札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2017年4月道コン感想(後編) main 高1生へ >>
今年の中学入試と、今朝の道新の記事について(追記あり)

以前、今年の中学入試についてのコメントをいただいていたのですが、すっかり忘れておりまして…

 

実は、毎年進学舎さんから送られてくる情報誌に、中学入試の受験者数や合格者数が掲載されているのですが、今年は何やら様子が変でして…

 

掲載している中学の数が異常に少ない(^_^;)

 

これは何を意味しているのか?

 

※単に発表が遅れているだけ

※発表できない事情がある

 

どちらですかねぇ(-_-;)

 

というわけで、例年に比べて非常に少ないですが、今のところわかっている今年の中学入試の結果です

 

説明会が始まる5月以降、詳しい数字がわかってくると思いますので、出揃いましたら改めて報告します

 

左から募集定員・受験者数・合格者数・入学者数です

 

北嶺(120) 612・469・140

藤女子(160) 198・188・127

札幌日大(105)4教科SA203・72 A60・139 総合A29・23 86

※合格者数にはSA(スーパーアクティブ)からのスライド合格を含む

北星女子(120) 119・104・61

 

立命館や光星がないんですよ(-_-;)期待されていた方すいません(4月14日に追加しました)

札幌光星(105) 255?・209・89

立命館慶祥(180)334・220・不明(うちSP:208・42・不明)

 

後で触れる道新の記事でも書いてありましたが、北嶺は道外が好調なのが受験者数の増加につながっていると

 

藤女子は…ちょっと心配ですね

 

というのも、2015年までは40名程度の不合格者を出していたのが、去年21名、今年10名

 

ほぼ全入に近くなってきました

 

レベルの低下が懸念されます

 

札幌日大はSAコースを作ったことが受験者増にはつながっておりません(昨年の受験者数293名)

 

ただ、それは昨年と比較したからであって、2014年224名、2015年247名と比べると、昨年と同じ受験者数を確保できたとも言えるでしょう

 

SAコースの合格率は約3分の1、立命館のSPの合格率が約4分の1ですから、それよりは厳しくないように見えますが…

 

問題はSAコースでなければ行かないという層がどれほどいたのか?それは説明会に参加してみないとわかりませんね

 

北星女子については例年通りと言っていいでしょう

 

 

続きまして、今朝の北海道新聞の21面の記事

 

ご覧になった方も多いと思いますが…違和感を感じませんでしたか?

 

まず見出し「中学受験 道内でも過熱」

 

本当にそうでしょうか?

 

2011年から6年間の札幌圏の私立中学への受験者数を見てみましょう(ソースは北海道学力コンクール事務局発行のジュニアマイルストーン、北嶺中学校説明会資料)

 

なお、北嶺には東北会場の数字が入っております

 

2011 1725名

2012 1637名

2013 1705名

2014 1706名

2015 1627名

2016 1613名

 

横ばいですが…(´・ω・`)

 

これを過熱と呼んでいいものかどうか…

 

しかも、これはそれぞれの中学の受験者数ですから、2,3校受験している生徒がかなりいることを考えると、中学受験している子どもの数はそれほど多くないのはおわかりいただけるでしょう

 

こういった数字を出さずに、しかも記事中でも北嶺の受験者増は道外に受験会場を設置したからだと書いているにもかかわらず

 

「立命館慶祥などと入試日を一緒にした15年以降は、東北と道内の志願者数は減っているが、東京、大阪、名古屋に試験会場を開設したこともあって、全体の志願者数を押し上げた。首都圏や関西圏での受験熱の高まりが波及した。」

 

これでどうして「道内でも過熱」と言った見出しになるのか(-_-;)

 

続いて、立命館慶祥について

 

今年は昨年より20人多い431人が志願、第1志望とする入試区分は過去最高の343人

 

この数字で過熱と取るの??第1志望うんぬんは関係ないのでは??

 

 

某大手塾の方が言う「公立高校の中には卒業する時点で教科書をすべて終えない学校もあるが、中高一貫校は高校2年までに高校3年までの勉強を終える。3年時の1年間は受験勉強に充てられ、大学受験を考えれば絶対有利。」

 

これは本当です、今さらですが(笑)

 

そして、笑ってしまうのが「中高一貫校の入試は難問や考える力を問う問題が多く、『小学校の勉強だけでは合格できない』。このため、遅くても小学5年生から塾などで受験勉強を始めた方がいいという。」

 

 

( ゚д゚)

 

ソウイウコトカ

 

要するに「今年の春の中学生の募集の低調さに危機感を覚えた塾側が、中学入試に活路を求め、このような記事を出してもらった」という理解でいいでしょうか(毒)

 

確かに「小学校の勉強だけでは合格できない」とは思いますが、それが「遅くとも小学5年生から塾など(ここがいやらしい…などとつけて逃げ道を用意している)で受験勉強を始めた方がいい」ではないと思うんですよ

 

 

そして、極め付けが「中高一貫校は大学受験に有利なようだがマイナス面はないのか」という問いかけに対する回答

 

大学で就職指導を担当する教授の発言として

 

「推薦やAO入試で入学する学生は受験戦争にもまれないことで、一般入試で入る学生と比べ学力が低い傾向にあり、入学後に苦労することもある」

 

 

(;・∀・)

 

それって答えになっているの??

 

教授に違う質問してません?これ

 

もし、本気でこう教授が回答したんなら「大丈夫ですか」と声をかけたいレベルですし、それを記事にしてしまう北海道新聞もどうかと思いますが

 

ここだけ読むと、中高一貫校に進学⇒推薦やAOで大学進学となるんですが(^_^;)

 

北嶺は推薦やAOで大学進学する子ほとんどいないので、立命館慶祥がとばっちり受けているようにしか見えないんですが(^_^;)

 

さらに「公立と違い、同質の人間関係で6年間育つことで、社会に出てから打たれ弱い面がある(なんとなくわかるが決めつけていいのか?)。そう認識している企業もあり(うんうん)、就職試験の際、どういう入試で大学に入ったか雑談の中で聞くところもある。(え?)」

 

だから、なんで中高一貫と大学入試の形式を結び付けようとするの?この人は

 

 

これ記事読んだ人、どういう感想を持つんでしょうか…

 

 

さて、こんな記事を書いて、私は今年私立中学校の説明会に招待されるんでしょうか(笑)

 

招待されたとして、それぞれの学校の先生からどのように思われているのか

 

非常に不安です(だったら書くなよ)

 

でも、私立中学校が悪いというより、これ北海道新聞が悪いんですよ、えぇ

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
ブログファンの1人です | 2017/04/13 11:55 PM
先生、以前中学受験の結果の掲載をお願いしていたものです。掲載と細かい分析までありがとうございます。参考にさせていただきたいと思います
たかとりーな | 2017/04/14 12:07 AM
親切な教材会社の方が光星と立命館のデータを持ってきてくれたので、午後にでも追記しますね
さらに細かい話は6月上旬ころにできそうです



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3494
trackback
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode