札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 集団授業に戻します main 立命館慶祥中学・高等学校説明会のはずでしたが >>
公立高配置計画案に思う

今朝の北海道新聞朝刊の30面に掲載されていた公立高校配置計画案

 

道教委のHPに出ています

 

札幌市だけでも8校9学級、石狩管内となると11校12学級の減になります

 

月寒・北陵・手稲・丘珠・西陵・白石・あすかぜ・清田(2学級)・千歳・北広島西・恵庭南

 

しかも、これは2020年度(現中1生)だけでの話しであって、来年や再来年はどうかというと

 

2018年度(現中3生)南陵・厚別・石狩南 各1学級減

2019年度(現中2生)東豊 1学級減

 

まあ、石狩管内だけでも向こう3年間で1200人弱、卒業生が減ることを考えると、この学級減はやむなしですね

 

私立高校の定員も減るみたいですし

 

ただ…

 

月寒減らすのか(-_-;)

 

確かに他の区とのバランスもあるから、仕方ないとはいえ、例年1.4〜1.5倍の高倍率校に手を付けるとは思いませんでした

 

あと、清田の2学級減というのも大きいですね

 

グローバルコースは維持でしょうから、普通科5クラス200名?

 

7月から学区ごとに地域別検討協議会なるものを開くそうですが、ここで反対意見が多かったとして覆されることがあるんでしょうか

 

恐らく、来週の進学舎セミナーで、この話は出てくると思いますので、続報があればまたお伝えしますね

 

 

最後に…

 

昨年発表された、函館西と稜北の統合について

 

それ自体は仕方のないことなのかもしれませんが、西高の校舎を使用って…

 

西高OBの圧力だと思ってしまう私はひねくれているんでしょうか(毒

 

だって、人口増が見込めない西部地区にある西と、周辺の人口が増えていて、アクセス面でも優れている、しかも函館にある公立高校の中では最も新しく作られた稜北

 

どちらを残すかと言われれば、普通稜北のはずなんですよ

 

自分の長年住んでいた町を悪く言いたくはないですが、こんなことをしているから、人口も減るし経済もパッとしないんですよ(言っちゃった

 

今さら何ですが、どうにかならなかったんですかね…

 

非常に残念です

 

 

明日は立命館慶祥中学・高等学校(中高一貫コース)の説明会です

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係(高校) | comments(7) | trackbacks(0) |
comment
ヤッシ | 2017/06/08 6:47 AM
こんにちは

かなり大幅な学級減になるんですね

特に月寒高校を減らすのには先生と同様に私もちょっと驚きました

確かに仰る通り各区間のバランスや卒業生減なのはわかりますが、例年高倍率な人気高ですもんね

上位高の高倍率を嫌っての受け皿的な、ある意味重要なポジションにある高校だと思ってたんですがね

更に清田高が2クラスも減なんですもんね

他の近隣高を減らすのではバランス的に不都合があったりするんでしょうかね

市立と道立の違いもあるんでしょうか


最後に函館の統合の件ですが、私はよく知らない地域ではあるものの、確かに違和感を感じます

何か特別な大人の事情でもあるんでしょうか…
TMオヤジ | 2017/06/08 9:30 AM
函館西地区と言えば少し前のニュースで
ビバリーヒルズのような街にしてアピールするみたいな記事があり
大笑いしましたが、行政的に力が入っているのでしょうか。

天の声にも不思議な声があるという感じですかね。
父 | 2017/06/08 10:10 AM
月寒の減と清田2減は衝撃ですね
いずれは東西南北も減だと思いますが
どのような基準でこのように決定されているのか
先生の言う函館の圧力のような力が微妙に働いてる
と推測されるのは、あながち間違っていないと思います
いずれにしても少子化は先生のような職業の方も大変ですし
国力を弱めるので、ホントこの部分だけは国策でなんとか
して欲しいと日々思っています。
函館の人 | 2017/06/08 4:13 PM
初めまして。
函館在住なのに、ネットサーフィンしてて辿り着き、それ以来見させていただいております。

西高と稜北の統合は数年前から噂されていたので驚きはしなかったのですが、西高を使うと知ったときは驚きましたね。

夏場は気合と若さで自転車で通えるものの、冬はバスと電車を乗り継ぎ、その後はあの坂をひたすら登る・・・ツルツル滑りながら登る・・・
特に西高と真反対に住む人達は「西高を受験することは考えられない」と話していますから、いずれ生徒減で・・・となるのでは?と。

単位制になるそうですが、それならば函館市立高校があります。
誰の圧力ですかね???

地域高の進学実績についての記事を楽しみにしております。
我が子が通う高校名が出るかと思いますので。
先生がどのように斬ってくださるかヒヤヒヤしますが(^^;)
ほんと最近の我が子の高校、どうしたもんかな〜と思っています。
数年前の学校説明会で「一昔前は・・・学校としてはどうお考えなんですか?」と質問された方がいたのですが、
しどろもどろだった先生方の姿、今でも覚えています。

長くなり申し訳ございません。
これからもブログ楽しみにしております。
たかとりーな | 2017/06/08 4:39 PM
>ヤッシさん
東西南北には手をつけられないから致し方なくって感じでしょうかね
普通科320名という学校は意外と少ないので、そこがターゲットになったようですね
個人的には啓成かな?と思うのですが…定員割れも酷いですし
函館の件については、後ほどまとめて

>TMオヤジさん
そのニュース知りませんでした(笑)
ふむふむ、「函館西部地区ビバリーヒルズ計画」ってやつですね
函館市民の中でも否定的な意見が多いようです(^_^;)

>父さん
いつかはTOP校と言えども学級減になる日は来るわけですが
皆さんおっしゃるように、そこに至るまでの過程が不透明ですからね…
まあ、説明があったとしてそれが本当のことかはわかりませんが(-_-;)

>函館の人さん
やはり地元の人でも驚かれたんですね
函館は小中学校で統廃合が進んでいて、特に五稜郭から旧西部地区の辺りは急速に子どもが減っているのではないでしょうか
そんな中、西高を残すと言われても…困りますよね

斬る?予定の高校は私の母校でもあるんですが…
まあ、地元の方々の期待に応えられているかと言われると、う〜んと唸ってしまいますね
来週をお楽しみにしていてください
kirby母 | 2017/06/09 12:43 PM
単位制になるところもありますが、これは先生の数を増やせるメリットがあるからでしょうか?
生徒には単位制は複雑でわかりにくい制度な気がします。
単位制、これからも増えていくのでしょうか?
たかとりーな | 2017/06/09 2:59 PM
先生の数を増やせる…そういう視点はなかったです、ありがとうございます
少子化による学級減や統廃合で先生の需要は減りますが、だからと言って今いる先生をクビにするわけにはいかないですもんね

高校の単位制、正直うまく運用できているところはないですよ
百歩譲って旭丘かな
他は単位制とは名ばかりです、でも今後ますます増えていくと思われます



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3566
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode