札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 散歩? main あるスピーチを見て >>
落涙と納涼花火大会

明日は漢検の日なのですが、それと並行して今週のさよならテストでは各中学校で夏休み明けに行われる漢字テストの練習をしています

漢検の模擬試験の採点をしていても

さよならテストの採点をしていても

同様に気になることがあります

漢字が苦手な生徒というのは、いったいどうやって漢字を覚えようとしているのか?

以前、国語、特に漢字が苦手な生徒がいました

その生徒が漢字の練習をしている姿を見ていると、とにかく何回も漢字を書いているんですね

もしかしてと思い、その生徒に聞いてみました

「これちゃんと読める?」

「…いいえ」

読めないものをどうやって覚えるのでしょう(^_^;)

意味のない記号を50個覚えなさいといわれれば、相当の苦労をしなければならないと思います

漢字には、「読み」「意味」「成り立ち」「部首」など覚えるための手がかりとなるものがたくさんあります

それを使わず、記号だとして覚えているのなら…

それは苦手になるはずですよね


読めない漢字に遭遇した…そういう時は

まず一文字ずつにして読む

漢字の一部分だけで読む

他の熟語を連想して読む

といった解決法があるのですが、最もしてはならないのは


「フィーリング(なんとなく)読む」


これです

たまたま知っている言葉と同じ漢字が使ってあるから、それかな〜

という風に読んでしまうこと

例えば「侮辱」を

「くつじょく」と読んだり

「羽化」を

「ふか」と読んだり

こういう人は漢字だけでなく、普段の勉強でも何となく答えている傾向があるはずです


気をつけたほうがいいですよ

さて、模擬試験も終了しました

今年は…ぎりぎりの人が多そうです

残り1日

その気になれば、10点20点はすぐ上がります

最後の頑張りが合否を分けますよ

それでは今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode