札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< まだ、完全復活とは言えません main 進路を迷っている人へ >>
作戦勝ち?

今日、シグマゼミの八反田先生が国公立大学の推薦入試について、興味深いツイートをしていました

 

切り取って紹介してしまうと、真意が伝わらない可能性もありますので、全文引用させていただきます

 

〜引用開始〜

 

高3生との面談で、
「去年、推薦の話していましたよね?」俺なんかマズイこと言った?
「国立のはそんなに簡単ではないって」たぶん話した
「学校の結構な人数が推薦に期待していて」ぉぅ
「校内選考通っただけで泣いてる人も」ぉぉ
「で、結果が悪くて。ホントにみんな簡単だと思ってるんですね」え?私立の指定校推薦と違って、国立のは簡単に受かるもんではないって俺は高1から言い続けてると思うけど、学校ではそういう話はされてないの?
「一度もされませんでした。だからみんなも、校内選考を通過した時点で受かるものだと思って大喜びしていてー」ちゃんと現実話した方がいいと思うよ。

 

これ、うちの生徒が話を聞いてないとかではなく、保護者会とかでも言われたことがないって話なので、本当にされてないんでしょう。親御さんいわく、「保護者説明会でも、どのコースからどの大学に行きましたとか、塾・予備校に行かなくても合格できますとか、都合のいい事しか話さないんですよね。」

 

どことは言わないけど(面談とか説明会で聞かれたら名前出すけどw)、これ、市内の中学生の中では1・2を争う人気校に3年通った生徒・保護者の談。中学生の中ではかなり人気がありますよねーと話したら「絶対オススメしません。まぁ、学年や担当によって違うとは思うけどー」だそうで。

 

学校説明会の話やパンフなんかを見てどこがいいとか想像をするのは構わないけれど、外から見て思っているのと実際に中で受ける印象とは大抵は違うわけで、下手に学校任せにしていたら、ろくな情報も回ってこずのちのち困ることにもなりかねないので、自分でもアンテナ広げときましょうねっていう話。

 

〜引用終了〜

 

えぇ、どこの学校のことか、わかりますよ(笑)

 

でも、ここで特定するようなことはしません(コメントがついても答えません)

 

それは、ここで述べられているような話が「この高校だけの話ではない」からです

 

 

先日、うちの教室に通っている子が、国公立大学の推薦入試に合格した話を書きました

 

定員4名のところに志望者9名だったのですが、ぶっちゃけ私は「合格するだろう」と思っていましたよ

 

ちょっと自慢に聞こえるかもしれませんが、「しっかり対策をした」からです

 

対策と聞くと眉をひそめる方もいるかもしれませんが、こと国公立大学の推薦入試において対策をしないという人がいるとすれば…

 

私はむしろ大学側に失礼だと思います

 

志望理由書も高校の先生だけでなく、私のチェックが何度も入りましたし、面接の練習も色々なケースを想定して複数回行いました

 

そして、恐らく面接練習よりも重要だった、練習後すぐの反省会

 

どんどんレベルが上がっていくのを実感していました

 

あれだけ練り上げれば、ちょっとやそっとじゃ崩れませんよ

 

 

ちなみに定員4名に対して

 

2016 受験者3名 合格者3名

2015 受験者1名 合格者1名

2014 受験者4名 合格者4名

 

それが今年受験者9名です(笑)八反田先生のツイートにもあるように、受験すれば合格すると安易に考えていた生徒が多かったのではないかと思いますよ

 

別に、高校生に絶対に塾が必要だとは言いませんが、高校側に過度の期待ができない以上、アドバイザー的な立場の人がいたほうがいいと思いますよ

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(3) | trackbacks(0) |
comment
はるちゃん | 2017/12/20 12:38 PM
うちの学校の話しかな?と思いながら拝見しました。
前回の私立大学の記事にも関係するのですが、道内国公立神話が強いというか、首都圏私大にも目を向けてという話しが出ていました。
理系は北大以下の難易度の大学がぐっと偏差値が下がり、適当な大学がないので、道外にも積極的にという話しも有りましたね。
こちらから推薦、AOなどの質問をしましたが、あまり積極的な回答がなく、入試に向けての対策など(苦手教科をなくす学習など)の話しをしたときにはやはり塾不要論をいわれてしまい..。
でも子どもにきくと過去の先輩たちも塾を利用し、受験対策していたらしく、いま塾の活用方法を検討しています。
2年はあっというまに過ぎてしまうので、後悔のないように調べるところはしっかり調べ、対策して行こうと思います
さち | 2017/12/20 6:28 PM
子どもに「高校でもみんな塾に行っている。」と聞き,
高校の先生に,何人塾に行っているかを聞いたことがあります。
うちの子のクラスでは,半数以上行っているとのこと。
特に,上位の子の割合が高いようでした。
先生は「塾に行かなくても○大に合格した子がいます。」って
言っていましたけど…。

やはりアドバイザー的な立場の人は必要ですね。
たかとりーな | 2017/12/20 9:35 PM
>はるちゃんさん
恐らく、推薦やAOなどを使うのは「逃げ」だと思っているんでしょうね…だから積極的に勧めない。一般入試だと受験生の力不足と切り捨てられますが、推薦・AOだと対策した学校側の指導にもスポットライトが当たりますからね。関わりたくないというのが本音なのでは?

>さちさん
「合格します」ではなく「合格した子がいます」というのがポイントで、つまりレアケースだけど0ではないということなんです。でも学校側としてはそれを一般的なものだとしたいわけです。高校生が塾に通うようになったのは、結構最近のこと。学校の先生たちが高校生の時は塾になんか行ってませんから「塾に行かなくても…」と言いたくなるんでしょうね。プライドもあるでしょうし。
でも、320人全てに目が行き届かない以上、自衛手段は取っておいた方がいいと思うんです。



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3792
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode