札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 問題集を解く順番 main ご協力をお願いします >>
それじゃダメでしょ

うちの教室では、小テストを使って生徒たちが本当に内容を理解しているかをチェックしているのですが、社会に関しては「予習」という形で一問一答のテストを受けてもらっています

 

一昨日、2回目のテストがあったのですが、単元は「人権と日本国憲法」

 

ここでは、毎年私がある仕掛けをしています

 

日本国憲法の公布と施行の年月日の出題の順番を入れ替えているのです

 

問題集では当然、公布→施行なのですが、これを逆にして施行→公布の順番で問題を並べています

 

するとどうなるか?

 

間違える生徒が続出するんですね(-_-;)

 

今年は11人中、正解者はたったの2名

 

まあ、気持ちいいくらい引っかかりました

 

これを「引っかけ問題」だと思いますか?

 

これは、生徒の中で暗記が作業になっている証拠です

 

年月日を聞いている問題が2問続いているから、「多分問題集通りに書いておけばいいだろう」と公布や施行という語句を確認しないで解いているからです

 

そもそも、公布とか施行という言葉の意味を理解しないで覚えているかもしれません(-_-;)

 

語句を覚えることは大切ですが、問題集の順番通りに覚えるのであれば…意味ないですよね

 

ですから、私は一問一答のテストでは、よくこういった仕掛けをするのです

 

 

もし自分で一問一答の問題を作る機会があるのなら、問題はシャッフルすることをお勧めします

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4019
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode