札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 塾で働くという選択 main 学校祭の季節 2018(追記あり) >>
ツッコミ2つ

先日と、今日の道新の朝刊を見て「それはちょっと違うんじゃないか」と思うことがあったので、記事にしてみました

 

まず1つめはこれ


 

先週の土曜日の北海道新聞朝刊37面の全面広告です

 

先月エベレストで遭難し亡くなった、栗城史多さんを追悼する内容です

 

最初に、このニュースを聞いたときは、名前も聞いたことがあり、テレビの特集を見たこともあったので、衝撃を受けました

 

しかし、しばらく経ち、様々な記事を読むにつれ、マスコミなどでは明らかにされていなかったことを知ることになります

 

その代表的な記事がこれです

 

”賛否両論の登山家”栗城史多さんとは何者だったのか

 

栗城史多という不思議

 

栗城史多という不思議2

 

「賛否両論」の裏側にあったもの

 

全て同じ人物(登山ライターであり登山雑誌編集者である森山憲一氏)が書いたものです

 

一人の人間が書いたものだけでは一面的ではないかと思われるかもしれませんが、読んでいただければ、この森山憲一氏がニュートラルな立場で栗城史多さんを見ていたことがわかります

 

一連の記事を読んでわかったのは、栗城史多さんが挑戦として掲げていたものは、専門家の間で「無謀」と捉えられていたということ

 

なのに、彼を取り巻くスポンサーや支援者の期待に応えるべく、彼自身がこの無謀な挑戦から降りるに降りられなくなってしまったのではないかと

 

スポンサーや支援者の中に、彼を止められる人はいなかったのでしょうか

 

専門家に「無謀」と評されていた行動を、夢に挑戦し続けたと美談に仕立て上げていることに、私は同じ塾業界にいるものとして非常に残念に思います

 

生徒が、他の専門家の目に明らかに無謀だと映る志望校を受験しようとしても、「夢に挑戦したキミは立派だ」とか「否定という壁に挑戦した」と言うんでしょうか

 

私は、栗城史多氏を批判しているわけではありません

 

それは登山関係者が彼のこれまでを検証して論ずればいいことです

 

この「無謀」と言われる挑戦を美談にして、広告にしてしまうことに憤りを感じるのです

 

 

続いては、今日の北海道新聞30面から


 

この写真では少し見えづらいかもしれませんが、とある大手塾(新聞見たらわかりますが)のこの春の入試結果だそうです

 

何人合格したとか、そんなところに興味はありません

 

わかる人にはすぐわかりますね

 

 

1点目:難関上位校、多すぎやしませんか?

いくら、自分の塾の広告効果を上げたいからって、この括りはいくら何でもおかしくないですか

この広告見た、塾関係者、みんな笑ってると思いますよ(-_-;)

必死だなって

この広告の左には、「難関上位校を目指す南北オープン模試」って書いているんですよ

何で他の高校が入っているんでしょうね…

 

2点目:難関上位校の設定、おかしくないです?

写真じゃ見づらいでしょうから、書き出してみますか?

 

難関上位校

東、西、南、北、旭丘、手稲、月寒、国際情報、北広島、小樽潮陵、大麻、帯広柏葉、岩見沢東、苫小牧東、旭川東、旭川北、函館中部、立命館慶祥、函館ラ・サール、札幌光星(ステラ)、遺愛女子

 

中堅校

藻岩、平岸、新川、北陵、清田、稲雲、啓成、石狩南、千歳、旭川西、市立函館、滝川、岩見沢西、帯広三条

 

さっぱりわかりません(^_^;)

 

失礼ながら、難関上位校に大麻が入っているのも「?」ですし(江別市だから?)、地方TOP校を入れるにしても、室蘭栄、北見北斗、釧路湖陵が入っていないのは、どうしてなのでしょう?

 

これ、地元の人が見たら相当怒るでしょ…ひょっとして、この塾ないんですかね?その地域には

 

あと、私立もどういう基準で選んだんでしょうね…札幌第一の文理選抜や札幌日大のプレミアSコースがないのは?何で遺愛女子??

 

ツッコミどころ満載過ぎます

 

こんなので割合出されてもねぇ

 

 

というわけで、広告出すなら、もう少し考えてほしいなと思った、2件のできごとでした

 

こういう言いかたはトゲがあるかもしれませんが、「こんな広告でも人は集まる」と思われているんですよ?

 

保護者の方々には、厳しい目で判断していただきたいと思います

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(8) | trackbacks(0) |
comment
- | 2018/06/28 1:58 AM
管理者の承認待ちコメントです。
そうでしょうか? | 2018/06/28 11:19 AM
無謀。
たしかに無謀でしょう。
誰が見ても、素人でもそんな事はわかっていたと思いますよ。
記事について云々いう事もありません。

でも、100%にしか挑戦しないなら、受験で落ちる子は一人もいないでしょうね。
0%に挑戦だと無謀ですか?
では、塾では100%合格しか認めないと。

そもそも、0%って世の中にはあるんですか?
原発だって100%安全だったのに…。

可能性なんて、やってみないとわかりません。
難治の癌だって治る事もあります。
私は今までの統計100%完治の癌で再発しました。
100%も0%も世の中にはないと知りました。

彼は奇跡を起こしたかったのでは?場合によっては死ぬ事もあると、毎回覚悟しての挑戦だったのではないですか?
だったら、周りは止める必要もないし、辞める必要もない!
彼の覚悟の問題に批判も、専門的な知識の検証も必要はないでしょう。

ただ、多大なる迷惑をお掛けした事には間違いでしょうが。
付け足し | 2018/06/28 1:51 PM
ちょっと、足りなかったと思うので付け足し。
0%も100%もないというのは、本人がそれでもって思うならそれは挑戦させてもよいのでは?
という事です。

自分で納得できないで、周りから言われるから…と決断した場合、後悔しか残らないと思います。
もちろん、今回は登山なので多大な迷惑がかかったと思います。
それでも、彼は納得したのではないでしょうか?
そうしで、納得して亡くなったのであれば幸せなのでは。
成功だけが全てじゃないでしょう。

だかや、100%落ちるだろう東大受験でもよいじゃないですか?
それで本人が納得できるなら。
受けない方が後悔すると思います。
さらには、落ちた経験で、自分の未熟さは把握できるでしょう。
周りに言われても、やはり挑戦していないものには納得は出来ないと思います。
無謀も時には大事なのでは?
たかとりーな | 2018/06/28 2:59 PM
>無謀。
たしかに無謀でしょう。
誰が見ても、素人でもそんな事はわかっていたと思いますよ。

そうでしょうか?
今や普通の大学生がエベレストに登る時代です(比較的安全なルートで)
遭難するまでのマスコミの報道を見て、彼が未だ世界で誰も成し遂げたことがないほど難易度の高いことに挑んでいると知っていたでしょうか?
それくらい、登山の世界というものは素人には理解しづらいと思うのですが(私も今回初めて知りました)

>でも、100%にしか挑戦しないなら、受験で落ちる子は一人もいないでしょうね。
0%に挑戦だと無謀ですか?
では、塾では100%合格しか認めないと。

0か100かで議論するのはおかしな話ですね
100%の合格などあり得ません
どんな受験にもリスクやトラブルはあります
私が言っているのは「事前準備の段階で周りの誰もが無理だと判断しているものに突っ込むことは、ただの自己満足に過ぎず、それを挑戦と評するのはおかしい」ということです
私がリンクを貼っている記事は読みましたか?
この中に、「勉強しないのにお金もらって東大を受け続けているようなもんだ…」との表現がありました
私も、「なるほど、そういうことなのか」と思いましたよ

>彼は奇跡を起こしたかったのでは?場合によっては死ぬ事もあると、毎回覚悟しての挑戦だったのではないですか?
だったら、周りは止める必要もないし、辞める必要もない!
彼の覚悟の問題に批判も、専門的な知識の検証も必要はないでしょう。

登山は常に死と隣り合わせです
それはエベレストに限った話ではありません
死を覚悟しているから止める必要はないというのは、相手の行動を「自己責任」と片づけ、周りの人間の責任を放棄することに繋がりませんか?

>0%も100%もないというのは、本人がそれでもって思うならそれは挑戦させてもよいのでは?
という事です。

私も進路指導において、アドバイスはしますが、志望校を無理やり決めることはありませんよ?
私のアドバイスを受け入れるかどうかは、生徒や各ご家庭が決めることです

>100%落ちるだろう東大受験でもよいじゃないですか?
それで本人が納得できるなら。
受けない方が後悔すると思います。
さらには、落ちた経験で、自分の未熟さは把握できるでしょう。
周りに言われても、やはり挑戦していないものには納得は出来ないと思います。
無謀も時には大事なのでは?

これは程度問題です
大学受験であれば浪人という選択ができます
高校受験では?登山のように命を落とす危険のあるものでは?
同列に語るべきものではありません

ブログ本文中にも書いてますが、私は栗城さんの行動を否定しているわけではありません
リンク先のライターの方は「我々が止めるべきだった」と後悔しておられました
であれば、こうした「美談に仕立て上げ、無謀な挑戦を助長する」ような広告は如何なものか?と言っているのです

もし、これ以上、この件で意見をおっしゃりたい場合は、コメントではなくメールでお願いいたします
- | 2018/06/28 7:51 PM
管理者の承認待ちコメントです。
たかとりーな | 2018/06/28 10:06 PM
>meeさん、ヤッシさん
コメントありがとうございました
非公開にすることで、「都合の悪いコメントを公開しないのか?」と思われるのも嫌なので、あえてお二人から非公開の申し出があったことのみ記させていただきます

あと、ヤッシさんのコメント、文字数制限に引っかかったのか、最後の方が途中で切れていました(^_^;)
非公開の申し出のすぐ後でしたので、危なかった…
あんじゅ | 2018/06/29 2:04 PM
無謀な挑戦したい人、たくさんの経験があるからこそアドバイスできる事といろいろですよね。
長男の高校受験の時に先生には相談にのっていただき、あっという間に娘が高校受験です。
そして息子は大学受験なのでダブル受験生の母となってしまいました、、、

息子の高校受験は出願変更せずに68%の確率に本命挑戦しギリギリ?入学したものの経験したことのない順位の連続。
先生に出願変更をすすめられてた高校なら
学年順位もそこそこでモチベーションを保てて頑張れた気がします。
息子の友だちもギリギリトップ校に入った子がいますが道内国公立すら難しいのが現状のようです、、、

中学では息子も北大夢見ていたのが高校に入ると警察や海保、消防などに進む仲間がいることで大学というより職業の選択に変化が生じました。
予想外の仕事でしたから、これにはさすがに驚きました。

そういえば息子の高校の今年の北大現役が少なかった原因?となった一人は生徒会長までやっていた優秀な子が高校に入って働きたい仕事が美容の道だったという。
もちろん専門学校は特待でしょうが、、、
北大行ってからまた専門学校に行くよりかは早く腕を磨いて活躍できますからね。
人生いろいろですね。

挑戦はあくまでも本人であって、まわりは押し付けも洗脳もいけないかなと。
だけど若い考えや知識の浅さに対し危険やリスクをアドバイスする人は必要だと思うし挑戦する側も耳を傾ける事も大切かな。

相変わらす私は子どもにだけ頑張れ!とは出来ない性分で一緒に頑張っています(笑)
あえて苦手なものに挑戦しました。
刺繍です(笑)
1日8〜11時間はチクチクしてますよ。
刺繍は3月からはじめ、1作品三万の値を目標にしてきましたが既に達成に近いので目標を五万にハードルをあげました。
身体の負担が大きいようで2度ほど心臓発作が重く救急車を呼ぼうか悩みましたが何とか無事に生きています(笑)

こんな母の努力と達成を受験にいかされなくても社会に出た時や将来何か少しでも良い影響を与えられたらと。
たかとりーな | 2018/06/29 11:24 PM
>あんじゅさん
まぁ、美容の道へ進むなら早い方がいいでしょうから、大学に進むという選択は取りにくいでしょうね
公務員を選ぶ子も結構いるんですね
昔ほど、良い大学に行けば良い就職ができるというわけでもないですから、これからはそういった選択が増えてくるかもしれません

刺繍ですか(^-^)
うちの母も刺繍やパッチワークをしてましたね
苦手というわけではなく趣味でしたが
体に気をつけてくださいね



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/4001
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode