札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 現役高校生に聞く!札幌西 その15 main 現役高校生に聞く!札幌第一 その5 >>
志望校選びについて(とある高校の話)

まず初めに

 

10月20日の道コンの感想は、明後日に記事にします

 

既に10日以上経って興味が薄れている方もいるかもしれませんが、再三お伝えしているように今回うちの教室では受験していないため、私自身あまり乗り気ではないんです(笑)

 

ご了承ください

 

 

さて、週の頭からこんな爆弾を投下していいのかわかりませんが、志望校の話です

 

今から話す高校に通っている生徒・保護者の方には、不愉快な思いをさせるかもしれませんが、こういった意見もあると思ってご容赦いただければと

 

どこのことかというと南高です

 

数年前までは、毎年低倍率で安定していたのが、ここ2年ほどで1.26倍、1.34倍とドンドン倍率が上昇傾向

 

10月道コンの志望者数も前年並みですね

 

何だろう…ちょっとした違和感があるんですよ

 

「これといった理由もなく南高を選んでいる生徒」が増えていませんかね?これ

 

 

確かに、南高というのは北海道の中でTOPの公立高校です

 

ただ勉強だけができる生徒ばかりではなく、様々な個性を持った生徒が多い

 

そういった環境の中で自分も高校生活を過ごしたい

 

その気持ちもよくわかります

 

でも、私はずっと南高に対して考えていることがあります

 

南高は「通う人を選ぶ」言い方を変えると「向き不向きがはっきり分かれる」高校なんです

 

もう受験する前からわかります、「あ…この子は南高に行ってもちゃんとやれるな」「あ…この子は南高に行くと潰れるな」

 

だからこその、低倍率だったと言えるんです

 

 

私が言いたいのは

 

「塾(学校・保護者)が、ちゃんとそういった生徒の特長を考えて進路指導しているか?」

 

学校や保護者の方は関係ないですが、塾の方が実績重視で合わないとわかっている生徒まで行かせてないか?ということです

 

南高は塾にとって二度おいしい学校なんです

 

進学実績と、塾・予備校を認めてくれるという点で

 

実際、南高生の塾・予備校に通っている率はかなり高いと思います

 

 

別に南高を受験するなと言っているわけではありません

 

自分がなぜその高校に行きたいか、明確な理由があって、その理由に選択が合致していればいいのです

 

それと、これが非常に重要なのですが…

 

「今まで与えられたことをこなして点数を取ってきた人」には、かなり厳しい環境です

 

南高に入ってからも、そういった環境が自分で用意できれば(塾などで)いいでしょうが

 

あと、学校の授業(先生の話)を聞いて全て理解できたので、さして家庭学習もしなかったという人

 

あなたが「本当の天才」でもない限り、それは通用しません

※まあ、それは南高に限った話ではないのですが

 

そういったことを踏まえた上で、もう一度考えてみてはどうでしょうか

 

 

あ、医学部医学科に進学したい人は「今のところ」かなり南高が強いので変える必要はありませんね

 

 

最後に

 

私は南高が悪い高校だとは言っていません(むしろ合う人にとっては、これ以上ない環境だと思います)

 

塾側が南高を特別視するのはわからんでもないですが、それが受験生や保護者側に変な受け止められ方をするのは、どうかと思うんですよ

 

例えて言うなら「平家でなければ人でない」みたいな?

 

南高以外価値なしみたいな対応は良くないと思うんです(これは実際に聞きました)

 

まあ、私立高校側にとっては上位の生徒が流れて来てくれるので、歓迎するべきことかもしれませんけどね

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(12) | trackbacks(0) |
comment
雪虫 | 2018/10/30 9:46 AM
>自分がなぜその高校に行きたいか、明確な理由

>今まで与えられたことをこなして点数を取ってきた人

>学校の授業(先生の話)を聞いて全て理解できたので、さして家庭学習もしなかったという人

>南高に限った話ではない

上位高校どこでも入学時が一番の栄光だった生徒は沢山いますが共通点はご指摘の通りですね。

落ちるリスク回避で今は別の高校に通う息子がよく言う南に馴染む人(男子編)笑

イキリ勢自信家の変人
空気読む気もないマイペースな変人

このどちらかの性格を持ち、南に入るのを目的とせず手段とする人だそうです。

息子の名誉?の為に言うと模試偏差値は今も南平均以上あります。見学時や在校する先輩の話から何かを感じとり今に至ります。
予備校や模試会場で南の集団が来ると空気が変わるそうですよ。面白い生徒が多くて刺激になるそうです。
たかとりーな | 2018/10/30 2:58 PM
どうも色々な話を総合すると、「南から志望校を下げるくらいなら私立に行く」という層が多くなっているようなんですよね
「志望校を下げたら負け」みたいな風潮も感じ取れます
そんなことないと思うのですがね

変人かどうかはわかりませんが、自分という人間を大事にしている子が南には多いと思います
「南に入るのを目的とせず手段とする人」というのは、うまい言いかたですね

コメントありがとうございました
当たり前だ | 2018/10/30 10:21 PM
特に母親の影響もあると思いますよ。トップ校に入るだけなら内申315近く取るのが早道近道と塾にアピールされまくりますからね。ですから塾は定期テストの過去問を集めたがり、ご丁寧に予想問題まで作るのです。予想問題が当たる塾は人気が出ますが、大学入試に対応できる力は育ててはくれません。いわゆる高校入試までの人を量産しているだけです。
中学教師もそれを分かっている方もいて、◯◯塾の奴ら!予想が当たって良かったな!そんなものは実力ではない!高校からは通用しないからな!北大はおろか教育大さえ入れないだろう!と怒鳴った先生がいたそうですよ。(笑)
中学教師の転勤があるとそういう塾は面白いくらい焦りまくりますよ。

親にとってもウチはトップ校落ちて私立というとご近所親戚の手前、本当のレベルが真綿に包まれて分かりにくいですから、とても都合がよいのです。

どう考えても学力的には中堅校でも、内申だけで各トップ校を受け、落ちたけど実力はトップ校なのよとアピールしたい母親を沢山見飽きました。

毒舌お許しください。中央区の現実でした。
たかとりーな | 2018/10/31 9:21 PM
あぁ…どこかで聞いた話です(^_^;)
その先生、よほど悔しかったんでしょうね
きっと塾嫌いだろうなぁ…

随分前のうちの生徒にもいました、俗に言う「記念受験」
まあ、親子ともにそれで納得しているのであれば、それでもいいのですがね
ジャックと豆の木 | 2018/11/02 7:23 PM
たかとり先生こんばんは。
南の倍率上昇は、当日点重視の枠が10:0になった頃からだと思います。
これまで、道コンでは高得点が取れるのに色んな事情で内申点が悪い、でも少しでも上の学校に行きたい、という層には西高しか選択肢がありませんでしたが、南高も選択肢に加わって人気が出たのかと思ってました。
塾に踊らされ?たり、見栄?で受験しているようなケースも確かに見受けられますが、理不尽な内申に泣いている生徒にとっては、最難関高にガチンコ勝負できるということ自体は一筋の光明に思えるのではないかと思います。
入ってからのことは確かにいろいろありますので、私は個人的にはまず南高にも他校みたいに授業公開をして少しでも内情が分かるようにして欲しいと思っています。
たかとりーな | 2018/11/02 10:18 PM
調べてみたら2014年度までは8:2で2015年度から10:0ですね

2015:1.18
2016:1.20
2017:1.26
2018:1.34

関係あると言えばある、まあ微妙なところですね
でも、実際はほとんどの子がAランクで、逆転は起きていないんですよ
合格者の9割はAランクです
この残り1割という割合を多いと見るのか少ないと見るのか
私は「少ない」と思いますけどね
(過去3年合計:A629人、B72人、C7人、D2人)
夢と現実は乖離してます

しかし、8:2の時代には諦めざるを得なかったのが、10:0の枠もあるということで、挑戦しようという気にはなりますよね
それは間違いないと思います
南高の授業公開…興味ありますが、どういった評価を受けるか
ちょっと怖いです
ジャックと豆の木 | 2018/11/03 8:15 AM
確かに当初はそれほど大きくは影響してなかったですね。初めの頃は、南の10:0はほぼ満点に近い子ばかりと思われていたのが、現実には(そういう子もいないわけではないのでしょうが)それほどではないということが知られるようになり、受験者が増えたという可能性はないでしょうか。
確かに現在の南高受験者は基本的にAランクですが、Aランクと言っても20点も幅があります。「同等に」評価する7割の枠にも内申重視枠にも315点の子が多数いますが(昨今の「内申インフレ」のせいもあり、とくに内申重視枠の方は315点の子で全て埋まっているのは間違いないと思います)、例えば9教科のうち2教科でどうしても三年間通じて「4」しか取れないものがあった場合、他が全て「5」だったとしてもその子の内申は一気に301点にまで下がってしまいますので(それでもまだ「Aランク」ということにはなりますが)、14点分の差が生じてしまいます。南高では合格者平均点と合格者最低点はかなり近接してますので(今年の差は5点くらいなのでしょうか)、Aランク内ですらこの差は「かなり大きい」と思います。当日点重視枠は10:0でない限りは内申315点の方が有利なのは変わりませんから、やはり10:0というのは当日点は取れるのに内申は315点ではない子全員にとって魅力的だと思います。
相関表の実運用には謎な部分がありますし(例えば「同等」の枠では当日点を1.05倍しているのかいないのか、等)、公立学校なのに合否基準(それぞれの枠の合格者最低点と内訳)の詳細が開示されず不透明と感じますので、10:0ならまだフェアだと思います(大学入試みたいに開示すべきだと思いませんか)。
開示と言えば、南高は授業公開だけでなく中三保護者向けの説明会も行いませんので、他の高校より中の事情が分かりにくい分、色んな意味で期待値が高くなってしまうのではないかと思います。塾の指導というよりも、当事者である高校自体にもっと情報公開と情報発信をしてもらいたいですね。
たかとりーな | 2018/11/03 3:22 PM
なるほど、私はAランク内での内申の差とは考えていなかったので、そこで意見の相違が生まれたのですね
相関表については、道教委発表のようにアバウトな使い方をしているのか、それとも1点刻みで判断しているのか
きちんと開示してほしいんですがね

確かに南高は説明会は生徒のみですし、おっしゃる通りあまり外向けに情報発信していませんね
最上位校の余裕なのでしょうか(笑)
体育が苦手だった父 | 2018/11/04 9:12 AM
南高向きかどうか、うちの娘を先生に判定していただきたいです。
私が見る限り、やりたいことはあるようですが、塾の宿題はするけれど、自分で主体的にはあまり勉強しないので、大丈夫かな、と。
それ以前に、合格するかどうかも問題ですが。

うちの子の中学の志望調査でも、南は例年の合格者数と比べると多すぎの印象です。
道コンなどの模試を受けていない人が、内申がいいことを過大評価しているのかもしれないと妻がいっておりました。
(他人のことはいえませんが)ぎりぎりで入っても、入ってからが大変だと思うのですが。

お世話になっている塾(大手ではない)の上位層は、場所柄もあって南志望がほとんどですが、「自分には北の方があっている」と考えて北に行く生徒もいるとのことでした。
それから、少し前よりも成績上位層が南校に集中する傾向が大きくなったとのお話でもありました。

私は、南高卒業生ではありませんし、高校生時代は遠い昔なのでよくわかりませんが、先生があげておられる不向きな2タイプは、多かれ少なかれ、公立の進学校には当てはまるように思います。
南高が特に向き不向きが分かれる理由は、
・試験だけがやたらと難しい割に授業や講習(?)が平凡でギャップが大きすぎる
・個性的な生徒が多くて規制がゆるゆるなので、変にはまると勉強では深海魚
かな、と想像してみました。

それから、内申ですが、うちでは実は入試に関してはそれほど気にしていません。
いわゆる上位校に対しては、最上位なら若干有理なだけで、基本的には当日点だと考えています。
北高にしても、9:1の当日点枠があるわけで、10:0と実質的にそれほど変わるとは思えません。

うちは女の子なので、友人(南高卒で奥さんは北高卒)に私が
「女子については、南高タイプより北高タイプの方が好きだな。」
といったら、
「うん、対等に攻めてくるからね。」
といわれたことがありました。
ちなみに、そのお子さんは女の子で、大学入試に関していうと、大成功というほどではなかったようです。

長々と失礼しました。
体育が苦手だった父 | 2018/11/04 9:22 AM
蛇足に蛇足です。
前のコメントの最後にご紹介した友人のお嬢さんは、南高を卒業しました。
当たり前だ | 2018/11/04 11:43 PM
会ったことも教えたこともない生徒の評価を保護者がお願いするのはどうかと思いますよ。それなりの対価も先生にお支払いもしていませんし、失礼だと思います。
たかとりーな | 2018/11/05 5:16 PM
>体育が苦手だった父さん
ランクだけでその生徒の学力を判断するのは難しいですね
それでも、Aランク上位でTOP校以外を志望すると「もったいない」と周りから言われるのでしょう
南高の試験が難しいのは有名な話ですね
模試よりも校内実力テストの方が難しいと(^_^;)
内申に関しては、有利に働くものというより、ないと不利になるものと考えた方がいいでしょうね

>当たり前ださん
体育が苦手だった父さんがおっしゃっているのは独り言のようなもので、私に判定を依頼しているわけではないと思いますよ
言葉のあやのようなものでしょう、私は失礼に思ってないので問題ないです(^-^)
ただ、以前書いたように、コメントやメールで相談を受けることが近年多くなっていて、それに対応することの負担についてブログでも書いていたので、心配してくださったんですよね
ありがとうございます



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4140
trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode