札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2018年8月道コン感想(前編) main 2018年8月道コン感想(中2編) >>
2018年8月道コン感想(後編)

今日は後編、理科と英語です

 

まずは理科

 

大問1:小問集合

問1(1)動物の体ー器官(語句) 期待得点率80% 小問別得点率48.2%

問1(2)地層ー示相化石(語句) 期待得点率90% 小問別得点率51.0%

問1(3)電流ー電磁誘導(語句) 期待得点率80% 小問別得点率42.4%

問1(4)気体ー上方置換(語句) 期待得点率80% 小問別得点率60.0%

問1(5)物質ー結晶(語句) 期待得点率80% 小問別得点率61.8%

問1(8)電流ー導体(語句) 期待得点率80% 小問別得点率30.4%

問3 火山ー深成岩 期待得点率70% 小問別得点率41.3%

問7 電流ー設定する電圧の大きさ 期待得点率20% 小問別得点率19.9%

 

問1は、何でこの得点率なのかわかんないです(笑)

 

道コンも公立入試も、この大問1の語句は、問題集なんかで出てくるようなベタなものは出題しないんですよね

 

一応、教科書の太字ではあるんですよ

 

というか、(4)は上方置換以外の答えが何だったのか知りたいくらいです(-_-;)

 

これは、可能性の問題なのですが…

 

(2)も(4)も穴埋めの場所が行の右端でにあるため、「示相」や「上方」だけを答えるところを、「示相化石」「上方置換法」と答えて×にされたりしてませんよね

 

この小問別得点率は事務局採点したもののみで集計しているでしょうから大丈夫だとは思うのですが(事務局はこういった減点は「普通」しない、した場合は講評に「注意しましょう」と書くでしょうから)、塾で採点した場合、こういったものを×にしてしまう先生が少なからずいるんですよ

 

問題をよく読まない生徒も悪いのですが、こういった間違いを誘発してしまう作問側にも責任はあると思います

 

問3は…全て選びなさいでこの得点率ならまだわかるのですが、2つ選べと言われてこれなら、勉強不足以外の何物でもないですよね

 

問7は、並列回路の抵抗の和の計算を知っていれば簡単なのですが、知らなかった(使わなかった)場合、オームの法則の計算でxを使うという発想に至るかどうか(^_^;)

 

個人的には、問6みたいな問題が好きです(*´▽`*)

 

今回は選択問題でしたが、大小関係を自ら並べる(6通り)問題なら、得点率もっと下がったでしょうね

 

 

大問2:化学変化と原子・分子

問1(2)原子・分子ー単体と化合物 期待得点率60% 小問別得点率36.4%

問1(3)化学変化ー炭酸ナトリウムの特徴 期待得点率60% 小問別得点率25.9%

問2(2)化学変化ー過不足なく反応する質量 期待得点率30% 小問別得点率3.2%

問2(3)化学変化ー発生する気体の質量 期待得点率10% 小問別得点率2.5%

 

問1(2)は、単体・化合物・純物質・混合物、分子を作る・作らないについては、高校生からも質問されることがあります

 

みんな、中学校の頃はうろ覚えだったんですね…

 

問1(3)は、定番の問題なのですが、炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムの特徴がごちゃ混ぜになるんでしょうね

 

私もたまに「あれ?どっちだっけ?」となりますから、気持ちはわかります

 

高校の化学基礎で「塩の加水分解」を習えば、なぜアルカリ性なのか?なぜ炭酸ナトリウムの方が強いアルカリ性なのかがわかります

 

この辺りの話しも、本当は中学生のうちにしておきたいんですよね…(というか、教室移転した後にはすることになると思います)

 

問2(2)(3)は、随分得点率が低くなりましたね(-_-;)

 

こういった計算問題は、一見難しく思えるかもしれませんが、解説を丁寧に読んで1つ1つの計算の意味を考えて進めていけば、計算自体は難しくない(和差、比例計算)ので、解けるようになるはずです

 

大事なのは「なぜ、その計算になるのか」ですよ

 

 

大問3:植物の世界

問2 植物ーホウセンカの分類 期待得点率60% 小問別得点率44.1%

問3(2)植物ー実験結果からの考察 期待得点率60% 小問別得点率39.0%

 

問2は、道管が葉の表側か裏側かは、茎の断面図から推測ができるはずです

 

ただの暗記ではなく、知識を結び付けることが重要ですよ

 

問3(2)は定番の問題なのですが…実験の考察問題って暗記じゃありませんからね

 

たまに考察まで覚えようとする人いますけど、間違ってますから!

 

 

大問4:身のまわりの現象

問1(1)光ー鏡を見たときに見えた棒 期待得点率40% 小問別得点率7.3%

 

解説の通りなのですが、まず前提として図1にちゃんと書きこみの跡がありますか?

 

光の問題は作図できなければお話になりませんよ

 

解説も読むだけではダメです!自分の手を動かして図を書いてください

 

(2)も選択問題だから、この得点率なのであって、〇がついている子も本当にわかっているかどうかは怪しいです

 

個人的には、こういう正解の仕方が一番危険だと思っているので、自信がなくて当てずっぽうで答えた問題には印をつけておくようにして、正解でもしっかり解きなおしをした方が絶対にいいです

 

 

大問5:天気とその変化

問2 気象観測ー気象観測を行った地点 期待得点率40% 小問別得点率17.2%

問3 気象観測ー室内の気温 期待得点率30% 小問別得点率13.9%

問4 日本の四季ー冬の天気 期待得点率40% 小問別得点率24.0%

 

問2は、まず図1が何時の天気図かわかってるんですかね(-_-;)

 

理科は問題文の情報量が多いので、それを丁寧に拾い上げていかないと、下手したら9ページの問題文や図を全く見ないで、10ページの問題文だけで解いている子がいるかもしれません…私にとっては信じられないことですが

 

気温の急激な降下が11時から12時の間ということは、9時の段階では寒冷前線は通過していない(BかD)、そして気圧が1010hPaだということからDと特定できると思います

 

 

問3は、単純に湿度や水蒸気量を求めさせるわけでなく、しかも気温という直接計算で求めることができないものを問う、非常に良い問題だったと思います

 

私的に、今回の道コンでの最優秀賞ですね

 

問4は、日本列島の山脈にぶつかって上昇してから雲ができるという認識だった人には書きづらかったかもしれません

 

実際は日本海上で筋状の雲として、既に雲は発生しているんですよね

 

 

大問6:生命の連続性

問2(2)遺伝ー親Xと同じ遺伝子の割合 期待得点率60% 小問別得点率38.9%

問3 生殖ー分離の法則(語句) 期待得点率70% 小問別得点率36.7%

 

問2(2)って、多分問題の意味がわかっていなかったんじゃないですかね

 

AAとaaを掛け合わせたら、子は全てAaになって、それを自家受粉(Aa同士)したらAAとAaとaaが1:2:1でできる、定番のやつですよ

 

問3は…大問1と同じですね、ノーコメントで

 

 

大問7:水溶液とイオン

問2 水溶液とイオンー水溶液のpH 期待得点率80% 小問別得点率52.8%

問3 水溶液とイオンーイオンのグラフ 期待得点率30% 小問別得点率18.4%

 

問2は、実験の内容をよく見てないんでしょうね

 

それかpHが大きくなるとはどういうことかを理解していないか

 

問3は、教科書や問題集などでもよく見かけるイオンの問題なのですが、うちの生徒にもいいましたが「このグラフを覚えないように」

 

今回の実験は水酸化ナトリウム水溶液に、塩酸を加えていくものですが、逆ならグラフ(イオンの量)変わりますからね

 

大切なのは、イオンの増減をイメージとして捉えることができるかです

 

具体的には、教科書(啓林館)P129下のモデルが自分で書けるかということです

 

 


おしまいは英語

 

 

大問1:リスニング

問1(1)聞き取りーイラスト選択 期待得点率90% 小問別得点率77.7%

問1(3)聞き取りーイラスト選択 期待得点率60% 小問別得点率45.7%

問2(3)聞き取りー応答文選択 期待得点率60% 小問別得点率33.1%

問3(3)聞き取りー英文選択 期待得点率70% 小問別得点率52.6%

 

中2のリスニングも得点率悪かったんですが、そこまで聞き取りづらいということはなかったと思うんですよね

 

解答・解説には放送台本載っていますが、やはり音源をダウンロードできるようにしてほしいですね

 

でないと、自分がどこを聞き取れなかったのかわかりませんよ

 

 

大問2:小問集合

A問3(2)適語補充ー動詞(listens) 期待得点率60% 小問別得点率45.1%

B問1(1)適語選択ー菓子店の営業時間 期待得点率80% 小問別得点率58.7%

B問1(2)適語選択ー2つの食べ物の金額 期待得点率60% 小問別得点率24.7%

 

A問3(2)は、alwaysに引っ張られて三単現のs忘れたとかですか?それともスペルミス?

 

B問1(1)は、openって単語だけ見てアを選んだんですね(-_-;)

 

B問1(2)は、10% discountを見てなくて、そのまんまのエを選んだんですよね(-_-;)

 

まさか10%と10円引きを勘違いしたとかは…

 

 

大問3:読解総合

問2 部分英作文ー受け身 期待得点率30% 小問別得点率21.0%

 

時制か単数複数のミスでしょう、「それら」はtheyでもthoseでもどちらでも〇ですし

 

でも、講評に書いてあったということは、間違えた生徒多かったのか…「それら」

 

 

大問4:読解総合

問1(1)語形変化ー現在完了(継続) 期待得点率60% 小問別得点率44.0%

問1(2)語形変化ー動名詞 期待得点率50% 小問別得点率8.6%

問2 並べかえー文構造(ask) 期待得点率40% 小問別得点率20.4%

 

問1は、間違いの定番「正しい形に直さずにそのまま書いた」というケースが多そう

 

(2)は前置詞+動名詞なんですが、drink and eat があるため、haveは選びにくかったのかもしれません

 

haveを口にするとは、なかなか訳せませんから(^_^;)

 

問2の並べかえは、考え方としては解説の通りでいいと思います

 

askがSVOOの文型を取れることは、知らなかったかもしれませんね

 

教科書に出てくるのも、give,buy,tell,send,showですから

 

askと言えば、ask 人 to do の形が中3の教科書に出てきますから、それに引っ張られた可能性もありますね

 

大問3も大問4も、分詞や関係代名詞が出てきていないので、文法的に難しい表現はまだ出てきていません

 

ただ、設問の中で「あれ?」と思った文があったので、最後に説明しておこうと思います

 

大問4問3、オの選択肢:Ryuji says Japanese people can understand Japan is a popular country if they are kind to foreign tourist.

 

ifが接続詞なので、その前で文が切れるのはわかると思いますが、では前半部分の Ryuji says Japanese people can understand Japan is a popular country の文構造がわかりますか?

 

saysの後に接続詞thatが隠れていて、Ryuji says と Japanese people can understand Japan is a popular countryに分かれているのは大丈夫ですね

 

実はunderstandの後ろにもthatが隠れているんです

 

つまり、「竜二は〜と言っている」の〜に当たる部分が Japanese people can understand Japan is a popular country で、「日本人が〜ということを理解することができる」の〜ということに当たる部分が Japan is a popular country なんです

 

最終的に、「竜二は、(もし日本人が外国人観光客に親切にしたならば)、日本人は日本が人気のある国だということを理解することができると言っている。」

 

こうなるわけです

 

 

さて、いつも言っていることを最後に

 

今回の道コンの合格可能性98%には、あなたたちが考えているほどの「価値」はありません

 

98%だろうが2%だろうが、どうだっていいんですよ

 

あくまでも、現時点の志望校の中での位置関係にすぎず、半年先の入試を保証してくれるものではありません

 

今、自分がどんな状況に置かれているのか?期待とか予測とかそういうもの抜きで教えてくれているだけです

 

ですから、大事なのは「この結果を素直に受け入れること」です

 

調子が悪かったとか、ここができればもう少し良かったとか、言い訳は必要ないです

 

まずは、自分の現状をしっかりと受け止めて「ここから何をすべきか」を考えてください


模試というものは、受けた時よりも受けた後の行動が重要です

その問題ができなかった本当の原因は何なのか?

 

現実を受け入れるのは辛いことかもしれませんが、しっかりと自己分析してみましょう
 

 

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4049
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode