札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 特別時間割スタート main 雰囲気は大事だけれど >>
学校説明会での注意事項

札幌市内の小中学校は、今日が終業式

 

明日から夏休みですね

 

この期間を利用して、様々な高校で、生徒・保護者対象の学校説明会が行われると思いますが、いくつか注意事項を挙げておこうと思います

 

 

まず、基本的にいいことしか言いません(笑)

 

そりゃそうですよね、お見合いや婚活パーティーなどで、自分の欠点を言う人はいないと思います

 

ですから、いいことだけ聞いて判断してしまうと、入学してから「こんなはずではなかった」となりがちです

 

そのためには、実際にその高校に通う人の生の声を聞くのが一番だと思いますよ

 

ただし、自分で書いていてなんですが「ネットを信用しすぎてはいけません」

 

いくら「関係者です」と名乗ったところで、それを証明する術がありません

 

その高校の評判を貶めるための工作者かもしれませんよ

 

 

進学実績も、上位層がどういった大学に行ったのかはアピールしてきますが、中下位層がどうなのかは教えてくれません

 

質問しても答えてくれるか…(そもそも聞く勇気は、なかなかないでしょう)

 

せめて、その学校の平均レベルの生徒がどういった進路選択をしているのかは調べた方がいいでしょう
 

「高3の夏まで体育系の部活で活躍し、その後猛勉強して現役で北大に行きましたー」とか、複数名いるのであれば構いませんが、1学年に1名いるかいないかのレベルで話しているのなら困りますよね

 

こういった、一部のずば抜けた生徒のことを、一般例のように取り扱う学校は、意外と多いです

 

 

それと、例年に比べ進学実績が良ければ、盛んにそれをアピールしてきますし、悪ければそれ以外の部分をアピールしてきます

 

他校との比較をしてくることも多いですね(某高校は、昨年それがあまりに露骨で出願者を一気に減らしたとのうわさも)

 

 

後は、学校祭などに行っていない場合は、学校の中に入るのが初めてでしょうから、施設面や掲示物などにも目を配っておいた方がいいでしょう

 

 

いずれにしても、この学校説明会の印象というのは意外と大事で、これによって志望校を変更したという話しもよく聞きます

 

保護者の方も、通うのはお子さんですから、自分の意見を押し付けることなく、かと言ってお子さんの意見に流されるわけでもなく、一人の大人としての客観的な視点で、各高校を見るといいと思います

 

 

ちなみに、もう10年以上前になりますが、清田高校の説明会にこっそり参加した時、スーツを着ていったこともあり、高校の先生に間違えられ、廊下で中学生にめっちゃ挨拶されまくりました

 

「あの人、先生かなぁ」「スーツ着てるし、絶対そうだよ」「挨拶しておいた方がいいよね」「こんにちはー!」

 

全部聞こえてますがな(笑)

 

懐かしいなぁ

 

 

それでは、今日はこのへんで

 

 



| 教育関係 | comments(3) | trackbacks(0) |
comment
花吹雪 | 2017/07/26 7:29 AM
愚息の中学進学時の話なのでもう10年近く前の話ですが、札幌市内男子校の学校説明会で中下位層の進学先を個人相談ブースで伺いました。私大になると総合力ではなくある特定の教科が得意なだけで合格できることがあるので、と前置きのあとで教えて下さいました。その後、その学校はHPで生徒の進学先(合格先のみではない)を公表しています。基本子どもに合う学校が一番とは思いますが、学校としての誠実さは私にとって評価のポイントの一つです。そのことを記事にしていただきありがとうございました。
あんじゅ | 2017/07/26 4:43 PM
某高校は一昨年もそうでしたよ。
しかも生徒代表の挨拶も英語だけで話されていましたから、英語が苦手な私は代表の生徒さんが何を言っているのかさっぱりわかりませんでした(笑)
先生は知っていますが我が子が出願変更考えてた高校、たった1年で10人ほど退学しているようです。
某高校からの出願変更も多かったと思いますが、校風が真逆ですよね。
公立だからとか近くて交通費かからないとか親も無理矢理ではなく、我が子に合う高校なのかも大切に考えないといけないですね。

大学のオープンキャンパスも始まりましたが、進路説明会では道内はもちろん道外でも夏休み利用して行ってくださいとの事ですが、部活に合宿にと忙しくて行けないですよ〜
部活の顧問がかわり、かなりハードになってキツいやら体を痛めるわで辞めたモードに入っているようです。
楽しめないなら辞めちゃえ!と私は言いましたが、学校は部活辞めても成績は上がらない!と言うんですよね、多分(笑)
短時間でも集中力次第と言ってましたからね。
たかとりーな | 2017/07/26 9:34 PM
>花吹雪さん
あそこまで包み隠さず公表するのは、感心します
おっしゃる通り、誠実さというのは大切ですよね
進学に限った話ではなく、学校で何か問題が起きたときの対応にも繋がりますから

>あんじゅさん
1年で10人…それはちょっと多いな(^_^;)
札幌は、これでも高校の選択肢は多い方だと思いますが、難しいですね
道外に行こうと思ったら、オープンキャンパス以外でも、受験・就職など北海道はとにかく時間とお金がかかりますよね
LCCのおかげで少しは楽になりましたが

部活と言えば、数は少ないですが「軽スポーツ同好会」なるものが、いくつかの高校で見られるようになってきています
体動かしたいレベルの子なら、これで十分ですよね
もっと広がるといいのになぁ



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3623
trackback
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode