札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2017札幌圏の公立高校出願状況(前編) main 昨日の道コンについて一言 >>
2017札幌圏の公立高校出願状況(後編)

まず、昨年の出願変更の動きから、今年の出願変更の動きを考えてみましょう

 

左から昨年の当初倍率、当初から再出願までの増減、今年の当初倍率です

 

東  :1.51(−14)1.38
西  :1.37(−15)1.56
南  :1.24(−11)1.33
北  :1.32(−19)1.36
月寒 :1.39(+24)1.48
啓成(普):1.29(−25)0.75
啓成(理):3.07(− 7)1.67
北陵 :1.15(+ 7)1.32

手稲 :1.28(− 2)1.30
丘珠 :1.07(+ 9)1.02
西陵 :1.27(−12)0.85
白石 :1.39(− 2)1.13
東陵 :1.09(− 2)0.93
南陵 :1.05(+ 9)1.18
東豊 :1.04(+ 5)1.04
真栄 :1.27(− 9)1.07
あすかぜ:0.93(+20)1.10
稲雲 :0.99(+26)1.11
英藍 :1.09(+ 6)1.10
平岡 :1.30(+20)1.54
白陵 :1.13(± 0)1.04
国際情報(普):2.20(−17)1.57
国際情報(国):1.75(− 7)1.83
国際情報(理):1.22(− 4)1.16
国際情報(グ):1.00(+ 3)1.42
江別 :1.03(+ 8)1.13
野幌 :0.82(+10)0.77
大麻 :0.95(+28)1.22
千歳(普):1.20(−10)1.07
千歳(国):2.10(− 6)1.20
千歳北陽:0.93(+10)0.86
北広島:1.17(+14)1.48
北広島西:1.05(+11)1.01
石狩南:1.10(− 1)1.30
当別 :0.93(+ 2)0.60
恵庭南(普):1.04(− 3)1.07
恵庭南(体):0.94(− 1)1.26
恵庭北:0.95(+12)1.05
石狩翔陽:1.07(− 3)1.16
厚別 :1.06(+13)1.01

市立高校
旭丘 :1.96(−78)1.51

藻岩 :1.12(+28)1.33
平岸(普):1.60(−13)1.33
平岸(デ):1.23(± 0)1.05
清田(普):1.31(−16)1.42
清田(グ):1.32(± 0)1.54
開成(コ):1.04(+16)0.75
新川 :1.19(± 0)1.34

 

基本的には

 

「前年低倍率の高校で、今年一気に倍率が上がった学校は、出願変更も起きやすい」「高倍率校から、定員割れ、または定員割れに近い低倍率校に流れる」という動きです


出願の動機として「倍率が低くて楽に入れそう」というケースが多く見受けられ、それなら他の低倍率の高校へ変更すると考えても不思議ではありません

 

しかし、必ずしもそれが当てはまらないケースもあります

 

なぜなのか?

 

この出願変更、単純に増減だけで見ているので、実際にA高校から何人が出て、何人が入ってきたのかまではわからないのです

 

表面上+20人となっていても、40人が出て行って60人が入ってきての+20人かもしれないのです

 

玉突きを想像してください

 

A⇒B、B⇒C、C⇒Dと動いていくと、どこかでその動きが止まることがあります

 

昨年は、それが月寒高校(1.39倍でも+24人)でもあり、平岡高校(1.30倍で+20人)でもあったのです


今年、それがどこになあるのかはわかりません

ただ、例年東西南北から始まる出願変更による玉突きの受け皿であった、月寒や北広島が高倍率であることから、もう少し下の高校まで流れは続くかもしれません

 

ポイントになるのは、啓成(普)と開成中等

 

啓成(普)は69人、開成中等は35人、定員を満たしていません

 

ここで、一定の歯止めがかかりそうな気がします

 

ですから、TOP校については例年同様微減

 

月寒や北広島などは変わらずか微減

 

そして上に挙げた2校が、一気に定員割れるかどうかのところまで増えるといった感じになるのではないでしょうか

更に、今年のもう一つの特徴として、中堅どころの高校で1.3〜1.4倍程度の比較的高倍率と呼べる高校が多いことが挙げられます

 

北陵・手稲・石狩南・藻岩・平岸・清田・新川

 

 

ん?

 

国際情報も入れると、旧4学区・5学区だらけですね(^_^;)

 

元々、SS55〜60の高校が多い所ではありますが、それにしたってこの偏りは一体…

 

これも内申インフレの影響ですかね



結論としては、ここ数年と同じく「最初の出願での動きが大きかったため、一部を除いてここから更に大きく動くことはないのでは?」ということになります

 

というか、「動きたくても動けない」というのが本音ですかね…

 

 

それと、出願変更に関係あるかどうかわかりませんが…

 

札幌圏の推薦出願者がやけに減っていませんか?

 

昨年

石狩(普通)417+石狩(理数・体育・外国語)119+札幌(職業科)246+石狩(総合)39+札幌(普通・商業)294+札幌(コズモサイエンス)34=1149

 

今年

石狩(普通)360+石狩(理数・体育・外国語)102+札幌(職業科)184+石狩(総合)40+札幌(普通・商業)270+札幌(コズモサイエンス)18=974

 

旭丘が3ケタ切ったのなんて久々だと思いますし、他も減っているところが多いですね

 

個人的には今のやり方を続けるのなら、推薦入試はなくしてもらってもいいと思っているので、いい傾向だと思います

 

 

そして、今日一番書きたかったことは

 

上で、啓成の普通科や開成中等に流れる生徒が多いのではと書きましたが

 

「定員割れで楽できるから」という安易な理由での出願変更は絶対にやめてください

 

もし、そういった進路指導をするような塾があるのであれば、同業者として恥ずかしい限りです

 

上位の高校から下げての出願変更ならまだしも、例えば標準問題の高校からこの2校に出願変更なんかした日には、もう…ね…

 

仮にそれで入学できたとして、その後のことを考えていますか?

 

高校側は、あなたのレベルに合わせてくれませんよ

 

すぐについていけなくなって「高校つまんなーい」となるのがオチです

 

もう一度言います

 

「定員割れ狙いの安易な志望校変更」は絶対にやめてください

 

あと、仮に最後まで定員を満たさなかった場合、大手塾さんは合格実績から外してくださいね

 

全員合格なのに、実績も何もあったものではないでしょ(笑)

 


最後に

毎年同じことを書きますが、私は倍率と言うのは、気にしなくても困るし、気にしすぎても困るものだと思っています

大学入試ではないので、2倍を超えるような倍率でなければ、それほど神経を尖らせるものではありません

とは言え、ボーダーライン上や、後わずかに届かない生徒に取っては気にするなというのは無理でしょうね

でも、あなたが今すべきことは、倍率に一喜一憂することではないはずです

できれば、行ける高校ではなく、行きたい高校に向かって、残された日々を悔いが残らないように過ごしてほしいと思います


それでは今日はこのへんで



| 公立入試関係 | comments(4) | trackbacks(0) |
comment
はるちゃん | 2017/01/30 2:35 AM
前年度低倍率のところは倍率跳ね上がりやすいとおっしゃることはわかりますが、前年度高倍率のところが現在収まっている場合、例年どんな状況が起きますか?
トップ校は微増、微減あまり変化ないとのことですが、旭丘、国際情報の 動向が気になります。
本人が周りの高ランク、高倍率に不安になっています。先生のおっしゃるとおり、大学入試はこの此じゃないんですが、後悔ない選択をしてもらいたいです。
たかとりーな | 2017/01/31 12:01 AM
前年の高倍率の印象が強いので「これならいいか」と出願変更せずにとどまるというケースが多いですね

国際情報はそもそもの定員が少ない(普通科なら80人)ですし、北西部の高校はあまり詳しくないので、読めない部分も多いのですが、旭丘は増えることはあっても減ることはないと思います

今年なら、西の高倍率を嫌って流れてくるくらいでしょうね

対象は、西のボーダー付近かやや届いていない子でしょうから、旭丘の合格ラインに割り込んでくることも十分考えられます

でも、それを気にしていたって始まりません

そもそも、そんなギリギリで受験しているんですか?という話ですし、周りのランクや倍率など、自分の力でどうにもならないことを気に病むくらいなら、自分の点数を少しでも上げる努力をしてほしいと思います
はるちゃん | 2017/01/31 6:39 AM
ありがとうございました。
まさに先生のお話どおり、ボーダーなんだと思います。
道コン順位をみても100位前半で、得点にバラツキがあまりないので、いけるかな?とい動き思いとうちは東高校なので、周りの高ランク者よりも10点以上得点することが可能か、塾から250点以上と言われ、問題が易化したら周りも高得点なので、差がつかないと悩んでました。受験を悔いなきものにするため、あとは2日。しっかり考えて欲しいものです。
いつもお忙しいのに、見ず知らずの受験生一家に的確な助言ありがとうございます。毎日ブログを確認するのが日課になってます。先生もあと少し御身体を大事にしてくださいね。
たかとりーな | 2017/01/31 11:08 PM
ありがとうございます
できるだけ毎日書きますが、書けない日があっても許してください(笑)



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3407
trackback
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode