札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2017年1月道コン感想(前編) main だいぶ話題に乗り遅れましたが >>
2017年1月道コン感想(後編)

昨日の前編に続き1月道コンの感想です

 

まずは社会から

 

大問1は小問集合

 

特に問題はないでしょう

 

しいて言えば問5(2)

 

これ全て50mから180mで引かれています

 

ですから、長さが短い=急斜面と考えることができますね

 

 

大問2は地理

 

もうね…いつまで扇状地と三角州を間違えるんでしょう_| ̄|○

 

社会には、このように紛らわしい答えというのがいくつかあります

 

御成敗式目と武家諸法度

 

後鳥羽上皇と後醍醐天皇

 

浄土信仰と浄土宗・浄土真宗

 

国際連盟と国際連合

 

国民審査と国民投票

 

出題する方も狙ってくるわけですから、そろそろ安易に引っかからないようにしてください(`・ω・´)

 

そして、問題に物申したいのは問5(1)

 

グラフ2の□に当てはまる国をア〜エから選ぶのですが…

 

イのサウジアラビアと、エのオーストラリアが、既にグラフの中にあるんですよ

 

まあ、答えはアのアメリカだってすぐわかるにしたって、これは手抜きだと思うんですよね

 

(2)も品目云々より、金額が一けたも二けたも違うので、中国だってバレバレですし

 

 

大問3は歴史

 

問1は室町が京都の地名だって知らない人多いんですね(^_^;)

 

そして問3

 

御成敗式目の説明かぁ…それは盲点でしたね

 

武士のしきたりとか、そもそも「しきたり」って何やねんって感じでしょうね(笑)

 

問4の並べ替えは、江華島事件がいつ頃かわかれば、年号を知らなくてもできると思います

 

 

大問4は公民

 

問2の衆議院の優越を全て選ぶ問題は、答えが3つだというところが難しかったかと

 

こうした、「答えがいくつあるかわからないものから選ぶ」というのが、これからの流行なんでしょうね

 

問5は、2つ書かせるなら、解答欄2つ用意して箇条書きにさせてほしかったですね

 

 

次は理科

 

大問1は小問集合

問1(4)の栄養生殖が正答率低そうです

 

 

大問2は植物、生命の連続性の融合問題

 

問3は体細胞分裂と減数分裂で、染色体の本数はどう変化するか、もう一度確認しておいた方がいいでしょう

 

問4は最近はやりの実験からの考察問題ですね

 

蒸散の問題は、どこから蒸散するのか、それをしっかり書き分けることがポイントになります

 

A:表、裏、くき(x)

B:裏、くき(y)

C:表、くき(z)

 

この3つを使って、D:くき を求めるのですから

 

B+C−Aで、茎だけ残りますよね

 

 

大問3は電流

 

これも、ストローA・ストローB・ナイロンの布・ポリ塩化ビニル棒が、+−どちらの電気を帯びているのか

 

しっかり書き分ければ何てことない問題でした

 

 

大問4は化学変化と原子・分子

 

問1は、典型的ひっかけですよ

 

原子の数の比を聞いているのであって、「質量比」を聞いているわけではありませんからね

 

問4は、まあ解説の通りなのですが、文章だとわかりづらいので表にするなりの工夫が必要ですね

 

 

大問5は大地の変化

 

問2の…何ですかこれ?

 

これだけで、何を書けばいいかわかると思ったんですかね(笑)

 

せめて、「速さ」という指定語句くらいあった方が良かったのではないでしょうか

 

正答率がどのくらいか、意地悪な意味で楽しみですね

 

問3(2)は面白い問題なんですが、もう一工夫できたような…

 

選択問題ではなく、実際に生徒に点を打たせた方が良かったのではないですかね

 

 

大問6は選択問題の仕事とエネルギー

 

この単元の問題にしては、全然簡単でした(笑)

 

 

大問7は選択問題の天体

 

問3は、ちゃんと図を書けばわかります

 

それをせずに感覚で解こうとするから、いつまでも間違えるんですよ

 

と、少し厳しめのことを言ってみました(^-^)

 

 

最後に英語

 

先に言っておこうと思います

 

びっくりするくらい簡単でした(^_^;)

 

11月道コンとバランス取ったんでしょうか…?

 

まあ、模試作成するのも大変だと思うのですが、あまり難易度が極端に変化するのも困るんですよね(-_-;)

 

 

大問1はリスニング

 

非常に聞きやすかったです(^-^)

 

 

大問2は標準の文法問題

 

問3の(4)がtakingという動名詞だったので、ちょっと正答率が下がるかもしれませんね

 

11月に比べたら全然楽でした

 

 

大問3は共通の短い読解問題

 

Aは問1が選択になったこと、問2も答えが容易に出せることから、非常にスムーズに解けたと思います

 

ただ、問3は、ちょっと戸惑ったかもしれません

 

老人と〇〇で会ったとは、どこにも書いていませんからね

 

公園の近くでタイヤがパンクした⇒色々話す⇒そこに老人登場なので、わかりにくかったでしょう

 

Bも特にひっかかるようなところはなかったと思います

 

 

大問4は共通の長文

 

問5の答えに迷うくらいですかね

 

何入れたらいいんだろうって、私も悩みましたもん(笑)

 

解答解説に載ってる以外では、climbed by もいいそうです

 

 

大問6は裁量の長文

 

一見、単語数が多そうに見えるのですが、資料読み取りの部分が1/3を占めるので、意外と苦にならなかったと思います

 

問4の並べ替えは、まずwhenに注目です

 

接続詞・疑問文・間接疑問文・疑問詞+不定詞あたりが想定されますが、?マークがないので疑問文はなし

 

toもないので疑問詞+不定詞もなし

 

残るは接続詞か間接疑問文なんですが、ここで問題になるのが道コンの解説

 

( )の直後に主語と動詞で始まる文があるので…と書いてますが、間接疑問文だって主語と動詞なんですが( `ー´)ノ

 

そこの見分け方教えないとダメでしょ

 

間接疑問文とは、疑問詞+SVの部分を名詞のかたまりとして扱うので、目的語(名詞)を取る形としかくっつかないのです

 

I don't know (疑問詞+SV)なんていうのは典型的な形ですね

 

I don't know it なんですよ元々

 

ですから、例えば I bought this comic when he bought the CDなんて文を間接疑問文だと判断してはいけないのです

 

でも、Tell me who you played tennis with yesterday といった言い方はありなんですよ

 

tell  人+もので、目的語2つ取れましたよね 

 

 

では問題の文を見てみましょう

 

無理ですね

 

I became interested in teaching foreign people Japaneseは1つの文として完成しています

 

ですから、このwhenは接続詞です

 

自由英作文も、意外と書きやすかったのではないでしょうか

 

 

最後に

 

模試はしょせん模試です

 

そこに至るまでの過程を重視してください

 

例え今、合格可能性が低くても、ここに至るまでの課題を着実に消化しているのであれば、問題ありません

 

目標も何もなく、漫然と受験し「98%だったー、やったー」「50%だったー、おわたー」とか言っていることには、何の意味もないんです

 

残り50日

 

できることは限られています

 

しっかり自分と向き合って、悔いのない50日を過ごしてください

 


それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3388
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
Mail
manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp
(☆を@に変えてください)
Mobile
qrcode