札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
2016年10月道コン感想(後編)

30分以上かけて書いていたものがブラウザがクラッシュしたせいで吹っ飛び、一気に書く気が失せましたが、何とか2回目を書いています

 

同じもの書けないんですよね…書いたことある人はわかると思うのですが

 

今日の後編は、志望者動向や10月道コンの今後について書くのでした

 

まずは、昨年と今年の道コンの違いについて簡単に

 

昨年まで

8月(共通)→11月3日(C対策)→11月4週(裁量トライアル)→1月(標準・裁量)→1月4週(予想問題、標準・裁量)

 

今年

8月(共通)→10月23日(標準・裁量)→11月4週(標準・裁量)→1月(標準・裁量)→1月4週(予想問題、標準・裁量)

 

昨年までは、1月の2回しか標準・裁量に分かれたものが受けれなかったのに対し、今年は4回しかも10月から受けることができるというわけです

 

まあ、11月3日の学力Cと同範囲の道コンは、以前から存在意義を疑っていたので、これがなくなったこと自体は評価しているのです

 

ただですね…

 

10月のこの時期に標準問題の道コンを行う意味ってありますかね?

 

この日程を聞いたとき事務局の人に言ったんですよ

 

「裁量問題組の上位層は、学力テストなんて特に勉強しなくてもいいくらいなので、この時期に裁量問題を意識させるのは効果的だと思います。11月4週に標準問題を入れたのも進路の最終決定のためにはいいでしょう。それなら10月は裁量トライアルでも良かったのでは?」

 

さて、実際に受験者数はどうだったのでしょうか

 

10月道コンの一次処理受験者数は6311名(裁量3608名、標準2703名)

 

思ったよりも標準受験者が多かったですね(^_^;)

 

ちなみに、昨年の11月道コンの受験者数は8054名、裁量トライアルの受験者数は4126名、延べ12180名でした

 

恐らく事務局は10月道コンが11月と同数で、11月4週は標準受験者の分が単純に上乗せされて、結果的に受験者数が増えるのではと考えていたんでしょうね

 

でも、仮に11月4週も10月と同じと仮定すれば12600名程度

 

昨年と変わりませんね(^_^;)

 

うちのように10月は受けないが11月4週は受けますといったところもあるでしょうから、実際は昨年の11月道コンとほぼ同じくらいの受験者数で落ち着くのではないかとは思いますが

 

来年以降も、このままなんですかね

 

私立上位クラスも見据えた難易度の高い道コンをこの時期にやってみても面白いとは思うのですが…

 

まあ、商売ですからね(笑)

 

受験者数が見込めないものをやっても仕方がないんでしょう(-_-;)

 

 

次に志望者動向について

 

昨年の11月道コンだと母数がかなり変わってしまうので、裁量トライアルと比較することにしました

 

受験者数は

10月道コン(裁量)3608名(うち石狩2626名)

2015裁量トライアル4126名(うち石狩2953名)

2014裁量トライアル3803名(うち石狩2799名)

 

昨年との比較だと約11%減、一昨年だと約6%の減ですので、それを考慮して数字を比較してみてください

 

年度 第一志望者(全志望者)

 

札幌南

2016 206(375)

2015 234(428)

2014 250(458)

昨年比:−12%(−12%)一昨年比ー17%(−18%)

 

札幌北

2016 197(425)

2015 237(498)

2014 213(494)

昨年比:−17%(−15%)一昨年比ー8%(−14%)

 

札幌西

2016 195(532)

2015 227(589)

2014 265(614)

昨年比:−14%(−10%)一昨年比ー26%(−13%)

 

札幌東

2016 183(494)

2015 203(561)

2014 218(564)

昨年比:−10%(−12%)一昨年比ー16%(−12%)

 

東西南北は、ほぼ全ての学校で想定していた減少率よりも志望者数が減っています

 

11月道コンを見てみないとわかりませんが、今年は安全志向なんですかね?

 

その中で東は、昨年とほぼ同じだと考えていていいと思います

 

札幌旭丘

2016 173(488)

2015 292(646)

2014 200(586)

昨年比:−41%(−24%)一昨年比ー13%(−17%)

 

国際情報(普)

2016  63(236)

2015  62(256)

2014  65(230)

昨年比:+1%(−8%)一昨年比ー3%(+3%)

 

開成中等

2016  36(98)

2015  41(128)

2014  36(142)

昨年比:−12%(−23%)一昨年比±0%(−31%)

 

札幌月寒

2016 187(545)

2015 202(616)

2014 199(554)

昨年比:−7%(−12%)一昨年比ー6%(−2%)

 

北広島

2016 132(274)

2015  99(240)

2014 113(238)

昨年比:+33%(+14%)一昨年比+17%(+15%)

 

旭丘は昨年が異常だったので反動が出てますね(^_^;)今年は落ち着きそうです

 

開成中等は第一志望者数こそ変わりませんが、全志望者が減っているのが気になります

 

ひょっとすると、定員割るかも…

 

月寒は実質微増

 

びっくりしたのは北広島

 

これ、今年の入試大変なことになりますよ(^_^;)このままいくと

 

1.4〜1.5倍とか…何があったんでしょうか

 

国公立大学の合格者数が評価されているんでしょうか?センター試験最後の世代で浪人できないというのが関係しているのか…

 

まさか書道部は関係ないですよね(笑)

 

札幌啓成(理)

2016  21(66)

2015  34(87)

2014  22(71)

昨年比:−38%(−24%)一昨年比ー5%(−7%)

 

国際情報(国)

2016  43(116)

2015  34(114)

2014  42(129)

昨年比:+26%(+2%)一昨年比+2%(−10%)

 

札幌手稲

2016  92(282)

2015 131(300)

2014  87(271)

昨年比:−30%(−6%)一昨年比+6%(+4%)

 

札幌新川

2016 170(430)

2015 136(416)

2014 149(373)

昨年比:+25%(+3%)一昨年比+14%(+15%)

 

札幌藻岩

2016 115(257)

2015 109(241)

2014 110(235)

昨年比:+6%(+7%)一昨年比+5%(+9%)

 

啓成の理数科と国際情報の国際文化は、定員が少ないので増減はあてにならない面が大きいです

 

手稲は隔年傾向なので、昨年の反動ですね

 

新川はここ2年倍率が下降気味だったのですが…また数年前のように1.5〜1.6倍とかになるんでしょうか

 

藻岩も実質かなりの増ですから、これはある程度の倍率を覚悟する必要があるかもしれませんね

 

札幌啓成(普)

2016  71(226)

2015 117(294)

2014  87(216)

昨年比:−39%(−23%)一昨年比ー18%(+5%)

 

札幌北陵

2016 106(263)

2015 119(281)

2014  84(197)

昨年比:−9%(−6%)一昨年比+26%(+34%)

 

大麻

2016  82(172)

2015  80(186)

2014  63(164)

昨年比:+3%(−8%)一昨年比+30%(+5%)

 

札幌清田(普)

2016 122(250)

2015 116(248)

2014  83(212)

昨年比:+5%(+1%)一昨年比+47%(+18%)

 

千歳(普)

2016  55(108)

2015  48(82)

2014  47(74)

昨年比:+15%(+32%)一昨年比+17%(+46%)

 

国際情報(グ)

2016  38(90)

2015  48(90)

2014  46(82)

昨年比:−21%(±0%)一昨年比ー17%(+10%)

 

札幌平岸(普)

2016 132(336)

2015 136(333)

2014 119(295)

昨年比:−3%(+1%)一昨年比+11%(+14%)

 

札幌稲雲

2016  70(153)

2015  68(159)

2014  64(150)

昨年比:+3%(−4%)一昨年比ー9%(+2%)

 

啓成は昨年の反動が出てますね

 

北陵は一昨年との比較からすると、今年は油断できませんね

 

大麻は志望者減に歯止めはかかっているようですが、SSの下落傾向は止まりません

 

完全に啓成に抜かれた感じですからね

 

清田はこのままだと珍しく倍率上がりそうですね

 

 

中堅どころが軒並み志望者数を増やしているような

 

う〜ん、これはひょっとして

 

千歳も大幅に増やしていますが、これは母体の数字が少ないせいでもありますから、注意が必要

 

平岸・稲雲は前年並みということは実質若干増ということですね

 

 

ここまで志望者動向を見てきたのですが、ちょっと腑に落ちない点があったので、別の観点で調べてみました

 

あ…やっぱり(^_^;)

 

学区別の受験者データです

10月道コン(石狩2626名)(−11%)

旧第1 571(21.7%)(−18%)

旧第2 453(17.3%)(−7%)

旧第3 251(9.6%)(−9%)

旧第4 410(15.6%)(+8%)

旧第5 565(21.5%)(−18%)

旧第6  62(2.4%)(−54%)

旧第7 251(9.6%)(+18%)

 

2015裁量トライアル(石狩2953名)

旧第1 700(23.7%)

旧第2 487(16.5%)

旧第3 275(9.3%)

旧第4 380(12.9%)

旧第5 692(23.4%)

旧第6 133(4.5%)

旧第7 212(7.2%)

 

全体の減少率が−11%であるにも関わらず、受験者数が増えている旧学区が2つあります

 

旧第4学区と旧第7学区です

 

旧第4学区には新川、旧第7学区は北広島があります

 

ということは、新川と北広島の志望者が増えたのは、単に旧学区の受験者数が増えたからだという理由が大きそうですね

 

やれやれ(^_^;)ちょっと安心しました

 

また、旧1学区(中央区・南区)と旧第5学区(西区・手稲区)の受験者数が少なかったのが、東西南北の志望者数がイマイチだった原因であるとも言えますね

 

いくら石狩全学区になり、旧学区を越えての受験が多くなってきたとはいえ、やはり地元勢が占める割合は大きいですから

 

 

来週の進学舎のセミナーでは、どんな話が聞けるんですかね

 

そして最後に

 

札幌東陵!

 

やっぱり裁量問題にするべきではなかったと思うんですよ…

 

第1志望者平均SS43.1で、ぶっちぎりで最下位ですよ

 

別に学校側が望んだわけではないんでしょうが…道教委ももう少し考えた方がいいと思いますよね、うん

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年10月道コン感想(前編)

先週のうちに書くと言っておきながら、週をまたいでしまいました

 

既に総合資料も発表されていますし、やり直しなども終わっているでしょうから、いつもと違い各教科で気になった問題と、志望者動向の分析などについて書いてみようと思います

 

前編の今日は、各教科で気になった問題です



まず国語から

漢字の出題って難しいですよね(-_-;)

 

標準問題の出題とはいえ、「変遷」の読みが期待得点率70%に対して実際は6.2%

 

「至難」の書きが期待得点率60%に対して実際は16.9%

 

他にも、期待得点率を大きく下回るものが目立ちました

 

漢字・語句は以前と比べ配点が高くなったにも関わらず、それほど重要視されていないように見えます

 

確かに、勉強する範囲は広いですが、読み書きの問題だけでなく、本文中に出てきて読めない。意味が分からないために失点する可能性もあるのですから、やって損はないと思いますよ

 

まあ、漢字・語句ばっかりではダメですが(^_^;)

 

バランスですね、要は

 

あと、古文は難しかったですね

 

中学生には、注釈付きでも内容を理解するのが、大変だったのではないかと思います

 

 


続いて数学

大問2、問6の作図は、円周角を習ってからの出題の方が良かったと思います

(解説に書いてあるように、正方形を対角線で二等分した形ということで、円周角の定理を知らなくても作図は可能ですが…)

 

大問3、問2の方程式の文章題は、標準問題組にはかなりハードルが高かった様に思います

 

実際に公立入試で出題したら、色々言われそうですね(笑)

 

裁量問題組の得点率33%というのは…まあ、こんなもんでしょうね

 

大問4、問3の関数の問題で裁量問題組の得点率がかなり低かったのは、等積変形以外の解き方がなかった(Bの座標に文字を使い面積を求めるのがかなり大変)のが大きな要因でしょうが、二次関数の応用まで学習が進んでいなかった中学校もあるのでは?

 

もし、次年度も同様の時期に行うのであれば、試験範囲について再考した方がいいかもしれません

 

大問6、問3(1)は後から見ると、なぜこの問題に手を付けなかったのか…と思いますよね

 

裁量問題だから難しいと決めつけていませんか?

 

(1)は基本問題のことが多いです

 

まずは、全ての問題に目を通し、自分の力で解けそうな問題を見極めるようにしましょう

 

 

次は社会

大問1、問2の地形図の問題

 

いつも思うんですが、地形図の問題って視力が悪い子のこと考えてないですよね

 

自分が生まれつき視力が弱くて苦労したので、細かい部分を見なければいけない問題は腹が立ちます

 

あ、この問題は方角だけで正答選べるので、怒ってないですよ(笑)

 

大問2、問3の記述はもっと得点率低いかと思ったのですが、模範解答見ると随分許容範囲が広かったようで(^_^;)

 

問5の時差の問題は、標準問題組は得点率低かったですね…

 

時差12時間だから西経135度って書いたのかな(-_-;)


公民の得点率の高さに比べ、地理・歴史の低さが目につきます

 

難易度どうこうというより、復習に手が回っていないというのが正直なところですかね

 

学力Bが終わった段階で、地理・歴史に手が回っていないというのはどうかなとも思うのですが…
 

 

続いて理科

 

大問1、問1(5)は周期表と答えたことがないからでしょうね(笑)

 

まあ、定番の問題しか勉強してないとこうなります

 

問8はいい問題ですね

 

単純に酸化銅や酸化マグネシウムの問題しかやっておらず、パターン化して解いている子には難しく見えるでしょうね

 

解説読んだら「なーんだ」でしょうが(-_-;)

 

まあ、私が褒める問題は、大体得点率が低い問題ので(笑)

 

大問2、問3を事務局では「やや難」と判断していたようですが、そうですかね?

 

大問3、問3(2)は得点率が低かったのが不思議なんですが…大問1問8といい、何かあるんでしょうね

 

うちの生徒に解いてもらって調べてみたいと思います

 

大問4、問4も…

 

アとイ、ウとエが対になっていて、オが独立しているので、答えのパターンは決まっていて、すべて選びなさいにしては答えやすいはずなのですが

 

示準化石の年代、堆積岩の河口からの距離、示相化石、それぞれ別に考えれば何てことはないはずなんですがね

 

大問5、問4は理屈はわかっていても表現するのが難しかったのでしょうか?

 

直列回路だと電流が等しくて、電圧は抵抗によって変わるのは、知っているはずなんですよ

 

 

最後に英語

 

大問3、問3について、ちょっと長めに書きたいと思います

 

本文には「A yong boy picked up the ticket and took it to the lost and found.」と書いてあるんですね

 

で、模範解答は「Because a young boy picked it up and took it there.」なんです

 

picked up the ticket と picked it up

 

気になりませんか?

 

仮にpicked up it と解答していた場合、事務局ではどのように採点していたのでしょう(過去の同様の例だと△1)

 

調べても、明確な根拠はないんですよね(発音しづらいから等)

 

これが、give it to me は良くて、give me it はダメの場合ははっきり書いてあるのですが(-_-;)

 

まだ事務局に問い合わせてないので、明日にでも聞いてみます(聞いてから書けよという話ですが)

 

大問5、問1の並べ替えは…得点率2%ですか(笑)

 

数学の最終問題並ですね

 

これを根拠をもって正解できたのであれば、自信をもっていいと思いますよ

 

初めての裁量問題でしたが、単語数は400語程度

 

これから、分詞や関係代名詞を含み語数も500〜600語と増えてきます

 

今回、そこそこ読めたからといって油断することがないようにしてくださいね

 

ちなみに「レインメーカープロジェクト」って見た瞬間、オカダカズチカが頭に浮かんだ中学生は…いないでしょうね(笑)

 

 

明日は志望者動向や10月道コンの今後について書いてみようと思います

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
期待得点率と小問別得点率の乖離について

昨日、総合資料が出ましたので、これを元に事務局の期待得点率と実際の小問別得点率の比較をしてみましょう(先日の感想の中で触れた問題については、今日は扱いません)

 

期待得点率に比べ20%以上落ちているものを対象にしています

 

赤字で書いているものは、うちの教室の小問別得点率です


 

国語:2問

 

大問一:漢字・語句・実用文、問四 同じ意味の熟語 期待得点率50% 小問別得点率29.1% 60.0%

 

そもそも、的外れ=「けんとう」違いという言葉を知らなかった可能性が高いですね

 

同音異義語の「検討」「健闘」を書いた誤答はありませんでした

 

 

大問四:古文、問一 「 」をつけたほうが良い部分 期待得点率60% 小問別得点率23.8% 40.0%

 

 

数学:3問

 

大問2:文字式・方程式、問2イ 連立方程式ー立式(班の数が同じ)期待得点率40% 小問別得点率13.0% 20.0%

 

大問2:文字式・方程式、問2ウ・エ 連立方程式ー解(男女の人数)期待得点率40% 小問別得点率15.0% 30.0%

 

立式がダメなのに、答えが合っていたら点を与えるって、どうなんですかね(-_-;)

 

個人的には反対です

 

大問5:図形総合、問2(1)平面図形ーおうぎ形の弧の長さ 期待得点率40% 小問別得点率3.9% 0.0%

 

そもそも、大問5自体を解いていない生徒が多いですからね

 

期待得点率は、そういうものを考慮していないようなので(-_-;)

 

ただ、仮に時間制限がなかったとして、40%以上の受験生が正三角形を作ることに気づくと??

 

それは、どうでしょうね(^_^;)

 

 

社会:18問

 

大問1:小問集合、問1(3)アフリカーアパルトヘイト 期待得点率60% 小問別得点率35.3% 90.0%

 

大問1:小問集合、問4(2)古代の歴史ー国司 期待得点率60% 小問別得点率11.7% 0.0%

 

大問1:小問集合、問4(3)中世の歴史ー浄土真宗 期待得点率60% 小問別得点率37.6% 40.0%

 

大問1:小問集合、問6(3)近世の歴史ーアヘン戦争 期待得点率60% 小問別得点率33.5% 30.0%

 

国司…聞かれること少ないかぁ(-_-;)

 

浄土の教え(浄土信仰)・浄土宗・浄土真宗は、やはりごちゃ混ぜになるんですね

 

問6(3)は誤答のほとんどがウでした

 

年号、ちゃんと覚えていればねぇ

 

 

大問2:世界地理、問4 環境ー二酸化炭素(資料活用)期待得点率50% 小問別得点率21.0% 40.0%

 

大問2:世界地理、問5 産業ータイの産業(記述)期待得点率50% 小問別得点率19.3% 30.0%

 

大問2:世界地理、問6(1)アメリカー適地適作 期待得点率50% 小問別得点率24.4% 30.0%

 

大問2:世界地理、問6(2)アメリカーサンベルト 期待得点率70% 小問別得点率49.4% 50.0%

 

やはり、記述の誤答は「産業」に触れず、「品目」について書いてあるのがほとんどでした

 

サンベルトは、語句を答えることはできても、場所を聞かれることがなかったんでしょうね

 

他にも、そういうものはたくさんあります

 

この機会にチェックしておいた方がいいですよ

 

 

大問3:日本地理、問3 産業ー出荷額割合 期待得点率60% 小問別得点率37.8% 50.0%

 

大問3:日本地理、問4(1)F 産業ー東北地方(資料判別)期待得点率60% 小問別得点率22.8% 20.0%

 

印刷を見て東京だと気づいてほしいなぁ(-_-;)

 

問4を含めて、うちの生徒たちのこれから鍛えなければいけないところのようです

 

 

大問4:奈良〜明治時代、問2 年代並べ替えー鎌倉時代 期待得点率50% 小問別得点率12.4% 30.0%

 

大問4:奈良〜明治時代、問3 外交ー倭寇・明 期待得点率50% 小問別得点率21.6% 60.0%

 

大問4:奈良〜明治時代、問4 文化ー江戸時代 期待得点率80% 小問別得点率59.8% 50.0%

 

大問4:奈良〜明治時代、問5 政治ー明治時代 期待得点率50% 小問別得点率11.5% 60.0%

 

大問4:奈良〜明治時代、問7(1)政治ー二条河原の落書 期待得点率60% 小問別得点率38.4% 30.0%

 

問4…国語でおくの細道やっているのに間違えるんですね(-_-;)

 

問5は、「会議」は書けたのに記号で間違えた生徒が4人いました

 

 

大問6:現代の日本と世界、問1 政治ー安全保障理事会の常任理事国 期待得点率70% 小問別得点率32.1%

 

大問6:現代の日本と世界、問4 地図ードイツ 期待得点率70% 小問別得点率48.2%

 

大問6:現代の日本と世界、問5 政治ー中華人民共和国 期待得点率50% 小問別得点率29.3%

 

うちの生徒は問5を選択した生徒がほとんどでした

 

 

理科:15問

 

大問1:小問集合、問1(4)動物の体ーアミノ酸(語句)期待得点率90% 小問別得点率48.7% 50.0%

 

大問1:小問集合、問1(5)大地ープレート(語句)期待得点率90% 小問別得点率62.1% 70.0%

 

大問1:小問集合、問2 動物の体ー器官(語句)期待得点率80% 小問別得点率50.0% 90.0%

 

大問1:小問集合、問5 地震ーP波の速さ 期待得点率70% 小問別得点率33.7% 30.0%

 

大問1:小問集合、問6 凸レンズー焦点の位置(作図)期待得点率60% 小問別得点率22.8% 20.0%

 

大問1:小問集合、問7 力ー物体から受ける圧力の大きさ 期待得点率60% 小問別得点率27.8% 40.0%

 

計算や作図…どうしてこんなにできないんですかねぇ(-_-;)

 

大問1ができないのに、大問2以降が解けるわけないじゃないですか…

 

まだまだ、基本的な知識や技能が不足しているようです

 

 

 

大問2:植物、問1 基本操作ーヨウ素反応の手順 期待得点率80% 小問別得点率26.6% 50.0%

 

大問2:植物、問2 植物の葉ー葉が行ったはたらき 期待得点率60% 小問別得点率33.3% 20.0%

 

大問2:植物、問4 植物の分類ーアサガオの維管束と根 期待得点率80% 小問別得点率56.4% 50.0%

 

正直、問4を間違えるとは思わなかった(-_-;)

 

どう考えても、サービス問題なんですが?

 

 

大問3:化学変化と原子・分子、問1 原子と分子ー炭酸水素ナトリウム 期待得点率60% 小問別得点率12.6% 20.0%

 

大問3:化学変化と原子・分子、問2 化学変化ー水 期待得点率70% 小問別得点率49.1% 50.0%

 

問1は1つだけの誤答が3人、問2は「水」と答えた生徒が1人いました

 

問題読もうな(-_-;)ホント…

 

 

大問4:電気、問1(2)磁界ーコイルにはたらく力 期待得点率30% 小問別得点率10.1% 0.0%

 

大問4:電気、問2(1)電磁誘導ー電流が流れた理由 期待得点率60% 小問別得点率11.6% 30.0%

 

問1(2)…まさかの全滅_| ̄|○

 

,鬟Δ箸垢觚軼も3人いました

 

 

大問5:天気とその変化、問4 大気の動きー季節風 期待得点率70% 小問別得点率41.2% 40.0%

 

理科ではなく地理の知識でも「ア」「ウ」の二択に絞れるのに(-_-;)

 

 

大問6:水溶液とイオン、問1(2)水溶液とイオンーイオンのでき方 期待得点率70% 小問別得点率42.2% 70.0%

 

夏休み明けの定期テストの範囲なので、これくらいできてもらわないと困ります

 

 

英語:4問

 

大問1:聞き取り、問3.1 聞き取りー英文選択 期待得点率75% 小問別得点率24.8% 30.0%

 

大問3:読解総合、問1 並べ替えー受け身 期待得点率60% 小問別得点率17.4% 20.0%

 

大問3:読解総合、問3 英作文ー参加を勧める文 期待得点率30% 小問別得点率9.0% 13.3%

 

大問4:読解総合、問4(1)部分英作文ー形容詞 期待得点率40% 小問別得点率11.5% 13.3%

 

 

英作文をする前に、基本的な文法事項を守った文を書けるようにならないと(-_-;)

 

雛形だけ覚えて、単語の入れ替えで作文しても、意味ないですよね

 

 

まあ、ざっと振り返ってみましたが、小問別の得点率とうちの教室の得点率、それほど変わりませんでしたね

 

うちの教室で起きていることが、そのまま全道の中学生の縮図であると、ある程度考えてもいいのかもしれません

 

 

それはまずいな(-_-;)

 

 

何やら、また台風が近づいてきていますね

 

札幌は、今日一日で結構な量の雨が降っています

 

明日・明後日と雨の予報が出ていますから、前の雨で地盤が緩んでいる所では土砂災害の危険性があります

 

気をつけて、早めの準備・早めの避難を心がけてください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年8月道コン感想(後編)

昨日の続きですね、早速始めましょう

 

4教科目は理科

大問1の小問集合は、ちょっと手こずりそうな問題がいくつかありましたね


問3は、カニの仲間はどれかという話ですが、Aの爬虫類やDの魚類は論外として、B(節足動物)とC(軟体動物)で悩んだかもしれません

 

問4は定番の問題ですね

 

数日後の様子を見てアを選ぶかもしれませんが、時間が経てばかき混ぜなくても均一になりますからね(-_-;)

 

問5は、いじわるですね(-_-;)

 

「ある地域で12時25分ころに地震が発生した」を震源と解釈してしまうと、120kmで15秒とすると秒速8km、150kmで20秒とすると秒速7.5km、何じゃこりゃ〜となってしまいます

 

ある地域=震源とは書いていませんよね

 

ですから、120kmと150kmの30kmを6秒かかったとするのが正しいわけです

 

まあ、文句を言いたくなる気持ちもわかりますが…

 

問6の作図は、凸レンズの右側に実像を作る問題は練習していても、焦点を求めろと言われて…あれ??

 

2つと言われて左側にどうやって作ればいいか、わからなかくて…あれ??

 

模範解答を見てもできあがったものしかありませんから、順番を追って写真を見てもらおうと思います

 

FullSizeRender.jpg

 

凸レンズの中心を通るように直線を引きます、スクリーンにぶつかったところが物体の頭の部分ということになります

 

FullSizeRender.jpg

 

軸に平行な光は凸レンズで屈折して焦点を通り像を結びます

 

FullSizeRender.jpg

 

軸と交わったところが焦点ですね

 

FullSizeRender.jpg

 

左側(物体側)についても同じ要領で、ただ焦点距離は同じですから、作図せずに目盛りを読んで焦点を決めても正解です

 

 

大問2は生物分野(植物)

問1の実験手順が、意外と正解率が低そうですよ

 

問2は完全回答の分、正解率は低めになりそうですが、アの袋を光合成のみとした誤答が多そうです

 

 

大問3は化学分野(化学変化と原子・分子)

問4は、気体と液体の合計ですからね

 

8.1gと答えた人、それは試験管に残る固体の質量ですよ

 

あとは、問1で「すべて」と書いているのに答えを1つしか書かなかったり、問2で化学式と言われているのに「水」と答えたりとかですかね

大問4は物理分野(電流)

問1(2)はフレミングがどうのこうのというより、図1の状態からPの方向に45度回転して図2の状態になるにはイの方向に力が働かないとダメでしょう(-_-;)

 

あ…

 

ひょっとして図2だけ見て、下に回るからウって思ったのでは(^_^;)

 

可能性は高いですね

 

 

大問5は地学分野(天気とその変化)

 

これは、生徒たちが最も苦手とする問題でしたね

 

今回、「理科きもーい」とか「理科しんだー」とか言っている子は、ここの出来が相当悪かったことが考えられます

 

逆に、理科全体の点数が低くても、ここの出来が良かった(記号問題とか勘で当たったとかは除いてですよ)人は、理科伸びますよ

 

問1は、湿度というものをどのくらいイメージできているのか

 

私はいつも、温度によって大きさが変化するコップがあって、コップの大きさが飽和水蒸気量、コップに入っている水が水蒸気量、

湿度はコップの大きさに対して、どのくらい水が入っているかを%で表しているものと説明しています

 

この問題だと、水の量が変わらないでコップの大きさだけが変化する→湿度が低い=コップが大きいから%が低い→気温が高い

こういう風に考えてほしかったですね


問2は…まあ、海風の理屈そのものなんですが、図2や図3を見なくても砂(陸)の方が水(海)より「暖まりやすく、冷めやすいというのは知っておいた方がいいでしょう

 

あと、線香の煙がBからAに流れる理由ですから、本来は「気圧」についても触れるのが筋だと思いますよ

 

上昇気流だけなら、不十分だと思いますが…それだと正解者いなくなっちゃいますからね(^_^;)


問3は難問でした

 

昼は西よりの風(海風:海から陸へ)、夜は東よりの風(陸風:陸から海へ)が吹いていることから、西に海がある地点、つまりイを選びましょうということです

 

問4は、実験内容を把握できなくても、冬は西高東低の気圧配置で北西の季節風が吹くことを知っていれば解ける問題です


大問6は選択の化学分野(水溶液とイオン)、大問7は選択の生物分野(生命の連続性)ですが、定番の問題ばかりでしたので解説は必要ないと思います

 

まあ、理科も平均点が酷いことになっていますが、理科で暗記だけで通用するのは生物分野だけ(化学も若干)だと思ってください

 

「なぜ、そうなるのか」根拠を明白にしながら、常に問題に取り組むこと

 

これが、遠回りのようで最も速い理科の点数を上げる方法です



おしまいは英語

大問1はリスニング

 

少しスピードが上がりましたかね?

 

男性の声は、比較的聞き取りやすかったように思います

 


大問2は小問集合

 

Bの問2は…そんなに難しくないんだけどなぁ(^_^;)

 

時制間違ったり、It'sって書いたり、theが抜けたり…

 


大問3は長文(会話文)

 

右の問題欄がスカスカでびっくりしたんですけど(-_-;)

 

本当に中3の問題か、疑ってしまいましたよ

 

本文中に、それほど構造が難しい文もありませんし、話の流れもわかりやすかったと思うのですが…

 

まあ、問3の参加を勧める英文を作れは、ちょっと手こずるかもしれませんが、Why donn't you ~ ?を知っていればいいだけですからね(-_-;)

 


大問4は長文(スピーチ)

 

大問3に比べて若干長いですが、文法的に解説が必要そうなのは11行目から12行目にかけてくらいでしょうか?

 

I tried to learn the names of the flowers hard and I thought about what to do in the shop by ( watching ) Mr.Kimura's job.

 

try to do

what to do(疑問詞+不定詞)

by watching(前置詞+動名詞)

 

問1(1)は、完了形に不定詞( want to do )がくっついているので、ちょっと馴染みのない形で難しかったかもしれません

 

(2)は上にも書いたように、要は前置詞+動名詞を知っているかどうかですね

 

問4は…それほど難しくはないと思うのですが、この辺りではきっと時間に追われているでしょうから、時間をかけてやり直しをすればまた違うかもしれません

 

後置修飾や関係代名詞が入っていない今の段階では、それほど難しい長文は作れません

 

ですから、今の段階で時間が足りないという人は、これから相当苦労すると思います

 

初見の長文にたくさん触れて読むスピードを上げることも大切ですが、英文の構造を意識することも答案を作成する上で非常に重要です

 

1日1本、長文を解きましょう

 


さて、いつも言っていることを最後に

 

今回の道コンの合格可能性98%には、あなたたちが考えているほどの「価値」はありません

 

98%だろうが2%だろうが、どうだっていいんですよ(暴論)

 

あくまでも、現時点の志望校の中での位置関係にすぎず、半年先の入試を保証してくれるものではありません

 

今、自分がどんな状況に置かれているのか?期待とか予測とかそういうもの抜きで教えてくれているだけです

 

ですから、大事なのは「この結果を素直に受け入れること」です

 

調子が悪かったとか、ここができればもう少し良かったとか、言い訳は必要ないです

 

まずは、自分の現状をしっかりと受け止めて「ここから何をすべきか」を考えてください


模試というものは、受けた時よりも受けた後の行動が重要です

その問題ができなかった本当の原因は何なのか?

 

ケアレスミスという簡単な言葉で済ませてしまわず、しっかりと自己分析してみましょう

現実を受け入れるのは辛いことかもしれません

 

しかし、希望や憶測で受験を考えていてはいけない時期が迫ってきているのです


さて、うちの生徒たちはこの結果をどう受け止めて、どう今後に生かすのか

楽しみ半分不安半分ですね

 


それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年8月道コン感想(前編)

予定通り、何とか今日更新することができました(^_^;)

 

既に速報を見た人もいるかもしれませんが…

 

道コン速報

 

正直なところ、私お口あんぐりでした(^_^;)

 

え?こんな平均点低いの?って感じです

 

毎年というわけではないのですが、私の想像よりも点数が伸び悩む時ってあるんですよね

 

受験生全体のレベルがどうこうというよりも、問題形式に対する受験生の意識の乖離が激しいときに起こる現象のようです

 

言い方を変えると、表面上の知識を問われる時と更にそこから一歩踏み込んだものを問われた時の差ですかね

 


いつものように、中1や中2についても触れず、中3だけの感想にさせていただきたいと思います

申し訳ございません

それと、総合資料が出てから、期待正答率との比較をしようと思いますので、今日は純粋に感想と若干の解説のみということでよろしくお願いします


それでは国語から

漢字絡みの出題が多かったですね(^_^;)

 

読み・書き以外で問四、問六(2)(3)

 

実に14点

 

四分の一強なんですが、多すぎませんかね?

 

もう少しバランスを考えてもいかと思います

次に、小説文・評論文について

 

小説は題材も読みやすく、設問もそれほど難しくは感じなかったのでは?

 

評論文は、内容的には理解しづらくても、問二・問四の記述が比較的書きやすくて助かった人が多いように思います

 

古文も読みやすく、会話のカギかっこを入れなさい問題も定番

 

生徒たちが解いている様子を見ても、時間が足りなくて困るという様子は見受けられなかったので、私としては評論文でもう少し骨のある記述を出してほしかったかなと思いました



続いて数学

大問1は特にコメントはありません

 

と言いたいところですが、問6の作図について一言だけ

 

入試に出てくるような作図は、どんなに難しくても「垂直二等分線」「角の二等分線」「「ある点を通る垂線」「正三角形」の組み合わせで書くことができます

 

だからと言って、いきなりコンパス握って書き始めるのではなく、まずは問題用紙に完成予想図を作ってください

 

そうすると、上のどの方法を使うべきなのか見えてくると思いますよ



大問2は文字式の証明と方程式の文章題

問1の証明は…何てことないんですがね(^_^;)

 

問題文見て「あぁ…証明なんてできない、無理〜」ってぶん投げてしまったんでしょうね…

 

あと、親切過ぎて、何を証明したらいいかわからなくなってしまったんでしょうか(笑)

 

シンプルに「連続する3つの整数において、最も大きい数と真ん中の数の積から最も小さい数と真ん中の数の積を引いたら、真ん中の数の2倍になることを証明しなさい」だったら、どれくらいの正答率になるかなぁ

問2の文章題は、2x+3y=162は書けても、x/3=y/7ができなかったようですね

 

「男子は3人ずつ、女子は7人ずつに分けると同じ数の班に分けられる」って文章をそのまま式にするだけなのに

 

これも、リード文がなくて、ただ求めなさいだったら、もっと正解率低かったんでしょう


大問3は関数

問1はサービス問題

問2もサービス問題なんですが…自分でAの座標を求める手間がかかると、もうダメって感じなんでしょうか(-_-;)

問3は解説では面積求めなくていいって書いてますが、別に面積出してもいいですよ(笑)

 

正直、この問題が解けないのであれば、関数の融合問題は何やっても解けないでしょう

 

だって、採点基準表見ればわかりますが、B,C,D,Eの座標を書いていれば4点中3点もらえるんですよ?

 

うちの生徒には「関数は最後まで解けなくても、わかる限りの座標・直線の式・長さ・面積を書いておけば、部分点もらえるからな」と言ってあるんです(^_^;)

 

まあ、融合問題うんぬんよりも、単純に座標を求める等の関数の基礎ができていないという話ですね
 

 

大問4は平面図形
 

最近は与えられた図に、自分で条件を書き込んでから証明させる問題が増えてますね

 

まあ、それにしたって、昨年に比べれば全然簡単な証明ですが

だって、仮定と共通な辺書けば、5点中2点もらえるんですよ

 

これ書かなかった人は、本気で点数取る気がないってことです(-_-;)

 

 

平行という条件があれば錯角か同位角

 

二辺が等しいという条件があれば二等辺三角形の底角
 

直角三角形なら90°ー共通な角

 

まだ習っていませんが、図形に円が含まれていれば円周角の定理

 

 

もう、決まっているんです

 

もう少し、証明の練習してみましょうよ

 

「証明は捨てる」なんて、もったいないですよ

 


大問5はちょっと裁量問題を意識した図形の問題

 

今回の数学の中で、唯一解説する価値のある問題でした


問1は写真を見てもらった方がわかりやすいでしょう

 

FullSizeRender.jpg

 

模範解答とは違って、私はGを通って面ACFDに平行な面で切り分けました

 

そうすると、三角柱CHF−IGJ(右側)と四角すいBIJE−G(左側)の2つの立体ができます

 

後は、図に書いてある通りです


問2(1)は解説の通りでいいでしょう

(2)も写真を見てください

 

FullSizeRender.jpg

 

それぞれの場所に名前をつけて、まずはその名前で式を作りました

 

上のZと下のZは同じ図形だということはわかると思います

 

後は、おうぎ形BAC(2πa×1/4)の2倍から正方形(aの2乗)を引くだけです

 

大問5も、裁量問題かと言われれば、う〜ん…と悩むレベル(手も足も出ないわけではない、むしろ解いてほしい)なので、東西南北を考えている子であれば、悪くても45点、普通は50点以上は取らないとダメですね

 


次は社会

大問1の小問集合は、まあこんなもんでしょう

単に知識のあるなしを問われただけです

大問2の世界地理は…随分出来が悪かったようです

 

まあ、うちの塾の生徒に限った話かもしれませんが…

 

間違えていそうなのは、問3・問4・問5・問6(笑)

 

問3は…夏休みの小テストで資源の分布やったんですがね(-_-;)

 

ただ、何となく覚えているから(もしくは丸暗記)、こういったテストで「使えない知識」になってしまうんです

 

いい教訓です

問4は、相変わらず「割合」と「量」をごちゃ混ぜにしているんでしょう

 

問5は、「産業」と書かれているのに、品目で書いてしまった子が多そうです

 

問6は、単にアメリカの農業についての勉強不足です

 

だって、定番ですからね

大問3の日本地理は、まず問2の雨温図の問題について一言

 

模範解答例よりも採点基準表にある「アとイに比べて降水量が少ないし、ウよりも(冬の)気温が高いから」の方がしっくりきますね(^_^;)

そして、問4(1)

 

解説に「Bは最も米の収穫量が多いので秋田県」って書いていたのですが、ただそれだけの情報で確定するのは危険かと

 

私は、まず「りんご」に着目してDがアの青森県、次に「もも」に着目してCがカの福島県、乳用牛が多く漁業も盛んなFがウの岩手県、残りの漁業が盛んなAが太平洋側だろうと推測できれば(できなくても)オの宮城県、残っているのがBとEで米のほかにはEの方が「りんご」や「もも」の栽培が盛んなことから、Bがイの秋田でEがエの山形であろうと考えました

 


大問4の歴史(前半)は、まあ並べ替えができないのはわかりますが、それ以外でも問4・問5・問7(1)など時代に関連した出題をされると弱いようです

 

特に問5は…正解率低そうですね


大問5・大問6は選択の歴史

やはり、両方の大問の問5の年表絡みの問題

 

そして、大問6の問1は公民で国際連合については詳しくやるので、常任理事国まで勉強していなかった可能性が高いですね
 

 

正直、これでどうして平均点が30点を切ってしまうのか、わかりません(-_-;)

 

ひとえに、今年の受験生の「勉強不足」だと言わせていただきます

 

 

と、3教科について書いたところで、だいぶ長くなりましたので一旦切りたいと思います

 

残りの理科と英語については明日ということで

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年度第1回道コン中3感想(後編)
本題に入る前に告知があります


本日をもって、中学生・高校生の座席が満席になりました

以後、退塾者が出るまで新規の募集は行いません(空席待ちは受け付けますが、いつになるかはわかりません)


「もう少し学校に慣れてから」といった感じで保留にされておられた方もいたかもしれません

近隣の方なども、「あそこの塾は空きがないから…」などとおっしゃっているようですが、ずっと空きがないわけではありません(^_^;)

こればっかりはタイミングの問題なので、どうしてもということであれば、一昨年のように空席待ちをしていただければいいだけの話です

まあ、うちの教室は合う合わないが極端なので、誰にでもおすすめできるものではありませんが(-_-;)
(体験後に入塾を見合わせるという話もしょっちゅうです)


さて、4月道コンの感想の続きですね

理科

大問1 小問集合
問1(1) 地震ー主要動(語句) 90%→63.3%
問1(2) 物質ー融点(語句) 80%→53.6%
問2 気体ー酸素の性質 80%−51.1%
問3 植物のからだー花のつくり 70%→50.7%
問4 地震ーマグニチュード 70%→37.8%

問1(1)(2)については何でこんなに得点率が悪いのか…正直わかりません、漢字間違い??
問2は、確かにオキシドールと二酸化マンガンで何の気体が発生するか、その性質を知っているか、の2段階の問いですが…
基本中の基本だよなぁと思うのですが(^_^;)
問3は、Dが「がく」だとわからなかったか、そもそも「がく」が一番外側だと知らなかったか
問4は、これは仕方ありません、知っているか知っていないかです
大問1は、知識を問われている問題ばかりです
この単元の得点率が低いというのは、単に勉強不足なだけですよね

大問3 植物の世界
問1 蒸散ー蒸散 60%→35.9%

おそらく、採点基準表のダメな解答例として紹介されている「水が出ていく」と書かれた答案が多かったのでしょう
はっきりと「水」と書かずに「液体」と書いたものも不正解とされていると思われます

大問4 身のまわりの現象
問1(1) 光ー棒の見え方 70%→46.0%
問1(2) 光ー棒からの光が屈折した場所 50%→27.4%

(1)は図2に光の屈折の様子を書き込んでみればいいんですよ
決して暗記の問題ではありません
(2)についても、入射角=反射角という原則だけ知っていれば、後は図に書き込めばいいだけです
それをせずに、頭の中で考えようとしたりするから間違えるんですよ

大問5 身のまわりの物質
問1 物質ー金属に共通する性質 70%→51.4%
これはすべて選べなのに、答えを1つしか書かなかったからでしょうね

大問8 電気の世界(選択)
問3(2) 電気−電子の性質 40%→15.7%

指定語句((1)の線のもととなる小さな粒子の名前)が入っていなかったのでしょうか
プラス記述なので単に書けなかったのか

理科は得意な単元と不得意な単元で、出来不出来がはっきりと分かれてしまったような印象です
物理分野を苦手としている子が多いのは毎年のことなのですが、入試には必ず大問1つ出題されます
自分一人の力で克服するのは、なかなか難しいので、学校や塾の先生の力をうまく借りてください
くれぐれも「自分勝手な解釈」に走らないことです

英語

大問一 リスニング
問2(3) 聞き取り−応答文選択 60%→35.9%

これは Yes,I did. や No,I didn't. なら、もっと得点率も高いのでしょうが
話している内容と照らし合わせて論理的に正しいものを選ぶので、短い時間で対処しきれなかったのでしょうね

大問二 小問集合
A3(2) 適語補充ー動詞(did) 70%→43.9%
B2 英問英答ーHow long ~ ?の答え 40%→10.9%

A3(2)ができなかったのは理由があります

まずwhoで主語をたずねる場合が、教科書のどこで出てきたかというと…本文中には出てきません(^_^;)
確かに、中1のプログラム7−1でwhoは扱いますが、「Who is that boy?」ですから文法的に別のものです
P79にひっそりと「Who likes music? Mike does.」と載っていて、説明も何もなしです
それはできるはずがないですよ(-_-;)
これ、作文だったらもっと得点率低かったと思いますよ
これを機会にしっかり教えるべきだと思います

B2は…これで得点率10%って(-_-;)
it や Room Cにあたる言葉を書かなかったのかな
それとも、作文(というほどのものではありませんが)なので難しいと思ったのでしょうか
自由英作文ならまだしも、応答です
骨組みの部分は「オウム返し」すればいいだけなんですがね、そういう指導も受けていないのでしょうか…

英語はこれだけなので、意外と良いのか?と錯覚しそうですが、大問2のAは裁量問題採用校ではなくなります
大問3以降でも、記号問題の得点率は高いですが、自分で書くものについては得点率は低いです
つまり、本当の英語の力はついていないというのが正直なところでしょう


今年の平均点は162.7点

参考までに過去4年間は
2015 163.3
2014 147.8
2013 161.1
2012 155.5

例年並みといったところでしょうか

個人的には2014年のように、ちょっときつめの問題を出して「中3甘くないよ」というところを見せてほしかったのですが…

今回、良い成績を収めた人は、可能ならば2014年の問題をやってみればいいと思います

新学年が始まり、しばらくは中3の勉強で手いっぱいかもしれません

でも、それでは夏休みまで受験勉強を全くしないつもりですか?

これから夏の間までに、中1と中2の復習をどれだけ進めることができるか

難しいことをする必要はありません、基礎的なことを固めるだけでいいのです

それが、夏以降の受験勉強の進み方に大きく影響を及ぼしてきます

いつも言っていますが「人がやらない今が差をつけるチャンス」ですよ


それでは、今日はこのへんで

 


| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年度第1回道コン中3感想(前編)
今年は去年と違い、期待得点率より実際の得点率の方が大幅に下のもののみを取り上げることにしました

国語

大問一 漢字・語句・実用文
問一(1) 漢字の読みー哀惜 70%→9.7%
問一(2) 漢字の読みー柔和 70%→23.8%

これは、酷い…
個人的には哀惜より柔和の方が難読だと思うのですが
「哀悼」や「惜別」という熟語を知っていれば組み合わせて読めそうなものですが、そもそも「哀悼」や「惜別」など別の熟語を知らなければどうしようもありませんね
活字慣れしていないからとも言えるでしょう

大問二 文学的文章
問四 様子−明の表情 60%→36.7%

これ、多分ですけど、「健一の顔は白っぽくなっている。」や「健一は、青ざめたまま、首を縦に振った。」などの健一のことと勘違いしてませんかね。
それか『そのとき、明が「健ちゃん。下に隠れろ!…」と叫んだ。』や『「早くしろ!」と明は健一にいった。』などの行動を選んでしまったか。

問題文を読んでいないか、本文を読み込めていないか、どちらかのように思われます

大問三 説明的文章
問三(1) 表現ー同意表現 60%→14.4%
問三(2) 内容ー敬語表現の特徴 70%→28.3%

(1)は模範解答以外にも「丁寧なことばを用いるのは、相手を高めているようであるが、その実、自分も高めている」があるので、多分そこを答えたのでしょう。ここだと次の文も含めないと答えにならないため不適切という解釈なのでしょうが、どうなんでしょうね。私は問題としてちょっと適さなかったのではと思いましたが…

大問四 古文
問二 理由−待てない理由 60%→20.3%

これは、理由というからには「…から」とか「…なので」と書かれていないとダメだとでも思ったのでしょうか
そもそも話の内容がわかりにくかったのかもしれません(鮒が死にそうなのに「2,3日待て」なんて随分おかしな話ですよね)

登場人物が多く小説が読みにくかった、評論で記号問題がなく、長めの記述や抜き出し・書き抜きがほとんどだった

以上の理由から、国語は難しかったのだろうと思います

ここ数年、公立入試の国語は易化の一途をたどっていますが、このくらいのレベルは本来要求されてもおかしくないと思います


数学

大問一 小問集合
問3 文字の式−関係を表す式 70%→24.7%

ひょっとして「3a-1000」って式作ってませんよね(-_-;)
それか不等号の向きが逆になったか

大問三 関数
問3 一次関数ー面積を二等分する直線 5%→10.2%

期待得点率は低く設定されていましたが、△OBCの面積だけはとりあえず書いておいた人は1点もらえたため、得点率も上がったのでしょう
そもそも、直線がBCと交わるのかOBと交わるのか、わからなかったという人がほとんどでしょう
仮にBを通ったとすると、△OBDの面積は8
ということはBCと交わらないと二等分にはなりませんよね

大問五 図形総合
問2 平行線と面積−面積の比 30%→9.0%

FullSizeRender.jpg

これは、ちょっと別解を示しておきましょうかね

FullSizeRender.jpg

OC//PEより、BO:OP=BC:CE=2:1
よってBC:BE=2:3

FullSizeRender.jpg

Oを通りBCに垂直な線を引くと、それが△OBEの高さであり平行四辺形ABCDの高さにもなる
Oは中点なので、BE(BC)を底辺とすると、△OBEの高さは平行四辺形ABCDの高さの半分であることがわかる

FullSizeRender.jpg

底辺3/2、高さ1/2、平行四辺形と比べ三角形の面積は1/2なので、上のような式になり3/8

つまり3:8です

数学は、正直問題数もそれほど多くなく、大問1で24点分あるわけですから、TOP校を受験する予定の人は50点取って当たり前だと思ってください

基本的な問題を落とせば点数は伸び悩みます

裁量対策などまだ早いですから、このくらいのレベルの問題は確実に得点できるようにしてください


社会

大問1 世界地理
問5 アジアーアジアNIES 60%→20.1%
問6 アメリカーサンベルト 50%→11.6%

問5は単純に知識不足(韓国・台湾・香港・シンガポール)
問6は略地図があるのにこの得点率とは…
後日、改めて記事にしますが、都道府県・県庁所在地・主な国・主な都市を覚えていない子が、最近増えてきているように感じます
小学校での社会の授業に一因があるように感じているのですが、どうなんでしょうかね

大問2 日本のすがた・世界から見た日本のすがた
問2 自然ー扇状地(記述) 40%→12.5%

根本的に、扇状地と三角州の区別ができているかどうか、受験前には必ずできていなければいけない問題です

大問3 古代〜室町時代
問1 文化ー平安〜鎌倉時代の宗教 50%→17.3%
問3 中国ー唐の都 60%→24.7%
問4 政治ー遣唐使停止の理由(記述) 50%−21.1%
問5 政治ー院政 70%→40.4%
問6 政治ー元寇のきっかけ 50%→16.7%
問7 文化ー室町時代の文化 60%→35.4%
問8 文化ー東大寺南大門 60%→38.5%

ほぼ全滅ですね(-_-;)
問1は、いつもの定番である浄土信仰と浄土宗・浄土真宗との混同、鑑真や空海が何時代の人間か知らない、そもそも仏教の宗派や開祖を覚えていない、というのが原因だと思います
問3は知識不足
問4は、むしろよくこれだけ正解したなと思いましたね
問5も知識不足
問6は、高麗がいつ頃の国なのか、北条氏はたくさんいるが誰?といった感じで、完全回答だった分正解率が下がったのだと思われます
問7・問8は、文化については流れなどではなく単純に暗記を要求されることが多いので、そこまで手が回っていないんでしょうね
受験生には、毎年一問一答の小テストを行うのですが、毎年文化史が一番出来が悪いです(-_-;)

大問4(選択) 日本の諸地域
問3 工業ー北九州工業地域 50%→27.8%

エコタウンのほうが書けなかったのでしょう

大問5(選択) 古代〜室町時代
問2 文化ー飛鳥文化 60%→29.7%
問4 年代並べ替え 40%→19.5%
問6 政治ー分国法 60%→32.5%
問7 政治ー徳政令の出された時期 70%→44.6%

問2は…本当に文化はダメなんですね(^_^;)
問4は、比較的わかりやすい並べ替えだと思うのですが、平治の乱と壇ノ浦の戦いが同じ平安時代ですが、そもそも壇ノ浦の戦いで平氏が滅亡するわけですから、壇ノ浦の戦いが前に来るわけもなく
問6は知識
問7はCが御成敗式目(1232年)、資料が永仁の徳政令(1297年)とわかればいいのですが
年号はわからなくても、せめて時代の中での大まかな位置は知っておいてほしいですね

大問7(選択) 幕末〜日清・日露戦争
問6 政治ー下関条約 70%→47.0%

う〜ん…下関の場所、知らないのか(´;ω;`)
私の生まれたところなんですが…
壇ノ浦だって下関ですよ

結局、社会については「勉強不足」というだけだと思います

特にひねられているわけでもありませんからね

ちょっと長くなったので、理科と英語は明日に回します

それでは、今日はこのへんで


| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年2月道コンの感想(後編)
さて、昨日に引き続き、道コンの感想です

初めは理科

FullSizeRender.jpg


FullSizeRender.jpg

1月が難しかった反動か、それとも今回の単元が前回ほど苦手な単元ではなかったからなのか、随分楽になった印象ですね


大問1は小問集合

ん〜、しいて間違えるとすれば問2かなぁ

血管の名前を書かせたら、もう少し正解率が下がったような気もしますね

動脈と静脈の違い

動脈血と静脈血の違い

ちなみに答えのアは「肺動脈」で流れているのは「静脈血」ですよ


大問2は化学分野(身の回りの物質)

問1は特に問題ないでしょう

知っているか、知らなかった(忘れた)かだけです

問2(1)は密度の計算で、体積を60c㎥で計算するミスくらいしか思いつかないですね(^_^;)

(2)は、まあ全部計算してもいいのですが、P,Q,Rの体積がほぼ同じで、質量は明らかに差があるところから、質量の大きいものがそのまま密度が大きいものと考えてもいいでしょう


大問3は生物分野(遺伝)

問1、問2は知識問題

後は問題文をしっかり読んで、黄色が優性(親はAA、子はAa、孫は両方)、緑色が劣性(親も孫もaa)と認識できれば

あぁ、精細胞は減数分裂してますから、遺伝子片方(1文字)だけですよ

問3は、「孫の代でできた種子」ですからね
1:3だから900個って、それは黄色の子葉ですよ

問4は、一見複雑そうに見えますが、上で書いたことをしっかり把握していれば

Aa×aaですよね

基本的には、道コンの解説に書いてある以上のことは特にないと思います


大問4は地学分野(地球と宇宙)

今回の理科で差がつくとしたら、ここと大問5でしょう

問1の,蓮崔麓瓦魴垢韻襦廖峺転している」どちらも書いていなければ点数になりません

「地軸を傾けて自転しているから」

それは1日の太陽の動きを聞かれたらの話です

あと、△離い料択肢、勘違いしていませんか?

「日の出、日の入りの方位が変化する」東から上って西に沈むことではないですよ(笑)

夏は北より、冬は南よりになることを指しているのです

まあ、わかりにくいと言えばわかりにくいですが、それでも月の形の変化は地球の公転とは関係ないでしょうよ(-_-;)

あれは月の公転です

問2と問3は、私の好きな問題です

ちゃんと現象と結果が結びついていないと解けません

暗記じゃだめだってやつですね

できれば、選択ではなく、計算や記述(グラフを書く問題)にしてもらえば言うことなしだったのですが、それでは難易度が高すぎると判断したのでしょう

問4は知識

問5は定番の問題なのですが…う〜ん、うちの生徒は正解率低かったですね

問題用紙見たらわかりますが、図に金星が光っている面を書き込んでいないと思います

書けば間違いようがないのにねぇ(-_-;)


大問5は物理分野(電気の世界)

今回一番びっくりしたのが問1(1)

うちの生徒、全滅でした、それも判で押したように


棒磁石を曲げたものがU字型磁石って考えたら、そんな磁力線になるわけないのに…

(2)は注意が必要です

屁理屈かもしれませんが「磁石の向きを変える」ではダメですよ


こうかもしれないじゃないですか(^_^;)

問3(1)は…

5.4÷0.6なんですが、それ以上解説のしようがないですよね

問3は騙された?人が多いのではないでしょうか

表にちゃんと書き込んで考えたら、1.0秒まで速さ大きくなってますよ!

うん

それ実験2ね

問題は実験3だよ?


下に書いてあるからって実験3=表だと勘違いしたのでは?

これを話した時の生徒の反応は「うわ〜!ハメだ〜」でした(笑)

まあ、これは生徒がかわいそうだとは私も思いましたがね

狙ったのかどうなのか、実験2と実験3の間に表は置いてほしかったかなと


予想平均点は標準27点裁量42点ですが…

1月が標準20点、裁量35.5点でしたので、まあそれくらいかなと思います



最後に英語

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

大問1はリスニング

特別難しいことはないように思いました

うちの生徒で、リスニング得意ではない子が、教科書のCDを毎日聞いて音読していたら、事前模試(15−J)、1月、2月と3回連続でリスニング満点でした

まだ、30日ありますよ


大問2は標準問題の小問集合

意外と手こずった子が多かったのでは?

amongねぇ

知らないんじゃないですか?

問3(3)も「Be」出てきますかね

うちの生徒、「I’m」って書いてましたよ(あながち間違いではな)

問4の並べ替えも、英語得意な子にとってはどうってことありませんが、標準問題受験の子にとっては…

(2)の間接疑問文、(4)の過去分詞は正解率もっと低いでしょう


大問3は共通問題の読解

A問1(1)は、「is」という答えが続出、まあ気持ちはわからなくはないですが(-_-;)

問3は…「He wants to be a doctor.」という答えがほとんど

意味は通じるのですが、「ともやの夢は?」と聞かれて「彼は〜になりたい」は(^_^;)

個人的には部分点ではなく満点上げたかったです
 

B問1は実施された順番なのに、更新日時で並べかえていた子がいましたね

問3は、November 16と書いた答えが多かったです、それテスト始まる日や



大問4は共通問題の長文読解

問2はちょっとかわいそうでしたね

語数指定がなければ(4語以上としていれば)正解していた子は多かったように思います

まあ、thereには「to」の意味も含まれているというのは、知っていた方がいいでしょうね

問3は6行目に「When I was going home,〜」とあるので、エが選べるのではないかと思います

問5は書きやすかったのではないでしょうか

ちなみに文法上押さえておきたい文は

1〜2行目、「Have you decided what you will speak about?」現在完了、間接疑問文

3〜4行目、「I'm going to speak about an experience I had last Saturday.」未来形、関係代名詞(目的格)

12行目、「Then, did you show him how to get there?」show A B 、疑問詞+不定詞

13行目、「So I told him to come with me because I was going to the station to go home.」tell A B、接続詞because、不定詞

26行目、「It's not easy to learn new languages.」it is 〜for … to do

問4ア「Mike is a student who came from Australia and he stays with Koji's family now.」関係代名詞(主格)

問4オ「Ms.Green thinks / learning new languages / is interesting / but it's not easy.」接続詞that(省略)、動名詞

ちなみに八反田先生が解説を書いたみたいなので、そちらの紹介も

むむ、詳細ですな〜

これ全部説明してたら、大問1つで30分はかかりますね(^_^;)

まあ、それくらい丁寧に読んでいかないと、高校行ってから酷い目に合うのですが…


私もこうして感想なんて書いていますが、解説したものをオープンで外に出すのって、相当自信がなければできないことだと思います

他にやっている人いますかね?(もし知っていたら教えてください)

ぜひ、他の塾の先生たちにもやってほしいのですが


大問5は裁量問題の長文読解

問2は、後半のやり取りから読み取るのですが、その説明が…

まあ、図を見てください

FullSizeRender.jpg

日本は治安がよい/と思っている人々の割合が/6つの中で一番低い

日本の文化と歴史はすばらしい/と思っている人の割合が/サービスがよい/と思っている人々のそれ(割合)よりちょっと少ない

こんなのが延々と続くんですよね(-_-;)

まあ、ポイントの部分だけ抜き出してもいいのでしょうが

並べ替えは、まず「the most」があることから、後ろに「important」が続き、「the most important」というカタマリ、「treating」と「of」を見つけて前置詞+動名詞かな?「the way of treating」、誰をもてなす方法?スティーブだ「the way of treating Steve」
「It means / the way of treating Steve / is the most important.」

Steve is 〜 ではありませんからね(-_-;)

問4は…標準問題に類題ありましたね

作文は、今回は書きやすかったのではないでしょうか

大問3で参考にできる文が出てきていますからね

まんまパクった場合…でも減点はできませんよね(-_-;)

文法上押さえておきたいのは

2行目「I want him to enjoy his stay in Japan.」want 人 to do

9行目「I hear the products made in Japan are very popular among foreign people.」接続詞that、過去分詞

10〜11行目、「so Steve will be happy if we take him electronics stores.」接続詞if

26行目、「It shows what foreign people like about Japan.」間接疑問文

他にもありますが、これくらいで

予想平均点は標準32点、裁量38点

1月が標準29点、裁量36点ですから、標準は1月と同じくらい、裁量はこの予想くらいだと思いますよ


というわけで、2日間にわたって感想を書いてきました

この2月道コンは予想問題という位置づけです

事務局が例年の傾向などから分析して、「本番で出そうだな」と思って作った問題です

丁寧にやり直ししてくださいね(特に理科は本番でもこの単元が出る可能性が高いです)


塾などで連続模試などを受ける場合を除けば、最後の道コンでした

良いに越したことはありませんが、せっかく本番前に見つかった「穴」です

埋める努力をしてくださいね

今回の解説で私は何度も「授業でやった」と言いました

きっと、他の塾でも同じです

新しくやることなど、それほど多くありません

もう一度、今までに習ったものを振り返ってみてください

毎年、本番で結果を出す子たちは、自己採点の時に

「だって、これ、先生が前に話してたじゃん」

そう言っていますよ


それでは、今日はこのへんで


| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年2月道コンの感想(前編)
今日と明日の2日で、2月道コンの感想を書いていきたいと思います

1日目の今日は、国語・数学・社会です


まず、国語から

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg


大問1は標準問題の漢字・言語事項・説明的文章

猶予、意外と読めると思いますよ

逆に「快い」の方が正答率低いと思いますがね

この辺り、何を基準に期待得点率を出しているのか、聞いてみたいですね

問4の連体詞は解けない子多かったでしょね

裁量問題の子でも、「大きな」の品詞名は?って聞いたら「形容動詞」って答える子多いと思いますよ

問5の敬語は「いただいた」と間違って謙譲語を書いた生徒が多そうですね

意外と、得点伸び悩みそうな気がします


大問2は共通問題の漢字・実用文

四字熟語・誤字訂正は1月道コンより得点率高そうですよ

問3は、どうして北海道の中3をdisる問題を出したんでしょうかね

生徒たちは笑ってましたが(笑)

1時間以上勉強する割合が、北海道の中3と全国の小6でほぼ同じとか(^_^;)

通学時間の長さや家業の手伝いによって勉強時間を十分に確保できないと考えられる?

何か資料に基づいての発言ならいいですが、想像や限られた人の例でそう考えられても…

考察としてはまずいと思うんですがね(-_-;)


大問3は共通問題の説明的文章

引っかかるとしたら問3(2)くらいですかね

それにしたって、部分点はもらえると思います

そうそう、このお話し

うちのメインであるK中で道徳の時間に読んだことがあったそうです(笑)

まあ、そんなことまで考慮していたら問題なんて作れませんが、そういう偶然もあるんだなぁと思いました


大問4は裁量問題の説明的文章

問1の漢字、「のうこう」の正解率の低さにびっくり

問4は、後半部分は書けていますが、前半の「本来の教育とはいいものを推しつけること」が書けていませんでした

後半部分より後ろに書いてあるので、書けなかったんでしょうかね…

問5は、そうすれば以降が答えであることはわかっても、どれを削ればいいかで迷ったのではないでしょうか

同じことの繰り返しは書かなくていいんですよ

さて、この問4

裁量問題の直前演習としては、あまりにも簡単すぎたように思われます

数年前の湯川秀樹、昨年の亀井勝一郎のような、ちょっと厳しめの文章で時間に追われる経験をさせてあげたかったですね

塾だと、連続模試などでいくらでもそういった対策は打てるのですが、塾に通っていない子だとこれが最後ですよね

ちょっと可哀想だな…

なお、後半部分がそのまま受験生へのメッセージ的な内容になっていたので、事務局さんはそのあたりも狙っていたものだと思われます


大問5は共通問題の古文(漢文)

問1の主語の問題

内容がわかっていればすぐに正解が選べるのですが、文法的な面から1つ

古文は主語を省略することが多いのですが、省略するのは「主語が変わらないから」というところに注目すれば、この文は、「その家の小者」から主語が変わっていないので、正解を見つけることができます

問2で、文中からと書いてあるのに注釈の「けだもの」を使った答案がありましたね


予想平均点は標準35点、裁量39点

大丈夫ですか?裁量は45点とか軽く越えそうですよ(前回でも45.5)

続いて数学

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg



大問1は標準問題の小問集合

問3で、困った人が多かったかもしれませんね

普通に直角三角形で出題されれば、三平方の定理使って難なく解けるんでしょうが、関数と複合させることで見えづらくなります

問5は、単純に1:2で15cmと間違えた回答が多そう(-_-;)

いや、図を見たら15cmより短いって絶対わかるんですがね…いくら図は正確ではないと言っても、そこまで酷くはないですよ


大問2は共通問題の小問集合

問1で分母払うの、そろそろやめませんかね(-_-;)

問2は、まさかいきなり代入したりしてませんよね

問4の作図は、1月と同じこと言いますけど、いきなり作図するのではなく、まず頂点Bで接する円を書いてみましょうよ
そしたら、Bを通るABに垂直な線とACとの交点が中心だってわかると思うのですが

問5は球の体積を求める公式を忘れていたら終わりです

そして問6

300x+200y=2600
x+2y=14

そう立式した方

x=6、y=4と答えが出たんですね

おそらく普段から「問題をよく読まない方」ですね

方程式の文章題を解くときに、文章に出てきた数字で適当に式を作って、それで何とかなってきたタイプだと思います

解答のところに、わざわざ「ドーナツとカップケーキそれぞれを1個つくるのに必要なホットケーキミックスと卵の個数をそれぞれ求め…」と書いてありますよ

読み飛ばしてますよね(-_-;)


大問3は資料の活用

まあ、最頻値や中央値が何かわからなければ、手も足も出ません

他の教科ほどではありませんが、覚えておかなければ解けない問題というものも数学にはありますよ


大問4は関数

まあ、オーソドックスな問題です

問3で、BPの長さを出すやり方だと、答えが2と出たときに(4,2)ってやってしまいそうなんですよね(-_-;)

ですから、P(4、p)とおいて式を作るやり方もありだと思います

もっとも、BPの長さが(6−p)になるのが、ちょっと面倒ですが


大問5は円・相似

証明は、これまたオーソドックスな問題

これ以上、素直な問題はないのではないかというレベル(錯角と円周角を組み合わせるところなど)

公立入試は、最近証明はひねってあるので、もう少し歯ごたえのある問題を演習しておきたいですね

問2は、使わなくてもいいので出せる角度は出しておいた方がいいでしょう

問1で特に条件を追加することなく相似の証明をしているので、角度の問題でも相似は使えるんですよ


大問6は裁量問題の小問集合

問1(1)は正六角形の1つの内角が120°ということに気づかないと解けません

ちなみに私は下の写真のように解きました

FullSizeRender.jpg

問1(2)は解説の通りでいいでしょう

そうそう、この問題が全くわからなかった人

ポイントはどこだと思います?

図1に「時計回り」「反時計回り」って書いていますが、余計なお世話だと思いませんか?

もし、ここにこう書かれていたらどうでしょう

FullSizeRender.jpg

それならできたという人もいるかもしれません

そこです

与えられた図だけで、問題を解こうとしているからです

自分の力で、ひと手間加えるだけで、あっさりと解けてしまう問題は意外と多いんですよ

そのひと手間を加える力を、残りの時間でつけてください


問2は問題文と見た目に騙された人も多かったでしょう

後でやり直してみて、あっさり解けて拍子抜けといった感じでは?

解説は、「また」以降の話をしているので、方程式の立式について図で説明しますね

FullSizeRender.jpg

気を付けなければいけないのは、REがxで、BRは(6−x)だということです

FullSizeRender.jpg

模範解答は普通の方程式ですが、比のままでも大丈夫ですよ

FullSizeRender.jpg

あと、問1(2)でも私が使いましたが、「二等辺三角形の頂角の二等分線は、底辺を垂直に二等分する」は便利なので使いこなせるようにしておきましょうね

問3(1)はですね

ぜひ覚えておいてほしいことがあります

「垂直な二直線の傾きの積はー1」

それ知っていたら、秒殺ですよね

ちなみになぜそうなるのかというと

FullSizeRender.jpg


(2)は解説と全然違う考え方をしました(最終的にたどり着くところは同じなのですが)

1月道コンの感想覚えてますか?

FullSizeRender.jpg

これです(笑)

この経験が生きたのかどうかわかりませんが、またしても円周角の定理の逆を使いました

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

予想平均点は、標準31点、裁量35点

関数と証明は素直な問題だったのですが、裁量が前回と比べて点になりにくいので、若干下がるような気がしますよ(前回は34.1)

標準は前回並みか、ちょっと下がりそうですね



本日の最後は社会

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg



大問1は小問集合

うちの生徒たちの中で間違いが多かったのは

問3(2)…まだ浄土信仰と浄土宗、浄土真宗をごちゃ混ぜにしとるんかい(-_-;)

問3(3)…おとぎ話、惜しいな(-_-;)

問3(4)…初代・三代・八代・十五代に比べて聞かれることは少ないのですが…しかも生類憐みの令ではなかったのも影響したかもしれませんね

問4(1)…単純に社会保障という言葉が出てこなかったんでしょう

問5(1)…いや、うちは日本の周りの海の小テスト2回やっているんですが(-_-;)

問7(2)…労働基準法のイメージが強すぎるんでしょうね

というわけで、意外と大問1で点数を落としている生徒が多い印象です


大問2は地理

問1

今回、もし満点を逃すとしたらこの問題でしょう

ただ、1950年の時点ではほぼ同じだったIとIIなんですが、Iの方が急激に人口を増やしているのでアフリカ州

後はIIの方がアメリカ、メキシコなどの人口が多い国を持つ北アメリカ州だと判断すればいいでしょう

問4(1)は、オーストラリアが目安でした

西岸が鉄鉱石、東岸が石炭です

どっちがどっちかわからなくなるんですという人

石炭って字に「山」が入っているでしょう?石炭は山の近くで取れるんですよ(グレートディバイディング山脈)

他にもアパラチア山脈周辺でも、石炭は取れますよね


大問3は歴史

問2(1)…何でそんなに「チンギス=ハン」が好きなんでしょうか(笑)

問3は、ルターがドイツ人だと知らないと選べませんね

人の名前は知っていても、どこの国の人か知らないということはありませんか?

問5の並べ替えはイとオの前後関係で間違った子がほとんどでした



大問4は公民

う〜ん、1月に続き簡単だったかも

問3でウに引っかかった子が見られたくらいで、問6の記述も定番なもので書きやすかったですしね


予想平均点は標準27点、裁量42点

全体的にそれほど難しくなかった印象(特に記述は楽すぎです)なのですが、大問1のでき具合と、完全回答が19点分なのでそこでの失点で、前回と同じくらい、つまりこの予想点数どおりのような気もしますね


明日は残りの理科と英語です

それでは、今日はこのへんで


| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年1月道コンの感想(後編)
昼の地震、ビックリしましたね

私はちょうど教室に着いたところで、いきなり携帯がけたたましい音で鳴り出したので壊れたのかと思い画面を見ると

緊急地震速報

急いで教室の扉を開け、階段の所にある窓も開け(万が一変形して出れなくなると困るので)

そうしたところ、初期微動が

随分長いなと思っていたら下から突き上げるような縦揺れがあり、数秒間横揺れが続きましたね

震度4でしたが、教室の本棚から本などが出たり、机の上のものが散乱することもありませんでした

緊急地震速報の音、いつ聞いても慣れませんね(当たり前か)


さて、昨日に引き続き、道コンの感想です

初めは理科

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

初めに、八反田先生のツイートを見て楽しみにしていたのですが、思ったよりはきつくないのかなというのが正直な感想でして(-_-;)

ただ、生徒の答案を採点してみたところ…これは酷い

そして、なるほど、このような点数になった理由もおぼろげながらわかりました

その辺りは後ほど


大問1は小問集合

引っかかるとしたら問4かな

まあ、図をよく見たら上から下の矢印の合計が100、下から上の矢印の合計も100

それなら、右と左の黒い矢印のやり取りも同じでなければいけないはずなんですがね


大問2は生物分野(動物のなかま)

問1の計算問題は定番のものなのですが…わざわざ0.53秒を引いて平均を出した生徒は時間がかかった上に計算間違いをしたといったことになりそうですね

問4は思ったより得点率が低くなりそうです

イを選んだ人、肺から筋肉に行くわけなかろう…
ウを選んだ人、養分は肝臓に蓄えられるんですよ…

問5は…3つ選ぶから難しいんですかね

誤答パターンは「イ・オ」「ア・ウ・エ・オ」「ア・ウ」「ア・オ」「ア・イ・オ」(1つしか選ばなかった論外は除く)


大問3は化学分野(水溶液とイオン)

私、この手の問題大好きです♪

特に問2と問4ですね

ただ、問2は生徒の手で○を書かせてほしかった…

反面、問4は選びなさいですが、できあいのものを選ぶ形でなかったので良かったと思います

今回は硫酸と水酸化バリウムでしたが、塩酸と水酸化ナトリウムでも同様の問題あるからやってみるといいですよ

本当に自分が理解しているのかどうかわかります


大問4は物理分野(身の回りの現象)

まあ、この大問4と大問5の出来がうちの教室は悪かったです

確かに圧力や浮力というのは苦手な単元なんでしょうが…


問1のPaは、私はc屬里泙涎彁擦靴藤隠娃娃娃闇椶靴討泙

その方が計算間違いが減りますからね


問2はですね〜

もちろん、実験から求めることもできるのですが「物体に働く浮力の大きさは、その物体の水中部分の体積と同体積の水にはたらく重力の大きさと等しい」ということを知っていれば、物体Aの体積は120c㎥ですから、120gとなりそこから浮力は1.2Nと出せます

問4も、知識として知っていれば簡単に答えることができますが、知らなくても実験結果から答えを導くことができるわけです

こういった問題は非常に良いと思いますし、これからどんどん増えてくると思いますよ


大問5は地学分野(大地の変化)

問3は、柱状図の定番問題なのですが、できない人多いですよね

なぜか?

図に数値を書き込まないからです、そして必要があれば自分で新しい図を作ればいいのです

頭の中で処理しようとしているのかわかりませんが、私をはじめ多くの塾の先生たちがなぜ図に数字を書き込んで解いているのか

あなたたちが理解しやすくするというのももちろんですが、自分の頭の中や考えを整理するためにもしているんですよ

そして問4

先ほどの大問4の問4同様、知識があれば簡単に解けますが、実験から粒の大きいものは手前に、粒の小さいものは遠くまで運ばれることがわかるのですから、泥・砂・れきと堆積したということは河口からの距離が小さくなったんですよね


大問6は選択問題の物理分野(運動とエネルギー)

問2は 銑だけでなく、表の空いているところ全て埋めましたか?

そうしないからのところで40って書いて間違えるんですよ(-_-;)

問3は…解いたこと(聞いたこと)ありませんでしたか?この問題

大事なのは、正解の選択肢を選べたことではなく、選択肢がなくても説明できたかどうか

それが、理科の問題を解く上では最も重要なことだと思ってください


大問7も選択問題の地学分野(地球と宇宙)

問3は解説が後一歩ですね

下の図を見てください、どうですか?

FullSizeRender.jpg

天体を苦手にしている人の多くは、方角がわからないのだと思います

特に下の図を見て「なんのこっちゃ?」と思う人は要注意ですよ(-_-;)

宇宙には方角ありませんからね、北極の方向が常に北になるのです

ですから、自転しているうちに方角変わりますよ、それが下の図です

FullSizeRender.jpg

問4も図に表せばすぐにわかりますよね


予想平均点は標準25点裁量39点ですが…もっと低いでしょう

今回の理科の出来の悪さの要因は、原理・原則を理解していないまま感覚で問題を解こうとしたからに他なりません

今からでも遅くありません、図を書くべき時はしっかり書く、選択肢も勘ではなく、なぜそれを選んだのかがしっかりと説明できるようにしましょう


最後に英語

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

大問1はリスニング

問2のNo.3がわかりづらかったのと、問3のNo.2が文章中では選択肢のようなことは言っていないので、自分で考えなければいけないところですね

と思っていたら、案の定得点率が低く設定されていました


大問2は標準問題の小問集合

意外と手こずった子が多かったのでは?

useful、How about〜、look like、tell 人 to do

知らない子、結構いると思いますよ


大問3は共通問題の読解

A問3は、本文中の「for six months」を「six months ago」に直すところがポイントでしたね

B問1(2)は how their life will be (彼女たちの生活がどのようになるのだろうか)から未来が連想できれば イが選べますが、(彼女たちの生活がどのように…)で止まってしまえば、地球の歴史かなとアを選んでしまいそうです

期待得点率ほどにはならないのでは

問2は、書きやすかったのではないかと思います


大問3は共通問題の長文読解

文法的に目立ったのは、分詞(現在分詞・過去分詞)がいくつか使われていることくらいですかね

やはり関係代名詞がないと物足りなさを感じてしまいます

問5は…間接疑問文ですか(-_-;)疑問詞+不定詞の方が自然な感じがするんですがね

中2もshouldを使う文が出てましたが、流行りなんですかね(笑)

間接疑問文なら I can get のほうかなぁ

そもそも語数指定せずに I don't know where to buy such a card. が一番良いと思います


大問4は裁量問題の長文読解

本分や選択肢にいくつかポイントになる文がありました

I hear Hokkaido is one of the most popular places for foreign tourists to visit.(本文1〜2行目)
※「one of  最上級」と不定詞

It shows how many people visited Hokkaido in 2000 ,2005 ,2010 , and 2014.(本文5〜6行目)
※間接疑問文

But I want foreign people visiting Hokkaido to have good manners as tourists.(本文11〜12行目)
※「want 人 to do」と分詞(現在分詞)

Almost all the foreign tourists coming to Hokkaido are polite.(本文18〜19行目)
※分詞(現在分詞)

So we should give them more chances to join such events.(本文25〜26行目)
※「give 人 物」と不定詞

Each of the staff at the hotel tries to do a lot of things to make the visitors happy,(本文下から3〜4行目)
※「try to do」と「make A B」

Hiro has seen some foreign children eating and talking in a loud voice on the train.(問4イ)
※現在完了と分詞(現在分詞)


問2の並べ替えは、was ってところから後ろに来るのは、doing doneのどちらかが有力ですよね

doneはないので going to

tellがあるので tell 人 to doより tell them to clean

後はどこをきれいにするのか考えれば the place が後ろに来て、sayは使わず


作文は、最初のお気に入りの場所だけでも書けたら3点もらえるんですがね(-_-;)

どうにも、難しく考えすぎているような

それと、お気に入りの場所を言った後で理由を述べる時

「Because〜」と書く人が多いですが…

Why〜?への返答以外で、Becauseを先頭に持ってきてはいけないという有名なルールを知っていますか?

先頭に持ってきてはいけないは言いすぎですね

従属接続詞としてのbecauseで使う時以外は先頭に持ってきてはいけない

従属接続詞って何?というあなた

例えば、「I can't go out because my mother is sick.」という形の分を見たことがありませんか?

この場合「I can't go out」を主節、「because my mother is sick」を従属節と呼び、「Because my mother is sick, I can't go out.」とも言い換えれるのです

because が先頭にいますよね?でも、主節があるから先頭に出せるのです

あなたたちは、whyに対する答えで使えるbecauseと、接続詞のbecauseを混同しているわけです

ですから、今後「because」を文頭にした作文は、一切書かない方がいいでしょう

というか、書かないでください


予想平均点は標準28点、裁量41点

そんなに取れますかね(-_-;)

確かに共通の長文読解はいつもより点数取れそうですが


というわけで、2日間にわたって感想を書いてきたわけですが

今更、点数の良し悪しでどうこう言ったところで始まりません

それが、今のあなたの実力です

ここからあと50日でどう伸ばすか

今回の道コンはそのための道しるべです

模試は受けた後が大事ですよ

解説をサラッと流し読みして、わかったフリをして

いざ本番で困るのはあなたですからね


それでは、今日はこのへんで


| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/3PAGES >>
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
Mail
manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp
(☆を@に変えてください)
Mobile
qrcode