札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< できれば休んでほしくないです main 2017 北海高校説明会 >>
2017 札幌創成高校説明会

今日の午前中、札幌創成高校(以下、創成高校)の説明会に出席してきました

実は9月の説明会は、今日の創成高校と明日の北海高校だけです

 

あれ?私立高校全部行くんじゃないんですか?という声が聞こえてきそうですが…

 

うちの生徒が行く可能性が低い高校(東海大附属札幌など)、お誘いを受けていない高校(北海学園札幌・札幌北斗など)、日程の都合上無理な高校(文教大明清・札幌新陽など)は行っておりません

 

北海学園札幌なんて、ずっと参加していたのに、急に案内来なくなったんですよ(´・ω・`)

 

それは行かないですよね、来るなってことですから(笑)



さて、昨年は説明会の記事書かなかったんですよね、創成高校

今年はちゃんと書きますよ

 

まあ、書くと言っても、5月の学校見学会でデータ的なものは書きましたので、ここでしか書けないようなことを

 

 

私も今回初めて知ったのですが、創成高校の1ヶ月でかかる費用、札幌圏の私立の中でも下から数えた方が圧倒的に早かったです

 

今の校舎は平成になってすぐできたものなのですが、耐震基準もクリアしていて、何と借金なしで建てられたのだとか

 

次年度は4階からクーラーを設置するらしいので、ひょっとすると諸費用が上がるかもしれませんが…

 

 

個人的に、創成高校のアドバンス特進の人数増に多大な影響を与えていると思っているのが6時間目以降の使い方

 

放課後を、ただ講習で埋めてしまうのではなく、STEP UP TIME(自学自習)、サテライト学習・講習、部活、塾・習い事など幅広く選択肢を持たせることで、様々な生徒に対応できるようにしてあります

 

ただ、現高1のアドバンス特進100名中、実に90%以上が部活加入、40%強が強化指定クラブ所属だとか

 

部活も勉強も両方頑張りたいと考えている生徒は、多いということですね

 

来年以降も、志願者(入学者)は増えるのではないでしょうか

 

しかし…

 

今日の説明会で示された「今後の課題」

 

この1番目に、「部活に比重が傾いていないか」という問いかけがあったのです

 

なるほど(-_-;)

 

最低限のノルマは果たしていたとしても、勉強への取り組みに個人差がある現状

 

最終的な判断は全て許容しているため、生徒は部活優先の判断をしがちであると

 

これはなかなか難しい問題ですね

 

しかし、ここで強制してしまっては、今までの取り組みが水の泡です

 

何とか継続してほしいと思います

 

 

ビブリオバトル、TED×SAPPOROへの参加、卒業生による講和

 

更に、北大との連携を強化して、環境科学院を訪問したり、SSP(スーパーサイエンティストプロジェクト)に参加する生徒がいたり、アカデミック・ファンタジスタの10校目の参加校になったり(残り9校は東西南北・開成・小樽潮陵・立命館・第一・藤女子)など、とにかく「出会い」や「刺激」を生徒に与える試みも随所に取り入れられています

 

でも、今はとにかく機会を増やそうと拡大している最中で、しっかりとしたマネジメントがされているわけではないと

 

 

以上のような課題を解決するためには…「教員」がカギであるとはっきり言っておられました

 

 

なかなか言えないと思いますよ

 

ややもすると、生徒に原因を求めたくなりますからね

 

対外的には、学校はしっかりやっていると言わないと、「何をしているんだ」と言われますからね

 

私も、生徒に原因を求める面が多かったように思われます

 

反省しなければ…

 

 

さて、学校側としては、今まで行っていた教員研修や授業評価を、外部機関からの客観的評価が受けられるように改善すると

 

担任のクラスをまとめる能力なんかも評価できるらしいですよ、凄いですね(^_^;)

 


学習面では、ここ数年のS選抜コース躍進の理由を英語の指導にあるのではないかと考察しておられました

 

実際、外部模試のデータを見ましたが、なるほど、どの学年も平均してSSを最低でも5はアップさせていますね

(残念ながら具体的な数字は公開できません、頑張ってメモしましたが)

 

更に、GL(グローバルラーニング)コースで行っているonline speaking trainingを、S選抜でも2年生から週1で行っているそうです

 

最初は「嫌だ」と言っていた生徒も、1対1の形式やテキストに沿った流れで会話が進んでいくことで抵抗がなくなり、フリートークでも話ができるようになってきたそうです

 

 

なかなか表にでは出てこない生徒の最終進学先(一般的に合格した大学名は出しても、誰がどこに合格して最終的にどこに進学したかまでは、進路のしおりが手に入る在校生でないと、なかなかわかりません※もちろん生徒名は伏せてあります)も教えていただくなど、都合の悪いところも包み隠さず話してくれる姿勢は、いつもながら好感が持てました

 

 

そして、これは以前私が書いたことがあるかもしれませんし、他の私立高校にも言えることですが…

 

創成高校が求める生徒として、創成高校でより力を発揮することができる生徒は
 

「集団では埋没する可能性が高い」

 

「精神的に弱い部分がある」

 

生徒であると

 

公立なら1学年320人、私立であればもっと大勢の生徒の中で、自分の色を出せない生徒も大勢います

 

正直、学校の先生も生徒全員に目が行き届いているとは言えない部分もあるでしょう

 

そういった生徒でも、S選抜の少人数クラスであれば、しっかり見てもらえます

 

限られた人間関係になるのではと不安もあるかもしれませんが、こういったコースは縦の繋がり(他学年)が強いケースも多く、幅広い人芸関係を持ちたければ、部活や同好会活動、学校に限らず外部での交流を図ればよいだけです

 

私も、今までに、口にこそ出しませんが(出したこともありますが)

 

「この子は、公立に行くより少人数の私立の特進に行った方が、希望の進路を実現できるだろうな」

 

と思ったことが何度もあります

 

 

北海道は、どうしても「まずは公立、私立は滑り止め」という傾向が強い土地柄ですが、お子さんの特性も考えて、より良い選択をしてもらえればなと思います

 


それでは、今日はこのへんで



| - 札幌創成 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
他塾の者です | 2017/09/08 4:11 PM
今日(9/8)学園札幌の説明会に行ってきた者です。先生のブログは毎回楽しく読ませていただいています。

>北海学園札幌なんて、ずっと参加していたのに、急に案内来なくなったんですよ(´・ω・`)

今日、会場で配られたアンケートの項目に「来年も説明会の案内を希望するかどうか」という項目がありました。確か昨年もあったような気がします。

たかとりーな | 2017/09/08 9:20 PM
お疲れ様です
いつも読んでいただきありがとうございます

学園札幌は一昨年までは毎年参加していたのですが、去年から案内が来なくなったんですよね
ということは、一昨年のアンケート用紙かな…
そんな項目わざわざ入れなくてもと思うのですが(笑)

来年は読者さんにアンケートを取ろうと思っているので、そこで名前が出れば、案内が来なくても連絡していくと思います('ω')ノ



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode