっさり答えを書くのかい?」と言うことがあります

 

最初から完璧にできることなんてありえない、間違えながら成長していくわけですから、間違えること自体に極度に恐怖心を抱かれても困りますが、無頓着すぎるのもねぇ…

 

はたして、中学生になって直るものなのか?

 

直らんよなぁ…そう簡単には

 

しばらく、格闘が続きそうです

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
こんなのあるんだ

今日の中3の集団授業は、おそらく1年の中で最も重要なものといえるもの

 

それなのに…2人欠席ですか(-_-;)

 

体調不良なので仕方ないんですよ(1人は今日の入試で別室受験だったそうですし)

 

でも、何というか…

 

肝心なところで休むというのが、持ってないなぁと思ってしまうんですよね(^_^;)

 

もちろん、今日の内容は話しますよ

 

話しますけど、きっと今日授業に出ていた生徒と同じ伝わり方はしないと思います

 

うん

 

 

さて、今日、北郷の生協で買い物をしていたときのこと

 

こんなPOPが目に留まりました

 

大学生対象 コープでバイトしよう 「コープさっぽろ大学生育英奨学金」

 

いいですね、これ

 

バイト代ももらえるんですよね(笑)

 

返済のいらないタイプですので安心です(*´▽`*)

 

2月19日(日)に保護者向けの説明会があるようなので、興味のある方は行ってみては?

 

こういうのが、もっと広く知れ渡るといいのになって思います

 

 

さて、B日程で面接を残している学校もあるかもしれませんが、基本的には残すは公立入試のみです

 

残り2週間ちょっと

 

全力で駆け抜けましょう

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
<< 2/120PAGES >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
Mail
manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp
(☆を@に変えてください)
Mobile
qrcode