札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 現役高校生に聞く!2019スタートです main 訃報 >>
2019年10月道コン感想

10月の道コンは自分の教室の生徒に受験させていないせいか、毎年そんなに興味がないので、総合資料に出ている得点率を眺めながら自分が問題を解く上で気になったところだけ書かせていただきます


国語
大問2問2誤字訂正

相変わらず苦手なんですね…言葉を言い換えることができるかどうかだと思うんですよ。全快なら「快方に向かう」という言葉を知っているかどうか。これが「回復する」と捉えてしまうと「全回」という変な熟語を作ってしまうんです(-_-;)まあ、変な熟語を作った時に違和感を持てるかどうかが、語彙力があるかどうかの指標でもあるとは思います。「欠航」も飛行機を別の言いかたで航空機と呼ぶことを知っていればね…

 

大問4問4記述

これは、問題が悪いです(笑)やりたいことはわかりますが、何か新しい形式の問題を出そうとして、訳が分からなくなってしまったんでしょうかね。この辺りは村上先生が詳しく書いてくれています。

 

数学

まず初めに。この問題で平均点が30点いかないというのは、この世代の数学の力がかなり弱いということのような気がします(^_^;)先日、学力Bの道コンSS換算が道コン事務局から発表されましたが、それはそれは見事な数字が出ていました。

 

大問3問2二次方程式の文章題

「直角二等辺三角形の斜辺を底辺にした時、高さはその半分になる」ということがわからないというのは、そもそも直角二等辺三角形が正方形を対角線で切った図形だということを理解していないからだと思います。30度60度90度の直角三角形も、正三角形を線対象の軸で切った図形であり、この2つの知識は三平方の定理の単元で特別な三角形が出てきた時に「丸暗記で覚えるのか、どんな形なのかを理解しているか」で差が出てくると思います。というか、問2イウが正解している(31.4%)のに、立式できたのが半分(15.7%)というところに、今の中3生が抱える闇みたいなものを感じるのですが。

 

 

大問5問1証明

AE//BCを証明すればいいのだから、錯角か同位角が等しいことを言えばいいんだな。そうすると、∠EAC=∠BCAを証明すればいいんだな。

 

 

ここで思考停止したんでしょうね。仮定を先に図に書き込んでいれば、∠ABC=∠BCAなのだから、∠EAC=∠BCA=∠ABCで、△EACと△DBCの合同の証明だと見えてくると思うんですが。合同や相似の証明はできても、それを自分で見つけたり、線を一本引いて合同な三角形を作らなければいけなくなると、てき面に得点率が下がるというのが…

 

 

大問6問1

わかっているものを図に書き込まない&数字なら式を立てられても文字になるとさっぱりわからない。

「与えられた図(条件)だけで問題が解けると思うなよ。」というのは私の口癖です。

なぜ、図2にACとBDの対角線を引いて「acm」と書きこまないんでしょうねぇ(´-`).。oO

 

大問6問2(2)

(1)との得点率の落差が…得点率4.9%の問題ではないでしょうよ。さいころの目は1〜6なのですから、

 

(x+1)(x+1)=x"+2x+1

(x+1)(x+2)=x"+3x+2

(x+1)(x+3)=x"+4x+3

(x+1)(x+4)=x"+5x+4

(x+1)(x+5)=x"+6x+5

(x+2)(x+2)=x"+4x+4

(x+2)(x+3)=x"+5x+6

 

これだけですよね。とにかく面倒くさがらずに書き出すことです。

 

 

大問6問3(2)

これは、等積変形を使わないと厳しいでしょうね。

でも、このくらいはできてほしいかなと思います。

 

次は社会

大問1問1(1)

本初子午線を間違えるわけないですから、通る国の方ですか…ヨーロッパの国の位置関係覚えてないんですね。

 

大問2問5

「農業就業人口の減少」「高齢化」「耕作放棄地の増加」の3点を全て書いてないと満点がもらえないのですが、「農業就業人口の減少」には触れていない人が多かったのではないでしょうか。その割に得点率が高いというのが意外です。

 

大問3問4

加賀の場所がわかりませんか(^_^;)歴史というと地理的な部分が軽視されがちですが、こうやって絡めて出題されることが多くなってきています。歴史と地理は別物ではなく、歴史と地理は密接にかかわっているんですよ。

 

大問3問5

並べかえは、本当に苦手なんですね。迷うとしたら天保のききんが天保の改革より前か後かなんでしょうが、アの文章中に「農村を立て直すために」と書いてあることに注目すれば、ききん→改革の順番なのではないかと想像はつきますよね。

 

大問3問6

こんなベタな記述で得点率50%ですか…勉強不足ですね。

 

大問4問2

歴史と言うか、一般常識が問われている問題です。アくらいじゃないですか?歴史的な要素があるのは。

 

大問5問3

なぜ、こんなに得点率が低いのかさっぱりわかりません。組合しか書いてなかったとか?

 

大問6問3,4,5

勉強不足以外の何物でもないでしょう。

 

社会は、まあまあ平均点が高かったようですが、正直、もっと取れてもいいくらいですね。

 

 

理科

大問1問3

ひょっとして、二酸化炭素は有機物だと思っていたんでしょうか?そういう人には「有機物とはどんな物質のことを指すのか。簡単に説明しなさい。」という問題を出したいですね。

 

大問1問5

うーん…大地の変化の単元が苦手だというのはわかりますが、裁量選択者で4割、標準選択者に至っては1割しか正解していないって。れき岩ができなかったんですか?

 

大問2問5

これはいい問題でした(^-^)孫の代を自家受粉させるわけですから、暗記で片づけられる問題ではなく、きちんと書き出すことが求められました。ただ、できれば選択肢ではなくI群況欧箸發傍述させてほしかったですね。

 

大問3問3

まさか、表2をそのままグラフにする問題と思ってませんよね?それは問題を読まなさすぎです。解説通りの話しをしても面白くないので別の視点から。並列回路は電流が同じなのですから、電熱線XとYに同じ電流が流れた時にかかる電圧に注目します。表から375mAの時、それぞれ9.0Vと6.0Vの電圧がかかることが読み取れますので、回路全体は15.0V。ただし、グラフは12Vまでしかないので3で割って、125mAの時5Vとすれば、同じグラフが書けると思います。

(2)は、別に普通にオームの法則で計算するだけですよね。標準選択の生徒は壊滅ですか…

 

大問4問2(3)(4)

発生時刻の方はまあこんなもんでしょうが、震源の深さはもっとできないかと思っていました。

 

大問5問1(2)

数には触れても種類について触れられていない回答が多かったのではないかと思われます。

 

大問5問3(2)

解き方は、まあ解説の通りなのですが、この手の複数の手順を踏む問題というのが、どうしてもみんな苦手なんですよね。1つ1つの計算や考え方はそんなに難しくないんですよ。Aの計算→できる、Bの計算→できる、Cの計算→できる。では、これをAを出した後に、その数値を使ってBを計算し、更にそれを使ってCを計算できるかと言われるとできないんですよね。そういった問題を出すのに、化学変化の単元はうってつけなわけです。

最後に英語

 

英語

大問3A問2

Japanですか…いや、まあ確かにそうなんでしょうが、何かこうしっくりこないんですよね(^_^;)

 

大問3B問2

Aの問3と比べて得点率が低いのは、冠詞や前置詞の抜けで減点された子が多いからでしょう。冠詞や前置詞って、文法として教えませんからね。なぜ、そこで前置詞が必要なのか(必要でないのか)。冠詞の使い分け(冠詞をつけない、a や the の違い)なんかについては、ちゃんと指導を受けた方がいいと思いますよ。

 

大問4問3

Why don't you ~ with me ?

Why don't we ~ ?

Shall we ~ ?

Would you like to ~ with me ?

 

提案や相手を誘う言いかたはいくつかあるのですが、Shall we は堅苦しくて、実際ほとんど使われないそうです。

Why don't we ~ ?は丁寧なLet's ~ だと考えればいいでしょう。Let's ~ だと相手の意思は関係ない、Why don't we ~ ?は相手に確認している分だけ丁寧、でもやらない理由がない、やって当然みたいな雰囲気があるそうです。

 

大問5

初めての裁量長文はどうだったでしょうか。今までと違う単語の量にびっくりした人もいるのではないでしょうか。ただ、これでも435語で、入試では500語を軽く越えた上に、分詞や関係代名詞も入ってくることも考えると、早いうちにこのくらいの長文に慣れておかなければいけません。

触れておきたい文法は11行目の「what countries produce coffee beans?」ですかね。この文の主語ってどれだと思いますか?「What countries」ですよ。疑問詞を使った疑問文は必ずdo,does,didがつくと思い込んでいませんか(またはbe動詞)。そういう人は、疑問詞を使った疑問文の作り方を、肯定文→yes,no 疑問文→下線部(人・時・場所など)を問う疑問文の順に作ってみましょう。現在文で疑問詞が主語になる場合は、主語が確定していないため、doなのかdoesなのかの判断がつきませんよね。なので一般動詞で単数ならsをつけることになっています。

設問では、問2の並べかえですかね。並べかえは文法がしっかり理解できていないとできませんからね。うちの教室では、定期テストが終わったあたりから、それ専用の問題集を使って演習していくことになります。

問2の並べかえでした。

 

 

今回の道コンは学力C対策を兼ねていて、範囲も全範囲ということでもないことから、そこまで多くの中3生は参加していません

 

ですから、志望者動向についての私個人の見解は述べないことにします

 

11月13日に進学舎のセミナーがあって、その際に色々話が出てくるでしょうけれど、まあ11月23日の道コンの方が参加者が多いので、毎年こちらで志望者動向については分析しているんですよね

 

今しばらく、お待ちください

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4561
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode