札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 入試説明会の需要ってありますかね? main 2019年 大学合格実績比較(私立TOP校編) >>
ほんとに改革?それとも改悪?

道立高入試「裁量問題」22年廃止 病欠追試21年導入 道教委発表

 

金曜日に発表したところがいやらしいですよね(笑)

 

土日は休みだから、問い合わせできないのを見越してますよね(^_^;)

 

詳しくは月曜日以降になりますが、私が気になる点は

 

 

1:当日点は300点から500点にするけど、内申点は?

今まで北海道の内申点が315点という(中1・2×2、中3×3)中途半端?な数字だったのは、当日点との比重をできる限り同じにしたかったからだと思うんですよ

これが、内申点そのままで当日点を増やすというのであれば、英断と言えなくもないですが…

絶対に、変なことしますよね(-_-;)

私が想像する最悪のシナリオは「副教科の倍率を上げる」です

実際に、鹿児島県はそうなんですよね

知ってます?見たらびっくりしますよ(笑)

 

3年生の主要5教科(英語.数学.国語.理科.社会)×5段階×2=50点
3年生の実技4教科(音楽.美術.保体.技家)×5段階×20=400点
合計450点満点

 

これは極端な例ですが、500点に揃えるために良からぬことを考えていても、私は驚きませんよ

道教委ですから

 

2:各教科60点から100点に変更するのに、試験時間は5分だけ延長

「点数差をつきやすくする」とか書いてますが、配点高くするだけなら意味ないですよ?

試験時間が5分しか伸びないということは、問題数が増えるワケでもないでしょうから

それこそ、内申点の計算方法そのままで、1問の配点を大きくするということであれば、評価しますよ

 

3:中堅・下位校受験者は、思考力・判断力・表現力などを問う高難度の問題は捨てる

まあ、こうなりますよね

 

他にも色々ありますが、まだ詳しい情報が入ってきていませんので、もう少し整理できてから再度書こうと思います

 

 

さて、明日は春のG1最後のレース、宝塚記念

 

今回はCMからエタリオウ,アルアイン,ノーブルマーズの三頭を

※CMで馬具のことが取り上げられ、その馬具をつけて出走予定なのがこの三頭なんです

 

世相から8番ショウナンバッハ(吉田豊騎手)を推奨させていただきます

※八村選手がNBAのドラフト指名されて、吉田輝星投手が登板予定なので

 

大穴ですね(笑)

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 公立入試関係 | comments(5) | trackbacks(0) |
comment
旭川一のキャッチャー | 2019/06/23 6:46 AM
新聞を読んだ感想は先生とほぼ同意見です。
そして「学力点重視に変更する」、「内申点の計算方法は変更しない」との言葉がないところを見ると、確実に変更するでしょう。
しかも意図的に発表を遅らせてです。

今回の入試問題変更だけなら、まぁ良い点もあるからいいだろう、と反発が少ないものを先に発表してから、内申点変更(改悪)を発表した方が中和されて反発が少なくなると見込んでるんしょう。
内申点変更を先に、または同時に発表してしまうと、内申点の改悪だけがクローズアップされて、入試問題変更が霞んでしまうとの思惑があるからだと思ってしまいます。

もしこれが現実になれば、あまりにも姑息なやり方な上、改悪を認めてると言ってるようなもの。
こうならないように祈ってるだけです。
ムーミンパパ | 2019/06/23 11:44 AM
内申点がどうなるかは、今後の発表を待つしかないわけですが、裁量問題の廃止や配点の変更よりも、文科省の言う思考力・判断力・表現力を問う問題を道教委がきちんと作問できるのかに関心があります。
そういった問題が解けるように中学校では、主体的・対話的で深い学びを実践する必要があるわけですが、果たして道教委がどこまで中学校にアクティブラーニングを導入できるのか少し疑問です。
アクティブラーニングと言えば、新しいアクティブラーニング棟まで立てた立命館や先生がいなくても生徒中心で授業が進むと言われる附属を別にして、向陵中のような名門公立中では導入されているのでしょうか。
公立中で主体的な学び、対話的な学び・深い学びが実践できないのであれば、塾の集団授業でアクティブラーニングが導入できなければ、道教委が万が一良い作問をしても、学生たちは対応に苦労するかもしれませんね。
せめて道コンが道教委と同じ方向性で作問してくれることを祈るのみですが。
たかとりーな先生は、集団授業にアクティブラーニング的な要素を導入されるご予定はありますか。
たかとりーな | 2019/06/23 6:32 PM
>旭川一のキャッチャーさん
とりあえず、道教委のHPに何も出てきていないのでそれ待ちですね
いざとなったら問い合わせますよ(笑)
まあ、最終手段ですが

>ムーミンパパさん
札幌市内の公立中でアクティブラーニングを行っているという話しは聞きませんね
もし、やっていたとしても特定の授業(単元)だけだと思います
やったという実績作りのためにですね
そもそも、アクティブラーニングをするためには、基本的な知識がしっかり身についていることが前提ですので、生徒間の学力差が大きい公立中では効果的なものは実現不可能だと思います
うちの教室でやるなら…通常授業では行わず無学年で行うでしょうね
特定の教科のみを行うのではなく、毎回テーマを決めて教科横断的にやると思います
ゆーき | 2019/12/04 6:27 PM
はじめまして、受験生でも保護者さんでもなく
東西南北出た30半ばのおじさんです。
北海道高校入試の裁量問題がなくなる?
ということで調べていたら先生のサイトにたどり着きました。

もう20年ちょっと前の話ですが、裁量問題はありませんでした。
南北だと中学の問題でわからないところはないでしょう。
東西でも中学の問題でわからないところはほとんどないでしょう。

受験当時、ケアレスミスをいかにしないかが最重要課題でした。
早々と全部回答しては何度も何度もミスしてないかの確認作業。
塾にも行ってなかったですし、模試も受けたことがないぶっつけ本番。

無事合格しましたが、滑り止めの立命館の問題の難しさたるや(当時は普通コースしかありませんでした)
英語なんてあきらかに習っていない単語が出ましたし、同じ立命館受けた学年1位を争っていた同級生に聞いても、わからなかった。と。

今回のはハッキリ言って改悪です。

学力の高い子、低い子、普通の子、全てを見たら裁量問題がいいに決まってます。

学力の低い子をバカにするつもりは全くありません。人にはそれぞれ素晴らしい自分にない所がありますから。

でも、受験に関しては学力ですよね。体育科や芸術科ではないのなら。

学力の低い子ともたくさん接してきましたが、中学時代「社会教えて」と言われたことがあって。
そういう子どもたちの事を全く考えていないですよね。
思考力、判断力、表現力が無いとは言いませんが、そんなテストをやったら「平均点」が「1と5の間」になりませんか?

今の制度だと北海道の入試は簡単と言われているので、勉強の苦手な子、オール3な子、勉強の得意な子、それぞれに恩恵があってちょうどいいと思うんですよね。

追記ですが、3年の内申点が他の学年より重視されるのは、他県では3年の内申点しか見ない県もあるので逆転的な意味でそれはいいのかな?と。

私は副教科が苦手だったので、鹿児島県や京都府の入試のようにならないことを祈るばかりです。

長文失礼致しました。
たかとりーな | 2019/12/06 2:53 PM
そもそも、裁量問題の導入の経緯が、ゆーきさんのおっしゃる「上位校では、高得点かつ1点差で合否が分かれるため、いかにケアレスミスなく解答するかになっている。」これを改善するためだったんですよ。
ただ、現在、公立高校入試として正常に機能しているのは、TOP校が定員割れを起こしていない地域に限られ、他は実質全入の状態なんです。
そんな中で、裁量問題を続ける意味があるのか?となったんでしょうね。
今の標準問題+共通問題のレベルは、全国的に見てかなり下の部類です。それでも、あの平均点ですから…
道教委は60点満点から100点満点にすることで、下位層の子たちの差をつけることができるとでも思っているのではないでしょうかね。
まあ、この辺りの話は、語りだすと際限がなくなるので、このへんでやめてきます(笑)

コメントありがとうございました



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode