札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< ダブルスクールや掛け持ちについて main 【重要】8月道コン(中3)の中学校別平均点の集計にご協力ください(追記あり) >>
2019年8月道コンから志望者動向を考える(標準校編)

とりあえず、8月道コンの平均点集計は今日までにしたいと思います

 

個人成績票が送られてきたのが先週の金曜日ですから、1週間すれば欠席でもしていない限り手元に渡っているはずですからね(

中には、総合資料と一緒に渡すという塾もあるかもしれませんが)

 

リンク自体は残しておきますので、後からでもデータを送っていただければ随時修正していきます

 

 

さて、そのアンケートの中で「標準校のことにも触れてほしい」ということでしたので、標準校編として過去に高倍率だったことがあるor高倍率になりそうな高校のみに絞って、取り上げてみようと思います

 

まずは、受検者数のおさらいから

 

2012 9381名

2013 9228名

2014 8152名

2015 8438名

2016 8529名

2017 8396名

2018 9088名

 

そして今年が

 

2019 8604名

 

昨年に比べて減りましたね(^_^;)

 

なので、人数で増えた減ったと話しても意味がありません

 

ですから、人数の他に割合を載せていますので、そちらの方を参考になさってください

 

そして、これはあくまでも8月の時点での数字から志望者の動向が掴めないか検証した記事ですので「絶対ではありません!」

 

土曜日の答え合わせの記事を見れば、それなりの結果に見えますが、一昨年なんかは結構外していますので(笑)

 

その点をくれぐれもご承知おきください

 

 

左から順に、年度・(定員)・第一志望者数・石狩管内の受験者に対する割合・出願倍率(再出願後、欠席考慮なし)です

 

 

白石

2012(320) 220(2.35%) 1.25倍

2013(320) 242(2.62%) 1.13倍

2014(320) 190(2.33%) 1.09倍

2015(280) 213(2.52%) 1.37倍

2016(320) 222(2.60%) 1.18倍 

2017(320) 245(2.92%) 1.36倍

2018(320) 262(2.88%) 1.19倍

2019(280) 278(3.23%)

 

倍率が上がったのは定員が1クラス減った2015年と、割合が高かった2017年

今年は両方の条件を兼ね備えている上に、前年が隔年傾向気味に下がっています

上がる要素しかありませんね

下手をすると1.5倍前後まで行く可能性があります

ただ、当初倍率が予想以上に高ければ、低倍率校にごっそり流れるでしょうから、結局は1.4倍前半くらいになるのではないでしょうか

 

平岡

2012(320) 244(2.60%) 1.20倍

2013(320) 243(2.63%) 1.19倍

2014(240) 218(2.67%) 1.40倍

2015(240) 184(2.18%) 1.38倍

2016(240) 185(2.17%) 1.47倍

2017(240) 168(2.00%) 1.25倍

2018(240) 208(2.29%) 1.10倍

2019(240) 183(2.13%)

 

2014年以前と比べると割合は下がり、ここ2年は倍率も落ち着いてきています

ただ、1.10倍は下がりすぎですね

白石が高倍率になりそうなことからも、これから志望者が増えそうな感じがします

11月に注目ですね

 

厚別

2012(280) 168(1.79%) 1.16倍

2013(280) 168(1.82%) 1.14倍

2014(280) 130(1.59%) 1.15倍

2015(280) 116(1.37%) 1.11倍

2016(320) 138(1.62%) 1.11倍

2017(280) 141(1.68%) 1.36倍

2018(280) 177(1.95%) 1.39倍

2019(280) 155(1.80%)

 

確かに昨年の割合はここ数年では最高だったのですが、とは言っても1%台

そこまで倍率を上げる要素はないと思うのですがね

以前、コメントで「軽音の有名な先生が平岡から厚別に転勤になった」と聞きましたが、それだけでここまで上がるものなのでしょうか?

2017年の1.36倍を見ると、普通は隔年で下がるものなのですが、更に上がって1.39倍

今年も極端には下がらないと見た方がいいでしょう

1.3倍台前半かな

 

英藍

2012(320) 191(2.04%) 1.17倍

2013(320) 203(2.20%) 1.03倍

2014(320) 181(2.22%) 1.14倍

2015(320) 213(2.52%) 1.11倍

2016(320) 222(2.60%) 1.16倍

2017(320) 197(2.35%) 1.19倍

2018(320) 208(2.29%) 1.33倍

2019(320) 196(2.28%)

 

今回、全くわからないのがここ

昨年1.33倍になったのが、このデータからだけでは皆目見当がつきません

と思って、大学進学実績を見てみました

 

国公立大学合格者数(現浪合わせて)

2016年13名

2017年 4名

2018年 8名

2019年11名

 

いや、これなら2016年に倍率上がらないと変でしょ(^_^;)

さっぱりわからないので、多分隔年で今年は下がるのではないでしょうか

自信はありません

 

石狩南

2012(320) 307(3.27%) 1.16倍

2013(320) 262(2.84%) 1.17倍

2014(320) 220(2.70%) 1.19倍

2015(320) 229(2.71%) 1.10倍

2016(320) 250(2.93%) 1.26倍

2017(280) 235(2.80%) 1.32倍

2018(280) 284(3.13%) 1.21倍

2019(280) 259(3.01%)

 

1クラス減った2017年に最高倍率を記録しましたが、昨年は8月の割合が高かったにもかかわらず1.21倍へ

ということは、割合とは関係なく、これからは隔年傾向になるかもしれませんね

1.26倍は前年の1.10倍の反動ということを考えると、そこまで極端な上昇はないでしょう

1.2倍台後半でしょうか

 

 

というわけで、過去7年で1.3倍を超えたことがある標準校5校を取り上げさせてもらいました

 

ここ以外は、定員割れギリギリ若しくは定員割れのところが多いので、倍率に関しては気にしなくていいと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 公立入試関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4492
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode