札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 伝わらないなぁ main 力尽きた >>
2016年11月道コン感想(前編)

今回から、「道コン解説・感想」というカテゴリーを作りました

 

過去のものも、ちょっとずつ移していこうと思います

 

記事数が、もうすぐ3000稿になります

 

もう少し、過去の記事も検索しやすくなるように一度整理しないといけませんね

 

 

かなり大変な作業になりそうですが(笑)

 

 

以前やったことがありますが、道コン事務局で公表している期待得点率と小問別得点率で、著しい乖離があった問題を中心に感想を言っていこうと思います

 

そういった問題には、何かありますからね…色々と



まずは国語から

 


大問1(標準)問2(1)漢字の書きー秘境 期待得点率70% 小問別得点率31.3%

 

同音異義語ですね

 

「ひきょう」の部分だけ見て「卑怯」だと思い込み、でもわからない、そんな人もいたでしょうし、そもそも「秘境」を知らないという生徒もいたでしょう

 

どうせ漢字の練習をするなら、闇雲にするのではなく、こういった同音異義語に絞って練習した方がいいですよね

 

 

大問2(共通)問3(4)常体と敬体 期待得点率(標準)80% 小問別得点率56.0%

 

普段、きちっとした文章を書く訓練をしてないからか、「文体を統一させる」ということを知らない子が増えています

 

作文指導というのも、時間を取ってしていませんからね

 

 

大問5(共通)問1主語ー落ちにけり 期待得点率(標準)60% 小問別得点率27.8%

 

古文は主語の省略が多いので、常に動詞が出てきたら誰の動作なのかを意識していないと、話が混乱してしまいます

 

中学生の段階では、文法についてほとんど踏み込むことがないため、どうしてもフィーリングで読み、解いてしまいがちです

 

それが、高校に行ってから古文で苦労する理由なのですが…

 

 

それと、内容について少し

 

大問4の裁量の小説文

 

問4について、八反田先生がtwitterで指摘していましたね

 

「お互いを鏡のように同一視していたところからの、高校入学後に始まった緩やかだった別れが、急速に進んだことへの戸惑い」が描かれているわけですから、それことについて触れなくていいのか?

 

私も同感ですね

 

この模範解答では「浅い」と思うのですが(-_-;)

 

 


次は数学

 

 

大問4(共通)問1 1次関数ー軸に平行な直線の式 期待得点率(標準)70%(裁量)90% 小問別得点率(標準)15.1%(裁量)62.0%

 

問題を見た瞬間に「あ…引っかかる子多いかも」と思いましたが、これほどとは

 

直線の式→y= だと思い込んでいるんでしょうね

 

恐らく誤答の多くはy=1なのでは?

 

事務局には代表的な誤答例も発表してほしいと思います(^-^)

 

 

大問4(共通)問2 関数y=ax"ー変域 期待得点率(標準)50% 小問別得点率27.9%

 

まあ、解説の通りなのですが、単純にxにー1を代入した答えをbに、yに4を代入した答えをaに書いた人が多かったのでは

 

変域の問題は、計算で処理するより、グラフを使った方が間違いが少ないですよ

 

 

大問5(共通)問1平行と合同ー平行線と角 期待得点率(標準)50% 小問別得点23.7%

 

解説の通りにやればあっさり出てきますが、なかなか線を書き加えるというのはハードルが高いです

 

このままでやるのであれば

 

FullSizeRender.jpg

 

こんな感じで無理やりに(笑)

 

 

大問5(共通)問2証明ー相似 期待得点率(標準)40%(裁量)60% 小問別得点率(標準)4.0%(裁量)18.1%

 

対称な図形という所から、様々な条件を引っ張ってくるのができませんでしたね

 

どうしても、生徒は「定番」の証明を練習してますから、こういったイレギュラーな証明を出されるとお手上げです

 

数年前に、公立入試で教科書の練習問題レベルの平行四辺形の証明問題が出された時も、中2生は難なく解けて、受験生は解けなかったという現象が起きました

 

 

大問6(裁量)問1式の計算ー商のあまり 期待得点率50% 小問別得点率12.1%

大問6(裁量)問2空間図形ー円すいの展開図 期待得点率40% 小問別得点率19.2%

大問6(裁量)問3(1)1次関数ー速さと2点の距離 期待得点率60% 小問別得点率26.5%

大問6(裁量)問3(2)1次関数ー変化を表すグラフ 期待得点率30% 小問別得点率4.3%

大問6(裁量)問3(3)y=0となること 期待得点率10% 小問別得点率3.8%


裁量問題は難しいから、最初から捨てる

 

という層が一定以上の数いそうですから、そんな中、問3(1)までは健闘したともいえるでしょう

 

問1は力技で

 

問2は解説通りのやり方でいいでしょう

 

問3は…動点の問題と同じで、途中経過を書かないと、どんな動きをしているかわからないでしょうよ(^_^;)

 

ここでは、わかりやすく写真で示しますが、みなさんは頑張って手書きしてくださいね

 

x=0 のとき y=2

FullSizeRender.jpg

 

x=1 のとき y=1

FullSizeRender.jpg

x=2 のとき y=0

FullSizeRender.jpg

x=3 のとき y=3

FullSizeRender.jpg

x=4 のとき y=6

FullSizeRender.jpg

x=5 のとき y=3

FullSizeRender.jpg

x=6 のとき y=0

FullSizeRender.jpg

x=7 のとき y=1

FullSizeRender.jpg

x=8 のとき y=2

FullSizeRender.jpg

以下中略

x=17 のとき y=1

FullSizeRender.jpg

x=18 のとき y=0

FullSizeRender.jpg

x=19 のとき y=3

FullSizeRender.jpg

 

 

というように動きます


そうすると、y=0は2秒後と6秒後と18秒後なので、4秒・12秒のサイクルを繰り返していきます




次は社会

 

 

大問1問1(1)地図ーペルー 期待得点率(標準)70% 小問別得点率49.2%

 

リャマやアルパカからピンときませんでしたか…

 

 

大問1問1(2)地図ー経済特区 期待得点率(標準)60% 小問別得点率37.9%

 

地区と聞かれたから、答えられなかったのでしょうか??迷うような他の語句もないと思いますが…

 

 

大問1問2(2)語句ー分国法 期待得点率(標準)40% 小問別得点率9.9%

 

単に知っているかどうかの問題ですが、これはあまりにも低い正答率でしたね

 

 

大問1問5(2)地図ー州区分 期待得点率(標準)60% 小問別得点率25.2%

 

これは…Dの州がわからなかったんですかね

 

まさか、最も近い…B、最も遠い…Dと書いたのでは(^_^;)州と書いてあるのに

 

 

大問1問6(2)政治ー田沼意次 期待得点率(標準)50% 小問別得点率20.7%

 

江戸の三大改革は頻出なのですが(-_-;)

 

ホント、完全解答になると正答率落ちますね…

 

 

大問2問2自然ー利根川・阿蘇山 期待得点率(標準)60% 小問別得点率22.9%

 

利根川や阿蘇山は答えられても、こういった問題だと弱いんですね

 

流域面積って何か説明できますか?

 

 

大問3問4(1)政治ー世界恐慌 期待得点率(標準)50% 小問別得点率18.2%

 

これは「ロシア」の方が書けなかったのでしょうね

 

 

大問3問5(2)年代並べ替えー戦後の紛争 期待得点率(標準)40%(裁量)70% 小問別得点率(標準)13.7%(裁量)23.6%

 

相変わらずの年代並べ替えですが、いつもの選んでから並べかえるのではなく、初めからある3つの並べ替えなので、もう少しできても良さそうだったのですが

 

「湾岸戦争」や「第四次中東戦争」がわからなかったんでしょうね

 

「第四次中東戦争」=オイルショックと覚えておきましょう

 

 

大問4問1政治ー三権分立 期待得点率(標準)80% 小問別得点率58.1%

 

これはできてほしかった…

 

 

大問4問4政治ー三権分立 期待得点率(標準)60%(裁量)80% 小問別得点率(標準)12.5%(裁量)32.0%

 

今回、私がもの申したい問題がこれです

 

極端に低い正答率(裁量組も)、なぜだかわかりますか?

 

実は(2)の国政調査権の行使

 

私の教室にある中学校の教科書、資料集には三権分立の図には出てきません(国会の仕事では記載があります)

 

かろうじて、高校の政治経済の資料集には三権分立の図の中に記載がありました

 

まあ、国会の仕事であって「国政調査」というくらいですから、政治を行っているのが内閣ということからも、「国会」から「内閣」へのことだと類推するのは可能です

 

可能ですが…不適切だったような気がしますよ

 

 

明日は残りの理科と英語です

それでは、今日はこのへんで



| 道コン解説・感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3338
trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
Mail
manabiya-mugen☆indigo.plala.or.jp
(☆を@に変えてください)
Mobile
qrcode