札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 現役高校生に聞く!札幌光星 その1 main 現役高校生に聞く!札幌北 その5 >>
なぜ根尾選手なのか?

明日はプロ野球のドラフト会議

 

カープとソフトバンクのファン以外は、シーズンが終わった今、このくらいしか楽しみがないのです(´;ω;`)ウッ…

 

去年は清宮選手という超目玉選手がいましたが、今年はそこまで指名が集中することはないかなと思っていました

 

つい、この間までは

 

それがここに来て、大阪桐蔭の根尾選手に指名が集中するのではないかという状況に

 

なぜ根尾選手なのか?

 

専門的なブログでもいいのですが、ここは一つ塾ブログの中でも異彩を放っている、この先生にお願いしましょう

 

ワンラン日記 新たなタイプの怪物 〜根尾昴〜

 

前にこんな話を聞いたことがあります

 

「ドラフトで指名されるような選手は、みな野球の才能にあふれている。正直能力ではそんなに大きな差はない。では、プロで活躍できる選手とそうでない選手の差は何なのか。そのような自分と同じかそれ以上の才能を持っている集団の中で、腐らず自分を磨き続けることができるかどうかだ。」

 

どこかで聞いたことのある話だと思いませんか?

 

TOP校に入学してからの生徒達の話です

 

プロのスカウトというのは、その選手が「プロに入ってからも頑張ることができるか」という点に重きを置いているということです

 

根尾選手は、その点において、過去の名選手に引けを取らない(むしろ優っている)と評価されているのです

 

選手としての将来はもちろん、まだ未知数な指導者としても潜在能力も高く評価されているとか

 

 

ただ、野球がうまいだけでは、プロにはなれないのです

 

 

これは、他のスポーツでも同じです

 

もちろん、その分野で秀でた能力がなければ、競技者としてその道で食べていくことはできないでしょう

 

しかし、死ぬまで競技を続けることはできません

 

第一線を退くことになった時に、自分に何が残るのか?

 

名選手が、必ずしも名指導者(コーチ)であるとは限りません

 

 

私は塾の先生ですから、それぞれの生徒の未来のことを考えます

 

スポーツの世界でプロを目指していたとしても、引退後のことを考えてしまいます

 

今年、こうして根尾選手が高い評価を受けているのは、子どもたちに勉強の大切さ、考える力の大切さを知ってもらうためにも、非常にありがたいことだと思っています

 

根尾選手は、ファイターズファンだと聞きました

 

2年連続で目玉選手が来ては、他球団のファンの方から恨まれるかもしれませんが、私はぜひファイターズに来てほしいと思います

 

彼にはピッタリの環境だと思いますから

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4131
trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode