札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 作図の問題です main 作図の解答と有馬記念 >>
大事なことなので、何度でも言います

既に、私立学校は冬休みに突入している所もありますし、公立の学校も来週の25日に終業式というパターンが多いのではないかと思います

 

冬休みですね

 

高校受験生にとっては、まとまった時間の取れる最後の期間

 

大学受験生にとっては、文字通りセンター試験前の最後の追い込み期間になります

 

受験生で、この期に及んで、勉強しないという人はいないと思いますが、怖いのは「勉強しているふりをする」ことです

 

それも意識的ではなく、無意識のうちに

 

 

恐らく、この時期、過去問を解き始める人もいると思います(全国入試問題正解もそうです)

 

ただ、ひたすら問題を解いて丸つけをして、それで終わってしまうのであれば、あなたは「1ミリも」賢くなっていません

 

できなかった問題、間違えた問題が解けるようになって、初めて「一歩前に進めた」と言えるわけです

 

過去問を解くことは、効率よく自分の穴を見つける作業にすぎません

 

本当の勉強は、そこから始まるんですよ

 

 

できない自分を自覚することは、辛いんです

 

だから、この時期、楽な勉強に逃げがちなんですね

 

「いや、キミそれできるでしょ?」

 

そう突っ込みを入れたくなるようなことをしている受験生、意外と多いですよ

 

解ける問題を解いて、丸がたくさんついて、気分がいい

 

私に言わせれば、ただ無駄に時間を浪費しているだけですけど(-_-;)

 

まあ、問題を解いているのに、質問が出てこないというのは、そういうことなんでしょうけどね…

 

 

正直に言うと、TOP校を狙う生徒が、この冬休み期間に「基本を固めてー」とか言っている場合は手遅れです

 

これからは、自分が苦手な単元、解けない問題と悪戦苦闘して、ジリジリと点数を伸ばしていく時期なんですよ

 

軽い問題ばかり「サラサラー」と解く時期は、もう終わってます

 

そのための冬休み期間だと思ってください

 

 

あ、そうそう、休み明けの学年末テストの準備も忘れずに

 

目先の道コンに気を取られて、最後の定期テストで内申点下げるなんてことになったらシャレになりませんからね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
受験生の母 | 2019/12/26 3:16 PM
いつも拝見させていただいております。
過去問とその解き直しの重要さを何度も息子に伝えてますが、
解くだけで終わらせ、
同じ問題は出ない。と言って解き直しをしようとしません。
なぜ過去問をやること大切なのか、息子を説得させるだけの理由もうまく答えられず…
ぜひ、アドバイス頂ければ嬉しいです。
たかとりーな | 2019/12/27 9:49 PM
おそらく、皆さんに有用なアドバイスになると思いますので。コメントで返さず今日の記事で取り上げさせていただきます



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode