札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 大事なことなので、何度でも言います main それは少しずつの変化かもしれないけれど >>
作図の解答と有馬記念

凄いタイトルですね(笑)

 

一昨日出した作図の解答です

 

iPhoneImage.png

線分ABです

 

iPhoneImage.png

AからでもBからでも、どっちからでもいいので、適当な角度で適当な長さの半直線を引きます

 

iPhoneImage.png

同じ長さをコンパスで測り取り、3か所印をつけます

 

iPhoneImage.png

一番端とB(A)を結びます

 

iPhoneImage.png

これ、何をしてあるかわかりますか?平行四辺形を作ったんですよ(^_^;)

平行四辺形になあるための条件は「対辺が等しい」ですから、どんな作図をすればいいかはわかりますね

 

iPhoneImage.png

同じように、もう1つ平行四辺形を作れば完成です

 

私の作図は、あくまで三等分することにこだわったものです

 

三角定規2本あれば、平行線が引けるのに、それを封じられてしまった…

 

しかし、平行四辺形を作図することで、その問題は解決するのです

 

 

平行四辺形の作図なんて習ってない?

 

 

そんなことを言っている内はまだまだですよ(´-`).。oO

 

 

コメントをくれた小保護者さんの解答も、図示してみます

 

) 線分ABを対角線とする平行四辺形を作図(平行四辺形なら何でも可)。点A、B以外の二つの頂点をそれぞれC、Dとする。

iPhoneImage.png

線分ABの垂直二等分線を作図(ABの中点を取るため)

iPhoneImage.png

ABの中点を通る適当な直線を書き、その中点を中心として等距離の点を取る

iPhoneImage.png

平行四辺形ADBCができあがりました


) 辺ACの中点をP、辺BDの中点をQとする。

iPhoneImage.png

ACの垂直二等分線を作図(ACの中点を取るため)

iPhoneImage.png

DBの垂直二等分線を作図(DBの中点を取るため)

 

) PとDを直線で結ぶ、QとCを直線で結ぶ。 終了

iPhoneImage.png

小保護者さんの作図は面白いですね

 

一見、これで三等分になるのかとも思うのですが、うまく平行線と比の関係を使ってますね

 

このように、答えが1つではないというところも、作図の面白さです

 

 

さあ、明日は有馬記念

 

普段、競馬をしない人でも、ダービーと有馬記念だけは馬券を買うというほどの、年末の競馬の祭典です

 

近年は、このレースを避ける有力馬が多かったのですが(中山競馬場がトリッキーなコースの上、タフな馬場になることが多いため)、今年はいつになく豪華なメンバーが揃いました

 

まあ、ノーザンファームの生産馬が16頭中12頭だからなんですがね(笑)

 

それと、有馬記念はG1で賞金も高額ですが、種牡馬選定という面ではあまり評価されないのですよ

 

なので、「どうしても、ここを勝って種牡馬にしたい」という思惑は薄れがちです

 

今年の有馬記念のポイントは、アーモンドアイの取捨です

 

現役最強馬どころか、歴代最強馬との声まで出てくるほどの圧倒的な力の差を見せつけていますが、元々12月2週目の香港国際競走に出る予定が熱発のため回避して、使う予定のなかった有馬記念に出てきたのです

 

ちなみに今年出走した他のレースは、1800mのドバイDF、1600mの安田記念、2000mの天皇賞秋

 

香港国際競走も2000mのレースに出る予定でした

 

本質的に2500mは向きません

 

なので、私は1着を取れない可能性もあると思っていますし、ひょっとすると3着以内を外す可能性すらあると思っています

 

穴狙いですからね(笑)

 

有馬記念で、穴をあけてきた馬の共通点は「中山巧者」であること

 

このコースに良績があるものの、有馬記念では通用しないと見られて評価が低い馬が穴をあけてきた歴史があります

 

なぜ、そのようなことが起こるのか?

 

古馬(4歳以上)の中距離以上のG1レースがないからなんです

 

中山競馬場で行われる古馬中長距離(1800m以上)のレースは

 

金杯(2000m)

AJCC(2200m)

中山記念(1800m)

日経賞(2500m)

オールカマー(2200m)

ステイヤーズS(3600m)

 

今回は、これらのレースで好走してきた馬の中から、穴馬候補を探したいと思います

 

スティッフェリオ(今年9月のオールカマーを4番人気で逃げ切り勝ち)

アルアイン(皐月賞1着、セントライト記念とオールカマーで2着と中山では連を外していません)

シュヴァルグラン(2年連続有馬記念3着、ただ大外枠は厳しい…)

 

他にも上に挙げたレースで勝ったり、2,3着に入った馬はいますが、人気より下の着順だったりするので良績とは言えないと判断しました

 

あと、もう少し内枠だったら、アエロリットも買いたかったんですがね(^_^;)

 

この馬は東京競馬場じゃないとダメみたいな言われ方をしていますが、ただ単に遠征がダメなだけなんですよ

 

関東圏や現地競馬ならほとんど力通りに走っています

 

 

結論としては

 

アーモンドアイ

リスグラシュー

 

のどちらかは(どちらも)3着以内に来るとして、その相手に

 

スティッフェリオ

アルアイン

シュヴァルグラン

 

という三連系(1,2,3着を当てる)の馬券を買おうと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(4) | - |
comment
小保護者 | 2019/12/21 8:59 PM
たかとりーな先生図解ありがとうございます。

図形の問題は色々な解法や問題の発展があるところが面白いです。
今回の問題とは逆に任意の平行四辺形で三等分されることを、相似や中点連結定理を習った生徒に解いてもらうのもいいかもしれませんよね。

自分の中では辺の長さが線分ABの長さと等しい菱形での作図が、コンパスを3回しか使わないので一番簡単かなと思いました。
たかとりーな | 2019/12/24 9:41 PM
ここにリンクが貼れないのでサイト名だけ書いておきます
「ヨッシーの算数・数学の部屋」
ここで線分の三等分について、なんと21通りもの方法が紹介されてました(笑)
偉そうに解答紹介してましたが、私もまだまだです…
小保護者 | 2019/12/26 11:20 PM
21通りも載っているのは凄いですね。
楽しそうですので後でチェックします。

このような図形問題や英単語、歴史の年号など、親子で競うと楽しみながら学べていいですよね。
また、何か楽しい問題があったら紹介お願いします。
たかとりーな | 2019/12/27 9:51 PM
中学受験なんかの問題も、よく練られて面白い問題が多いので、機会を見て紹介したいと思います(*´ω`)



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode