札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 熟長会の会合を当教室で行いました main 面談ピーク >>
来年以降のために(国際情報高校について)

来年以降のために、ここに書いておきましょう

 

今まであまり、というか去年まで受験する生徒がいなかったため、触れることのなかった国際情報高校のことです

 

普通科から国際文化科へ、何人スライドするのか

 

それによって、国際文化科の倍率の計算がだいぶ変わってしまうんでしたよね

 

今まで合格発表を見たことなかった(調べてなかった)ので、記録として残しておこうと思いました

 

 

普通科不合格→国際文化科合格:3名(意外と少ないな)

グローバルビジネス科不合格→理数工学科合格:1名(こっちも少ないな)

 

普通科不合格→理数工学科合格:4名

 

え?

 

普通科から職業科のスライドって…もしかして

 

※ここからは募集要項からの抜粋です

 

4 出願できる学科

出願できる学科は、一の高等学校の一の学科に限るものとする。ただし、次の場合は、「第2志望」又は「第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学の希望」を認める。

 

(2) 第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学の希望

2以上の大学科を併置している高等学校への出願において、第1志望及び第2志望の学科以外に、他の大学科の学科への入学を併せて希望する場合

【留意事項】この要項において、大学科とは次の学科を指す。

普通科、農業に関する学科、工業に関する学科、商業に関する学科、水産に関する学科、家庭に関する学科、看護に関する学科、福祉に関する学科、理科・数学に関する学科、体育に関する学科、外国語に関する学科及び総合学科

なお、上記に掲げる学科のうち、農業に関する学科から福祉に関する学科までを職業学科という。

 

(2)は、例えば次の場合をいう。

B校 ... 普通科、国際文化科、グローバルビジネス科を設置

第1志望:国際文化科

第2志望:普通科

第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学を希望:グローバルビジネス科

 

13 入学者の選抜

オ 「第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学の希望」については、当該学科の合格者が募集人員に達しない場合に入学者選抜の対象とし、当該学科へ入学させるよう配慮すること。

 

 

再出願の段階で、理数工学科は推薦内定者6名を除いて、34名の募集に36名の出願でした

 

あぁ、7名も欠席者が出たんですね(-_-;)

 

なので5名欠員が出たため、第1志望:グローバルビジネス、第2志望:理数工学とした受験生だけでなく、第1志望:普通科の受験生で、第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学を希望のところに理数工学と書いた子からスライドが出たと

 

まさか、第1志望しか書かなかった子や、第2志望までは書いたけど第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学を希望のところを空欄にした子をスライドの対象にはしないでしょうからね

 

そう考えると、グローバルビジネスからのスライドは1名だけなんですね

 

実際、グローバルビジネスは結構な数の不合格者が出ているはずなのですが…まあ工業系と商業系でやること全然違うので、「国際情報に通えるならどの科でもいいー」という子はそこまで多くないということでしょう

 

立地的なことを無視して、東商業不合格だった子に「琴似工業なら合格だよ」、逆に琴似工業不合格だった子に「東商業なら合格だよ」と言っても、どちらの場合も「いや、結構です」となりますよね、おそらく

 

 

それを言うなら、第1志望:普通科、第2志望:国際文化科という子も、そこまで多くないのかもしれません

 

でも、第1志望:普通科、第2志望:なし、第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学を希望:理数工学科

 

この組み合わせはできるのかな…今まで考えたことなかった

 

 

そう思っていたところに、熟長会の先生から「国際文化不合格だったんですが、理数工学で追加合格もらいました。ただ第1志望及び第2志望の学科以外の学科への入学を希望のところはグローバルビジネスと書いていたんですが…」という報告が

 

希望していない科でも追加合格って出るの?

 

もう、訳が分からないよ…

 

 

結論:国際情報の仕組みはよくわからん

 

 

学校や道教委に聞いても教えてもらえないんだろうなぁ(^_^;)

 

それでは、今日はこのへんで



| 公立入試関係 | comments(3) | - |
comment
あいするちきゅう | 2020/03/20 12:45 AM
以前に倍率が出た際に国際情報の件でお尋ねした者です。
私も国際情報の合格基準については不信感がありましたので、今年受験した娘が自己採点通りに受かるのか?正直最後の最後まで不安でした。
結果は有難くも合格でしたのでホッとしています。
春頃までは偏差値51しかないのに『国際行きたい!』と言い出した娘にビックリしましたが、夏期講習から塾に通い始め、本人の頑張りで数ヶ月で偏差値15も上げました&#128516;
そんな中、親としていつも情報収集するのに、こちらのブログは大変参考になり、また励まされて来ました。特にいつぞやの記事で『北海道の公立高校の試験は勉強すれば誰でも8割取れるようにできている』旨のお話に勇気付けられました。そしてかなり勉強してきたので、本当に8割取ってくれました。親として子供の可能性を信じる上で、とても参考になりました。ありがとうございました。
合否の基準は不信感もありますが、晴れて合格できたのでよかったです。
また私自身が24年前に4.3倍の倍率で国際情報の推薦入試に不合格で泣く泣く違う学校へ進路変更した過去までも払拭された思いです。
個人的なことを長々と失礼しました!
- | 2020/03/20 8:38 PM
管理者の承認待ちコメントです。
たかとりーな | 2020/03/23 9:00 PM
>あいするちきゅうさん
合格おめでとうございます。
「北海道の公立高校の試験は勉強すれば誰でも8割取れるようにできている」書いた本人も、いつどの記事で書いたのか覚えておりません(^_^;)
実際に実現してくださったので、これからは自信をもって書きたいと思います。

>通りすがりさん
前回、コメントいただいた方と同じでしょうか?
であれば「通りすがり」という名前なんだと認識を改めさせていただきます。
コメントいただいた内容については、後日記事にさせていただきますので、あえて非公開とさせていただきます。ありがとうございました。



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode