札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< マンガで覚えたっていいじゃない main 2018年 北星学園附属高等学校説明会 >>
2018年 大学合格実績比較(札幌公立TOP校編)

※今日の記事はデータが横並びで出てくるので、スマホでご覧の方は横向きでの閲覧推奨です

 

今年で3回目を迎える、この大学実績合格比較

 

過去2年と同様に

札幌TOP校編
札幌圏のその他の高校編
私立上位校編
地方TOP校編

と、4回に分けて書いていくことにします

 


第1回の札幌TOP校編は

国公立・北大・旧帝+2(北大・東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大)・医学部医学科(国公立のみ)

といった4つの分野に分けて、合格者数を比較していこうかと思います

 

更に、年度ごとのレベルの比較?もできた方がいいかなと思いましたので、倍率と道コン平均SSを載せておきます

なお、ここに出ている数字は、各高校の進路指導部でHP上に公表しているものを中心に、公表されていない年度や部分については「道新受験情報」「北海道高校ガイドブック」のデータで補足しております

数字にずれが若干あるかもしれませんが、ご容赦ください

 

ちなみに、札幌西高なんですが…4月19日以降、1カ月にわたりHPが更新されていませんでした(-_-;)

アクシデントなのかサボりなのか…

ので、前期日程が終了した後のデータしかHPに載っていませんでしたので、道新受験情報から人数拾いました

お願いですので、早くHP更新してください

※と、ぼやいたら翌日更新されました(笑)言ってみるもんです

 

 

まず年度ごとの倍率と道コン平均SSから(これは卒業した生徒たちが高校入試の時のものです、お間違えなく)

 

      2018 2017 2016 2015 2014
南(倍率) 1.18 1.23 1.20 1.29 1.23
(道SS) 69.0 69.8 70.2 68.4 69.5


北(倍率) 1.32 1.23 1.33 1.35 1.15
(道SS) 67.3 67.8 68.8 67.3 67.9


西(倍率) 1.52 1.26 1.48 1.34 1.25
(道SS) 66.0 66.9 66.9 65.7 66.5

 

東(倍率) 1.53 1.22 1.23 1.30 1.40
(道SS) 64.4 64.6 65.1 65.2 65.9

 

横の比較はあまり意味がないので(SSはあくまでも同じ集団の中での位置を表すものなので、例えば2015年卒の南の生徒が一番レベルが低いとはならないのです)縦で比べてください

 

南北西東の序列が崩れたことは、この5年では一度もありません

 

2017年卒の南は北に2.0差をつけています

昨年、すさまじい結果を残した南ですが、入学時からずば抜けていたことを示すデータの1つだと言えます

 

同じく2017年卒の西は北に0.9差

北大の合格者数こそ伸び悩みましたが、旧帝合格者数が多かったのが特徴的でした

やはり上位層が多かったということでしょう

 

北が一番南に肉薄していたのは2015年卒で1.1差

なるほど、現役国公立合格者・現役北大合格者・現役旧帝いずれも南を上回っていますね(というか南が低すぎます)

 

東は2015年卒が西に0.5差

現役国公立合格者数が、東西南北で1位だった年で、現役北大の数も南を上回った年でした

 

あれ?

 

これ、結構使えるデータでしたね(笑)

 

今年のマイルストーンが今から楽しみです

 

 

次に国公立大学合格者数

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 178  214  182  160  161 
南(浪人)  83   88  105  117  102

北(現役) 193  166  170  177  150
北(浪人)  71   86   85   88  103

西(現役) 130  149  135  119  124
西(浪人)  87   90   84   86   81

東(現役) 174  139  147  185  148
東(浪人)  44   37   53   80   60

南は昨年が良すぎたので仕方がない結果か

昨年、現役で合格した生徒が多ければ今年の浪人の合格者数も減るわけで、一昨年並みと考えれば決して悪くはありません

 

北は現役のみなら過去5年で最高の数字、西は昨年ほどではなく2年前とほぼ同じ

東は…凄いですね、ここ2年の不振を払拭し3年前に迫る結果です

気になるのは、ここ2,3年、浪人の国公立合格者が少ないことですね

1年だけだと偶々かもしれませんが、これだけ続くと…浪人させずに私立に進学している生徒が多いのでしょうか

次に北大合格者数

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 80   75   84   70   89 
南(浪人) 29   37   42   46   29

北(現役) 95   88   72   91   63
北(浪人) 27   40   33   37   53

西(現役) 48   49   60   46   51
西(浪人) 26   37   26   33   34

東(現役) 65   44   41   76   62
東(浪人) 16   22   24   26   24

 

南は、現役だけだと2年前とほぼ同じ

 

北は、現役だけ見れば、過去5年で最高

決して志望校を下げて国公立合格の数を稼いだわけではないということがわかります

 

実は、それは東にも言える話で、現役の数だけ見ればここ2年と比べて20人強の増加ですから、単に国公立大学の合格者数を増やしただけでなく中身も伴っています

 

西は…昨年同様な理由があるので、その時に詳しく



続いて、北大を除く旧帝+2(東北大・東大・東工大・一橋大・名大・京大・阪大・九大) の合格者数です

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 39   65   40   23   30 
南(浪人) 15   53   16   18   27

北(現役) 22   20   27   25   22
北(浪人) 13   14   10   14   11

西(現役) 20   16    9    6   11
西(浪人) 12   16    8    6    7

東(現役)  7   13    9   16    7
東(浪人)  5    5    6    5    8

 

南は、昨年があまりにも凄すぎたので下がったように見えますが、北大同様2年前とほぼ同数ですね

3、4年前と比べれば、決して悪い数字ではありません

 

北は、まあいつも通りの結果

 

西は、国公立大学・北大いずれも奮いませんでしたが、ここでは昨年を超える結果を出し北に肉薄してきました

なるほど、上位層はキッチリ結果を出したということですね

 

東は、逆に数字を落としています

ということは、北大以外の旧帝が第一志望だったけれど、安全志向で北大にした生徒が多かったのかもしれませんね

 


おしまいは医学部医学科(国公立のみ)

     2018 2017 2016 2015 2014
南(現役) 25   25   20   27   30 
南(浪人) 27   22   26   29   17

北(現役) 11   11   18    9   12
北(浪人) 12   11   16    8   15

西(現役)  6    8    6    3    2
西(浪人)  8    3    6    9    4

東(現役)  4    5    3    3    0
東(浪人)  1    3    5    3    3
 

どこの高校も、面白いように一定ですね

 

しかし、こうして見ると、医学部医学科に関しては圧倒的に南ですね

 

北も健闘しているとは思いますが…2016年卒が凄すぎましたね

 


昨年の南のデータがあまりにもすさまじくて、正直これが今年も続けば南1強になるのではないかと思っていましたが

なかなかどうして、そうはいかないものですね(^_^;)

まあ、医学部医学科行くなら、南というのは変わりませんが、北大以上を狙うのなら北が強いですね

 

東はもう1、2年様子を見たいところです(今年が良すぎたのか、過去2年が悪すぎたのか)

これが続くのであれば、北大を狙うのなら東で十分とも言えます、ただ旧帝+2や医学科を狙うのは正直厳しい

 

西は、どうも上位層と中下位層で差がついているような結果ですね
上位層なら旧帝+2を十分狙えるが、医学科目指すのは若干厳しいかも

 

そんなところでしょうか



来週は札幌圏のその他の高校編です

昨年同様の、旭丘・月寒・北広島・新川・藻岩・北陵を予定しています

手稲は、今年はきちんと出してくれましたので、参考データとして載せる予定です

 


それでは、今日はこのへんで

 



| 教育関係(高校) | comments(8) | trackbacks(0) |
comment
ヤッシ | 2018/06/01 8:29 PM
こんにちは。

やっぱり例年通り高校入学時の序列と卒業〜大学進学時の序列は多少の浮き沈みはあっても大体は比例してますね。

そしてやはり旧帝大+2と医学部においては南高が頭一つ抜きん出てるのは今年も変わらず。
ここだけを見ると他とはちょっと格が違う気がします。
他校とは考え方や取り組み方が違うんでしょうか。

私の娘が通う学校で父兄に対しての進路に関わる説明会等が開かれた時に“対S高比較で…”などと伏せ字的な表現で説明される事があるのですが、対抗意識満々で、こっちとしてはあからさま過ぎてかえって引いてしまう事もしばしば。

あと、学校全体の考えとして塾、予備校=悪であるキャンペーンが凄い(笑)
いやいや、先生方のやるべき事ってそーゆー事ぢゃないでしょと。
娘のS高に通う同級生の話ですとS高の先生はむしろ塾に行きなさいと推奨するらしいですよ。

そういう対抗意識も不必要とは言いませんが、個人的には高校入学時のSSの差よりも大学進学実積の差が大きくなってる(気がするだけでは無いと思ってます)事に関してそろそろ教員達の取り組み方、考え方を見直す時期に来てるのではないのか?と思うわけです。
教員間の資質の差もかなり感じられ、特に数学はハズレを引くと悪夢だと言ってますもん。

だって都合が悪いデータに対しては“対S高”の比較は載せて無いか、あってもスルーですから(苦笑)

これではいつまで経っても並びかけるチャンスすら来ないと。

何だか先生に全然関係ない内容で愚痴ってしまってすみませんm(__)m

長々失礼しました
k高校の保護者 | 2018/06/01 8:41 PM
はじめまして。
最後のセンター試験学年です。

この前の父母懇談会で、学校側から
大学入試に失敗しても学校では一切面倒を見ませんと説明がありました。(この学年だけかもしれないです)
元々、学校の授業+補習で十分に国立大に合格すると言って、塾に否定的な感じの学校ではあるのですが、親としては浪人させられないと進路に頭を悩ませてます。
あっ&#10071;進路指導にはとても熱心な学校で目指す学部を話すと日本全国の大学から子供に合う大学の情報を細かく提示してくれ(費用含む)ます&#9786;&#65039;
大学入試改革がどのような結果になるのかデータでいつか見てみたいです。


たかとりーな | 2018/06/01 11:36 PM
>ヤッシさん
対抗意識もいいですが、ちゃんと中身が伴ってないとダメですよね
そうですか…塾、予備校=悪ですか(笑)
そのあたりは、S高の方が使い方がうまいんですね
私たちだって、自分たちで全部できるなんて思ってませんから
お互い、手の届きづらいところを補完し合ってこそ、生徒の利益になるはずなんですがね

>K高校の保護者さん
大学入試に失敗しても一切面見ないとは、思い切ったこと言いますね(例えそれが本当だとしても)
皆さん、浪人はできないと考えて安全志向に走り、中堅下位校に向けて玉突きが起きるのではないかと考えています
本来であれば、私立が枠を広げて生徒を確保したいところなのでしょうが、定員に関して厳しい規制があるため、それもできず
未だ、救済措置?などについての話も聞こえてきませんし、不安は募るばかりですね
保護者 | 2018/06/02 7:51 PM
西高はアップされてますよ。
進路のところにあります。
たかとりーな | 2018/06/02 8:38 PM
ご指摘ありがとうございます。
昨日データは修正済みです(本文にも取り消し線を入れてます)
- | 2018/06/03 2:31 PM
管理者の承認待ちコメントです。
たかとりーな | 2018/06/03 8:41 PM
>元受験生の母さん
公開・非公開について書かれていませんでしたが、内容が詳しすぎたので非公開にしておきますね(^-^)
おそらく、結果報告という形で私にメッセージをくれたのかなと思いますので
ありがとうございました
- | 2018/06/04 11:06 AM
管理者の承認待ちコメントです。



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3973
trackback
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode