札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
やり方一つ、戦略一つでここまで変わる

この時期に、このような記事を上げるのが適当がどうかはわかりませんが、せっかく学校関係者の方が資料を持ってきてくれたので紹介しましょう

 

札幌新陽高校です

 

え?どこそこ?という人から、あぁ…あそこね…という反応の人まで様々でしょう

 

お世辞にも、決しておすすめできる高校ではありませんでした

 

でも、校長が変わり、様々な取り組みを始めた結果、今年の大学入試で大きな変化が生まれようとしています

 

現時点で国公立大学の合格者が8名出てます

 

怒られるかもしれませんが「あの新陽高校」がですよ?

 

ピンと来る方もいるでしょうが、現時点で決まっているということは、この合格者は一般入試ではなく全て推薦やAO入試です

 

そして、国公立といってもそこまで有名なところは含まれていません

 

山口大、高知大、名桜大、釧路公立大(3名)、札幌市立大、名寄市立大

 

でも、いいじゃないですか

 

最初の一歩ってこんな感じですよ

 

ドラゴン桜みたいに東大生が出ればインパクトは大きいでしょうが、そんな現実離れしたことよりも、今の自分たちの力でまずできることから始めた結果だと思います

 

合格体験記みたいなものも読ませていただきましたが、リアルなものばかりですね

 

複雑な家庭環境や、新陽高校に対する最初のイメージなど

 

包み隠さず書いてました

 

中には、「そんな推薦やAOで国公立大学に合格させた数字なんて意味がない」という人もいるかもしれません

 

確かに、全国隅から隅まで見渡せば「願書を出して受けに行けば入る」ような国公立大学の推薦やAO入試もあります

 

しかし、基本的に一般入試で定員割れになることがほとんどないのが、国公立大学の特徴ですから、基準を満たしてないと判断すれば不合格にすればいいわけです

 

そして指導してみればわかるのですが、推薦やAOの対策って大変なんですよ…

 

ですから、私はこの数字は高く評価しますよ

 

何と言っても「あの新陽高校が」ですから(しつこい

 

考えても見てください

 

私が塾業界で働き始めた16年前、札幌第一高校(総合進学コース)は厚別高校を受験する生徒が受けてましたよ

 

それが今や総合進学コースもDランクで不合格者が出る高校になったのです

 

この勢いが続けば、新陽高校だって15年後にどうなっているかわかりませんよ?

 

 

私も、毎年色々な私立高校の説明会に参加させてもらっています

 

自分たちの高校についた長年のイメージを払拭しようと、懸命に努力している先生方がおられます

 

私が面談の席で「○○高校はどうですか」と薦めても、「え?…」と顔を曇らせる方が多いです

 

周りの方に相談すると、ほぼ間違いなく反対されるそうです

 

そうですよね、自分が高校生の時のイメージで判断するでしょうから

 

 

どうしても私立高校は公立の滑り止めということで、検討が後回しにされることが多いです

 

なので高校側もできる限り遅い時期まで、見学会や説明会の日程を引っ張ったりしています

 

もう少し、早い時期から比較検討されるようになるといいですね

 

そして、上辺だけのイメージではなく、ぜひ「中を見て」ほしいと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
ICTかぁ

※先週の道コンの感想は日曜日の夜に更新予定です、いましばらくお待ちください

 

 

今日は教育開発という教材会社さんのセミナー&展示会に行ってきました

 

もちろん、展示会の後は「お昼ご飯の会」です(笑)

 

今日は、いつも通りの時間に教室開けることにしていたので、のんびりすることはできませんでしたが、ここ数日間で起きている「あるできごと」についての情報交換という目的は達成されたので、まあ良かったかなと

 

ところで、今回のセミナー

 

小学英語とかではなく「ICT」がテーマだったのですが、なかなか面白かったですよ

 

特に「ある教材」については、八反田先生と「ネタとして試しても面白いねw」と意見が一致したので、近々導入されるかと

 

しかし、時代は進歩しましたねー

 

こういったデジタル教材を見ていると、特にそう感じさせられます

 

新年度は、プロジェクター使おうかなぁ(*´ω`)

 

 

明日は1回目の連続模試

 

うちの教室は最後の道コンのあとに連続模試を2回行うのですが、2回目は公立入試と全く同じ条件(制服着用、時間割同じ)なんですよね

 

かわいそうですが、私の妨害工作もあります(休み時間に答え合わせを始めるなど)

 

道コンでは、なかなかできないことですが、連続模試ならね

 

色々なことを想定しておいた方がいいので(^_^;)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
出願状況についての記事は、今日の深夜に更新の予定です

先程、倍率みました

 

H30出願状況

 

まあ、ある程度は覚悟していましたが、ここまで極端になるとは思っていませんでした

 

ツイッターにも書きましたが、塾をやっている者として、これを最初に見た時の率直な感想は

 

「終わりの始まりだな」

 

札幌にも来るべき時が来たようです

 

それでは、また夜に



| 教育関係 | comments(5) | trackbacks(0) |
こんなので有名になってほしくなかった

今日の北海道新聞朝刊27面、見ましたか?

 

私のtwitterのTL上でも取り上げる人が多いです

 

TOEIC得点足らず卒業危機 道教大函館校、対象4年生の3割

 

国際地域学科地域協働専攻でTOIEC480点を卒業要件に設定したところ、239人の卒業生の枠3割が「不合格」でこのままだと卒業できないため、大学側が補講やTOEICの追試を行う異例の救済策を決めたそうです

 

TOEIC480点は英検で言うと準2級

センター試験で130点台後半程度

 

お…おぅ(^_^;)

 

これで4年生の3割が卒業できないっていうのは…

 

全国的に恥をさらしたようなものですね(-_-;)

 

国公立大学の二次試験の出願まだ終わっていませんが、これ1週間早ければかなり影響出たでしょうね

 

まあ、こんなのは氷山の一角で、他の国公立大学や私立大学でも似たような話はたくさんあると思いますよ

 

これを機会に、出てきてほしいですね

 

これから大学も淘汰の時代なのですから、残る価値のある大学だけ残ればいいんです

 

 

しかし…この一言

 

教職員から「達成できる見込みの学生が少なく、合格点を引き下げるべきだ」「引き下げれば努力した学生との間で不公平感を生む」との声

 

それは違うと思うんだよなぁ、不公平って何だよ(笑)

 

卒業要件を安易に引き下げるとか、プライドないんですかね(-_-;)

 

今の3年生の就職大変だろうなぁ(´;ω;`)ウゥゥ

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
落ち着きましょうね

本当は夜にゆっくりと書こうと思っていたのですが、ちょっとした危機感を持ったので1時間早く教室に出てきて、この記事書いてます

 

昨日、道コン速報が出ました

 

ホッとした人

焦っている人

 

様々だと思いますが、今日の記事は焦っている人向けの記事です

 

まず、保護者の皆さん

 

この記事を読んでください

 

入試まであと1ヶ月!ついやってしまいがちなNGなことを3つ挙げてみる

 

いつもの慧真館の岸本先生のブログなんですが、私の言いたいことは大体書かれています

 

繰り返しになりますが、くれぐれも

 

本屋に行って問題集や参考書を買いあさってくるようなことはしないでください!

 

今あるものをきちんと理解できていますか?

一度解いただけで終わっていませんか?

 

高校生向けのものと違い、中学生向けの問題集や参考書は塾用教材の方が数倍優れています

 

塾に通われていない方は、塾用教材が手に入らないので本屋で調達するしかありませんが…

 

何度も紹介していますが、TOP校狙いの方なら「全国高校入試問題正解(通称:電話帳)」が一番だと思います。

 

本屋で売られているものは、最大公約数的なものがほとんどなので、それをいくらやったところで「ふーん…で?」といった感じにしかなりません

 

それと、保護者の方が焦って動けば動くほど、当の本人は醒めていきます

 

受験を自分のものとして受け止めることができなくなります

 

過去の卒塾生たちを見てもそうですね、どっしり構えておられるご家庭が総じて好結果を残しています

 

ここで、周りに「あれをやれ、これをしろ」と言われて、それで高校入試を乗り越えたとして、大学入試はどうするつもりですか?

 

そういった生徒が高校入学後に途方に暮れる姿を多く知っているからこそ、自分の頭で今の自分に足りないものは何かを考えてもらい、自分で動いてほしいんですよね

 

 

今年度、学習相談を受けている中で「成績の報告や学習方法の相談は子ども本人にさせます」というご家庭があります(だからと言って、保護者の方とやり取りをしているのが悪いというわけではありません)

 

このブログを始めて今年の5月で10年になりますが、メールや電話などで色々な相談も受けてきました

 

生徒本人とやり取りするのは数えるほどですね

 

指示というのは、間に挟む人数が増えるほど正確に伝わらなくなります(書面なら別です)

 

それは伝言ゲームをしたことがある人ならよくわかるでしょう

 

 

最後に、もう一度繰り返します

 

「焦っている心につけ込むような誘い(無駄な授業や講習を取ること、余計な教材の購入)には乗らない」

 

「受験するのは子どもであって親ではない、高校に行くのも子どもであって親ではない」

 

何とかしたいという親心はよくわかりますが、必要以上に動揺することがないように

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
センター試験、お疲れ様でした

センター試験を受験してきた皆さん、お疲れ様でした

 

ゆっくり休んで、また明日からの二次に向けての勉強に取り組んで下さい

 

リサーチが返ってくるまでの間、気が気ではないと思いますが、それまでの間何もしないのはもったいないです

 

まだ、終わっていませんからね

 

最近は、毎年何かと話題になる出題や出典が多いのですが、今年は地理Bのムーミンでしょうか

 

賛否両論色々ありますが、別にムーミンを知らなくても解ける問題です(むしろ知っていた方が解きにくいかも)

 

見た目に惑わされないように

 

 

さて、冬休み特別時間割も今日で最終日でした

 

明日からは札幌市内の中学校も始まり、通常授業に戻ります

 

私も早起きしなくてすみます(笑)

 

でも、しばらくは目覚ましをかけなくても勝手に7時30分に起きてしまう日が続くんだろうなぁ…

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
一問の価値

明日は中1と中2、明後日は中3の道コンですね

 

うちの教室でも、対策というほどではありませんが、道コンを使った演習をここ数日行っています

 

その中で目につくのが「防げるはずのミス」

 

たった1問と考えているかもしれませんが、意外と大きいんですよ?

 

定期テストは100点満点で、問題数も多く1問の配点が低いです

 

1問間違えたところで2〜3点、割合にすれば2%〜3%です

 

しかし、道コンや公立入試は60点満点

 

問題数も少なく、完全回答も多いので、1問の間違いによるダメージも大きいです

 

仮に3点だったとして割合にすれば5%

 

100点満点に換算すると1問5点です

 

定期テストで1問5点の選択問題があったとすると、もう少し慎重に答えませんか?(笑)

 

この辺りの全体に占める比重というものを理解していない子が多いような気がします

 

「1問くらい…」という油断が積み重なって、大きな失点につながっていることに気づいていないのです

 

ピンと来ないかもしれませんが、入試のボーダーライン上には必ず複数の受験者がいます

 

文字通り「1点を争う戦い」なんです

 

あなたが、何の気なしに書いたその答えが合否を分けるかもしれないんですよ?

 

そういった意識というのは、本番でだけ意識しようとしてもできないものなんです

 

明日・明後日の道コンでは、「1点」にこだわる練習をしてみてください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
なぜ?を大事に

冬休み特別期間も後半になって、道コンを受験する生徒は演習に入ってきています

 

その姿を見て思うのは、思っていた以上に「問題についての考察(思考)が甘い」ということです

 

なぜ、その解きかたをするのか?

その解きかたで出てくるものは何を指しているのか?

その操作の意味は何なのか?

 

などなど、「なぜ」と考える前に、機械的に問題を解こうとしているように見えます

 

例えが適切かはわかりませんが、こちらがシチューや肉じゃがを作るときにも応用が利くように、カレーの作り方を説明しているのに

 

カレー・シチュー・肉じゃが

 

全く違う作り方(同じではないですが)で、3種類の作り方を知らないと(覚えないと)いけないと思っているようです

 

こちらが「じゃあシチュー作ってみて」と言っても「知らないからできません」と

 

「いや、カレーの作り方とほとんど同じだから」と言っても、ピンとこない

 

AにはAの解きかた、BにはBの解き方があって、それを知らないと解けないと思い込んでいるようです

 

「なぜ」という部分を突き詰めておけば、以前解いた問題との共通点も見えてくるんですがね

 

こういった勉強法は、中学校(高校受験)までは通用しても、高校(大学受験)では破綻するのが目に見えています

 

今のうちから、「解法丸暗記」から抜け出してほしいですね

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
センター試験は甘くない

本番を来週に控えている受験生はとっくにわかっている話ですし、センター試験自体は、このまま行くと現高1生で終了となりますから、今から書くことは中学生以下のお子さんを持つ方には興味がない話かもしれませんが…

 

高校の先生、保護者、生徒

 

みんな、センター試験を甘く見過ぎていると思うんですよね(-_-;)
 

私大も参加する共通テストだから簡単なんだとでも思っているんでしょうか?

 

記述式ではなくマークシート式だから?

 

でも当てずっぽうで答え書いたところで、偶然正解することなんて滅多にないですよ(^_^;)

 

ちょっと毒のある言いかたをさせてもらうと

 

そもそも、進研模試で半分の点数も取れないのに、どうしてセンター試験で6割7割の点数が簡単に取れると思うんですかね?

 

 

そして、なぜ「地方国公立ならちょっと勉強したら入れそう」と思うんでしょう(-_-;)

 

やってみたらわかりますが、5教科6〜7科目(国・数・英、理科基礎2科目&社会2科目 or 理科2科目&社会1科目)の勉強って、かなりきついんですよ

 

平均6〜7割?余裕余裕♪って、学校の定期テストではないんですからね

 

特に自称進学校や中堅校に多いんですが、定期テストがぬるいせいで、勘違いをしている生徒が多いんです

 

だから、進研模試程度でも「模試は難しいからできなくても仕方ない」とか、平気で言ってしまうんですよね

 

一度、TOP校の定期テストを見てみるといいんですよ…もう雲泥の差ですから
 

ある生徒が、高校での進路相談で某地方国公立大学の名前を出したところ、先生が「いや、そこを志望するのはもったいない」と言ったそうですが

 

「あなたの高校のセンター試験の平均点は何点なの?そんなことは、しっかりと合格者を出してから言おうね」と思いました(^_^;)

 

 

卑屈になる必要はありませんが、もう少し現実を見据えることも必要だと思いますよ

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
力の入れどころを間違えないこと

道コンまで1週間ないということで、必死に勉強しているかもしれない受験生

 

学年末テストまで、もう10日前後しかないということにも気づいてくださいね(^_^;)

 

学校のワーク進めてますか?

 

道コン終わってからだと手遅れになるかもしれませんよ

 

今回は副教科のテストもありますし、何よりここで内申点(ランク)を下げるのはもったいないです

 

積極的に勧めるわけではないですが、上がりそうな教科と下げたくない教科に集中した方がいいでしょうね

 

例えば、

前期中間70点、前期期末72点で4。後期中間75点

 

こんなケースなら、90点以上取っても5はつかないでしょうし、かと言ってよほどひどい点数を取らない限り3に下げられることもないでしょう(提出物や授業態度などの兼ね合いもありますが)

 

逆に

前期中間90点、前期期末82点で5。後期中間85点

 

こんなケースなら、今回も85点以上取って5はキ−プしたいですよね

 

70点台前半とかだと4がつく可能性も出てきます

 

最後の定期テストですから、「自己最高点を取って華々しくフィニッシュ」というのもいいですが、力の入れどころを間違えると最悪の結果を招く恐れもあります

 

しっかり計画を練ってくださいね

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/134PAGES >>
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode