札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 修学旅行 main 2019札幌創成高校 学校見学会 >>
日本語に引っ張られるな!

今日の、中2英語の集団授業

 

must と have to だったのですが、次のような練習問題がありました

 

 

(2)あなたがたは、授業中は日本語を使ってはいけません。

 

(3)あなたは、ペンで書かなければいけません。

 

(4)あなたは、絵をさわってはいけません。

 

 

must は「〜しなければならない」 must not は「〜してはいけない」

 

でも、日本語的には「〜しなければならない」は「〜しなければいけない」とも言いますよね

 

そうなると、語尾はどちらも「いけない」

 

そうなんです、語尾だけだと区別ができなくなるんですね

 

というわけで、(3)を「You must not write with a pen.」と間違える生徒が多数出てくるわけです(笑)

 

 

日本語だけを見て、単語をはめ込む形で英文を作るとこうなります

 

義務(must)なのか禁止(must not)なのか

 

その辺りも考えてもらうための、いい問題(配列)だと思います

 

 

ちなみに、中学校で教えているかどうかわかりませんが、「〜しなければならない」という意味のmustとhave to

 

使い分けしますからね

 

でなければ、否定にした時に、あんなに意味が変わったりはしませんよ

 

mustは「話し手によって課せられる義務、強制」

 

have toは「外部の事情から生じる必要性、義務」

 

ですから、外出先では「I must go home now.」というより「I have to go home now.」と言った方が「本当はもっといたいけど、やむを得ない事情で家に帰らなければいけないの」といったニュアンスになって角が立ちません(笑)

 

 

それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
ムーミンパパ | 2019/05/23 11:27 PM
授業の様子をありがとうございます。 新教室になって授業の話題が減ったような気がしていましたが、授業の話があると、塾の様子が見えてとても良いと思います。
たかとりーな | 2019/05/24 10:01 PM
あれ?そうですか(^_^;)
これからは授業の話題も増やすようにしますね(^-^)



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4385
trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode