札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
単語の勉強をしてもらうために

毎年、春と秋にそれぞれ1週間お休みをいただいて面談を行うのですが、その時期がやってまいりました

 

いつもより1週間早く、授業終了後の時間も使っての面談週間が始まります

 

秋は全員必ずというわけではなく、希望者のみということにしているのですが、6割近くの方が面談を希望してくれました(高校生は面談率低いんです、うち)

 

そして、恒例のパズルのようなスケジュール設定をした結果、今回は面談なしという日をいくつか作ることができました(*´▽`*)

 

さて、せっかく時間を割いて教室に来てくれるわけです

 

「面談してよかった」と言ってもらえるように、毎回自分の中でテーマを決めているのですが、今回のテーマは

 

 

英語と国語について

 

 

昨日のテスト結果の中でも触れていますが、英語と国語の結果が私としては(多分生徒も)満足いくものではなかったのです

 

これを改善するためにはどうすればいいのか?

 

国語については、定期テスト時に取り組んでいた方法に手ごたえを感じたので、それを通常授業から導入する

英語については、とにかく単語の綴り間違いが目につくので、その解消法を提案する

 

こんな感じでまとまっています

 

英単語の問題は、ここ数年ずっと気になっていたんですよね

 

ただ、単語テストをテストを行えば書けるようになるかと言えば、それも違うんじゃないかなと(^_^;)

 

以前、さくら個別の國立先生の英単語コンテストの企画に乗っかったことがありましたが、あれは英語→日本語でした

 

今度は日本語→英語

 

しかも、書くのが面倒だという生徒のために、できればアルファベットを並べ替えるものであれば負担が軽くなって、まだ取り組んでくれるのではないかと

 

その時だけやるのではなく、毎日継続的に少しずつ、隙間の時間を使って取り組んでくれる方法があれば…

 

あるじゃないか(笑)

 

 

「発音とタッチで覚える中学英単語1200」英検3級など同シリーズ多数あり

 

「スペルで覚える英単語中1編〜中3編」

 

 

結局、スマホのアプリなんですけどね(^_^;)

 

インストールして試してみましたが、私は前者の方が好きでした

 

初級だと一部分のみ穴埋め、上級だと全てを並べかえと、二度おいしいのもポイント高いですし、理解度テストとしてランダムで確認ができるところもいいです

 

単語の発音機能もあります

 

これをやってもらって、定期的に私がチェックするという形を取りたいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

 

そして、紙に書くテストも「たまに」行えば完璧ですね(笑)

 

動画やゲームばかりに使うのではなく、少しは勉強にも役立ててもらいましょうか

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
地理が得意になるためには

さて、新学期が始まったのもつかの間

 

もう来週からGWが始まりますね

 

うちの教室は4月30日(日)から5月7日(日)までお休みになります

 

毎年、この期間は課題を出していて、今年は英語と社会

 

社会は、世界の国45と都道府県&県庁所在地です(中1は世界の国、中2は都道府県&県庁所在地、中3は両方)

 

課題といっても、覚えていれば特に勉強する必要はありません

 

そう、実はここに私からのメッセージが込められていて、世界の国も都道府県&県庁所在地も、私の中では「常識として覚えていてほしい」ことなのです

 

しかし、地図を部屋に貼っていれば、子どもが黙っていても覚えるかと言えば、そういうわけではありません

 

一時期、辞書引きがブームになりました

 

わからない言葉が出てきたら、すぐ引けるように、居間に辞書を置いておく

 

同じように、常に居間に地図帳を置いていて、テレビで地名が登場したとき、会話に地名が登場したとき、親子一緒になって「どこだろうね〜」と探すのが、恐らく一番良い方法ではないかと思います

 

地理が得意な子どもは、大抵地図を見るのが好き(苦にしない)です

 

中1生の社会は地理スタートの学校がほとんど

 

学校のワークや塾のワークを解くだけでなく、地図に慣れ親しむのが、本当の意味で地理の力をつけることにつながりますよ

 

これは、何も中1生に限った話ではありませんからね(^-^)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
同様に確からしい

日本で何かを決める時に、最もよく用いられる方法が「じゃんけん」でしょう

 

くじを作る手間もかからず、勝ち・負け・あいこの確率が3分の1で公平だし

 

 

本当に公平なんでしょうか??

 

今日から中2は確率の単元に入りました

 

ここで出てくる「同様に確からしい」という言葉、学校ではそれほど重要に扱われないかもしれませんが、私は非常に重たいものだと考えています

 

だって、そうでなければ確率を論ずることができないわけですから(-_-;)

 

じゃんけんも、確率の問題で出題されているのを見かけますが、ちゃんと一言申し添えてありますかね(^_^;)

 

「手の出し方に偏りはない(同様に確からしい)ものとする」と

 

このページを見てください

 

じゃんけんの実験

 

私の疑問に答えてくれています(笑)

 

やはり、じゃんけんは少なくとも「公平なものではない」と思いますよ

 

 

ちなみに、この研究を行っているのは広島大学の「ディペンダブルシステム論研究室」

 

こういうのを見るにつけ、「どの大学に入るか」ではなく「どの大学で学ぶか」、そして「何を学ぶのか」ということが、もっと論じられた方がいいのではないかと思います

 

誰から何を学ぶのか?

 

偏差値などに囚われない選び方があると思うんですよね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
時代背景をどう学ぶのか

今日、高校生から現代文の質問を受けたのですが、その時にふと感じたのが

 

「時代背景ってどうやって勉強したっけ」

 

本をほとんど読まず、テレビとマンガと新聞で育った私ですが、時代背景を掴めず苦労したという経験はありません

 

う〜ん…

 

ことさら勉強するようなことではないのかもしれませんが、でも重要ですよね

 

特に小説なんかでは、解釈が丸っきり変わってしまうこともありますし

 

明治・大正、今なら昭和40年代でも、「古い」って言われそうですね

 

現代社会では当たり前と思われていることでも、その文章が書かれた当時はそうではなかったり、その逆もしかり

 

結局は、何から情報を得ようが、本人に興味関心がなければ、記憶にも定着しないし、知識にもならないだろうということなんですが

 

ただ「覚えなさい」では味気ないですよね

 

集団授業がなくなっても、余談なんかはことあるごとにしていくつもりですし、そもそもそれが楽しくて教えているって部分もあります(^_^;)

 

 

さあ、いよいよ公立高校入試まで残り2週間

 

その前に国公立大学の前期日程も今週末ですね

 

ラストスパートですよ

 

それでは、今日はこのへんで



| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
PとC

今までに、何度、この質問を聞いたかわかりません

 

高1の数IAの確率の単元でのこと

 

「どんな時にPを使って、どんな時にCを使えばいいんですか?」

 

今の生徒(昔もそうか)は、すぐにパターンに当てはめようとして、パターンに当てはまらなければ「難しい」とか「わからない」とか言い出すんですよね(-_-;)

 

樹形図書いてごらんと言ったら、イヤーな顔します(笑)

 

「そんな中学生みたいなこと教えなくていいから、パパッと答えが出るやり方を…」

 

そう考えているんでしょう

 

 

この問題について、色々な人(と言っても紹介するのは2人ですが)がブログに書いています

 

 

なぜ「解き方」を知りたがるの

 

「解き方」の続き

 

だから式だけ覚えても意味ないんだってば

 

また、駿台予備学院の安田亨先生は、著書「ハッと目覚める確率」の基本の約束の中で

 

 

いきなりPやCを使おうとしてはいけない。最初は公式に頼ろうとしないで、実際に書きならべることから始めましょう。

 

 

そう書いてます(この本はとても良い本です。取り上げているのは確率だけですが、数学に共通する考え方が学べると思います)

 

私が高校時代に数学を学んだ先生は(サミーか柴Qかどっちだったかな?)、こう言っていました

 

「確率が楽しいと思える人は、将来数学を仕事にできる。そうでなければ、例え今、数学のテストで点数が取れていても、仕事にするのはやめたほうがいい。」

 

私は、確率の問題の文章は「短いゆえに問題の真意を読み取るもの力が要求される」と思っています

 

他の単元とはまた違った面白さがあると思うんですよね

 

まあ、私が競馬好きなのも、こういった確率や統計的なものに興味があったからなんでしょうね
 

 

何のためにグラフを書くのか

 

何のために図を書くのか

 

説明するこちら側がグラフや図を書くのに、どうしてキミたちがそういったものなしで解けるのだろうか?いや、解けない(反語)

 

 

私も、いきなりCやPやら使わないで、まずは書き出してみるのが、結局は確率という単元を克服する一番の近道だと思いますよ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
球の体積
今日の授業でのひとコマ

「先生…」

「おう、どうした?」

「球の体積の式って、どうやって導くんですか?」

「…」

「ちょっと待て(w」

登場したのはこの本

FullSizeRender.jpg

確か載っていたと思ったんだけど…

あった(^-^)

FullSizeRender.jpg

え〜っと…

これ、だいぶ説明省いてるな(w

もうちょっと他のが…

あった(^-^)

カヴァリエリの原理

でも、三平方の定理も出てくるし、結局納得いく説明はできないだろう

そう思った私は


開き直って数IIIの積分で教えました(笑)


いや、だってこれが一番しっくりくるんですもん(^_^;)

実際、積分ってそういうものですしね

まあ、彼も高校生になって数IIIを取れば「おぉ!あの時の!」と思い出してくれるでしょう

そもそも、理系に進んでくれなければ数III取りませんがね(笑)


明日は公立入試前最後の休日

13時〜21時の教室開放で、最後の仕上げです

それでは、今日はこのへんで
 


| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
ことわざ、慣用句を見直そう
最近、ことわざや慣用句を生徒に聞いても「何それ?」という反応が多いです

確かに、使う機会は少ないのですが…

先人の知恵の結晶なのですから、もう少し大事に扱ってもいいような気がしますね


先日、交通ルールを全く無視して走行する対向車がいました

どんな人が運転しているんだろうと見ると、年配の男性でした

そうか…高速道路を逆走する人はこんな感じなんだろうな…

自分が行きたい方向に行く、周りが止めても聞かないんでしょうね

自分よりも年下の人間が多いのですから

その時、ふと「老いては子に従え」ということわざが頭に浮かびました

なるほど、年を取ると自分が正しいと思い、年下の人からの貴重な意見も聞く耳を持たなくなってしまうから気を付けろってことなんだなぁ

私も、生徒からの指摘や意見はしっかり聞かないとダメですね

まだ「老いた」とは思っていませんが(笑)


「良薬は口に苦し」とも言います

ありがたい話ほど、耳が痛いんですよね


でも、「亀の甲より年の功」で長年の経験というものはおろそかにできません

こういう、一見矛盾したものがあるのが、またことわざの面白いところでもあります


受験生たちには


ちりも積もれば山となる

案ずるより産むがやすし

七転び八起き


で頑張っていただきたいと思います

それでは、今日はこのへんで


| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
基本は大事だよ 英語編
今日の中3生の入試対策講座で、ある問題を解いてもらったのですが…

全滅でしたヽ(´▽`)/

え?何で喜んでいるのかって?

できてもらったら困るからですよ(笑)

基本って大事なんだよ、って知ってもらうためだったので


どんな問題だったかというと…

2012年度第4回道コン(2013年1月実施)中3英語

大問4の問5B:正解率4.6%

Bに入る英語を5語以上で答えなさい

Tourrist: ( B ) tomorrow?

Shinji: It'll be sunny.You can enjoy your tour.



あ、過去問演習とかする人は、答え見ないでくださいね




いいですか?




まず、最も多かった誤答は

( How will be the weather ) tomorrow?

違うの〜???という声が聞こえてきそうですね( ̄∀ ̄)


では、基本に忠実に考えていきましょう

疑問文を作る場合、平叙文から考えるのが第一です


ここでは、質問に対する答えが「 It'll be sunny.」ですね


では、これを疑問文にしてみましょう


Will it be sunny?ですね


主語を the weather に変えると


Will the weather be sunny?になります


最後に天気がわからないようにするために、sunny を how に変えると


( How will the weather be ) tomorrow?


実は中2の英語の教科書(SUNSHINE:P24)にほぼ同じ文が載っているのですが(^_^;)


しっかり英語の構造を意識しないと、書けないと思います

まあ、まだまだということですよ


さて、うちの教室は来週から一足早く冬休み特別時間割に入ります

とは言っても、学校はまだ休みに入りませんから、しばらくは一斉授業がなくなって自由に来ることができるというだけなのですが

今年は暦の関係で、冬期講習とかは組みづらいのではないですかね?

世間も、26日が御用納めで、仕事始めは5日ですか?

1,2,3,4…

9連休( ̄◇ ̄;)いいなぁ

まあ、私もGW・秋・春と9連休を年に3回取るのですが…

秋と春は、面談で実質休みなしですからね(笑)

うーん、次年度はもう少し考えよう


それでは、今日はこのへんで


| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
点の位置
今日の小学国語の時間のこと

「先生、同じ問題が2つあるんですけど」

そう言われて、問題を見ると


私は、泣きながらバスに乗る鈴木君を見送りました。

私は泣きながら、バスに乗る鈴木君を見送りました。


そうか(-_-;)これが同じに見えるのか…

国語があまり得意ではない子はそうなりますよね

読点の打つ場所が違うと、意味が変わるなんて


上の文は、泣いているのは鈴木君

下の文は、泣いているのは私


全然違います

多分、「きちんと読む」ということは、「読む」=文字を声に出すでは決してなく、こういった細かい部分を丁寧に教えていくことからなんだと思います

一文を徹底的に分解して、味わいつくさないといけませんね

時間はかかりますけれど、それだけやりがいもあると思います

がんばろうっと


短いですが、今日はこのへんで




| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
現在進行形
今日の中1の英語の授業は現在進行形について

私が、毎年楽しみ?にしている授業の一つです

なぜか?

突然ですが、問題です

次の日本語の文の中から、現在進行形を使うものはどれでしょう?

(1)私は彼を知っています
(2)私はサッカーをしています
(3)私は英語を勉強しています
(4)私は犬を飼っています
(5)私は母を手伝っています
(6)私は車を持っています
(7)私はご飯を食べています
(8)私はあなたを覚えています

全部「〜しています」ですね

現在進行形を「〜している」「〜しています」と覚えていると、全部現在進行形にしてしまいそうです(^_^;)

面白いのはここなんですね

今の子は教えたことが全て当てはまると考えることが多いので、こういった「そうではない場合もあるよ」ということを教えるのは楽しいんです

上の答えは(2)、(3)、(5)、(7)ですね

(1)(4)(6)(8)は進行形は使えません

この区別を中1にどう教えているか

まあ状態動詞と動作動詞の…と教えてもいいのでしょうが、私は

「2秒後にやめれるかどうか」で判断しなさいと言っています

私のオリジナルではありませんよ?とある参考書からパクらせていただきました(笑)

2秒後にやめれるものは現在進行形にできる(サッカーをする、勉強する、手伝う、食べる)、2秒後にやめれないものは現在進行形にできない

知っている・覚えているを2秒後にやめたら記憶喪失か?となりますし、飼っている・持っているを2秒後にやめたら捨てたのか?となりますよね


ですから、食事しながら「私は猫を飼っています」と言おうとして

I am having a cat.

なんて言ったなら…恐ろしい


こういう話も交えながら、英語の授業はやってます


さて、学力Cの道コンSSも出ましたし(こちら)、いよいよ決断を迫られるときが近づいてきましたね

とは、言っても実際に願書出すのは年明けですし、出願変更もありますからね(^_^;)

中学校からは「ここで決めたことは絶対だから、変更は認めん」みたいなプレッシャーかけられるかもしれませんが、それは安易な変更を防ぐだけであって、どんな理由があろうが認めないというわけではありません



と信じていますよ(ボソッ

裁量トライアルや1月道コンの結果を見て、最終的に判断しますでも、私はいいと思いますがね

まあ、全員にこれやられたら確かに困りますが(笑)

要するに、中学校側からの変なプレッシャーに惑わされるなということが言いたかったのです

悔いのない選択をしてくださいね


それでは、今日はこのへんで


| 教務 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/7PAGES >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode