札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 夏期休暇終了 main 最近増えて来ていませんか? >>
今春の入学者選抜状況報告書が公開されていました

毎年、まだかまだかと待つものの、出るころにはすっかり忘れているという…

 

今年も8月6日に公開されていたようです

 

もう10日も経ってる(笑)

 

こちら

 

 

さて、今回記事で取り上げようと思ったのは、毎年恒例の「学力検査問題等研究協議会による主な意見」と「学校別受検者数と合格者数」の2つ

 

まず「学力検査問題等研究協議会による主な意見」について

 

これは、来年春の公立入試での出題傾向に一定の影響力を持っていると思われるので、毎年要チェックなのです

 

どれどれ

 

国語

記述量:適切

難易度:適切

課題 :問題の難易度や解答させる字数等のバランスに留意して出題してほしい

 

数学

問題量:言及なし

難易度:言及なし

課題 :思考力・判断力・表現力等を問う問題の出題について、一層充実させるよう検討してほしい

 

社会

問題量:言及なし

難易度:言及なし

課題 :思考力・判断力・表現力等を問う問題の出題形式や内容について、一層充実させるよう検討してほしい

 

理科

問題量:言及なし

難易度:バランスよく出題

課題 :問題を正確に読み取るための時間の確保を考慮しながら科学的な見方や考え方を問う問題について、一層充実させるよう検討してほしい

 

英語

問題構成:適切

難易度 :適切

課題  :実際のコミュニケーションの様々な場面を想定した出題について、一層充実させるよう検討してほしい

 

裁量

内容 :適切

難易度:適切

課題 :思考力・判断力・表現力等を問う出題をしてほしい

 

難しかったので易しくしてね、という意見はなかったようですね(笑)平均点結構下がったのになぁ

※( )内は裁量問題選択者です

国語:28.5→30.7(34.9→38.4)

数学:30.1→23.2(39.3→30.1)

社会:32.3→31.9

理科:31.9→26.0

英語:35.0→28.6(44.4→37.4)

 

英語www

 

去年も難易度適切って言ってて、今年も難易度適切って(^_^;)

 

酷くないですか?こんな風に毎年見ている人間がいるってこと、もう少し意識した方がいいですよ(´-`).。oO

 

まあ、難易度設定なんてそんなもんですよ

 

注目するのは課題の方ですからね

 

数学・社会・裁量で思考力・判断力・表現力等を問う出題をしてほしいと来ましたね

 

特に数学については昨年に続いてです

 

カレンダーの問題は良問と褒めてたのになぁ…どんな問題出してほしいんでしょうね、実例出せばいいのに(笑)

 

そして、理科の「問題を正確に読み取るための時間の確保を考慮しながら」は気になりますね

 

誰か「問題文が長い」ってクレームつけたんでしょうか(^_^;)

 

思考力・判断力・表現力って言ってるのに?

 

英語の「実際のコミュニケーションの様々な場面を想定した出題」というのは…会話重視ってことですよね

 

スピーチ文とかなくなるのかぁ

 

まだディベートみたいな形で残る可能性はありますが、会話文より好きなんですけどね個人的には

 

 

さて、お次は「学校別受検者数と合格者数」について

 

今まであまり気にしていなかったのですが、今回疑問に思ったことがあったので

 

実は私、公立高校で定員割れしたところは原則「全員合格」だと思っていたのですよ

 

ところが、そうではない例がたくさん見受けられたので、「あれ?」っと思ったのです

 

例えば札幌東陵高校

 

定員320名のところに297名が出願して294名が受検しています(つまり3名欠席)

 

推薦で8名の合格が出ているので合格者の枠は312名、普通であれば294名の受検者全員が合格しても不思議ではないです

 

それが合格者285名なんですよね…

 

ここでいう合格者数とは「入学する意思のないもの」つまり辞退者を抜いた数なんでしょうか

 

それなら話はわかるんですがね

 

 

あ、日大に北広島に合格したけど辞退して行った生徒が9名いたって言ってたな(東も4名)

 

つまり、ここでいう合格者数とは、合格発表→入学する意思のないもの(入学辞退)の確認→追加合格、その後の数ってことですかね

 

それなら、数が合わないのもわかります

 

ということは北広島は19人が入学辞退したってことか…(337名受検、318名合格、2名2次募集なので)

 

 

そして、もう一つ

 

札幌圏ではないですが、函館について

 

函館中部:出願者数298名→受検者数255名(43名欠席)

函館西 :出願者数297名→受検者数257名(40名欠席)

市立函館:出願者数325名→受検者数257名(68名欠席)

 

毎年こんなに欠席者いたっけ?と2年前の入試の資料見てみたら、同じでした(^_^;)

 

商業や工業も、昔はもう少し倍率高かったような気がするんですが、上磯や七飯も定員割れしてますからね

 

子どもの数が急激に減っているのかなぁと、ちょっと気になってしまいました

 

一応、高校・大学生活を過ごしたところですからね(´-`).。oO

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 公立入試関係 | comments(2) | - |
comment
lily | 2020/08/18 11:16 PM
データが無いので何とも言えないのですが
定員割れした高校(公立)に入った子が
「自分の年に1名だけ不合格の子がいた」と言っていました。
この辺りの基準が気になりますよね。

たかとりーな | 2020/08/20 6:02 PM
私もいつか忘れましたが、手稲で定員割れしたのに不合格者が出たという話を聞いたことがあるんですよね。
入試の点数とかよりも出席日数とかその辺りの兼ね合いのような気もしますが…



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode