札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< ポスティングチラシをご覧いただいた方へ main 中学準備クラスにて >>
2017年札幌圏の公立高校出願変更後の倍率

本日、出願変更後の出願状況が発表されました
 

推薦入試不合格者以外は、もう変更はできないわけですから、ここで騒いだところでどうなるものでもありません(^_^;)

 

まあ、気休め程度にご覧いただきたいと思います

左から順に高校名、出願変更者数増減、推薦合格者を除いた倍率(推薦不合格者が同じ高校に出願した場合)です
※見やすくするために多少順番を入れ替えてあります

新聞や道教委のHPで発表されている倍率とは違いますのでご注意ください

道立高校

東 :−19(1.33)
西 :−30(1.47)
南 :−24(1.26)
北 :−26(1.28)
月寒 :± 0(1.48)
啓成(普):+31(0.85)
啓成(理):+ 1(1.70)
啓成(総):+32(0.97)※理数科不合格者を普通科に加えた倍率
北陵 :− 6(1.30)
手稲 :− 7(1.27)
丘珠 :+ 4(1.03)
西陵 :+18(0.91)
白石 :+13(1.17)
東陵 :+20(0.99)
南陵 :− 2(1.17)
東豊 :+ 1(1.04)
真栄 :+11(1.14)
あすかぜ:− 2(1.09)
稲雲 :+17(1.17)
英藍 :+20(1.17)
平岡 :−16(1.47)
白陵 :+ 3(1.06)
国際情報(普):± 0(1.57)
国際情報(国):− 4(1.73)
国際情報(理):± 0(1.16)
国際情報(グ):− 1(1.41)
江別 :− 3(1.12)
野幌 :+ 1(0.78)
大麻 :− 1(1.21)
千歳(普):−12(1.02)
千歳(国):± 0(1.20)
千歳北陽:+13(0.92)
北広島:−24(1.39)
北広島西:± 0(1.01)
石狩南:−13(1.26)
当別 :+ 2(0.62)
恵庭南(普):+ 2(1.08)
恵庭南(体):− 6(1.14)
恵庭北:+ 7(1.07)
石狩翔陽:− 7(1.14)
厚別 :+28(1.11)

市立高校

旭丘 :− 8(1.48)
藻岩 :+ 6(1.35)
平岸(普):+ 1(1.34)
平岸(デ):+ 1(1.09)
清田(普):−19(1.35)
清田(グ):+ 2(1.62)
清田(総):−17(1.41)※グローバル不合格者を普通科に加えた倍率
新川 :− 7(1.32)
開成(コ):+28(0.95)

東西南北は、全てで20〜30名前後の減

南北は増えることはそもそも考えられませんし、東西は南北からの出願変更者がいても、それ以上に他への変更者がいたということでしょう

それでも、十分高倍率であることには変わりありません

 

そもそも、出願変更する生徒は、ボーダーラインかそれを下回る生徒である場合が多いので、倍率が下がったと単純に喜ぶべきものでもありません

さて、この約100名の減の受け皿は?

 

出願変更による増が大きかった高校は

 

啓成:+31(0.85)
開成(コ):+28(0.95)
厚別:+28(1.11)
東陵:+20(0.99)
西陵:+18(0.91)
稲雲:+17(1.17)

 

やはり、定員割れの高校が受け皿になりましたね

 

ただ、100名がそっくりそのままここに変更したわけではないですよ?

 

前に書いた「玉突き状態」です

 

ここに書かれた高校は、変更してくる入ってくる生徒はいても、出ていく生徒がいなかったというだけです

 

 

東西南北のほかに出願変更による減が大きかった高校は

 

北広島:−24(1.39)

平岡:−16(1.47)

石狩南:−13(1.26)

 

やはり、元々高倍率だったところですね

 

それにしても、今年は東西南北の減りっぷりが際立ちます

 

あと、メールで質問いただいたのですが、石狩も札幌も生徒数は減っていませんよー

 

出願変更前 石狩 全日制出願者合計 12496名

出願変更後 石狩 全日制出願者合計 12494名

 

出願変更前 札幌 全日制+中等 2590名

出願変更後 札幌 全日制+中等 2591名

 

おぉ!1名しか違わない 

最後に

毎年書いていますが、いまさら倍率を気にしても仕方ないです

合格するためには、どの位置までに入ればいいかというと

1.1倍:上位から91%
1.2倍:上位から83%
1.3倍:上位から77%
1.4倍:上位から71%
1.5倍:上位から67%

なんですから、「要はその中に入ればいいんでしょ」くらいな感じでいてほしいですね

倍率が低くて喜んだり、倍率が高くて悲しんだりする暇があるなら、勉強しましょうってことです

そもそも、想定外なものを除いて、倍率を気にする時点で、志望校選びとしてはどうかと思うんですがね(^_^;)

ある程度織り込み済みで考えておかないと


大学入試ほどではないといえ、ボーダーライン上は本当に1点の勝負です

残りの日数で、その1点をもぎ取れるかどうか

全力を尽くしましょう


それでは今日はこのへんで



| 公立入試関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3427
trackback
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
Mail
manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp
(☆を@に変えてください)
Mobile
qrcode