札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 現役高校生に聞く!北海 main 嫌いなのかな? >>
現役高校生に聞く!札幌旭丘

:服装に関する決まり

正装服着用時(集会など)以外は制服の着方はほぼ自由。スカート丈は校長が変わってから厳しくなったようで集会のときに全体で注意されることがよくある。

部活のときは顧問の許可が下りればジャージ登校可。

 

:髪の毛に関する決まり
染色・パーマは禁止。シュシュや飾りのついたピンなどは可。

 

:携帯(スマホ)の扱い

授業中に鳴ったら没収。それ以外は自由。

(今年の1年生から休み時間は携帯電話使用禁止になっているがあまり守られていない)

 

:名物行事
ガオカ祭。男祭、花スペなど在校生だけのイベントがある。

花スぺは西高の弁スペのようなものです。

 

:アルバイトの可否

許可制

 

:学校帰りによく寄る場所
マルヤマクラス。学校周辺は高校生には敷居の高いレストランが多い。


勉強面

1:何分授業?
46分、間の休み時間は9

 

2:課題の量,講習(朝・放課後・長期休暇時)のあるなし、小テストの数
課題:数学は毎日の課題と週末課題あり。かなり多い。

講習:夏季・冬季講習がある。模試前には土曜講習もある。

小テスト:英語はほぼ毎週小テストがある。数学もちょこちょこ小テストあり。その他、古文、世界史、化学など。

※数学と英語は予習前提で授業が進むため、予習必須

※数学は授業をABCの3つのクラスに分ける。英語も模試を含む試験結果を鑑みて、授業を応用と標準の2クラスに分ける。

 

:選択授業についてアドバイスを(理科・社会・副教科・文理など)

1年生は芸術教科として、書道、音楽、美術から選ぶ(書道は割と緩め)
2年生からは一部の教科を除き選択授業となる。1年6月くらいから2年の単位について何度かに分けて計画をたて始めるので、将来の夢や希望する大学を少しでも考えておくと、科目選択がやり易くなる。


:高校(中学)に入って、中学(小学)までと一番レベルの違いを感じた教科(勉強)は?
・古文(白文が出る)

・英語(特に英語表現は結構難しい)

・数学(復習しないと手がつけられなくなる)

 

:学年でどのくらいの順位にいれば国公立(北大)を狙えると先生は言っていますか?

上位30人とは言われるものの、学部によるので何とも。スタサポや進研模試を参考にする感じ。


その他

1:入学前・入学後の学校に対するイメージ

入学前:陽キャが多い、自由、女子が多く馴染めるか心配(男子)、選択科目が複雑で大変そう

入学後:上位層と底辺の差が大きい、男子は男子同士固まるので仲良くなりやすい、女子も人当たりの良い子が多くて話しやすい、科目選択は進路によって決まる部分も多くそれほど大変ではなかった


2:他の学校の子に話してビックリされたこと(これってうちだけ?)
・キツネが敷地内を普通に通過する

・「校則」というものがなくて、決まりに縛られないところ。生徒心得というものはあるが、生徒の主体性に任されているので結構ゆるい

・1つのクラスに担任が2人いる

 

3:自分の学校の良いところ・嫌なとこ
良いところ:ラウンジなどで自習ができる、職員室が開放的で先生に質問しやすい、校則が緩い、常識の範囲で自主自立

嫌なところ:宿題が多い、坂道が自転車で最後まで突破できない。夏は汗だくになる。(自転車勢は夏指定ポロシャツでないと、水色シャツは汗染みが目立つ)

 

4:受験前にやっておけば良かったと思うことは?
・数学、英語の問題演習

・体調管理

・苦手分野をつぶすこと

 

最後に後輩たちにメッセージがあればどうぞ

今は学力テストや模試がたくさんあって辛いと思うけど、高校生活は本当に楽しいです!!高校生活をエンジョイするためにも、大学以降の将来のためにも頑張ってください!努力は結果に現れると思います!

基礎がぐらぐらしていると後悔します。基礎だけはしっかりと。あと、英語はちゃんとやることをオススメします。今、得意だと思って油断してると痛い目見ますよ(経験者談)

女子が多くて本当に楽しい。来るべき。

楽しく過ごしやすい高校です。中学の時のように先生の気分で男子だけ意味なく吠えられたり、テストの点数を無視して曖昧で主観的なことで評価を下げるなど理不尽なこともないです。自由になったんだ!と中学とおさらばできたことが嬉しくて嬉しくてたまりません。(笑)

旭丘高校はとっても楽しいところです!ただ、予習と復習をしなければ授業でおいていかれます。テストで見たことない点数をとってしまいます。予習と復習をする習慣は大事ですよ!

今、受験勉強が大変な人は結構いると思いますが、頑張れば学力はのびます。そして、合否にかかわらず受験勉強を死ぬ気でやったということは必ずこの先の人生で役に立ちます。頑張ってください!また、わたしは中学校で数学がかなりできず苦労しましたが、高校に入り先生にたくさん質問していくうちに、数学ができるようになりました。みなさんも中学校で苦手だと思っていた科目も高校では努力次第で得意になることもあります!今苦手だからといって諦めないでください!

ガオカは素晴らしい学校ですよ

入学後最初の半年で、数学や英語の授業のランク分けが決まります。その後も成績で落ちることもあれば、上がることもあるようです。それなりの大学の受験を考えているなら、高校合格して浮かれていると結構大変になると思います

苦手な教科を避けずにやっておくと後々楽になる

行きたい学校に行けるのが一番ですが、行きたい学校に合格できなかったからと言って何かが変わるわけでもないです。私自身、本当は開成に行きたかったな、と思っていましたが、結果的に旭丘で楽しくやれました。少しだけ気楽に受験を考えてみてもいいと思います。後悔しないように頑張ってください。



| 現役高校生に聞く!(学校別) | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/3259
trackback
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode