札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
試験前になって頑張ってもねぇ

毎週日曜日にお送りしていた「現役高校生に聞く!」ですが…

 

このままのペースでは11月中に終わりませんので、来週からは日・月の週2回体制でいきます( ノД`)シクシク…

 

さすがに、定期テスト終わって面談始まろうかという時に終わらないのはまずいですよね

 

 

さて、今週はどこの中学校も定期テスト真っ最中なのではないかと思います

 

そんな中、このような記事を書いて果たしていいのかとも思いますが…

 

 

「試験前になってから頑張ってもねぇ(´-`).。oO」

 

 

試験勉強というのは、どんなにやっても不安が残るので、不安解消のためにやっているというのなら、まだ話しはわかります

 

問題は、普段ほとんどやっていなくて試験直前になって詰め込むタイプですね

 

中学まではそれで通用しても、高校行ってから速攻で詰みますよ

 

詰め込みで対処できる程度なら、普段からやっておけば、どれだけ楽なのかという話しです

 

中には「普段からやっていても試験前になったら忘れるから、記憶系のものは直前の方がいい」とかいう謎理屈を言い出す生徒もいますが…

 

そんなのは「普段からやってから言え」ということです

 

試験前に一度覚えたことがあるものと、全く覚えたことがないもの

 

どちらの方が覚えるのが早いですかね

 

 

あなたたちが大好きな部活で例えるとしましょう

 

普段練習しないで、試合の直前だけ練習しているチームが、勝てると思いますか?

 

部活では「日頃の練習の積み重ねが−」とか言うのに、それを勉強に生かそうとしないのは何故でしょう

 

 

ちなみに、これはうちの生徒達を見て書いているわけではありませんから、保護者の方々はご安心を(中には一部当てはまる子もいますが…)

 

 

で、上に書いたようなことをですね、助長しているのが塾なのではないかと最近思っているんですよ

 

テスト前になると、対策だ何だとするじゃないですか

 

普段からきちんと勉強させていれば、そんなことをする必要もないわけです

 

 

だから、自分のところが凄いとか言うつもりはありませんが、こちらが何もしなくても生徒はちゃんと点数を取ってくるので、それは塾の手柄ではなくて生徒の手柄ですよね

 

北郷の時から、それは変わりません

 

究極的には、テスト前でも特別にテスト勉強をする必要がないようにしたいのですが…

 

さすがに難しいか(^_^;)

 

でも、目指すところはそこですね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(10) | trackbacks(0) |
事実と意見

生徒が小論文を書く時や面接などで参考になるかなと思って開いたのですが、それ以上のことが書いてありました

 

なぜ「事実」と「意見」を区別して話せない人がいるのか

 

途中の部下の例なんて

 

いたな…そういう人。というか、自分も大丈夫かな(^_^;)

 

と不安になるくらい、リアルに描かれていました

 

 

「人は、出された質問が難しいと、それを簡単な質問に置き換えてしまう」

 

ひょっとして、生徒がテストで問題の意味をすり替えるのは、これか!

 

ちゃんと、脳科学で明らかになっているんだな(-_-;)

 

生徒とやり取りする時に注意しないと

 

 

さて、明日は2週間ぶりのG1エリザベス女王杯

 

相性のいいレースです(^-^)

 

◎クロコスミア

〇フロンテアクイーン

▲ラッキーライラック

△クロノジェネシス

△ラヴズオンリーユー

穴ブライトムーン

穴ゴージャスランチ

 

一昨年と昨年、ともに2着のクロコスミア

ほんと、走っても走っても人気にならいんですよね(現在7番人気)

フロンテアクイーンも昨年不利があっての7着

ラッキーライラックは力だけなら、この馬が一番

3歳馬は世代レベル的にどうかという感じもするのでこのくらいの印で

穴は、例のごとくサイン馬券です(笑)

明日は延期したパレードがあるので、皇室関係のことがサインになりそうな気もするのですが…

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日は学力C

さすがに、もう寝てますよね(^_^;)

 

明日は学力C

 

これで、9月から始まった学力テスト全てが終了することになります

 

中学校によると思いますが、この結果で志望校を受験できるかどうかが決まるという人もいるでしょう

 

 

私たち、塾で働く人間にとっては「はぁ?」という感じなんですがね(^_^;)

 

だって、3月の受験校を9~11月のテストの結果で判断するんですよ

 

伸びしろとかは考慮なしで

 

まあ、中学校にだって過去の生徒の記録は残っているでしょうから、「今までに〇〇高校に進学した先輩たちは学力テストで△△△点くらい取っていたからー」てな感じで進路指導するんですよね?

 

平均点や世代間の差は補正するんでしょうか、しませんよね

 

我々との、進路指導との差はそこなんですよ

 

 

平均点や世代間の差、伸びしろをどこまで考慮するか

 

中学校の先生は、大抵3年に1回ですよね、中3生の担任を持つのは

 

塾は毎年ですよ、それは経験値が違ってきて当然です

 

そうは言っても、塾で働き始めたばかりの教室長とかだと、経験値なんて0ですけどね(-_-;)

 

 

今月の25日で、公立入試まであと100日です

 

ということは、今日であと119日

 

これを少ないと考えるのか、多いと考えるのか

 

時間の使い方、取り組み方一つですよね

 

 

学力Cの後は、すぐに定期テストという学校がほとんどでしょう

 

内申点(ランク)が厳しい場合は、学力テストよりもこっちの方が重要ですよ

 

一息つくのは、もう少しあとにしましょうね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
英語民間試験導入延期

今日から高2生の共通ID受付が開始されるという、まさにギリギリ(若干手遅れ)のタイミングで、英語民間試験導入が2024年度まで延期されることになりました

 

具体的に言うと、現中1生の大学入試まで延期ということです

 

オリンピックのマラソン・競歩の会場の件もそうなんですが、これだけ準備に長い時間をかけてきたものは、今までの例からすると、不備を指摘されたからと言って、変更や延期になるものではなかったはずです

 

いや、批判しているわけではないですよ

 

英語民間試験導入については、私は反対でしたから

※マラソン・競歩の札幌開催も反対ですが(-_-;)

 

「決まったことは変えられない」というわけではないのですね、この調子で国語や数学の記述式をどうにかなくしてほしいのですが…

 

 

これで、現高3生の「何としてでも現役合格」というプレッシャーも少しは緩和されますかね

 

共通テストの対策なんて、現高2生はやっていませんし、条件的には全く同じです

 

今のままだと、中堅どころにドッと受験生が押し寄せてきそうだったので、ちょっとホッとしました

 

 

しかし、現中1生は高校入試も新制度ですし、大学入試もこのままいくと英語民間試験導入初年度になるんですね

 

その割にはのんびりしているような気もするのですが(^_^;)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
口コミあれこれ

皆さん、外にご飯食べに行く時に「ネットでの検索」を参考にしてますか?

 

最近、グルメ情報サイトの1つである「食べログ」について、このような発言が相次いでいるんですよね

 

「食べログ」の闇が暴露され大炎上!!年会費を払えば評価を上げると言われたという呟きが波紋!!果たしてこの呟きの真偽、大手口コミサイトの行方はいかに!?

 

食べログ、「年会費を払うと評価が上がる」疑惑 運営元は否定

 

食べログ3.8問題を検証

 

3.8点問題と公正取引委員会の調査でも「食べログ」を批判するのが間違っている理由

 

様々な見方がありますが、ポイントなのは「そもそも、口コミをどこまで信用できるのか」という点にあると思います

 

ラーメン発見伝というマンガの中で、超有名なシーンがあります

 

 

自分で味の良し悪しを判断するのではなく、テレビに出ていたから、ネットで評判だから、友人が美味しいと言っていたからということで評価を決めてしまうんですね

 

 

で、この騒動を見ていて私の頭に浮かんだのは…

 

「塾の口コミってどこまで信用されているんだろう」

 

もちろん、通っている生徒や保護者の方のものが、一番信頼できますよね

 

でも、掲示板に書き込まれているものや、口コミサイトに書かれているもの

 

どうなんでしょう?

 

私自身は、全くと言っていいほどエゴサーチとかしないのですが(気にしていたらキリがないので)

 

塾の先生たちの集まりで色々な話も聞きましたが、中には「えーっ!」っていうような話もあったんですよね…

 

結局、こういうのって「使う人」「気にする人」がいるから成り立つのであって、みんなが使わなくなったり気にしなくなったら、どうってことはないのです

 

塾に関して言えば、とにかく体験してみて、自分の目で確かめることですね

 

他の人が絶賛していても合う合わないがありますし

 

 

さて、10月も今日で最後

 

今年もあと2カ月ですよ

 

 

ね?早いでしょ(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(3) | trackbacks(0) |
何と読みますか?

いつもは、ファイターズや競馬のことばかり書いていますが、サッカーも好きなんですよ(というかスポーツ全般)

 

今日、北海道コンサドーレ札幌が、チーム史上初のタイトルをかけて、川崎フロンターレとの決勝戦に挑みました

 

結果は、もう皆さんご存知の通り、PK戦にまでもつれる死闘の末、負けてしまいました( ノД`)シクシク…

 

この経過を見ていただいただけでも、死闘と呼ぶのにふさわしい試合だったことがわかるかと思います

※サッカーは前後半45分ずつで、AT(アディショナルタイム)が2〜5分程度あります

 

札幌1−0川崎(前半10分)

札幌1ー1川崎(前半48分)

札幌1−2川崎(後半43分)

札幌2−2川崎(後半50分)

札幌3−2川崎(延長前半9分)

札幌3−3川崎(延長後半4分)

 

PK戦

川崎〇〇〇×〇〇

札幌〇〇〇〇××

 

友人が、埼玉まで見に行っていたんですよね

 

前半の先制点で歓喜し、後半43分に絶望し、後半終了間際の同点弾でまた歓喜し、延長前半の勝ち越し点でボルテージは最高潮、延長後半に再び追いつかれるもPK5人目決めれば優勝という瞬間は天に祈り、最後に6人目がPKを外した瞬間に悔し涙にくれたのではないかと思います

 

今回の試合で、コンサドーレは全国区になったのではないかと思います

 

札幌や北海道も、今まで以上にサポーターが増えるのではないでしょうか

 

ファイターズもうかうかしていられないですよ?(笑)

 

私も、まず試合を見に行くことから始めないとな(´-`).。oO

 

 

さて、今日私のTwitterのTLを賑わせていた話題に、こんなのがありました

 

「慮る」

 

これ、皆さん何とよみますか?

 

私は「おもんばかる」だとばかり思っていたんですよね

 

正しくは「おもんぱかる」だそうです

 

えーっ!

 

まあ、「おもんばかる」でもいいそうなんですが、どの辞書を見ても最初に出てくる読みは「おもんぱかる」です

 

で、なぜTwitterのTLが賑やかだったかというと、「おもんぱかる」の方が間違いだと思い調べることもせずバカにしたTweetが広まっていたんですよ

 

もしかすると、自分の方が間違っているかもしれない…

 

そう、思えるか

 

思ったらすぐに調べることができるか

 

皆さんはどうですか?

 

 

ちなみに、もう一つ

 

「間髪を容れず(入れず)」

 

これ「かんはつをいれず」と読むらしいのですが、そもそも「間、髪を容れず」で間髪という熟語はないのだそうです

 

私、「かんぱつ」だと思ってましたよ…

 

 

探せばまだまだ出てきそうですね

 

先生って言われてふんぞり返っていてはいけません

 

人生死ぬまで勉強ですわ(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
古典に学ぶ

うちの教室では、集団授業ではない日に、道コンの国語の問題を大問1つぶん解くのがルーティンになっているのですが、2013年の裁量トライアル(現第4回道コン)に、面白い古文が出題されていたので、紹介したいと思います

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、世阿弥の風姿花伝の一節です

 

※現代語訳

 さて、上手い役者(の芸)にも欠点があり、下手な役者にも必ず長所があるものだ。(しかし)これを見分ける目利きもいない。当人も自覚していない。上手は、名声に甘え、芸達者であることに(欠点が)かくれて、欠点に気が付かない。下手は、もともと工夫しないから(下手なの)であって、欠点にも気が付かず、(まして)長所がまれにはあることも自覚しないでいる。だから、上手も下手も、ともに他人に尋ね(判断を仰が)なければならないのだ。しかし、能(の芸)と工夫を極めた(役者)は、これを承知しているはずである。

 どんなにまずい役者であっても、(その芸に)すぐれた点があると認めたなら、上手もそれをまねるべきだ。それが(自分の芸を充実させる)最良の手段である。もし、長所を認めても、「自分より下手な役者をまねできるか」という強情さを持っていては、その心に束縛されて、自分の欠点をも、どうにも自覚できないであろう。これ(=強情さ)がつまり、(能と工夫を)極めぬ心なのだ。

 

色々なことに対して、あてはめることができそうな内容ですが、ここではやはり(塾での)勉強について

 

どんなに勉強できる子でも、完璧ということはありません

 

勉強できない子は、工夫しないというより、そもそも指示された通りにやらないという欠点が大きいです

 

長所も、まあ稀にあるかもしれませんね

 

ですので、勉強できる子もできない子も、ともに他人に尋ね(判断を仰が)なければならないのですよ

 

要は、「私に聞け」ということですね(´-`).。oO

 

 

後半は、他人の勉強法を見て良いと思ったら、相手が自分より勉強できなくても積極的に取り入れるべきだと

 

相手を下に見て「あんなやつの真似ができるか」と思っていては、自分のけってにも気づきませんよと

 

そして、これは高校生には耳が痛い話かもしれませんが…

 

「〇〇先生はハズレ」とか言って、その先生の授業を放棄するのはもったいないということです

 

その先生の授業にも、長所はあるかもしれません

 

それを取り入れないのは損ですよね

 

 

こんな感じで、古文は現代でも取り入れることができる教えをたくさん持っています

 

ただ、問題を解くだけではなく、その内容を自分の生活や考え方に取り入れるくらい、興味を持ってほしいと思います(^-^)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
学力Bの数学について

学力Bの数学、日曜日にやっと解いてみたのですが…

 

これ、大問1の問5で「は?」ってなってグダグダになっただけじゃないですかね(^_^;)

 

どういう問題だったかというと

 

iPhoneImage.png

 

底面の半径5cm、高さ6cmの円柱に水がびっしり入っていて、それを片側の高さが4cmになるまで傾けて水を捨てた時、捨てた水の体積は?

 

この、円柱を斜めに切った体積(捨てた部分も)を出そうと思っても、こんなの習ってないよ!と思ったんでしょうね(´-`).。oO

 

底面の半径5cm、高さ2cmの円柱の体積の半分ですね(^-^)

 

わかってしまえば「なーんだ」と思うかもしれませんが、問題なのは

 

「体積だからって、何でも公式で一発で出せると思っている」と考えている、あなたの頭の固さです

 

 

こういうのは、中学受験を経験している子なら瞬殺でしょうね

 

私は中学受験自体はあまり賛成ではありませんが、中学受験の勉強自体は否定しませんよ

 

むしろ、公立中に進学する子は、じっくり時間をかけて(ここがポイント)中学受験の問題に取り組めばいいと思います

 

もちろん、小学校の基礎がしっかりできていることが大前提ですよ

 

中学受験の問題は、よく練られた良問が多いですからね

 

 

後は、大問2問4の確率の問題

※AとBが同じベンチに座る場合は、2人掛けと3人掛けがありますからね

 

大問3問2の動点の問題

iPhoneImage.png

※何で円の面積の問題って正解率低くなるんですかね…同じだと思うのですが

 

大問5問2の格子点の問題

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

※3×7−1=20 辺上の点は含めないので(3,7)は除く

 

まあ、他にも変域の問題とか計算問題も分数の処理間違えそうなものとかありますが、TOP校狙おうって人がこれ程度でやられてたらダメですよ(-_-;)

 

高校行ったら、数学で即詰みです(それはTOP校以外に行ったとしても)

 

もう少し鍛えておいた方がいいと思いますね

 

 

あ、他の教科は見ていません(笑)

 

国語も正解率が極端に低い問題があったらしいですが…(学年で正解したのが2,3人とか?)

 

まあ、需要は学力Bより土曜日の道コンの方があると思いますので、もし学力Bで取り上げてほしい教科や問題があればコメントお願いします

 

道コンの感想は、週末か来週頭くらいかな

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
教室の本を増やそうと思います

うちの教室には、それなりの数のマンガがあるのですが、それに対して普通の本は…

 

休み時間はスマホか読書という生徒が多いので、教室に貸し出し可能な本を揃えておけば、結構生徒は興味を示してくれるのかなと

 

そこで、揃えるならどんな本を…と考えたのですが、「中学生にオススメのー」というものを用意してもねぇ

 

と、ここで思い出したのが、以前生徒が「道コンの問題で出た小説、続きが読みたい!」と言ったこと

 

私も以前、「ふたつのしるし」という小説の続きが気になって買ったことがあるので、道コンの題材に選ばれた本を揃えるのはありかなーと思いました(*´▽`*)

 

今までに出題された小説をリストアップして、ちょっとずつ集めてコーナーを作ろうかと(笑)

 

道コンだけでも結構な数ですが、それ以外だと…

 

全国の公立入試で出題されたものですかね

 

むしろ、こっちの方が先かな

 

道コンは、問題演習で使用しているので

 

リストアップ出来たら、ブログで発表します

 

きっと、参考にされる方もいるでしょうから

 

 

というわけなので、読書好きな生徒は、楽しみにしていてください

 

もちろん、私立中学の子や高校生も読んだり借りたりして、いいですからね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
中1英語のもう一つの山場

先日、中1英語の山場として三単現の話をしましたが、今日の中1英語の授業はもう一つの山場でした

 

代名詞です

 

ここも毎年、生徒が混乱するんですよね

 

それは、学校では人称代名詞の目的格だけを教科書で扱っていて、人称代名詞の所有格や所有代名詞をきちんと教えないため、全てを混ぜた演習を行わないからです

 

それは、教えられたものだけを使う(人称代名詞の目的格)のなら、誰だってできますよ

 

機械的に、me・you・his・her・it・us・you・themを入れていけばいいんですから

 

小学校の算数で分数の割り算を習ったから、出てくる数字を片っ端から割るのと同じですね

 

 

主語なのか

目的語なのか

後ろに名詞があるのか

前に前置詞があるのか

人称代名詞の所有格+名詞に置き換えることができるか(a friend of mine のような場合を除く)

 

 

三単現の時と同様に、どのような根拠でその代名詞を選んだのかをはっきりさせます

 

そうでなければ、適当に感覚で代名詞を使うことになりかねません

 

三単現と同様に、じっくり時間をかけて進めたい単元ですね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
<< 2/128PAGES >>
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode