札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 公式HPを公開しました! main もし、今後模試を受ける機会があれば >>
2019年1月26日実施の道コンの感想

うちの教室では2月道コンという風に言うのですが、実際行われたのは2月ではないので何とも長いタイトルになってしまいました

 

そして、今回は、特に話しておいた方がいいだろうなという点に絞って書くため、前編後編には分けずに今日一日でおしまいです

 

 

まず国語から

 

特にありません

 

小説は読みやすかったうえに、あの採点基準だと何を書いても部分点はもらえるでしょう

 

漢文の問三なんかもう少し苦戦するかと思ったのですが…意外とできが良かったですね

 

裁量の評論文の点数の差が、そのまま国語の得点の差になるような感じでした

 

 

 

続いて数学

 

非常に良い問題だったと思います

 

例えば大問2問4の方程式、大問5問1、大問6問1(2)

 

「方程式だから相似を利用することなんて思いつかなかった、合同の証明に比や中点連結定理を使うとは考えなかった、作図の問題以外にコンパスを使うなんて見当もつかなかったという人は、視野が狭いですよ」

 

そう生徒たちには言いました

 

 

大問2問4が解けなかった人はPRの長さが2xと置けなかっただけでしょう

 

大問5問1が解けなかった人は、AB=EFを何と言って証明すればよいか、平行だから錯角か同位角だろうとそれに固執してしまったのでしょう

 

大問6問1(2)は直径に対する円周角は90°であることは知っていても、この問題にそれをうまく使えなかっただけです

 

 

関数と相似が融合することだってあるんですよ

 

パターンマッチングに頼ってはいけないという、いい警鐘になったのではないでしょうか

 

それと、全ての問題の中で証明が一番面倒で、裁量が拍子抜けするほど簡単だっというのも、本番に向けてはいい予行演習になったのではないでしょうか

 

裁量は、正直、この得点率ほど難しい問題ではありません

 

単に時間切れだっただけでしょう

 

 

お次は社会

 

簡単でした

 

ところどころ、「あぁ、これは間違える子多いだろうな」という問題はありましたが、中難度の問いが少なかったので差がつくような問題ではありませんでした

 

大問1問2(2)の宗教の並べかえは、やはり得点率が低かったですね

 

問題見た瞬間に笑ってしまいました、これは盲点だったと

 

大問4A問2の記述は「産業はどのように変化したか」って聞かれているのに、輸出品目にしか触れないんですよね

 

何を聞かれているのかということに、もっと気を遣いましょう

 

大問4B問1の資料判別は、九州地方が畜産が盛んなことがわかれば、関東と中部の判別だけです

 

誰ですか?表の特色に書かれている九州の「平野部では稲作がさかんだが、南部では畑作がさかんである」という記述に引っ張られたのは(^_^;)

 

中部→北陸は水田単作地帯、関東→近郊農業で野菜の生産が盛ん

 

こう考えればいいのではないでしょうか

 

 

続いて理科

 

簡単でした

 

1月と比べると平均点もかなり上がりましたね

 

今回の総合の平均点の上昇は、そっくりそのまま理科の分だと考えてもいいほどです

 

大問2問2(4)の化学変化の計算問題も、表2に必要な数字を書き足せばいいのに、それをしないからです

 

それ以外は解説の通りですし、私から補足することもありません

 

 

 

最後に英語

 

リスニングは「どうしたの?」と思うくらい簡単でしたし、大問3A2の「look for」が出てこないのは、まあ連語を勉強していないからですね

 

大問4も最後の問5を除けばそこまで難しくありませんでしたし、その問5にしても全く見当もつかないという訳ではないでしょう

 

大問5はさすがに後置修飾が入ってくると、今までに比べて文が複雑になるせいか、一気に読めなくなりましたね

 

Do you know why they come to Japan?(2行目:間接疑問文)

 

Eating different food every season makes foreign tourists happy.(11行目:動名詞、make A B)

 

Especially, the tourists from China buy a lot of things made in Japan,(13行目:過去分詞)

 

But there are many tourists from Taiwan who sta traditional Japanese inns called ryo-kan.(16行目:主格の関係代名詞、過去分詞)

 

Some of them know more about than Japanese people.(23行目:比較級)※moreはmany,muchの比較級

 

For example, there are many tourists who visit Japan to eat Japanise food , so the menus in Japanese restaurants should be written in English, too.(28行目:主格の関係代名詞)

 

Sometimes I can't get information I need because there are not many Japanese people who can speak English.(34行目:S+Vの後置修飾、主格の関係代名詞)

 

so I want young people like you to study English(36行目:want 人 to do)

 

並べかえも、so ~ that構文、it is A for B to do、間接疑問文と3つの文法が組み合わさっていますからね

 

英作文は、ちょっと出題傾向がいつもと違ったので戸惑った子が多かったのではないでしょうか

 

ただ、これも本番に向けていい練習になったと思います

 

 

全体を通して言えることは、事務局側が高得点を取ってもらって気分よく入試に向かってもらおうと思い作問したのではないかと

 

さすがに全教科簡単にするわけにはいかなかったので、数学だけは点数を取りづらくして調整を図ったのではないでしょうか

 

大体、6~7点上がっていればほぼ同じSSになるはずです

 

1月

SS60 206

SS65 232

SS70 258

 

今回

SS60 213

SS65 239

SS70 264

 

 

今回の道コンは道コン事務局が作った予想問題です

 

だからと言って、本番で国語や英語の題材で同じものが使われていたり、関数や証明で同じ問題が出たりすることはありません

 

でも…理科だけは注意しておいた方が、いいことがあるかもしれませんよ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4262
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode