札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 数学であそぼ main 2019年8月道コンから志望者動向を考える(標準校編) >>
ダブルスクールや掛け持ちについて

今日の話は、賛否両論あるかもしれません

 

塾のダブルスクールや掛け持ちについてです

 

私の意見を先に言わせてもらいますと…

 

「別に構いませんよ」

 

うちの教室は、ダブルスクールや掛け持ちをする生徒もいるであろうことを前提に設計してありますので

 

ただ、構いませんが、上手くいくためにはいくつか条件があると思います

 

 

1つ目は、性質(タイプ)の異なる塾を選んでいるか

 

集団授業の塾を2つとか、個別指導の塾を2つとか、さすがにいないとは思いますが(^_^;)

 

集団授業と個別指導、集団授業と家庭教師

 

こんな組み合わせなら、ありかもしれませんね

 

現に、平日は地元の塾に通っていて、土日や長期の休みの時にはうちに通うというスタイルの生徒いますからね

 

全く問題ないです(^-^)

 

 

2つ目は、お互いの塾がダブルスクール(掛け持ち)であることを知っているか

 

これ、結構大事ですよ

 

知っていたら、自分の塾の範疇でだけ指導すればいいわけですからね

 

まあ、成績不振の時に責任のなすりつけ合いになる可能性も否定できませんが(-_-;)

 

そもそも、ダブルスクールや掛け持ちで、上手くいっている例を、私はあまり知りません

 

口には出しませんが(書いてしまいましたが)、今までも「うちだけにしておけばいいのになぁ…」と思ったことは前職時代も含めるとかなりの数あります

 

お互いがお互いの足りない部分をうまく補完し合っているか

 

そうでなければ、どっちつかずになってしまうと思いますよ

 

通っている子どもも、二重の負担になって苦しんでいるかもしれません

 

 

3つ目は、2つ目と似ていますが信頼性の問題

 

私のように、ダブルスクールでも構いませんよという塾ならいいのですが、基本的には嫌がられると思った方がいいです

 

そうなると、対応なんかも少し変わってくるかもしれません

 

本来、そういったことで変えてはいけないのですが、まあ塾長(教室長)も人間ですからねぇ…

 

これが、英会話学校とかそろばんとかだと、また話が変わるんですけども

 

 

今、ダブルスクールや掛け持ちをしている人はさておき、これからそうしようと思っている人は、上に書いたようなことを参考にしてみてください

 

 

そうそう、上の話と重なるかもしれませんが、12月くらいから3月の入試までの期間限定で、中3の外部生を土日午前限定で募集するかもしれません(通常生は今体験している生徒が入塾すると定員なので)

 

電話帳(全国入試問題正解)のみを使って

 

実際に教室で解いたり

私に質問したり

どこの県のどの教科がいいのかの情報交換したり

 

そういったクラスを考えています

 

「全国入試もくもく会・北海道支部」ですね

 

他の塾に通っていても構いませんし、塾に通わず自宅で勉強しているという人でも構いません

 

時期が来たら、また正式に告知したいと思います

 

もちろん、うちの塾生も参加できますよ

 

というか、ぜひ参加して刺激を受けてください(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
comment
ムーミンパパ | 2019/08/30 8:14 AM
ダブルスクールですか。
本人が、一つでは足りなくて、他の塾にも行きたいと願うんでしょうかね。
超上位層を目指して、錬成会の最良塾に通いながら、塾のない日は、北大生の家庭教師をつけてもらうとか。
そんな学生がいたらすごいですね。
逆に親が行かせているなら、何の目的でいかせているんでしょうね。
学校の宿題と予習復習をして、塾で、英語の文法や数学の応用演習するぐらいで、子供は結構忙しいと思うのですが。
もし、大手塾に通わせても成績が伸びないし、塾の引き止めで辞められないから、さらに個人塾に通わせるというなら、子供がかわいそうですね。
大手塾が合わないなら、子供に合いそうな個人塾の体験授業をいくつか受けさせて、本人が行きたがる個人塾一本にするという選択肢でも良いと思うのですが。
ご家庭によって色々な考え方があるんでしょうね。
たかとりーな | 2019/08/30 9:22 PM
中学受験ならダブルスクールもそれほど珍しくはないですが
宿題対応や授業の補習(復習)といったニーズはありますし

まあ、うちのようなスタイルの塾であれば可能ですが、一般的な塾だと難しいでしょうね
ムーミンパパ | 2019/12/12 11:46 PM
北大ファイブの先週の木曜ブログで「満を持してあの先生に特別ゲスト授業を」と書かれているのをみて、きっとたかとりーな先生が行かれるのではと想像していました。
映画の友情出演みたいで素敵ですね。
ゲスト授業と言い、電話帳クラスと言い、常に進歩を目指される先生の姿勢に感銘を受けています。
学びやむげんがこれからもどのように変化して、先生の理想の塾に成長していくのか楽しみですね。
たかとりーな | 2019/12/13 9:07 PM
ゲスト授業は、私からではなく村上先生からのお誘いですけどね(笑)
まあ、断る理由もありませんし、他塾の先生が授業をするという試みは面白そうなので、ちょっとうちでも考えてみようかなと思ったり思わなかったり…
電話帳クラスは、昔から一度やってみたかったんですよ。
定員8名ですが、どれくらい集まってくれますかねぇ。



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode