札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 小6生と世界情勢を語る main 地理が得意になるためには >>
しっかりして!

みなさんストレスたまってません?

 

私はたまってますよ( `ー´)ノ

 

何のことかというと、ファイターズです

 

今日も負けて5連敗

 

4勝13敗の借金11で最下位

 

ケガ人続出でベストメンバーが組めないという点は仕方ないとしても、負け方が悪いんですよね(-_-;)

 

そして、スポーツニュースや情報番組でも

 

「まだ4月だから…」とか「あと120試合以上も残っているから…」

 

そういった論調が目立ちますね

 

本当にそうでしょうか?

 

テレビ局としては、負けが込み過ぎて視聴率が下がれば困りますからね

 

大丈夫、大丈夫と言うしかないのでしょう

 

 

昨年、日本一になった後に栗山監督がこう言っていたのを覚えていますか?

 

「ふざけんなよ。日本一になって、チャラチャラするでしょ。絶対にそんなのに乗るなよ―と言った」

 

「どこかでゆるみが出る。そこだけは気をつけてほしい。シーズン開幕までに、ここでしか差がつかない。(お祝いムードに)自分が引っ張られるようではそこまでの選手」

 

図らずも、この心配が当たってしまったような感じですね

 

結果が出た次の年です、連覇・連続日本一以外では評価されないという厳しいシーズンになるとわかっていたからこその言葉でしたが、選手たちは今、何を感じていますかね

 

昨年は思うような活躍ができなかった近藤選手が1人気を吐いているというのも、何だかうなづける状況です

 

 

「苦しい時こそ応援するのが本当のファンだ」とは言いますが、正直、今の状況はきついと思いますよ
 

先日、ガラガラの札幌ドームで、ファイターズが負ける試合を見に行った夢を見ました

 

もうね、ヤジすら飛んでいなかった

 

最終回の攻撃で応援歌すら流れていなかった

 

現実にそんなことは起こりえないんでしょうが、でも今のままだとそうなりかねないですよね

 

今のままだと、今年札幌ドームに試合見に行かないような気がします…

 

 

中田選手が帰ってくるまでとか、大谷選手が帰ってくるまでではなく、帰ってこなくてもいいよ?という気概でやるのがプロの姿だと思いますが…どうも違うような雰囲気がします

 

ベンチ見ていても、声出てませんよね、全く

 

こういう時、若手を引っ張る人間が必要なんですが…いませんからねファイターズには

 

今、試合に出ている、一軍にいる若い選手!頑張ってくださいよ

 

そして、近藤選手をのぞくレギュラー陣
 

今のところ、年棒に見合った活躍は全くできていません!

 

ファイターズは査定厳しいですからね…このままだと秋の契約更改が大変なことになりますよ(-_-;)

 

 

本質的に北海道の人は、熱しやすく冷めやすいんです

 

2013年の最下位は、8月まではAクラスも狙える位置でしたが中田選手のケガで終了といった感じでした

 

シーズン序盤から最下位ぶっちぎりというのは慣れていません

 

私の夢が正夢にならないことを祈ってます

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 雑談 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3504
trackback
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode