札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 札幌創成高校の学校見学に行ってきました main 2016 札幌第一高校説明会(追記あり) >>
抽選廃止ですって

今朝の道新に記事が出ていましたね

 

まず始めに、この記事に書かれている選考方法を見て、みなさんはどう思いましたか

 

1次検査、2次検査と分かれてはいますが、適性検査I・適性検査供Ε哀襦璽彳は世粒鴇絨味苅位勝蔽暴20名ずつ)がまずは選ばれ、残りの40名をその3つを総合的に判断して決める

 

これって逆なのではないでしょうか?

 

まず総合的に判断して決める生徒を多数にしておいて、その中に入れなかった特定分野に秀でた生徒を補充する形にするべきだと思うのですが(^_^;)

 

「多様な生徒を取る」と言ってますが、私には「偏った生徒を取る」ことになりかねないと思うのですが…

 

以前の記事で、 「リポートの課題提出やグループ討論を苦手とする生徒が各学年で20人前後いるとし『基礎的な学力や同校での授業への適応力を持つ生徒を確保する必要がある』との見方を強調した」 とありましたが

 

これだと、適性検査I・兇両絨娘圓妊哀襦璽彳は世苦手な生徒も合格しますよね、おそらく

 

何がやりたいんだか、さっぱりわかりませんな…

 

 

新聞には、「課題を自ら見つけ解決する能力を育てる教育目標に合致する生徒を集めるには『画一的ではなく、複数の判定基準から選考を進めるのが最も望ましい』と判断」とありましたが

 

「あの」適性検査の問題と面接で、それができると考えていたんですよね?今まで

 

判定基準を変えたところで、あなたたちも変わらないと同じだと思いますよ(^_^;)

 

 

そして、競争が激化するとか書いていましたが

 

それは大手塾の願望ですね(笑)

 

今頃は相当気合入っているでしょうよ、今年の夏、来年以降に向けて目標の数字とかはじき出しているんじゃないでしょうか

 

小学生の保護者の方は、大手塾の説明会などでの「煽り」にくれぐれも惑わされないようにしていただきたいと思います

 

 

そもそも、抽選がなくなったからと言って、受験者そんなに増えますかね?(^_^;)

 

「よし!抽選がなくなって実力勝負になったから開成受験するぞ!」

 

そんな層が果たしてどれほどいるのか…

 

開校初年度ならいざ知らず、1年ちょっとが経過し、開成中等学校自体がどんな学校か

 

本気で受験を考えている方は、ちゃんと調べているはずです

 

私は減ることはなくても、大幅に増えることはないと思いますよ

 

もし、大幅に増えることがあれば…まあ、札幌もそこまでだったということですね(笑)

 

 

私は、抽選がなくなったからといって、積極的に開成中等学校を勧めることはしません

 

今まで通り、今の2年生(1期生)が卒業してみないと、学校としての評価ができないというスタンスでいきたいと思います

 

 

明日は札幌第一高校の説明会です

 

色々と突っ込んで来ようと思います(^_^;)

 

 

それでは、今日はこのへんで



| 教育関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode