札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2020札幌圏の公立高校出願状況(前編)追記あり main 【重要】1月道コンの中学校別平均点の集計にご協力ください >>
2020札幌圏の公立高校出願状況(後編)

まず、昨年の出願変更の動きから、今年の出願変更の動きを考えてみましょう

 

左から昨年の当初倍率、出願変更による増減、今年の当初倍率です

※赤文字は今年定員が減った(1クラスor2クラス)高校です

 

道立高校
東  :1.81 64人減 1.50
西  :1.67 19人減 1.52
南  :1.37 17人減 1.23
北  :1.28 7人減 1.31
月寒 :1.43 27人増 1.34

 

啓成(普):1.37 22人減 1.31
啓成(理):1.67 増減なし 2.06
北陵 :1.24 3人増 1.44
手稲 :0.99 33人増 1.09

 

丘珠 :0.84 12人増 1.09
西陵 :0.99 14人増 0.98

白石 :1.10 28人増 1.40
東陵 :0.98 8人増 0.92
南陵 :0.75 5人増 0.83

 

東豊 :0.83 8人減 0.57
真栄 :1.16 3人増 1.01
あすかぜ:0.88 2人増 0.74
稲雲 :1.03 13人増 0.95
英藍 :1.40 19人減 1.03

 

平岡 :1.07 8人増 1.23
白陵 :0.93 1人増 0.86
国際情報(普):2.38 32人減 1.82
国際情報(国):1.13 5人増 1.37
 

江別 :0.96 11人増 1.20
野幌 :0.79 増減なし 0.62
大麻 :0.90 18人増 0.78
千歳(普):1.29 7人減 1.19
千歳(国):1.15 増減なし 0.66

 

千歳北陽:0.80 5人減 0.75
北広島:1.28 8人増 1.07
北広島西:0.85 11人増 0.86
石狩南:1.11 28人増 1.43
当別 :0.80 増減なし 0.64

 

恵庭南(普):0.92 6人増 1.02
恵庭北:0.97 8人増 0.91
石狩翔陽:1.06 8人増 1.09
厚別 :1.52 33人減 1.23


市立高校
旭丘 :1.59 2人減 1.67
藻岩 :1.18 24人増 1.35
平岸(普):1.44 7人増 1.58
平岸(デ):1.50 増減なし 1.31
清田(普):1.25 10人増 1.60
清田(グ):1.18 2人増 1.04
新川 :1.85 62人減 1.62

 

 

ここ数年は、「定員割れした中堅校には同じくらいのランクの高倍率校から出願変更者が流れるが、基本そこまで大きな動きはない」という流れです

 

この出願変更、単純に増減だけで見ているので、実際にA高校から何人が出て、何人が入ってきたのかまではわからないのですよ

 

表面上+20人となっていても、40人が出て行って60人が入ってきての+20人かもしれないのです

 

玉突きを想像してください

 

A⇒B、B⇒C、C⇒Dと動いていくと、どこかでその動きが止まる場所があります

 

そこの出願者がグッと増えるのです


 

昨年、大きな動き(25人以上の増減)のあった学校は

 

手稲 :0.99 33人増

白石 :1.10 28人増

石狩南:1.11 28人増

月寒 :1.43 27人増


国際情報(普):2.38 32人減
厚別 :1.52 33人減

新川 :1.85 62人減

東  :1.81 64人減

 

手稲・白石・石狩南は、低倍率のため流入が多かったと

 

月寒は東からの出願変更が多かったんでしょうね

 

減少した高校はいずれも1.5倍を超える高倍率ですからやむを得ないと言えるでしょう

 

 

上位校は例年、減ることはあっても増えることはありません

 

今年は、東も西も、ここ数年の最終倍率に近いので、この程度の倍率は織り込み済みの受験者が多いように思います

 

ですので、いつものような移動は起きないのではないかと思います

 

ただ、気を付けてほしいのは、先ほどの玉突きの話です

 

出願変更で上から下がってくる子は、その高校では安全圏であることがほとんどです

 

逆に、ボーダーラインに届いていない子は、下の高校に出願変更するわけですから、見た目上の倍率が変わっていなくても受験生の中での相対的な位置は下がることがほとんどです

 

現時点でボーダーライン上の生徒は、今の位置のままでは押し出される危機感を持ってください

 

 

今年、それなりに減る方向に動きそうな高校は

 

国際情報(普):1.82

旭丘 :1.67

新川 :1.62

清田(普):1.60

平岸(普):1.58

北陵 :1.44

石狩南:1.43

白石 :1.40

藻岩 :1.35

啓成(普):1.31

江別 :1.20

 

中でも、国際情報(普)・清田(普)・北陵・石狩南・白石は確実に減ると思います

 

こうして書いてみると旧第4学区(北区・石狩市)の高校が多いですね(^_^;)

 

国際情報(普)からは手稲

新川からは…北陵にしたくても倍率が高くて動けない

北陵からは石狩南にすると裁量から標準になるので、ここは石狩南が高倍率と言っても心理的には動きやすいのではないかと思います

ただ、こう書きましたが、北陵から石狩南って動きは実際あるんですかね

地理的にも倍率的にも英藍の方がありそうなのですが、ちょっと下げすぎなような気もするので

清田(普)は啓成(普)も倍率高いので、こうなると大麻しか選択肢がないように思います

白石は、平岡か厚別ですかね

 

逆に増える方向に動きそうな高校は

 

月寒 :1.34

北広島:1.07
手稲 :1.09

英藍 :1.03
稲雲 :0.95

大麻 :0.78
 

月寒は東・旭丘からの受け皿として

北広島も同様なのですが、そもそも札幌市内からではJR沿線に住んでいないと北広島という選択はないように思います

それも、札幌駅より東側だけですね

私が移転する際に色々な人から聞いたのですが、JRを使う人は札幌駅が一つの境目になっているようでして、お互いに札幌駅を越えると「遠い」という感覚になるそうです(笑)乗り継ぎが必要になったりする関係もあるのでしょうが

あと、月寒からの変更者もいるかもしれません

手稲は西・国際情報の受け皿として

英藍は新川・北陵・石狩南から

稲雲は新川・北陵から

大麻は清田・啓成から

 

以上のような動きになると思われます

 

なお、その他の定員割れの高校は、例年そうであるように、そこまで大幅に増える高校もないと思います
 

特に、今年は私立の就学支援金の変更の兼ね合いで、言葉は悪いですが「中途半端な公立に行くくらいなら私立に行った方がいいのでは?」という選択をする人が多くなると予想していましたが、今のところはその通りの結果になっているようでして…

 

私立の出願状況が明らかになると、よりはっきりすると思います

 

ですから、現時点で何年も続けて定員割れを続けている公立高校は「もう少し危機感を持った方がいいと思います」

 

結論としては、繰り返しになりますが「動きたくても動けない」というのが実情で、中学校側も積極的に出願変更を勧めたりしないため、そこまで大きく動かないのではないかという予想です

 

 

あと、関係あるのはごくわずかの方ですが、恐らくこのブログを見ている方が多いと思うので、学区外受験(5%枠や20%枠)のことを

 

東(16名) 38名 2.38倍

西(16名) 27名 1.69倍

南(16名) 25名 1.56倍

北(16名) 25名 1.56倍

千歳(8or10名) 11名※推薦枠込みなのかがわからないので倍率は出しません

 

昨年が東西南北合わせて91名、今年は115名

 

顕著に増えています

 

いずれも5%枠を超えていますので、例え合格ラインを超えていたとしても、この枠からこぼれると不合格です(必ず5%取るわけではありません)

 

まずは320人の枠に入り、さらに学区外の上位16人の中にも入らなければいけないという、合格のハードルが二段階あることになるわけです

 

ボーダーラインがはっきりとわからないので、学区外受験は難しいんですよね(^_^;)

 

学区外受験の方は、滅多に出願変更はしないのですが、さすがに東は他に流れるかもしれませんね

 

 

最後に


毎年同じことを書きますが、私は倍率と言うのは、気にしなくても困るし、気にしすぎても困るものだと思っています

大学入試ではないので、2倍を超えるような倍率でなければ、それほど神経を尖らせるものではありません

とは言え、ボーダーライン上や、後わずかに届かない生徒に取っては気にするなというのは無理でしょうね

でも、あなたが今すべきことは、倍率に一喜一憂することではないはずです

倍率はあなたの力で変えることができませんが、当日の点数はこれからの努力次第で変えることができます

 

この後、出願変更後の倍率や再出願後の倍率など、何度か倍率の話を耳にすると思いますが、要は320人定員のところなら320番までに入ればいいだけです

 

こういう記事を書いているお前が言うなと思うかもしれませんが、踊らされることがないように気を付けてくださいね



それでは今日はこのへんで



| 公立入試関係 | comments(0) | - |
comment



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode