札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2019年 大学合格実績比較(札幌公立TOP校編) main 今年定員が減る高校を知っていますか?(公立高等学校配置計画案を見て) >>
2019北星学園附属高等学校説明会

1日遅れてしまいましたが、昨日は北星学園附属高等学校(以下、北星附属)の説明会でした
 

例年、辛口になることが多い説明会なんですが、果たして今年はどうだったのでしょうか

 

 

まずは入試結果から

 

国公立大学5人は正直物足りない感じはしますが、特進クラスの人数から考えると、まあこんなものかという感じもします

 

そもそも、ここ数年の「私立の進学校化」の波に完全に乗り遅れていて、既に進学コース中心で北星学園大学にいかに多くの生徒を進学させるかに重きを置いているように見受けられます

 

説明会が終わった後に、他塾の先生たちが話しているのを耳にしましたが、北星附属に進学する理由は「部活」が多いと
 

「スタディサプリ」も使用開始から4年経ち、この春の大学受験生が1期生だったはずですからデータの蓄積もあるはずなんですよね

 

それを、こういった説明会で公表できないというのは残念です

 

説明会後の質問でも、この話題は出しましたし、アンケートにも記入したので、来年の説明会で公表されることを期待してます

 

生徒の自主性に任せていても、なかなか有効には活用できないと思いますよ

 

これはうちの「学びエイド」にも言えることなんですがね(-_-;)

 

 

進学コースからは、北星学園大学への推薦枠は短大も含めて約100名あります

 

昨年は95名が進学しましたが、今年は76名と減少しました

 

昨年8名が進学した英文科も今年は5名にとどまりました

 

ただ、その前は2,3名だったところを見ると、英語に関しては少しずつ成果が出ていると言えなくもないです

 

 

毎年書いていますが、仮にE・F・Gランクの子が、近場の公立高校に進学したとして、その高校から、推薦または一般入試で北星学園大学や北海学園大学に行こうとすると、それなりに大変です


少なくとも名前を書いただけで受かるレベルではありませんし、高校2年半遊び回って、最後の半年だけチョロチョロっと受験勉強みたいなことをしても落ちます(実際に落ちた教え子を数人知ってますので)

ですから、最初から北星学園大学への進学を考えているのであれば、北星附属に入学して、自分の希望する学部・学科の推薦要件の成績をキープし、余った時間で自分のやりたいことをする

そういうことを考えてもいいと思うんですよね

 

 

さて、今年初めて聞いた話では、修学旅行とは別に有志による社会科や英語科による研修旅行が行われているそうです(正月休み明け)

 

今年はドイツ・ポーランド、その前はキューバに行ったとか

 

最低催行人数は10人なんだそうですが、キューバはなかなか行けない所ということもあり参加者が多かったそうです

 

来年は、この辺りの話をもう少し聞きたいですねぇ

 

 

入試基準については、資料はもらっていますが、最近は極力書かないようにしていますので、中学校の先生や塾の先生に聞いてみてください

基本的に、北海道の私立については「大丈夫」と言われたら、よほどのことがない限り(白紙答案を出す、会場で暴れる)合格で、「頑張らないと」と言われた場合はランクの基準を満たしていないので、入試で点数を取らなければ落ちるということだと思ってください


入試問題については、数年前から公立高校の問題に似せて作られるようになっています

今年も、社会を除けば、ほぼ同様(大問の数や出題傾向まで)でした

 

社会は…作る先生のプライドなんですかね

 

頑なに寄せてきません(笑)

 

英語は、非常に似ています


理科は公立入試の方が問題文が長くて、北星附属のは学力テストに近い感じですね

 

ただ、公立入試の練習と思って受けるのであれば、道コンの方がいいです

 

だって、自分が何点取ったかわかりませんし、解説もありませんよ(北星の入試だと)

 

 

私は、毎年このような説明会に出席するので、毎年変化を求めてしまうのですが、開催する側からすると毎年違うことをするのは手間もかかるし大変なのでしょう

 

なので、北星附属の説明会に変化を求めるというのは、やめようと思います

 

2年前の校長先生の自己紹介は良かったなぁ(´-`).。oO

 

 

それでは、今日はこのへんで



| - 北星学園附属 | comments(5) | trackbacks(0) |
comment
happy | 2019/06/05 9:52 AM
はじめまして。
いつもブログ拝見してます。

大学入試で、北星大学と北海学園大学の他に、藤女子大学もEFGランクの子にとって難しいでしょうか?
娘がいるので気になってます。

宜しくお願いします。
たかとりーな | 2019/06/05 7:25 PM
はじめまして
そうですね、この辺りの大学入試の話は書いたことがなかったので、私としても気になるところです
近いうちに記事にしようと思いますので、今しばらくお待ちください
- | 2019/06/05 8:31 PM
管理者の承認待ちコメントです。
ヒカラビテキタママ | 2019/06/06 8:59 AM
おはようございます。
昨日、ふと、子供が、私大も考えないとだめだよね・・・・と。しかし、実際、学びたいことと卒業後のやりたいこととマッチングする私大がないんです。
道内に。道外でもいいよ。と気軽に言ってあげられない懐事情・・・・藤女子大事情はどんな感じなんでしょうか。私も気になるところでした。
たかとりーな | 2019/06/06 11:49 PM
そうなんですよね。
北海道は、地理的要因からも大学に関しては恵まれていないと思います。
隣接する都府県にという選択肢がほとんどありませんからね。
中身についてはオープンキャンパスなどに行って、自分で確かめてもらう必要がありますので、私は倍率や難易度などについて触れたいと思っています。



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode