札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2018年 札幌第一高校説明会 main 夏期学習生募集のお知らせ >>
なぜ休むという選択肢はないのか?

中学・高校で、部活と勉強の両立で悩むというのは、永遠のテーマであると言えます

 

その時に「どちらかをやめなさい」とはよく言われますが、「休みなさい」と言われないのはなぜなんでしょうね

 

部活を辞めても、部活の時間が全て勉強に充てられるわけではないという話しはよく耳にしますし、実際そういった例をいくつも見てきました

 

「1カ月部活休んで勉強してみて、状況が変わらないようだったら、部活戻って続けます」ではダメなんですかね

 

逆のパターン(1カ月勉強休んで部活に集中します)は…それは無理でしょう(笑)

 

 

塾だってそうですよね

 

よくやめる際に「自分で勉強してみる」とか言いますが、「1カ月休んで自分で勉強してみて、無理だったら戻ります」という話しは聞きません

 

うちは、そういうこと言われたら、「じゃあやってみたら」と言って認めますよ(´-`).。oO

 

 

どうも、続けるのか?やめるのか?といった、両極端な選択に縛られ過ぎているような気がします

 

もっと「休む」といった選択が広がればいいのになぁ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(7) | trackbacks(0) |
comment
息子、部活やめたったてよ | 2018/07/22 1:13 AM
うちの愚息は高校入って最初の模試結果の出た直後に部活をやめました。無駄に拘束され暴言を顧問に吐かれ、土日も長時間あるし、大会直後にテストや模試…

「部活ばかりしていたら受験マジ死亡じゃね?」

予備校行く曜日に休んで良いか顧問に聞くとその場で怒鳴られたので、即退部したそうです。

しばらく顧問に無視されていましたが、次の模試で偏差値を10以上上げて急に顧問の態度が変わったそうです。勿論部活には戻っていませんが、受験に対して期待してるぞと話しかけられたそうです。

「部活でインターハイ行くなら道外私立推薦とかありだろうけど、俺の運動能力そんなレベルでないし、道外国公立行きたいし。」

偏差値で急に態度が変わったところが、部活より何人合格できるか気にする上位校なのでしょうかね。
k高校の保護者 | 2018/07/24 12:13 PM
うちの上の息子(現高3)も「息子、部活やめたったてよ」さんと同じで、直ぐ辞めて(先生に色々言われましたが)外部のクラブチームに入りました。
活動曜日と時間が決まっているので
塾との両立が可能でした。
この前、上の子の進路説明会に出席しましたが先生の話では2年でと浪人前提で話すので親としては少々複雑です。
(※浪人100人出したN高です)
下の子(現高2)は兄を見てK高に入学して文化部にしましたが運動部でも良かったかなと言ってました。(部活はユルイと言う事だと思います)
top4高の内、2校がこんなに違うとは…。
(下は浪人出来ない世代なので学校も必死な感じがします)
参考になれば幸いです。
たかとりーな | 2018/07/24 2:33 PM
>息子、部活やめたってよさん
「部活でインターハイ行くなら道外私立推薦とかありだろうけど、俺の運動能力そんなレベルでないし、道外国公立行きたいし。」
これなんですよね、将来それでメシを食っていくつもりならともかく、部活なんて緩いくらいでちょうどいいと思うんですよ。
難しいと思いますが、部活と同好会に分けちゃえばいいんですよね。

>K高校の保護者さん
浪人前提で話されるのはたまんないですね(^_^;)
TOP高もそれぞれ色が違うので、場所や偏差値だけで選ばないようにした方がいいでしょうね。
神奈川のように、公立高校の塾対象説明会とかあるといいのですが…塾・予備校は目の敵にされてますから、難しいだろうなぁ。
ジャックと豆の木 | 2018/07/24 5:31 PM
体育会系の部活に関して、たかとり先生の「部活と同好会に分けちゃえばいい」に大賛成です!嗜む程度にやれれば満足、という子は意外に多いと思いますが、それを許さない顧問の先生が多いんですよね。うちの子の入っていた部活もそうでしたし。
それに、学校は部活別の進学状況を可能な限りオープンにすべきだと思います。運動部と学業の両立例を美談として紹介する学校がありますが、データを開示したら入部に慎重になる人が続出するのでは…。その意味では部活を煽る学校の罪は重いです。
また、私の知る限りでは、女子の方が(体力の問題なのか)ハードな体育会系部活と学業の両立が出来ずに、志望校変更を余儀なくされていくケースが残念ながら多いように思いますが、あまり語られることがなく残念に思っています。
たかとりーな | 2018/07/24 9:54 PM
多分ですね、そうすると同好会に入る方の子が多くて、部活なくなっちゃうんですよ(笑)
私はそれでもいいと思うんですが、高体連の方々がそれでは困るんでしょう…色々と(^_^;)
体育会系の子で北大に入った話とかも聞くんですが、レアケースであることが多く、それをさもみんなが可能であるかのように話されるのも困りますよね。
通りすがりの保護者 | 2018/07/25 12:28 AM
k(North)高の文化部、ハードなものももちろんあります。知人のお嬢さんもハードな文化部に入ったものの通学の時間や体力との兼ね合いでおやめになったそうで、その方は芸術を美術、部活を音楽系にしたのですが、反対だとよかったかなと親御さんは話してらっしゃいました。

そして、N(west)高は3年では進路説明会は行わない訳ですが(というか進路説明会という名称のものはありませんが)、「浪人しても結局は現役の時にぎりぎりだった子しか合格しない」とPTA懇談などで先生から語られてます。

遠距離通学・体育系部活で北大くらい行ける特に男子のグループは、素直にすごいなと思います。自分や子どもにできるかどうかは別として。音楽系の部活で8月半ばに定期演奏会等があり、そこから北大はもちろん、東大に行くケースもレアながら存在しますね。一方で帰宅部で優秀な子の親御さんが、「メリハリがなかったので、これから追い上げられるのがプレッシャー」と話してました。

たかとりーな | 2018/07/25 10:08 PM
「浪人しても結局は現役の時にぎりぎりだった子しか合格しない」
これは、N高に限らず色々なところで言われることですね
的を射ていると思います

体育会系の子の、ここからの追い込みは「部活をしながらでも、やるべきことをきちんとやっていた子」限定の話しであって、部活に全てをささげていたような子が間に合うわけはありません
でも、この甘い言葉を信じてしまう子が、後を絶たないんですよねぇ



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4022
trackback
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode