札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
待つことの大切さ
またまた他の塾の先生に影響されて、と思うかもしれませんが…

5月の塾見学にてお世話になった神戸「wiilseeds」のTOH先生のブログの「大胆な仮説(続き)」という記事で、待つことの大切さについて書かれてあります。

ここで私なんかが要約するより、元の記事を読んだほうがTOH先生の言いたい事が伝わると思いますので、内容についてはあえて触れません。
ぜひご覧になってください(残念ながら携帯では見づらいかもしれません)

そこで、自分のことについて考えてみました。

小学生対象に「ぴたごらクラス」という算数の文章題のクラスを始めてもうすぐ3年
あれこれ試行錯誤しながら進めてきましたが、最初のころから変わっていないことは

ノルマを決めないこと

宿題という形でやらせたことは少なくても1度もありませんし、別に1時間かかって1問も解けなくても、できるまで残すなどということはしていません。
まあ、そんな形を不満に思い中には「お母さんに『今日は1問は解いてきなさいよ』って言われた」なんてこぼす子もいたりするわけです(笑)

確かに問題を解いたという目に見えた成果が必要かもしれませんが、あくまでも私がこの「ぴたごらクラス」で目指すものは、文章を読みイメージすること、それを絵で書き表すことで問題の中身がつかめるようになることです。

とかく、式を立てて答えを出すことにこだわるやり方とは一線を画して、極端な話し「絵がきちんと描けていたら式はいらないからね」と指導しているくらいですから。

そう言うと、低学年の子などは目をキラキラさせるのです。
楽しそうに絵を描きながら、それを元に考えてくれています。

子どもたちが問題を解けなくても、せかしたり焦らしたりしてはいけません。
TOH先生が書かれているように、子どもたちの中で流れている時間は大人の私たちが驚くほどゆったりしているのかもしれません。

そうは言ってもせっかく塾に来たのに、何も問題を解けないで帰るのはやはり寂しいですよね。
ですから、最近では授業の前に能力開発のプリントを2枚、授業の最後に簡単なパズルをやってもらい、ささやかながら達成感を味わってもらっています。(この能力開発の問題、意外と難しいんですよ)

と、こんな偉そうに書いていても、中学生になると学校の進度の関係もあり、つい焦ってしまうのですよね…難しいです



| 共感した話 | comments(0) | trackbacks(0) |
募金について考えたこと
今日は、修学旅行と宿泊研修が重なって、中2と中3の生徒がほとんどお休みです。
まあ、だからといってのんびりするわけでもなく、中1生を自習に呼んだり、高校生がテスト勉強しに来ているのですが…

さて、私は小さいころに赤い羽根に募金したのを最後に、しばらく募金というものをしたことがありません。
世界の中でも経済的に恵まれている国日本に住み、さらに何不自由ない生活をしています。
世の中には、困っている人が大勢いることもわかっています。
にも関わらず、何故?

基本的に募金というものが信用できないのです。
募金を装った詐欺事件も起きています。
果たして、自分が募金したお金が本当にきちんとその目的で使われているのか?
何かの資金集めではないのか?
実際、その募金がどう使われているのか、細かく報告されている例はあまり聞きません。
誰がいつ、いくら募金したか、きちんと記録されているわけではありませんしね。

もちろん正式な寄付という形で、それが基金となって運営されている例は数多くあります。
寄付と違って小額な募金でも、そこまで徹底的に管理するのであれば、もっと協力する人も増えるのではないのかな?

なんてことを常々考えていました。

人間不信というわけではないと思うのですが( ̄▽ ̄;)

そうしたところ、塾見学に行ったTOH先生のブログに、こんな本が紹介されていました。

さらに同じく塾見学に行った國立先生のブログにも、この本の内容と感想が紹介されていて…
何と!作者は私が考えていたことと同じようなことを感じ事業を始めたらしいのです。

これは興味深い(−−;)

また読まなければならない本が増えましたね

昔は本なんて読まなかったのになぁ( ̄▽ ̄;)


| 共感した話 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゆっくりでもいいんだよなぁ
今日は書こうと思っていた話があったのですが…

昨日の夜、高校生に頼まれていた問題集を買うため某大型書店に行った際、探していたある本を見つけ購入しました。

「ゆっくりでいいんだよ」というタイトルの本です。

先日の塾見学の旅で訪問させていただいた神戸の先生が、読書感想ブログで高い評価を与えていたので興味があったのです。

先ほど、一息入れようと思い、そういえば昨日買った本でも読んでみようと何気なく読んでみたところ

妙にツボに入ってしまい、たまに陥る「悶々と悩む状態」に突入してしまいました(笑)

たまに思うんですよ。

生徒たちに「頑張れ〜」と言って勉強やらせることが、果たして本人たちにとって幸せなことなのかどうか。

塾の先生をやっていて何を今更と思われるかもしれませんが、ただ勉強だけできればいいなんて考えていないわけで。

あ…

今、自分が何を一番やりたいのかおぼろげながら見えたような。

でもそれは

到底塾と呼べるものではないなぁ(笑)

土曜日とか日曜日に趣味でやるならまだしも



それいいかも(*゚∀゚)b

期末テストが一段落したら、お知らせするかもしれません。

今日書こうと思っていた記事は、明日になったら書けるかな。

基本的に、悩んでも1日経ったらケロッとしている典型的B型なものですから(笑)

では


| 共感した話 | comments(0) | trackbacks(0) |
初めての期末テストに向けて
私は塾の先生たちが書かれているブログをよく読みます。
その中に、毎月19日に全国の塾の先生がメッセージを残すブログがあります。

「塾の日ブログ」です。

今回、私が最も印象に残った記事、海風007先生の「中学生になった君へ。」という記事です。全文を引用させていただきます。

スタートラインに立った中学1年生に向けて勉強について書きます。
定期試験終わりましたか。
未だの人もいると思いますが、1学期中にはあります。
そして、点数での順位が出ます。そこでどう思うかがこれからの君の中学生活を決めます。

1 自分の点数を自分の実力として受け入れる。
2 この結果を参考にして次の目標を決めて頑張る。

試験の結果は大切です。しかしそれをどんなに受け取るかはもっと重要です。
点数はそれまでの君の努力を数値で示したものに過ぎません。
君の持っている価値とは違うものです。
君の持っている価値は、君自身にも家族にも、先生にも分りません。
分らないと言うのは在るかどうか分からないということではないのです。
どこまで伸びていくか分らないと言う意味で分らないのです。

努力は無限大です。
その努力の結果の点数も限りなく伸びていきます。
今の目の前の結果に振り回されないでください。
自分の目標を決めて努力してください。
その努力の結果が試験の点数です。
努力を続けてどこまで伸びていくか挑戦してください。

君たちの可能性は無限大です。

〜引用終了〜

ぜひうちの中学1年生に読ませたいです。
さっそく来週の授業から配ります。

ここで、大切なのは配った後に必ず読ませるということですね。
「これ、家に帰ってから読んでね〜」では絶対に彼らは読みません。

これからも参考になる記事があればドンドン取り上げようと思います。

本当は、私がこのような言葉をかけられれば言うことなしなのですが…
私も日々精進です。
生徒と一緒に努力しなければ!


| 共感した話 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/2PAGES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode