札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 私がボランティアに行くまで その3(買い物に行くの巻) main バッキバキです(笑) >>
私がボランティアに行くまで 最終回

今日、厚真町にボランティアに行ってきました

 

行ってきた者としての感想を、正直に書きたいと思います

 

 

三連休明けの平日、正直参加者は少ないかなと私は思っていました

 

ボランティアセンターの方もそう思っていたようです

 

他の参加者の人もそう思っていたようです

 

その結果、三連休中よりも多くの人が集まったそうです

 

私は比較的早く受付をしたため、ミーティングも前の方で聞くことができ、マッチングも早めにできたのですが、中には仕事がなかった人もいるのではないかと思うと残念だなと思いました

 

ボランティアセンターの方は、ご自分も被災者でありながら、非常に献身的に働いておられると思います

 

でも、このような大規模な災害というのは、どこの市町村も一度経験するかどうかのことです

 

いつ起きるかわからない大災害に備えて、ボランティアセンターの運営の研修を行うなどの余裕は正直ないと思います

 

であれば、それ専門の部署を国が立ち上げ、何か災害が起きた際にチームとして派遣してセンターの立ち上げや運営をサポートすればいいのになと

 

実際、そういう仕組みはないのでしょうかね?

 

 

私は、10人のチームでとあるお宅の家の片付けの手伝いをしてきました

 

外から見た感じでは、家の一部が崩れているなどはなかったのですが、家の中は段差ができていたり壁にひびが入っていたり、地震の爪痕を感じました

 

リーダーもサブリーダーも、他の方々もみなさん自主的に行動される方ばかりで(10人中5,6人は他の所での災害ボランティアの経験者でした)、非常に良いチームでした

 

 

ただ、今帰ってきて、こうしてブログを書いている私の中に「やりきった」という満足感はなく「もっと何かできたのではないか」という想いが強く残っているのです

 

恐らく、色々なところで災害ボランティア活動をしている方々は、みんなそうした想いを持っていて、様々なところで災害が起こるたびに足を運ぶのではないかと思いました

 

情けないことに、疲労が大きいこともあって20日に行くのは断念しようと思いますが、機会を見てまたぜひ行こうと思っています

 

行く前は、もっとたくさんのことを書こうと思っていたのですが、今はまだ自分の中でうまく整理がついていないようです

 

次に行った時には、もっと色々なことが自分の中で消化できているんですかね

 

 

最後に、最初からそのつもりはなかったのですが、厚真町の社会福祉協議会の方のお願いに従って、写真の撮影は控えました

 

地震の被害は見世物ではありませんし、私たちは報道関係者でもありません

 

被害の状況を写してSNSなどにアップした場合、被災した方の心を傷つけることになるかもしれません

 

厚真町以外にも、安平町やむかわ町、札幌市内や北広島市でも地震の影響が残っている地域があります

 

興味目的でそのような場所へ出かけたり、写真を撮影するような行動は控えてもらえればと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで

 

 



| 雑談 | comments(3) | trackbacks(0) |
comment
あつま出身です | 2018/09/19 7:32 AM
ボランティア、お疲れ様でした。
厚真出身者として、沢山のボランティアさん、とても嬉しいです。お手伝いの人数と仕事量のバランス、難しいですよね。私が先週末に行った時は、給水所の自衛隊さんも、仕事があまりなく、申し訳ない感じでした。
先生みたいな方は、子供達に勉強教えたり出来たら良いと思います。学校始まっちゃったら、必要ないのかな?受験生には喜ばれそうですが。
ビジターズ | 2018/09/19 10:21 PM
ボランティア、お疲れ様でした。
たかとりーな先生の行動力に敬意を表します。札幌に住んでいても、仕事や家庭諸々のこともあり、現地へ行くというのは簡単ではないことと思います。
やりきった感がない、とのことですが、やはりこうしたボランティアも経験していくごとに、反省を踏まえてより充実したものになっていくのでしょうね。
伝え聞くに、役所関係の応援部隊もたくさん来ている中、関東からの部隊は手馴れた感じで作業されていたそうです。一方、北海道からの部隊は。。。経験の差なんでしょうね。
たかとりーな | 2018/09/19 11:46 PM
>あつま出身ですさん
ありがとうございます。
頼むことがなくてヒマなら喜ばしいことなのですが、遠慮しているのであればもったいないですよね。
その辺りを安平町では全戸調査という形でカバーしているようです。
おっしゃる通り、学校が始まっていない時期なら、教育支援というのもアリかなと思っていたのですが(^_^;)
新聞にも出ていましたもんね(これも安平町かな)

>ビジターズさん
私はたまたま平日休みと重なったから&独り者なので気軽に行けただけです(^-^)
みんなそれぞれ支援の形があると思うので、ボランティアはその中の1つであると思います。
なるほど、関東からの部隊は様々なところに応援に行っているんでしょうね。北海道は…ちょっと残念ですね。



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4075
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode