札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 現役高校生に聞く!札幌北 その8 main 2019年 秋の進学舎セミナー >>
試験前になって頑張ってもねぇ

毎週日曜日にお送りしていた「現役高校生に聞く!」ですが…

 

このままのペースでは11月中に終わりませんので、来週からは日・月の週2回体制でいきます( ノД`)シクシク…

 

さすがに、定期テスト終わって面談始まろうかという時に終わらないのはまずいですよね

 

 

さて、今週はどこの中学校も定期テスト真っ最中なのではないかと思います

 

そんな中、このような記事を書いて果たしていいのかとも思いますが…

 

 

「試験前になってから頑張ってもねぇ(´-`).。oO」

 

 

試験勉強というのは、どんなにやっても不安が残るので、不安解消のためにやっているというのなら、まだ話しはわかります

 

問題は、普段ほとんどやっていなくて試験直前になって詰め込むタイプですね

 

中学まではそれで通用しても、高校行ってから速攻で詰みますよ

 

詰め込みで対処できる程度なら、普段からやっておけば、どれだけ楽なのかという話しです

 

中には「普段からやっていても試験前になったら忘れるから、記憶系のものは直前の方がいい」とかいう謎理屈を言い出す生徒もいますが…

 

そんなのは「普段からやってから言え」ということです

 

試験前に一度覚えたことがあるものと、全く覚えたことがないもの

 

どちらの方が覚えるのが早いですかね

 

 

あなたたちが大好きな部活で例えるとしましょう

 

普段練習しないで、試合の直前だけ練習しているチームが、勝てると思いますか?

 

部活では「日頃の練習の積み重ねが−」とか言うのに、それを勉強に生かそうとしないのは何故でしょう

 

 

ちなみに、これはうちの生徒達を見て書いているわけではありませんから、保護者の方々はご安心を(中には一部当てはまる子もいますが…)

 

 

で、上に書いたようなことをですね、助長しているのが塾なのではないかと最近思っているんですよ

 

テスト前になると、対策だ何だとするじゃないですか

 

普段からきちんと勉強させていれば、そんなことをする必要もないわけです

 

 

だから、自分のところが凄いとか言うつもりはありませんが、こちらが何もしなくても生徒はちゃんと点数を取ってくるので、それは塾の手柄ではなくて生徒の手柄ですよね

 

北郷の時から、それは変わりません

 

究極的には、テスト前でも特別にテスト勉強をする必要がないようにしたいのですが…

 

さすがに難しいか(^_^;)

 

でも、目指すところはそこですね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(10) | trackbacks(0) |
comment
小保護者 | 2019/11/13 1:38 PM
たかとりーな先生こんにちは。

そうなんですよね、普段の勉強の積み重ねが大切だと分かっていながらも、『〜対策』みたいな言葉に期待してしまいます。塾ブログの『対策授業開始しました』などの記事は気になりますし、『得点がupしました』などという記事なら尚更です。
しかし、ただ『向上しました』のような記事の塾も多く、どのレベルの子がどこまで伸びたのかは隠している記事がほとんどで、授業のレベルが分からず保護者としてはモヤモヤするところです。

私の周りの保護者間でのことではありますが、ブログ等が、口コミに比べて塾の選択にあまり影響していないという現状(ブログでの発信が逆に負の方向に働いていることもあるようです)は、情報発信が中途半端であること(できない内情があるのかもしれませんが)も影響しているのかなと思います。

その結果、『成績上位者はどこに通っているのか』や『あそこの講習を受けたら成績が上がったよ』などという話が話題になってしまうのかもしれません。

しかし、そのような状況でも『対策』、『特訓』、『特別』などという言葉は、裏切られることも覚悟しながらも何かを期待させるんですよね。
ららるー | 2019/11/13 9:08 PM
>それは塾の手柄ではなくて生徒の手柄ですよね

それは中学教師や高校教師にも自覚してほしいものですよね。(教師の手柄ではない)

保護者の場合は遺伝子のおかげもある?と思える子は何人かいましたけど。
ムーミンパパ | 2019/11/13 9:50 PM
確かに子どもが毎日自発的に勉強することは、とても大切ですよね。
うちの子も徐々に改善しているとはいえ、なかなか能動的に学習する習慣をつけるのは、難しいです。
しかし、子どものクラスメイトの話を聞いていて感じるのは、勉強ができる子と苦戦している子どもには、一つの共通点があるような気もします。
それは、子どもの学習環境や学習状況にいつも関心を払っている親と、ほとんど大手塾に丸投げする親です。
例えば、子どもの学習机がいつも散らかっていれば、帰って来ても机で勉強しようと思わないかもしれません。
大手塾に通っていても、バイトの大学生講師の話をあまり聞かずに、友達と紙Lineを回しているようだと、あまり結果に繋がらないかもしれません。
親が子どもの家庭学習状況や環境に注意を払い、たかとりーな先生がブログに書いておられる注意点を改善するよう親子で努力するなら、定期的な学習習慣をつける助けになるように思います。
昨日、先生が書いておられたように、塾の直前定期テスト対策で問題が当たって点数が取れたとしても、付け焼き刃の知識はテストが終わればすぐに忘れてしまうので、かえって定期的な自宅学習の習慣がつくのを妨げ、本人が高校入試や高校入学後に苦労するのかもしれません。
たかとりーな | 2019/11/14 3:32 PM
>小保護者さん
恐らくですね、世間一般の保護者の方が塾に対して期待しているものと、我々が目指しているものとの間で「ずれ」があるのだと思うのですよ。
保護者の方は即効性のあるもの、目に見えてわかるもの(得点・SS・成績)の上昇を期待していると思います。
ただ、塾側としては、ある程度時間をかけないと成績向上に結び付かないというケースが多いわけです。
そうは言っても、保護者の方のニーズを無視するわけにもいかない…となると、手っ取り早いのは「試験に出そうな問題に集中的に取り組ませる」いわゆるテスト対策や、それがエスカレートすると「過去問漬け」になるわけです。
子どもも楽ですからねー、過去問やってれば点数が取れるとなれば。
そして、高校に行ってから困るわけです。

>ららるーさん
教え方の上手い下手ではなく、いかに生徒をその気にさせるかの方が重要な気がしています。モチベーターというやつですね。
遺伝的な部分は、私も確かに否定はしませんが、どちらかというと環境要因の方が影響が大きいような気がします。

>ムーミンパパさん
大手塾はどうかわかりませんが、個人塾だと保護者の方から生徒の家での学習の様子を伝えてもらえるのはプラスにしかなあらないと思います。
学校と塾、学校と家庭、塾と家庭、結局協力してやっていかなければ1つに頼るやり方ではうまくいかないと思うのです。
学校の定期テストは、学校の先生の指導が定着しているのかを測る要素が強くていいと思うんですけどね。授業で扱ったことだけ出せばいいのに、変に難しく作ったりするから、対策を塾に求められたりするんですよ。
北海道の話ではありませんが、先日、高校の定期テストの過去問を持っていないかと、知らない塾の先生から電話がかかってきたという話しを聞いて唖然としました。
小保護者 | 2019/11/15 11:59 AM
たかとりーな先生コメントありがとうございます。

わかります、ズレというかマッチングが上手くいかないというか。
過去問などは家で出来ますし、分からないものは親が教えればいいだけですのでわざわざ塾でやらなくてもと思います。プリント配って宿題にでもしておけば十分ですよね。塾に行っている間は塾でしか出来ないことをやって頂けると嬉しいです。定期試験に傾向等があるのならそれはきちんと理解しておくのは良いのかなと思います。

保護者や生徒が塾に求めるものが様々なレベルなのに対して、札幌は塾のバリエーションが少ない気がします。
できる子は進学塾、不得手な子はまずは補習塾からというように別れていればミスマッチは多少減ると思いますが、札幌は都会に比べるとどうしても子供の数が少ないので習熟レベルごとの塾が成り立たないのかもしれませんね。
大学受験になれば全国での競争ですので、授業型の塾では中学生のうちから入塾試験等できちんとクラス分けをして最適な環境で授業を受けられると保護者としては嬉しいです。

ららるー | 2019/11/16 8:59 PM
たかとりーな先生
ご返信ありがとうございます。

本人をやる気にさせる

そうそう!それなんですよね!
塾でも学校担任でも親でも。
目標がないとやる気なんて起きません。
学校や塾にしかできないことと、家庭にしかできないことは明らかに違います。

ですから親が勉強を教えたりサポートするのは小学生で最後だと思いました。勉強こそ学校や塾に丸投げでも構わないのです。
丸投げ不可能なことこそ家庭の役割です。特に受験期に最も必要なものは体調管理です。保護者会などでも繰り返し聞くことです。
特に睡眠は大事です。
試験前だけ寝不足になってガリガリやっても思春期は不安定なので、そこから精神的に崩壊する子も出てきます。

そして家庭にしかできない最大のフォローはずばりお金です。生まれた日から準備をしないと間に合わない家庭が道内では大半だと思います。
最終的には全国どこの大学を選んでもよし、と言えるようにしないと選択肢が少な過ぎてやる気は起きません。(勿論本人がバイトしたり時には奨学金がある程度必要にはなった場合でも)

高校受験時は口出しをあれこれしたにも関わらず、入学した途端にお金ないから北大以外はダメなどというう保護者が意外と多いせいか(これが子供のやる気を削ぐ原因にもなりかねない)道外の選択肢も度々高校は提供していた事実がありました。

子供の試験勉強だけでなく親の心やお金の準備も

受験前になって慌ててもねぇ

ですね。
たかとりーな | 2019/11/17 10:20 AM
>小保護者さん
自分で言うのも変な話ですが、探せば色々なタイプの塾は出てきます
ただ、それを探す労力と自分のお子さんにそこが合っているのかを検討するのが大変で、結局「名の知れたところに入れておけばいいでしょ」になっているのだと思います
だからこそ、大手は広告宣伝にお金をかけて強いんですけどね

>ららるーさん
「入学した途端にお金ないから北大以外はダメ」
あるあるすぎて笑ってしまいました(笑)
本州のように隣県に国公立の総合大学があれば…とも思いましたが、実際県境をまたいで通学する生徒とか首都圏や関西圏以外でいるんですかね
正直、バイトで疲弊したり、奨学金で卒業と同時に多額の負債を抱えさせたりするのはどうかとも思うんですよね
昔に比べて、今の大学生は遊び惚けていないで勉強しているイメージがあるので、お金をかける価値はあるとは思いますが…
ららるー | 2019/11/17 1:54 PM
>実際県境をまたいで通学する生徒とか首都圏や関西圏以外でいるんですかね。

知人家族は、三重県から名古屋大学へ通学、山形県から東北大学へ通学もいました。やはり陸続きは強いですね。

地方民や転勤族は初めから大学生は一人暮らし想定でお金を貯めておかないとなりませんよね。
道内で中学教師をしている友人によると、地方に行くと勉強させないよう保護者からお願いされることもまだまだあるそうです。

勉強すると札幌や東京へ進学したがる、そんなお金はない、農業漁業の跡を継いでもらえない、だからなるべく勉強させたくない

万一勉強ができる子だと親を説得するのが大変だそうです。
小保護者 | 2019/11/18 10:09 AM
>たかとりーな先生

そうなんですね、様々な塾があると聞き安心いたしました。中学生になるまではまだ時間がありますのでじっくり調べていきたいと思います。たかとりーな先生の塾のような志の高い所に行けたら良いのでしょうが、まだ小学生の子供にとっては冬の交通事情を考えると通わす事が心配で残念です。

>ららるーさん

確かに家庭のサポートはとても大切ですよね。私も両親や兄弟には心から感謝するばかりです。食生活から家族の雰囲気など両親には多くのことをしていただいたと思いますし、父や兄には勉強のサポートをしてもらって大変助かりました。自分がしてもらった以上の事を子供にしてあげることができたら、それが一番の親孝行かと思うので頑張りたいと思います!
それにしても、勉強を勧めておいて北大以外はダメなどということがあるのですね、本当に酷い話だと思います。
たかとりーな | 2019/11/19 10:51 PM
>ららるーさん
やはりいるんですね。三重から名大、山形から東北大、通えない距離ではないですもんね。
農業や漁業も、これからは学がないとダメだと思うんですが…何か残念ですね。

>小保護者さん
冬の交通事情については、北海道では仕方のないことなのですが、そういったものを考慮したうえでそれでも通いたいと言ってもらえるところまで、うちの塾は到達していないということでもあるので精進します。



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4577
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode