札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 買ってよかったかな main ごぼう うまい >>
2020年 北海道科学大学高校説明会

今日は、北海道科学大学高校(以下科学大高)の説明会に行ってきました

 

実は4月に、「5月高校入試・大学入試報告会」開催中止と「6月学習塾対象入試説明会」のご案内という文書をもらっていて、普段生徒にあれほど「文章は最後まできちんと読め」と言っているにも関わらず、最初だけ読んで

 

あぁ…今年は説明会中止なんだな(´-`).。oO

 

と勘違いしてました

 

先週の金曜日にファイルの文書整理していたところ、説明会があることを知り、締切はとっくに過ぎてましたが、何とかお願いして参加させていただくことができました

 

入試広報部の皆さん、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

さて、科学大高というと、校長先生が冒頭のあいさつでも言っていたように、100周年を機に2023年4月に今の豊平区中の島から、手稲区前田に移転します

 

新校舎の完成予想動画見ましたが、三角形の特徴的な形で、開放的な空間が多く、これは人気が出そうだなと思いましたよ

 

2023年というと…ファイターズの新球場ができるのと同じ年ですね(笑)

 

現中3生:高3から新校舎

現中2生:高2から新校舎

現中1生:高1から新校舎

 

現中3生と中2生は、途中から変わるということなので、交通面でどうなるのかが一番のポイントだと思いますが、詳細は決まっていないということですが、交通費の差額補助のようなことも検討しているとのこと

 

ただ、今まで近くに私立がなかった手稲区方面の人には朗報だと思いますが、南北線や東豊線沿線の人が来てくれるかどうか

 

東西線も宮の沢からだとバスで25分ですか…JRが一番便利ですね

 

その辺りは、札幌日大あたりと条件が同じと考えればいいのかな(^_^;)

 

まあ、アクセスの面を犠牲にしても、大学と同じ敷地内にあるということにメリットがあるとの判断でしょうね

 

その証拠に、ちょうど新指導要領に変わる現中2生から、特別なコースを用意するようです

 

 

北海道科学大学への推薦での内部進学を希望する生徒を対象に、高3後期に大学の単位が取得できるようにして、大学1年の前期をブランク期間にする

 

確かに、内部進学が決まった高3後期なんて、何しに学校行っているかわからない状態ですからね(笑)

 

そこをうまく使って、大学1年の前期に留学や資格取得などをすると

 

そんなことができるんですねぇ(玉川大学、杏林大学、愛媛大学では実施しているそうです)

 

 

さて、気になる今春の大学進学実績について

 

残念ながら昨年の国公立大学22名という数字は下回ってしまいましたが、今年も16名が合格したそうです

 

現役(13名)

東北大学1名(文学)

帯広畜産大学1名

小樽商科大学1名

北海道教育大学・札幌3名

名寄市立大学1名

釧路公立大学1名

室蘭工業大学1名

千歳科学技術大学3名

海上保安大学校1名

 

浪人(3名)

北海道大学2名(総合理系・文学)

滋賀大学1名(経済)

 

東北大学に現役で合格者を出したというのは、学校としても自信になるのではないでしょうか

 

ステージが1つ上がった感じですね

 

このコロナ禍で、道外の私立大学などへのスポーツ推薦がどうなっているか、気になって聞いてみたのですが、2年生までの実績などで既に決まっている生徒もいて、そこまで大きな影響は出ていないのだとか

 

ただ、水泳や陸上などは1年でグンと記録が伸びる子がいるので、厳しいのでしょうね

 

 

さて、昨年も書きましたが、皆さんが高校、特に私立高校を選ぶ際に気になることと言えば

 

「その高校で自分の子どもがどのように成長していくか、その高校に行くとどんな未来が待っているのか」

 

今年も4名の生徒が具体的事例として紹介されていました

 

もちろん「誰もが」このようになるわけではありません

 

どこの高校に行こうが、どのような環境だろうが、生かすも殺すも結局のところは本人次第です

 

ただ、私が常に感じているのは「公立では埋もれてしまうかもしれない生徒でも、私立では輝くケースがある」ということです

 

これから書く4名の事例(具体的過ぎると特定されてしまう恐れがあるので少しぼかします)が、一つの判断材料になれば幸いです

 

中学時Bランク

在籍コース:特進

体育系部活でひたむきに努力を積み重ね2年連続全道メンバー

将来の夢がなかなか見つからなかったが、スポーツ文化教室での指導をきっかけに目標がより具体的に

国公立大学に推薦で合格

 

中学時Aランク

在籍コース:特進

体育系部活で全国大会に出場

語学を生かして世界で活躍したい

部活在籍中は授業中心、引退後は受験対策講習や自習室の活用

国公立大学に一般で合格

 

中学時Bランク

在籍コース:特進

公立高校に不合格、目標が見つからず好不調の波が激しい

NZ短期留学に応募、目標が明確に

大学進学後、もっと本格的に海外交流してみたい

一浪後、国公立大学に一般で合格

 

中学時Dランク

在籍コース:進学

体の不自由な人のサポートがしたい→義肢装具士

授業と講習・尚志塾を中心に学校での勉強を継続

高大連携授業でモチベーションアップ

北海道科学大学保健医療学部に推薦合格


学校の中身的な部分については、大きな変更点はなかったので、昨年までの説明会の記事を参照してもらえばいいかと

 

最後に、パンフレットにも掲載されていますが、校長先生の話の中で印象に残ったものを紹介して終わりにします
 

「北海道科学大学と連携して授業を行うことによって、ぜひこの大学で勉強したいと思ってもらえるのが一番ですが、国公立大学や海外の大学を目指し羽ばたいてもらっても全然かまいません」

 

7月18日の学校説明会はオンラインで、9月以降の説明会は学校で行うようですよ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| - 北海道科学大学 | comments(0) | - |
comment



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode