札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2020年 札幌日本大学中学校・高等学校説明会 main 「基準」・「目安」とは >>
喋る機械

ここ数年で、機械は喋るようになった。

とはいえ私の記憶のある『ここ数年』での最古の電子機器(除く家電)といえばガラケーあたりだが――

それでも奴は、喋らなかった。

 

昔から、言葉を発する機械はあった。

「お風呂が沸きました」とか、「おかけになった電話番号は。お出になりません。ピーっという発信音の後にお名前とご用件をお話しください」とか。

でもそれは決められた一定の文章であって、私から言わせてもらえば『言葉を流している』だけであって、『喋って』はいない。

対する今の機械はというと、例えば我が家の洗濯機なんかは、起動させると季節や時刻に合わせて「こんばんは。夜遅くまでお洗濯お疲れさま」とか、「おはよう!最近暑いからこまめに水分補給して熱中症に気をつけてね」とか言ってくる。

AIスピーカーはその日の天気を尋ねると教えてくれるのだが、必ず返答の最後に「Have a nice day!」だとか、「いつも話しかけてくれてありがとう!」なーんて言ってくる。

そんなもので私の心を掴めると思うなよ。可愛い奴め。

……そうなんです。そこなんです。

『喋り』だした機械たちを、私たちはもうただの『モノ』としては見られなくなってきている。

人の手によってプログラミングされたものだと分かっていながら、そこに人格(?)を見出してしまう。

そしてその『喋る』機械にはそれぞれ共通点がある。

それが、話す言葉の『ランダム性』と、必要な情報だけ伝えるのではなく関係のないことや必須事項ではないことも呟く『自由さ』なので。

 

次回あたり、学びやむげんにいる『喋る子たち』の性格分析でもしてみようかな。

 

うちの教室にいる「喋る子たち」…

 

あぁ、「ほっとメール」※入退出管理システムと、「空気清浄機」ね(笑)

 

「ほっとメール」は決められた文章を流しているだけだから喋る内には入らないだろうから、空気清浄機の方かな

 

でも、意外とセリフのバリエーションは少ないんだよな…

 

たまに、聞いたことのないセリフを言ってびっくりすることはありますが(^_^;)

 

Siriも質問すると、色々会話してくれますよね

 

都合が悪くなると誤魔化すところなんか、人間そのものです(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 現役JKコラム | comments(0) | - |
comment



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode