札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< シャボン玉とんだ main 2020年 北星学園大学附属高等学校説明会 >>
2020年 大学合格実績比較(地方公立TOP校編)

大学合格実績比較

 

3週目は地方TOP校編です

 

毎年、この合格実績の記事を書いていて感じるんですが、この時期まで進学実績を出さないのってどういう理由があってのことなんでしょう(-_-;)

 

今年は、小樽潮陵(速報はあり)、釧路湖陵(全くなし)の2校

※旭川東も遅くて、旭川一のサードさんがデータを送ってくれたのですが、最近やっとHPにもアップされました

 

道新受験情報からデータを拾えないことはないのですが、地域TOP校としてちょっとどうかと思うんですよね(-_-;)

 

昨年からは対象から除外するようにしてますので、今年はこの2校を除外させていただきます

 

なお、室蘭栄は今年は早く発表されたので、昨年発表しなかった分も含めてデータに加えます

 

という訳で今年は、旭川東・苫小牧東・函館中部・岩見沢東・帯広柏葉・室蘭栄・北見北斗 の7校です

 

各校で定員が違うので、それによって合格実績の価値も変わると思いますが、今回は単純に合格者数の比較にとどめたいと思います

 

ちなみに、過去7年間の定員(理数科含む)は

 

2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014
旭東 280 280 280 280 280 280 280
苫東 240 240 240 240 280 280 280
柏葉 280 280 280 280 280 280 280
中部 240 240 240 240 240 240 240
岩東 200 200 200 240 240 240 240
室栄 240 240 240 240 240 240 240
北斗 240 240 240 240 240 240 240
札東 320 320 320 320 320 320 320
北広 320 320 320 320 320 320 320

 

こうなっています(その年入学した生徒の定員ではなく、卒業生の定員です)

 

苫小牧東と岩見沢東が途中で1学級減になっていますので注意してください

 

これを踏まえて、以下の表をご覧になってください


国公立

北大

北大を除く道内国公立大

北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)

医学部医学科(国公立のみ)

 

以上の5つの分野に分けて、合格者数を比較していこうかと思います

なお、ここに出ている数字は、各高校の進路指導部でHP上に公表しているものを中心に、公表されていない年度や部分については「道新受験情報」「北海道高校ガイドブック」のデータで補足しております

数字にずれが若干あるかもしれませんが、ご容赦ください

 

また、比較のために東と北広島の数字も載せておきます

 

 

まずは国公立大学合格者数から

 

2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014
旭東(現) 152 147 158 145 131 127 142
旭東(浪) 58 62 53 61 61 60 56
苫東(現) 111 98 96 93 87 94 92
苫東(浪) 5 3 8 10 12 22 17
柏葉(現) 163 131 126 112 135 143 129
柏葉(浪) 46 42 34 38 31 32 38
中部(現) 137 94 110 91 113 112 80
中部(浪) 24 26 18 28 21 38 25
岩東(現) 62 63 71 98 67 78 83
岩東(浪) 20 7 12 18 19 33 46
室栄(現) 129 151 128 122 110 119 98
室栄(浪) 15 6 19 13 15 32 10
北斗(現) 119 85 115 118 106 116 94
北斗(浪) 10 8 9 11 6 11 10
札東(現) 182 173 174 139 147 185 148
札東(浪) 47 47 44 37 53 80 60
北広(現) 134 102 133 138 112 147 100
北広(浪) 18 32 33 31 21 37 40

 

 

旭川東は、2年前とほぼ同数で、ここ7年では最高に近い数字

 

苫小牧東は、ずっと現役90人台が続いていましたが、今年は3ケタ達成

 

帯広柏葉…凄いですね、何が起きたんでしょう(^_^;)

 

函館中部も隔年傾向があるのですが、それにしたって近年の中ではずばぬけて良い数字です

 

岩見沢東は、浪人が頑張っているとは言え、減少傾向になかなか歯止めが利きませんね

 

室蘭栄は、データ出さなかった去年が近年最高って(笑)今年はそれに比べると減りましたが2年前と同様でここ数年の中では多い方です

 

北見北斗は、昨年が特殊だっただけで持ち直しましたね

そうなると、何が起きたのか増々知りたくなる…

 

 

次に北大合格者数

 

2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014
旭東(現) 31 26 22 33 32 24 24
旭東(浪) 9 15 12 12 18 19 15
苫東(現) 10 9 6 3 5 7 8
苫東(浪) 1 0 3 2 3 5 6
柏葉(現) 23 16 11 22 27 29 24
柏葉(浪) 11 14 7 6 5 11 12
中部(現) 11 9 12 6 12 13 8
中部(浪) 0 4 2 3 5 6 3
岩東(現) 7 4 7 13 10 9 21
岩東(浪) 2 2 4 10 7 6 13
室栄(現) 17 11 8 9 6 15 10
室栄(浪) 3 0 2 2 4 13 4
北斗(現) 17 5 19 13 10 16 12
北斗(浪) 1 3 2 2 2 2 3
札東(現) 59 58 65 44 41 76 62
札東(浪) 18 23 16 22 24 26 24
北広(現) 12 9 5 18 14 7 7
北広(浪) 2 6 5 7 5 12 9

 

 

旭川東は、3年ぶりに現役30人台に乗せたものの、浪人は1ケタと近年では最低

 

苫小牧東は、国公立大学に続きケタを上げてきました、壁を破った感がありますね

 

柏葉も、3年ぶりに現役20人台に回復

 

中部は、国公立大学合格者数と同じ、隔年傾向ですね

 

岩見沢東は、さすがに昨年よりは増えましたが、全盛期には遠く及ばず

 

室蘭栄は、昨年に続き2ケタ、しかも現役17名は過去7年で最高です

 

北見北斗は、ここでもしっかり盛り返しましたね

 

 

次に道内国公立大学(北大を除く)の合格者数

※ 札医・旭医・ 帯畜・ 樽商・教育大・室工・北見工・札幌市立・はこだて未来・釧路公立・名寄市立・道職能

 

2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014
旭東(現) 61 57 68 54 53 53 57
旭東(浪) 11 17 16 21 17 16 20
苫東(現) 64 51 50 61 52 56 59
苫東(浪) 2 1 2 8 8 6 4
柏葉(現) 76 64 63 62 57 66 61
柏葉(浪) 17 11 9 23 9 9 14
中部(現) 44 33 42 39 37 31 29
中部(浪) 5 4 5 9 8 8 7
岩東(現) 23 32 43 67 38 52 57
岩東(浪) 8 2 5 15 14 14 27
室栄(現) 47 52 57 60 58 69 61
室栄(浪) 4 5 4 4 9 22 13
北斗(現) 58 45 59 65 61 61 57
北斗(浪) 6 1 3 3 4 5 4
札東(現) 84 66 61 53 62 56 46
札東(浪) 12 12 9 4 10 22 14
北広(現) 76 72 77 73 68 87 65
北広(浪) 5 9 15 13 11 10 15

 

 

注目すべきは帯広柏葉

 

国公立大学合格者数の伸びは、てっきり道内国公立大学の合格者数の増加が要因かと思ったのですが、そういうわけではないですね

 


北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大) の合格者数は

 

2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014
旭東(現) 11 13 5 12 9 12 12
旭東(浪) 4 4 5 4 5 4 3
苫東(現) 0 0 3 2 0 1 1
苫東(浪) 0 1 0 0 0 1 0
柏葉(現) 7 1 4 10 4 6 10
柏葉(浪) 0 0 4 5 2 1 2
中部(現) 5 4 2 2 2 5 1
中部(浪) 4 6 1 4 1 3 2
岩東(現) 0 1 3 2 2 4 0
岩東(浪) 2 1 0 1 1 1 4
室栄(現) 6 7 10 11 5 6 5
室栄(浪) 4 0 5 0 1 3 3
北斗(現) 2 6 3 4 3 2 2
北斗(浪) 0 1 0 0 0 0 1
札東(現) 7 9 7 13 9 16 7
札東(浪) 4 2 5 5 6 5 8
北広(現) 1 0 0 2 1 1 0
北広(浪) 0 2 3 0 2 2 2

 

 

旭川東は、昨年に続き札幌東超え

 

帯広柏葉も現役7名と頑張ったのではないでしょうか

 

函館中部は、浪人含めての数字ですが、ここ2年健闘しているように思います

 

 

おしまいは医学部医学科(国公立のみ)※医学科との判別がつかない場合や、データがない場合は「なし」と表記しています

だったのですが、毎年医学部医学科のデータは旭川東が中心で、他はデータがないところがほとんどなので…目立ったところだけ紹介しようと思います

 

旭川東が現役8・浪人4

 

旭川医大が現役4名と少なかったのですが、北大現役3名、札医現役1名浪人4名と、昨年同様旭川医大に偏ってない点が特徴として挙げられます

 

その他の高校は、今年は医学部医学科については目立ちませんでしたね

 

 

札幌圏に比べて、今年は地方は軒並み健闘したと言えるのではないでしょうか

 

特に帯広柏葉について、何か情報をお持ちの方は教えていただけると助かります

 

 

地方の状況というのは、なかなか札幌まで入って来ません

 

大きく実績を落とした高校、逆に伸ばした高校

 

更に、進学実績を公表しない高校(笑)

 

何が起きているのか?

 

それぞれの地元の方の協力をお願いいたします

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(5) | - |
comment
旭川一のサード | 2020/06/05 10:59 PM
資料お役に立てて良かったです。
柏葉と中部は男子が多かったせいか北大・難関大とも好成績で、札幌トップ校ほど顕著な結果ではないですが、男女比の例年差はありそうかな。
さて旭川東の現状ですが、今年入学者の入試最高点は280超え、最低は200ちょっとと80点近い差があることを知りビックリしました。
私の時代では考えられない差ですが、児童数減により上位層は減り、合格最低点が下がってることで下位層との差が広がっているのが、地方校の現状だと思います。
もちろん札幌も児童数は減少してますが地方ほどではなく、学習熱の高さからトップ校では影響が少ないのではと。
また上位層の厚さは、札幌トップ校以外と同様にその年の入学者の実力に左右される傾向が強いのも、合格実績が安定しない原因なのでしょう。
まだ入学後2か月しかたってなく、休校が続いたので情報は少ないですが、今後気がついたことがあればコメントしたいと思います。
やまだ たろう | 2020/06/05 11:25 PM
こんばんは 息子が中学生のためいつも興味深く拝読させていただいております。

さて、結果の公開が遅い2校、小樽潮陵、釧路湖陵ともに、今春は東大合格者を出していますね。釧路は2名も。
去年まで遅かった室蘭栄も、今春東大合格2名。
理数科がある学校は強いですね。学校でトップだと、東大にも手が届くという。

しかし、私立だったら大喜びで宣伝しそうなことも、公立だと、ウンともスンとも言わない。日々の学校運営でそれどころではないというところでしょうか。
進学実績を集計してホームページにアップするとか、その作業をさせされる先生・職員にとっては、仕事が増えるだけですし。

進学実績をアピールして、志願者が増えたり、名声が高まったりすることに、何かモチベーションがあればいいんでしょうけど。
岩見沢市民 | 2020/06/06 4:53 PM
はじめまして。
いつも楽しくこのブログを拝見させてもらっております。
私が住んでいる街の進学校である岩東ですが、南空知地域における生徒数の減少に伴い、昨年と今年ともに入試で定員割れを起こしております。
ここ数年の国公立大学の合格実績を見ても、成績上位層における札幌圏への流出に歯止めがかかりそうにないかもしれません。
以前の記事の中で札幌啓成がここ数年著しい発展を遂げていると書かれておりましたが、来春受験を控えている我が家の娘も、岩東にすべきか啓成にすべきか悩んでいるようです。
現在お世話になっている某大手進学塾の先生に言わせるとまだまだ岩東の方が上だとのことですが、たかとりーな先生のご見解をぜひ聞かせていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
江別市民 | 2020/06/07 3:30 PM
>毎年、この合格実績の記事を書いていて感じるんですが、この時期まで進学実績を出さないのってどういう理由があってのことなんでしょう(-_-;)

地方トップ校特有の理由として考えられるのは、

・実績を公表しようがしまいが、その地域のトップ校という評価は揺るぎない
・多少好調な結果を残してそれをアピールしたとしても、その地域の最上位層が札幌圏や道外のトップ校に流れてしまう現状は変えられない

こういった事情ではないでしょうか。
たかとりーな | 2020/06/07 6:33 PM
>旭川一のサードさん
ありがとうございます。本当に助かりました。
一足早く、合格最高点&最低点のデータも提供していただきありがとうございます。
今夏は進学舎のセミナーもないので、その手の情報が手に入るのも遅くなりそうだったんですよ。
上位層は変わらずとも、下位層との差が広がっているんでしょうね。

>やまだ たろうさん
まあ、合格実績が上がれば嬉しいは嬉しいのでしょうが、それを評価され給与に反映されたりするわけではありませんからね、公立は…
小学校や中学校と比べ、1つの学校に勤務する期間が長いとはいえ、いつかは転勤でいなくなるわけですから。
定員割れについても、働いている先生たちはそこまで気にしていないかもしれませんね。

>岩見沢市民さん
うーん…岩見沢東と啓成普通科であれば、さすがに「まだ」岩見沢東のように思いますが、上の方への返信でも書いたように、上位層と下位層の差は定員割れが続けば更に顕著になります。
啓成理数科と岩見沢東ということであれば、啓成理数科を選ぶというのもありでしょうね。

>江別市民さん
おっしゃる通りですね。
先日、高校配置計画も発表され(近日中に記事にします)、またそれぞれの地域でどうやって地元に高校を残すかというのも議論されると思います。
地域TOP校は最後の砦として残るのでしょうが、レベルの低下は避けられませんね。



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode