札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2017年 大学合格実績比較(私立上位校編) main 漢検に向けて >>
2017 札幌龍谷学園高等学校説明会

今日は札幌龍谷学園高校(以下龍谷と略させていただきます)の説明会でした


早いもので今年で4回目の参加ですか
 

 

今年も、学校の近況については校長先生自らお話ししてくれました

 

まず、新しいコースを1つ、コース名の変更が1つ

 

新しいコースはスーパープログレス進学コース(以下Sプロ進)、そして総合コースは未来創造コースへと名前が変わります

 

Sプロ進については、強化指定クラブに所属しつつ難関国公立や難関私立大学を目指すコースです(詳細は後で)

 

未来創造コースとは、来春の入学生が大学入試改革の初年度生になることから、様々な取り組みをスタートさせることに伴い名称変更をするのだそうです

 

 

その様々な取り組みなのですが

 

1:すべてのコースで課題探求学習を実施(総合学習の時間を活用)

 

2:「英語で説明できる能力の育成」を目標に、50%の生徒に4技能指導を授業の中で取り入れる

 

3:残り50%の生徒に「実践的な基礎的英会話力」を身につけさせる

 

4:新学習指導要領でプログラミングの学習が重視されることに伴い、自分でプログラミングしてロボットを動かす等の授業を実施

 

 

この中の3番について

 

配られた資料の文が、あまりにも核心をついていたので紹介しようと思います

 

「本校では、新学習指導要領では切り捨てられている残り50%(英語が得手ではない生徒たち)に着目し、この生徒たちは『すぐ社会に出て活躍する』進路選択をし、主にサービス業に就職する可能性が高いことから、中学校の内容を学び直し、『外国人客にも積極的に対応できる実践的な英会話力』を身につけさせる教育プログラムを実施することにしました」

 

はっきり言いますね(^_^;)

 

でも、それが本当だと思います

 

 

また4番のプログラミングについては、それほど高度なことを行うわけではなく、最初は小学校・中学校で教えられるレベルの内容(教育版LEGOマインドストームEV3など)を2学年の情報の時間で(3単位)

 

プログラミングを勉強してきた子が高校に入学する時には、内容を変えることを考えているようです

 

 

また、ICT教育の導入として、WiFi環境を整備しタブレットを活用する(最近はどこの学校でも始めましたね)

 

 

しかし、上に挙げたことの中で、私が一番興味を惹かれ、またこの記事を読んでいる皆さんも興味を持ったことは

 

「Sプロ進」なのではないでしょう

 

 

龍谷は部活動が盛んな高校としても知られています

 

強化指定部は全部で10

 

野球部

男子卓球部

女子卓球部

サッカー部

ソフトテニス部

男子バドミントン部

女子バドミントン部

女子バスケットボール部

柔道部

馬術部

 

ただ残念なことに、これらの部活に所属する生徒は、スーパー特進や特進に入ることはできず、プログレス進学や総合コースに行くしかありませんでした

 

このような部活に所属する生徒の中にも、現役で国公立大学に進むような力を持った子はいるのです

 

今年現役で北大に合格した生徒は、バドミントンをするために龍谷に入学し、1年生の時に全国大会出場という目標を叶えたので、2年生からは部活を辞めて特進にコース変更したのだとか

 

この子の場合は、部活を辞めて勉強に専念したことが北大合格に繋がった可能性が高いわけですが、部活も勉強もどちらも頑張りたい子はいるわけです

 

そういった子を、これまで以上にバックアップするためのコースが、Sプロ進というわけです

 

 

どこまで需要があるかわからないので、初年度は10名程度(人数制限は設けない)を予想しているそうですが…

 

これ、もっと集まりませんかね

 

ただ、条件は厳しいです(一般入試であっても龍谷の強化指定部顧問の推薦がいる、ランクの下限が高い)

 

それでも、今まで部活をやりたいために、あえて光星のステラや第一の文理選抜を避けていたような子も少なからずいたわけですから、そういった子の受け皿になりそうな予感がします

 

 

さて、ここ数年同様、札幌龍谷学園高校の近況という資料の中に記載されている、「本校を受験した理由」について紹介してみましょう
(複数回答ありだと思われるので在籍数とは一致しません)

スーパー特進・特進
1 特待生制度の充実 25名
2 難関大学への合格 14名

3 いじめのない学校 11名
4 7時間授業・講習・サポート学習 7名
5 交通の便が良い 7名
6 制服が素敵 5名  

プログレス進学
1 部活動をやりたい 29名 
2 朝講習があり、部活と勉強が両立ができる 21名

2 いじめのない学校 21名

4 特待生制度の充実 11名
5 自分のペースで勉強できる 9名
6 交通の便が良い 9名
7 制服が素敵 6名


総合
1 部活動をやりたい 96名
2 いじめのない学校 78名
3 コースが充実している 52名

4 交通の便が良い 35名

5 制服が素敵 37名

6 取りたい資格がある 13名
7 特待生制度の充実 11名

 

複数選択方式なので毎年似たような意見になるのでしょうが、今年は制服に関する回答が新たに登場しましたね(笑)

 

特待生制度は、確かに充実してると思いますよ

 

そして、いじめのない学校として知られていますが、昨年アナウンスのあった「不登校生徒の受け入れ」について

 

正確な数は教えていただけませんでしたが、今年は2ケタの生徒が入学してきたということです

 

これはぜひ続けてほしいですね

 

 

先ほど挙げた強化指定部以外でも、体操、書道、弁論、ゴルフなどが全国大会へ出場するそうです

 

そしてダンス部

 

全国大会出場・優勝はもちろんのことですが、なんと世界大会でも優勝(^_^;)

 

最近4年間で3回の全国優勝のご褒美?として、龍鳴館というダンス・卓球の専用施設を作ってもらったとか

 

こんな施設を部活だけで使うのはもったいないということで、女子の体育でダンスを取り入れ、指導者としてプロのダンサーに来てもらっているそうです

 

 

進学実績については北大への合格者は2名出したものの、決して満足いくものではなかったと思います

 

ただ、私の記憶が確かならば、今の3年生はスーパー特進の生徒が多く、併願校もこれまでとはレベルが違ったはず

 

プレッシャーをかけるわけではありませんが、今年実績を残せなければ、Sプロ進を作っても「名前だけ」と言われる可能性も高いです

 

そのあたり、他校のように学習面(外部模試の成績等)での現時点での生徒の様子などを教えてもらえれば、こちらとしても助かるのですがね

 

来年へ向けての課題にしていただければと思います

 


それでは、今日はこのへんで



| - 札幌龍谷 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode