札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 私、怒ってます main 昨日の続きです >>
皆さんも考えてみてください(2月道コン社会のある問題について)

土曜日のアレ

 

まだ、収まらないので、先に記事化してしまいますね

 

で、この手の記事を書くと「後日受験する子がいるかもしれないのに、うにゃうにゃ」と言う方もいますので、先に言っておきますね

 

 

2月1日の道コンを未受験で、この後入試対策などで使用する方は、以下の記事は読まないでください

 

 

いいでしょうか?

 

さて、始めましょう

 

考えてみると、道コンで1問だけに絞った記事って初めてのような…

 

それくらいの価値?はあると思いますよ

 

社会の大問4A問3です

 

iPhoneImage.png

 

見えるかな(´-`).。oO

 

ここでいうA〜Cの国というのは、Aスペイン、Bインド、C中国です

 

まあ、国の名前自体は問題を解く上で関係ないんですがね

 

 

と思ってましたが、今重要なことに気が付きました

 

「解答作成者が、この国の名前に考えを引っ張られていますね、これ」

 

良かった、今日記事書いておいて

 

 

資料1から二酸化炭素排出量が大きく増えた国はBとC、あまり増えていない国はAと日本です

 

この点については異論ないと思います

 

さて、問題の「二酸化炭素排出量が大きく増えた国に共通して見られる特徴」って、皆さんなら何と答えます?

 

下の方に模範解答書いてありますから、すぐに見ないで考えてください

 

と言っても、すぐに答えを書いてしまうと、見たくなくても見てしまうかもしれないので、少し間隔開けますね

 

 

 

 

 

 

 

では、まず我々(というか、私を含めた塾関係者3人の共通見解)の答えを

 

人口(1990年→2015年)

A :1.18倍

B :1.50倍

C :1.19倍

日本:1.03倍

全ての国で増加傾向が見られ、顕著に増えている国もなく、特にこれと言った特徴はない

※そもそも人口なんてそこまで極端に増えるものでもなく、そういう観点からするとB(インド)の1.5倍は増え方が顕著であるとも言えます

 

総発電量(1990年→2015年)

A :1.85倍

B :4.69倍

C :9.43倍

日本:1.19倍

全ての国で増加傾向だが、Aや日本と比べ、BとCは総発電量の増え方が大きい

 

一人あたりGDP(1990年→2015年)

A :1.93倍

B :4.29倍

C :22.4倍

日本:1.38倍

全ての国で増加傾向だが、Aや日本と比べ、BとCは一人あたりGDPの増え方が大きい

 

解答

BとCの二酸化炭素排出量が大きく増えた国の方が、Aや日本の二酸化炭素排出量があまり増えてない国と比べて、総発電量と一人あたりGDPの増え方が大きい

 

それでは、道コン事務局の発表した模範解答です

 

「人口、総発電量、一人あたりのGDPが大きく増えている」

 

 

え?

 

しかも採点基準表にはこう書いてありますからね

 

「3つのうち1つを欠くもの、1つに誤りを含むものは△2点」

「一人あたりGDPが大きく増え、総発電量も大きく増えた」△2

 

ちなみに解説には何と書いてあったかというと

 

「Aのスペインと日本は二酸化炭素の排出量がそれほど増えていないが、BのインドとCの中国は、大きく増えている」

 

 

それって解説っていうのか?(・_・;)

 

模範解答も酷いですが、解説もさらに酷いとは…

 

さて、何でこんな模範解答になったと思います?

 

もうおわかりですね

 

人口だけ、割合ではなく数で考えたからですよ

 

割合で考えれば、AのスペインもCの中国も、ほぼ同じです

 

では、百歩譲って、数の比較で人口が増えたという解釈なら…一人あたりGDPも数で比較してみましょう

 

一人あたりGDP(1990年→2015年)

A :約12000ドル

B :約1200ドル

C :約7700ドル

日本:約10000ドル

 

BやCが大きく増えているって言えますか?これで(笑)

 

人口は数で、総発電量と一人あたりGDPは割合で判断する

 

こういうのをダブルスタンダードといって、資料判別問題では最もやってはいけないことだと、私は考えています

 

 

ということを、事務局の方にも試験当日の夕方に電話で話したんですよ(そんなことは言っていませんと言われて終わりになりそうですし、そんな電話は受けていませんとも言われそうですから)

 

今となってはメールにしておけばよかったと後悔しています…

 

返ってきた答えが

 

「なるほどそういう考え方もできますね。しかし、採点基準はこのままでいきます(キリッ」

 

もう、開いた口が塞がらないですよね

 

しっかり問題を読み取って正解を書いた生徒が△2で、不正解の生徒が○3ですよ

 

たかが1点と思うかもしれませんが、その1点で合否が分かれることがあるのを知っているのが道コン事務局ではないのでしょうか

 

 

確かに、今まで採点基準の追加や誤植による訂正はありましたが、問題の解釈自体の誤りということはなかったように思います

 

事務局採点の都合か、プライド?の問題かはわかりませんが、意地でも訂正しないんでしょうね

 

2年前の公立入試(理科)を思い出しましたよ

 

道コン事務局は、あれから何も学んでいないんでしょうかね

 

 

というわけで、我々と同じ解答を書いて△2をもらってしまったみなさん

 

あなたは正解ですので、胸を張ってください

 

 

出題ミス(解答ミス)というのは、いつどこでも起きるものだと思います

 

実際に、高校入試や大学入試でのそういったミスが、毎年新聞やニュースで報道されています

 

ですから、そのこと自体をどうこう言うつもりはないです

 

問題はその後の対応ですね

 

道コン事務局今回の判断は、模試運営会社としてはたして適切と言えるのでしょうか

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(13) | - |
comment
ムーミンパパ | 2020/02/04 8:25 AM
出題ミスはともかく、進学舎さんがアウトソーシングをきちんと機能させられなくなっているのが致命的なのではないでしょうか。

事務局の方の対応を見ると、試験問題は自社作成ではなく、作問は外部委託されているのではないでしょうか。

南高や北大で採点ミスや出題ミスがあって、事務局に電話したら、事務職員が「なるほどそういう考え方もできますね。しかし、採点基準はこのままでいきます(キリッ)」なんて答えたら、「事務屋が何バカなこと言っているんだ!」と学内で大問題になるのではないでしょうか。

問題を作ったわけでないのなら、「対応を検討して折り返します」と答えて、出題者に確認するのが出題者へのリスペクトだと思います。

自社の模試の問題作成も出来ない上に、外注した問題の出題ミスも見抜けずに試験を実施する時点で、進学舎さんの管理能力に疑問符がつきます。

もう一つの進学舎さんの問題は、採点は塾にアウトソーシングしているのであれば、塾の経験ある先生方からの指摘を感謝して真剣に受け止め、迅速で的確な対応をすべきですが、それすらも出来ていないということです。

出題ミスも分からない事務職員がその場で採点基準を決めるとは、今の進学舎の社長さんは、どんな管理や社員教育をされているんでしょうか。

同じことが、神奈川県とかで起きたらどうなるでしょうね。

今は私立高校に移られた前社長の頃なら、こんな対応ではなかったのではないでしょうか

今回の対応について保護者から言わせてもらうと、「情けない」とか、「哀れ」を超えて、「進学舎さん、終わってますよ!」というレベルだと思います。
NF | 2020/02/04 8:49 AM
こんにちは。いつも参考にさせていただいています。

まず、二酸化炭素の増え方についてですが、通常は、増加量(差分)ではなく伸び率で、増え方が多い・少ないを判断するのが妥当だと思うのですが、そうだとすると、その説明要因の方もも、差ではなく伸び率でみていかないとおかしいと思いました。ですので、道コン事務局の模範解答は私には意味不明です。

私自身が理系なので、社会科の常識はよく分かりませんが、説明要因(総発電量とか)と結果(二酸化炭素排出量)に相関関係があるとわかった時に、結果を説明要因の一次関数としてあらわそうとしますよね?モデリングとか。その時、片方が差で片方が伸び率のデータを使っていたとなると、なんか変ですよね?
塾の人 | 2020/02/04 9:04 AM
「資料1から二酸化炭素排出量が大きく増えた国はBとC、あまり増えていない国はAと日本です
この点については異論ないと思います」

二酸化炭素排出量(百万t)が増えた量は(2015年の量−1990年の量)
A    44,4
B  1535,6
C  6964,8
日本  99,6

で圧倒的にCです。「A〜Cの国と日本は、二酸化炭素排出量が大きく増えた国と、あまり増えていない国に分けることができます。」という設問がおかしいのです。「大きく増えてない国、増え方が中程度の国、あまり増えてない国」なら理解できます。
小保護者 | 2020/02/04 11:16 AM
たかとりーな先生こんにちは。

問題文にはA、日本と比べてとは書いていないので、単純にB、Cの国について資料2からわかることを書けば良いのではないかと思いました。
『二酸化炭素排出量が大きく増えた国に共通してみられる特徴』なので、必要条件と十分条件のような感じで、その特徴がAや日本に当てはまっても良いということかなと解釈しました。
ちょっと意地悪かもしれませんね。
NF | 2020/02/04 3:49 PM
みなさんのコメントを見てまた色々考えました。

そもそもなんですが、大きさが極端に異なるデータ(例えば生徒数1000人の学校と生徒数100人の学校)の増減を比較する場合、普通は(差ではなく)伸び率で比べますよね。

1000人の学校が翌年に1100人になった場合、生徒増加数は100人、伸び率は前年比1.1倍

100人の学校が翌年に200人になった場合、生徒増加数は同じく100人、伸び率は前年比2.0倍

この場合、生徒増加数(ともに100人)でうんぬんしても意味なくて(意味あることもあるのかな?)、普通は伸び率で比べますよね。

従って、この問題のように規模が大きく異なる4か国のデータを比べるときは、例え「増え方」と問題文に書いてあっても、差ではなく伸び率でその「増え方」を評価するのが妥当(暗黙の了解)と思いますが、どうなんでしょうね‥

さっきはモデリングとか色々書きましたが、それよりも、この比べ方の常識みたいなものが人それぞれになってしまっているのが問題と思いました。学校ではどう習ってる(習ってない?)のでしょうか。
小保護者 | 2020/02/04 4:43 PM
追加のコメント失礼します。

問題には簡単にとも書いてありますので道コンの模範解答もありな気もしますが、大きくの基準は人それぞれですので、『大きく増えている』の所は『増加した』でいいのかなと思いました。
カマドウマ | 2020/02/04 5:09 PM
この問題を実際に第6回道コンとして問題を解いた受験生です。
各項目の増加率と規模の大きさを見て、三項目の全てが大きく数値を伸ばしてるってことだなと推測し、たしか解答欄には「各項目において大きく増加が見られる」と書いた気がします。
恥ずかしながら、出題ミスについては言われるまで気づきませんでした(笑)
今回の道コン、最後にしてなかなか癖が強い問題が多かったので、たかとりーな先生の道コン講評を楽しみに待っています。
寄り道 | 2020/02/04 11:03 PM
 問題文を見る限りなんら問題のない模範回答ではないでしょうか?二酸化炭素排出量が大きく増えた国に共通して見られる特徴を資料2から読みとって、簡単に書きなさい。
BとCの共通点を読みとるだけの問題に対してなぜ貴方はあまり増えていない国との比較したのですか?
ただ単に道コン側に相手にされなかった事にプライド?塾講師の威厳が傷つけられたと感じたのですか?受験生を指導する立場ならもう少し分別をつけた方が良いのではないかと思いました。
まぁ道コンさんを批判されている方もいらっしゃいますが検討違いでしたね。
Five Schools | 2020/02/05 12:28 AM
とくちょう
【特徴】 他と比べて特に目立ったり、他との区別に役立ったりする点。

ということで
「BとCの共通点を読みとるだけの問題に対してなぜ貴方はあまり増えていない国との比較したのですか?」
という指摘は全くの的外れです。
当該の模範解答は完全なる誤答です。
小保護者 | 2020/02/05 10:11 AM
Five Schoolsさん>
『他と比べて特に目立ったり』ということで道コンの解答には『大きく』が必要なのですね、ありがとうございます。

人口の項目については、2015年時点でBとCはそれぞれ約13億人と14億人。この数値だけでこの2カ国がインドと中国とわかる資料内で一番特徴的なデータであると思うので、この項目について記述しないと減点になるのは致し方ないのかなと思いました。
その上で、『人口は増加量が、発電量と一人当たりGDPは増加率がより大きい』でいいかなと思いましたがいかがでしょうか。
Five Schools | 2020/02/05 2:17 PM
シグマゼミ八反田先生がTwitterで言及していますが、上記の考え方だと「人口増加量」ではなく「もともとの人口が多い」でもokになります。
また「一人あたりのGDPがもともと少ない」でもokにしなければならず、もはや何でもアリに近い状態になります。
それでいて「人口に触れていなければ減点」という採点基準にする意味は全くなく、どうしてもそのような採点基準にしたいなら「各項目にすべて触れて」という条件をつけなければ不当です。
今回の問題文であれば、正しい考えが一つでも説明されていればマルにしないと試験として成立しません。
小保護者 | 2020/02/05 6:39 PM
Five Schoolsさん>
そうですね、確かになんでもアリに近い状態になってしまい困ってしまいますね。その辺りの決まりというのは受験界にはあるのでしょうか?
自分が中学生の頃を思い出しますと、問題製作者の意図を組みながら自分の常識の範囲で答えてしまっていて、あまり厳密に考えていませんでした。いま思い返してみるとそんな自分が少し情けなくなってきます。

ただ『各項目に全て触れて』という条件をつけるとなると、逆にそれ以外の条件はありませんよということでもあると思うのですがどうなのでしょうか。
もしそうであると『人口が多い』『総発電量は日本より多くなった』『〜GDPがもともと少ない』の三つでも良くなってしまうのではないかと思いますが、そこは『常識で考えて』となってくると思います。しかし、そうしますと『常識で考えて表にあるんだから全てに触れてよ』と言われたら困ってしまいます。結果『増減についての視点から』という条件も必要になってしまうのかと。
また、『増減についての視点から』の条件がないと『もともとの人口が多い』の一つの考えのみでもマルにしろと言われたら困ってしまいます。
問題が成り立たないですよね・・・。

小中学生の問題は特に曖昧な問題が多く、厳密に考えると自分でも訳が分からなくなってしまいます。しかし、当事者の生徒たちには申し訳ないのですが、このような事を考えるのは少し楽しいです。

小保護者 | 2020/02/05 7:27 PM
重ね重ね失礼いたします。

八反田先生のtwitterみてみました。同じような事を考えていて面白かったです。
私の場合、最終的には屁理屈が一周してしまいどうしようもなくなり『どうせこういう感じの答えが欲しいんでしょ』だからそうします的にこなしていました。
実際何どこまで厳密にするのがいいのですかね、未だに謎です。

色々と問題作成の難しさがわかり楽しかったです。
Five schoolsさんありがとうございました。




S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode