札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 笑う門には福来る main ゴールはあくまで来年の3月です >>
どんな記事を書いてほしいですか?

やはり、夏休み中は時間をかけて書かなければいけない、検証系の記事がなくなりますねー

 

軽い内容が多いので、アクセスが減る減る(笑)

 

まあ、道コンが終わった後に一瞬だけドーンと、お盆休みでまた下がって、学校が始まり学力テストが近くなると徐々に増えだすのが毎年の定番です

 

書かないといけないものが3,4個溜まってはいるんですよね

 

でも、正直入試説明会で燃え尽きてしまっているという事情もありまして(^_^;)

 

しばらく検証系の記事はお預けになる可能性も高いです

 

ただ、8月道コンの総合資料が出たら、志望者動向の記事は必ず書くと思います

 

これは、自分も気になりますし必要なことなので

 

 

他に、どんな記事を書いてほしいですかね?

 

せっかくなので、コメント欄を使って聞いてみることにします(^-^)

 

きちんと、書けるか書けないかの返事をしますし、できる限り書きたいとは思います

 

よろしくお願いしますね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(8) | trackbacks(0) |
comment
ムーミンパパ | 2019/08/06 10:46 PM
記事をリクエストして良いんですか。
7月27日以外、夏休みに有効利用について、ブログで触れておられないと思います。
予定通りに夏休みを充実して勉強している人、予定通りに進まずに少し焦っている人、それぞれに役立つ夏休み後半の勉強法について書いていただければ、嬉しく思います。
集中力を高める方法や、夏休みにやっておいた方が良いことなども、ためになるのではないかと思います。
受験生! | 2019/08/07 2:17 AM
札幌東西南北の学力、校風、特色、名物、などの説明を一つの記事にしてるものがほぼないので、そこらへんをまとめて欲しいです!
小保護者 | 2019/08/08 1:22 PM
小、中、高のこれは!と思う参考書や問題集などがありましたら紹介していただければと思います。

レベルによって変わってくると思いますので、ss70以上の層、60〜69の上・中位層、60以下の層などに分けていただけるととても嬉しいです。
小4位から学力層の固定化が始まると聞いて、小学生のうちから中学に繋がる学習ができたらと思いますので宜しくお願いします。
ららるー | 2019/08/09 2:19 AM
無料でたかとりーな先生に成績が上がる方法を伝授してもらおうとというのは、少々虫が良すぎると思います。ネットで簡単に手に入るなら予備校も塾も存在する価値はなくなります。

夏休みの過ごし方くらい、普通に学校のお便りにも毎年同じような内容で出ています。詳細は生徒達に直接伝えてあり、だいたい普遍的なものなのです。子供が全く聞いていないか、忘れているかどちらかでしかないだけです。いや親も子供時代に言われているはずです。親さえ忘れているのですよ。

集中力など健康であれば全ての人が持ち合わせています。発揮できる場面が勉強なのか部活なのか遊びなのか、それぞれ違うだけに過ぎません。

小4から学力層が固定するわけはありません。小1からです。塾でも学校でも先生から明らかな差は既に見えているそうです。
まだ簡単な小1のテスト、満点かそれに近いものが多いですよね。それにどれだけの時間がかかったか、そしてどれだけ定着するか、その差がはっきり見えているのは現場の先生方です。

いとも簡単に問題を解き暇を持て余し笑ったりチョッカイ出す子、時間はかけても必死で解き長考する子、参観日ではたから見たら前者が不真面目な子に移る保護者もいるでしょう。しかし実は出来る子は前者、出来ない子は後者であることが多いのです。

それが親の目にも、そして本人が自覚するほど差がつき始めるのが4年生というだけの事です。
配慮して高学年の参観日では、特に差がつく算数は行わない小学校も増えているようにも感じます。

受験生なら東西南北の説明会は忘れずに申し込みましょう。忘れて行けないのならそれは自分のミスです。たかとりーな先生の記事には、在校生の生の声を集めたものもあります。自分でそのくらいは見てはどうでしょうか?
たかとりーな先生に本業を疎かにさせてまで、まとめ記事を書けというのは失礼にも程があると思います。

いずれにしても無料で成績が上ったり、無料で都合よく情報を得る方法は無いと思います。

厳しい意見をお許しください。複数の子の受験を経て感じた次第です。
勉強にも運動神経と同じく、持ち前のセンスがあり、その後の努力により更なる開きに繋がるのが高校生、そんな気がします。
スポーツが才能に加えて良い練習環境やコーチに恵まれると飛躍する、勉強もそれと同じなのではないでしょうか?
小保護者 | 2019/08/09 7:16 PM
ららるーさん、お気に触るようなことを書いてしまったみたいですいません。

ただ、私も含めて皆さん情報を都合よく得ようという気持ちではないと思いますよ。少なくとも私はネットや一般的な情報ではなく、たかとりーな先生の主観的な尖った意見が聞ければお思い、要望を書かせて頂きました。

すいません、参観時にちょっかいを出すような不真面目でも出来る子…や、高学年は算数を行わない…などについては、自身の時も現在の子供の学級でもそのような経験が無いので考えもしませんでした。
小4のくだりも自分の頃を振り返ってみて、その時期に優秀な子は東大等へ、自分も含め普通な子は地帝や早慶だったので、やはりそんなものなんだと思ってしまっていました。小1の頃の事は正直あまり覚えていません。皆んな仲良く遊んでいた思い出しかありません。

たかとりーな先生のご提案に甘えてしまい、失礼な書き込みをしてしまったようで申し訳ございませんでした。

たかとりーな | 2019/08/09 9:14 PM
まあ、あくまでも私がネタに困った時に書く話ですので(そうは言ってもある程度の仕込みはしますが)、急いで書くものではありません
ららるーさんのお気遣いには感謝します<(_ _)>

他の方も、要望を書いていただきありがとうございます
すぐには書けないかもしれませんが、気長に待っていただければと思います

ちなみに、私は小1では「このまま行くと躓くかな」という子はわかっても、将来に渡って優秀な子を見分けられるかと言われると、難しいですね

単に先取りしている(先にものを知っている)だけかもしれませんし、それなら数分間でいいからおしゃべりさせてもらった方がわかるかもしれませんね
ららるーさん | 2019/08/09 10:13 PM
小保護者さん
優秀な子は東大、普通の子が地帝早慶、はかなり優秀な地域です。郊外や地方と比べると差が少ないいと感じられます。これなら高学年で算数参観もありですよね。
末っ子の担任は高学年で算数参観はしない、なるべく皆が等しく活躍できる教科にすると明言したのです。それほど差がある地域もあるのです。

また「出来る小学1年生」はたかとりーな先生の前に姿を現わす機会は特にない気もします。
小保護者 | 2019/08/10 3:03 PM
ららるーさん

私は都内で小学校も中学校も受験して行きましたので、普通ではなかったかもしれません。夫も同じ学校でしたので、夫婦揃って一般的な小中の状況はわからずきました。
札幌に来る際は様々な情報を基に、現在子供が通う学校を選択しましたが、親子で北海道生活を満喫しております。
私はまだまだ新米ですので、既に受験を乗り越えてきたららるーさんの経験談を参考にさせて頂き、この先の育児に活かせたらと思います。
ありがとうございました。



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4466
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode