札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< あつ森ー main 生徒たちのエピソード >>
新型インフルエンザの時のことを覚えていますか?

今日からGW休みなのですが、請求業務があるために昼から普通に教室に来ています(笑)

 

休みなんてあってないようなものですよ(´-`).。oO

 

さて、過去11年のこのブログの歴史を振り返る、今回のGW特別企画

 

1回目の今日は2009年です

 

この年は新型インフルエンザが猛威を振るった年

 

世の中がどんな感じだったか、覚えていますか?

 

私も、自分の書いたブログを読んで思い出しました

 

今と…世の中の状況がまるで逆なんですよね

 

そう思うと、現在世の中の大勢を占めている(ように見えるだけかも?)意見も、どうなんだろうと思いますよね

 

これ以上書くと、燃えちゃいますので自粛します(笑)

 

 

新型インフルエンザのセミナーに行ってきました

火曜日に新型インフルエンザについてのセミナーに行ってきました

昨日今日と全国各地で行われていたようで(同じ会社が主催です)、あちこちのブログで記事を見かけたのですが…

札幌は参加者少なかったですね( ̄▽ ̄;)

危機感薄いのかな?

それではセミナーで私が書き留めておいたものを


1:新型インフルエンザは17歳±2歳がピーク

2:タミフルは通常のインフルエンザより、今のところ効く(来年以降はわからない)

3:マスクでは感染予防はできない←最重要

これ、未だに間違った知識を持っている人がいるんですよね…

マスクは人にうつすことは防げても、人から感染することを防ぐことはできないんです

ちなみに外国の方々はとっくにご存知で、だから、日本のニュースを見るとびっくりするそうです

まあ、「人に迷惑をかけない」という意味で、日本人の美徳と捉えることもできるのですが…

どう考えても、勘違いしていると思うんですよね

4:手指の消毒のほうが大切(でもアルコールに過敏な生徒は注意)

5:各都道府県で学級閉鎖などの基準・対応はバラバラ


そして、最も大事なのは

「大げさなくらいの対策を立て、迅速・柔軟に対応する」

「対策は必ず文字にしておかなければ役に立たない」

状況なんて刻一刻と変化するわけですから、いつまでも同じ基準が通用するわけではありませんからね

MACSとしても、まず連休明けには統一した基準を保護者の方々あてにお伝えしようと思っています

それでは今日はこのへんで

 

 

インフルエンザに関する興味深い仮説?

益々猛威を振るっているインフルエンザ

今日の北海道新聞朝刊にも掲載されていましたが、MACS近隣の中学校もほぼ全滅に近い状態

どこかの学年かは必ず学年閉鎖になっている状態です

学力Bが延期になったり、英検が中止になったり(MACSでは実施しますよ)、部活の新人戦に出れなかったり(何でも学級閉鎖になると、元気な子も試合に出てはダメだそうな)

一体いつになったら収まるのやら

そんな中、インフルエンザに関する興味深い記事を見つけました

以下引用〜

日本では毎年、「新型」でない季節性インフルエンザを1000万人程度が発症し、そのうち1万人程度が亡くなる、ということを昨日書いた。

では、一般に、インフルエンザウィルスに感染しても発症しない(困った症状がほとんど現れない)人の割合はどの程度なのだろうか?

これについては、9割程度、つまり感染した人のうち発症するのはたった1割程度、という可能性を示唆する興味深い記録がある。

以前にも書いたのだが、それは、1918年に新型インフルエンザ(「スペイン風邪」)が流行した時の記録だ。あらためて紹介しよう。

1918年春、米国のある軍事施設に26,000人の兵士が駐留していた。春の第1波の流行により、26,000人のうち約2,000人(約7.7%)がインフルエンザを発症した。

26,000人は、よそに移動することなく同地に滞在したまま秋を迎えた。夏には、新たに20,000人の兵士(春に流行のなかった地域から移動してきた兵士)が加わっていた。

そして10月。「強毒化」したインフルエンザウィルスによる第2波の流行が同地を襲った。

面白いことに、第2波でのインフルエンザ発症者は、夏に新たに加わった20,000人の中にほぼ限定されていた。春から同地に滞在して第1波の洗礼を受けていた26,000人のほとんどは、第2波ではインフルエンザを発症しなかったのだ。

注目すべきは、春の流行の際にインフルエンザを発症した2,000人に限らず、春に発症しなかった24,000人のほとんども、秋の流行の際にインフルエンザを発症しなかったということだ。

つまり、春に発症しなかった9割超の人達も、実際には春に新型インフルエンザウィルスに感染して免疫をつけていた可能性が高い、ということだ。

しかも、新型インフルエンザウィルスが「弱毒性」だった春につけた免疫が、「強毒化」した秋にも有効だったということだ。

感染しても発症しない人が9割と仮定すると、面白いことが示唆される。

日本で毎年インフルエンザを発症するのが1000万人ということは、実際にはその10倍の1億人が、発症しないまま感染しているということになる。日本の人口を考えるなら、これはリーズナブルな数字ではないか。

要するに、インフルエンザというものは、一旦流行しだしたら、遅かれ早かれ全員がウィルスに感染する、ということだ。

インフルエンザウィルスに限って言えば、感染の「予防」は実際のところほとんど無意味、ということでもある。

ただ、そのような不都合な真実(厳密には推定だが)を公衆衛生関係者やマスコミが語ると、日本ではたくさんの人がパニックを起こす可能性がある。だから、インフルエンザの科学については多くが語られない。

なお、「ワクチン」は、感染を予防するものではない。感染して発症した後に、重症化するリスクを減らすためのものだ。

同様に、実際にウィルスに感染して身に付けた「免疫」も、感染を予防することはできない。一旦感染した後に、重症化するのを防ぐものだ(ウィルス感染とは要するに究極の「生ワクチン」だ)。

ちなみに、タミフルもリレンザも同様に、感染を防ぐものではない。重症化を防ぐものだ。

〜引用終わり

後半の「インフルエンザというものは、遅かれ早かれ全員がウイルスに感染する」というところが妙に納得してしまいます。

ここからは、私の仮説なんですが、今回のインフルエンザの感染のピークは17歳±2歳だそうです。

実際、大学生でインフルエンザが流行っているという噂はあまり聞きません

行動範囲は高校生より広いのに…

上の記事と合わせると

「新型と騒いではいるものの、実は17,8年前に流行したのと似たタイプのウイルスなのでは?」

そこで、感染した人(当時の日本国民全て)は免疫を持っていて、まだ生まれていない現在17,8歳以下の若年層は免疫がないので、今回爆発的に感染しているのでは

専門家でもないこの私ですら、こんなことを考えさせる

後年、このできごとが歴史上どう語られるのか?

それもまた興味深いですね

それでは今日はこのへんで

 

 

こんな感じで7日間(日曜日はお休みしますが)やっていこうと思います



| GW特別企画 | comments(2) | - |
comment
たま | 2020/04/30 11:39 PM
子供たちが小学校入る前です。
確か、当時もどれだけ恐ろしいか…みたいなことを連日報道していた気がします(今回ほどではないかもしれませんが)。
なので、私も周りも毎日ビクビクして生活していて、どこどこの何々ちゃんがかかったらしい…とか話題になったのですが、気付いたら話題にもならなくなり、なんだか言われてるほど大変なものじゃないみたい…みたいな空気があったような…。
当時も今程ではなかったですがマスクも品薄になったり、アルコールも売れてました。
先日掃除をしていたところ、新型インフルエンザの騒動の時に買ったアルコールが出てきました…。
もちろん、使用期限が何年も切れている開封済みのが2本も…。
そんな教訓があるので…
今回はさすがにあれこれ除菌グッズ買うのは控えております…(^^;
たかとりーな | 2020/05/01 6:28 PM
そこまで高熱が出るわけでもなかったというのが大きかったんですよね
使用期限切れのアルコール…開封済みなら、もう使えませんね(^_^;)
アルコールの方が手軽ですが、結局は石鹸で手を洗うのが一番なので、これから暖かい季節になったら、後のことを考えてアルコールの使用は控えないとなぁ



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode