札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< そこ習ってなくね? main 2016冬の進学舎セミナー(後編) >>
2016年冬の進学舎セミナー(前編)
昨日の更新でも書いたように、今日は進学舎の展示会&セミナーの日でした

今年の4月に中学校の教科書が4年ぶりに変わることもあり、新しい教材を見ようと大勢の塾の先生たちが来ていました

セミナーの方は、例年1月道コンの分析のみなので、それほど重要ではないのですが、今回会場に来られていた方はあることを期待されていたのではないかと思います

「浦社長、何でやめちゃったの?」

その辺りの説明が冒頭の新社長のあいさつであるかと思ったのですが…

全く、そのことには触れず1分かからず終了(笑)

ちなみに、11時開始だったのですが、2〜3分早く始まってしまったため、新社長のあいさつの後に会場入りされた方も結構いまして(^_^;)

後から来たみなさん「あれ?もうあいさつ終わってるの?」と思っていたのではないかと

まあ、触れられたくないから話さないのであって、これ以上詮索するのはやめましょうね(^_^;)


さて、当初今日1日で終わらせようかと思ったのですが、紹介するデータの量が多いため、今日と明日の2回に分けようと思います

決してネタ切れだからではありませんからね

まず、受験者数から

昨年中3は全道で13513名、石狩で8480名だったのが、今年は全道で14587名、石狩で9610名

率にすると、全道で前年比108%、石狩で113%となりました

ちなみに、一昨年は全道で14903名、石狩で9883名ですから、増えたというより一昨年の水準に戻ったということですね

というわけで、12月に志望者動向を振り返った時同様、一昨年の数字もつけて、1月道コンの志望者の変化を見ていくことにしましょう

まず、2013年から3年間の受験者数の変化について( )内は石狩のみの数字です

左から8月 11月 裁量トライアル 1月です


2013年 13666(9228) 8641(5374) 3906(2925) 14903(9883)

2014年 12576(8152) 7734(4419) 3803(2799) 13513(8480)

2015年 13028(8438) 8054(4615) 4126(2953) 14587(9610)


こうしてみると、8月・11月・1月は2013年に比べて少ないのに、裁量トライアルの受験者数は増えていますね

裁量問題の高校を受験する生徒が多いということなんだと思います

それがわかるのが、裁量問題と標準問題に分けた受験者数と割合の変化です

2013年 7170(7733)48.1%:51.9%

2014年 6903(6610)51.1%:48.9%

2015年 7511(7076)51.5%:48.5%

昨年に引き続き、裁量問題を選択した受験者の方が多くなっていますね


それでは各高校の受験者数の変化です

12月の記事では、東西南北+旭丘・月寒・啓成(理)のみでした

今回は詳細な数字は上記の高校のみ、それ以外の高校は今日配られた資料を掲載する形にしたいと思います

あ、そうそう

事務局の方が昨年と比較しやすいようにと、今日会場で配られた資料では傾斜がかけられているのですが、私の数字は2年前との比較もするため、あえて生データのまま載せることにします

ですから、同じ高校なのに資料と数字が食い違ってるのは、そういった事情ですので、あらかじめご了承ください

左から8月、11月、裁量トライアル、1月の第1志望者の数で、( )内は全志望者(第1〜4希望)数で、一番最後は最終倍率です

札幌南
2013 390(723) 165(351) 240(444) 297(575)1.22
2014 399(699) 176(348) 250(458) 317(614)1.18
2015
421(753) 178(355) 234(428) 329(611)

安定していますね。極端に倍率が上がることは今年もないでしょう。少数激戦です。

札幌北
2013 388(825) 229(423) 221(488) 332(662)1.23
2014
332(761) 151(382) 213(494) 296(658)1.32
2015
390(837) 194(402) 237(498) 337(668)

昨年との比較では増えているように見えますが、一昨年並みと考えると、それほど極端な倍率の増加はなさそうです。

札幌西
2013 377( 963)  163(442) 229(600) 345(787)1.26
2014
419(1027) 215(469) 265(614) 397(828)1.52
2015
398(1034) 193(489) 227(589) 387(838)

裁量トライアルで一服したかに見えたのですが、ここに来てまた志望者の数が増加に転じました。高倍率だった去年よりは減っていますが、一昨年と比べるとかなり増加しているのがわかります。今年も1.5倍前後の激戦が予想されます。

札幌東
2013 369( 968)  133(413) 166(495) 284(728)1.20
2014
407(1048) 149(429) 218(564) 393(901) 1.53
2015
454(1174) 182(534) 203(561) 395(913)

8月、11月と一時はどうなることかと思いましたが、昨年並みの数字に落ち着いてきました。それでも一昨年と比べれば100名以上の増加ですので、当初倍率は昨年並みの1.7倍前後、そこからどれだけ出願変更が出るかがポイントになりそうです。

札幌旭丘
2013 335( 997)  162(444) 198(513) 359(722)1.46
2014
365(1080) 193(517) 200(586) 314(798)1.42
2015
452(1205) 238(605) 292(646) 457(977)

何とも恐ろしい数字が出ました(^_^;)この数字で単純に計算しても1.43倍です。道コンを受験していない生徒もいることを考えると…1.7〜1.8倍、推薦合格者が出た後の実質倍率は2倍近くまで行きそうですが。

札幌月寒
2013 429(1216) 201(539) 198(508) 377(823)1.39
2014
416(1190) 198(536) 199(554) 348(873)1.48
2015
417(1273) 183(546) 202(616) 371(964)

昨年より増加しているものの、一昨年との比較で考えると同じくらいに落ち着きそう。ただし、全志望者数が増えていることから考えると、旭丘からかなりの生徒が出願変更で流れてくるような気がします。

札幌啓成(理数)

2013 43(166) 21(66) 18(62) 37(99)1.83
2014
44(194) 20(61) 22(71) 49(120)1.86
2015
60(190) 28(75) 34(87) 68(141)

最後まで、志望者増の傾向が続きました。これはもう、今年はさらなる倍率上昇とみて間違いないでしょう。2倍超えますね…正直かなり厳しい入試になると思われます。


ここからは、会場で配られた資料から、気になる高校を取り上げて話をしていきたいと思います


FullSizeRender.jpg

開成中等は盛り返してきましたね

盛り返してきたんですが…明日お見せする資料を見て、八反田先生と2人で苦笑い

果たしてその訳は?

何か、ドラマかマンガの予告みたいですが…まあ明日を楽しみにしていてください

あと、国際情報も激戦ですね

TOP校狙いだった子が下げたのか?それとも?これも明日をお楽しみに


FullSizeRender.jpg

手稲・啓成・清田・平岸が増、新川・藻岩・稲雲が減

手稲・啓成・清田は例年低倍率だった高校ですが、今年はそういうわけにはいかなさそうです

そして志望者のレベルについては、それぞれ異なる変化を見せています


FullSizeRender.jpg

何といっても注目は白石

学級減なのに志望者増とは??

事務局の方がおかしなことを言っていました

「平岡より白石の方が入りやすいと進路指導している中学校があるらしい」と

("゚д゚)

倍率しか見ていない方なんですね、きっと(笑)

ひょっとして白石の学級減のこと知らなかったりして…

あと、隔年傾向とか

平岡が前年高倍率だったのを嫌ってか倍率下がりそうなので、かなり出願変更出そうですね


明日は、志望者のSS分布についてお話しします

前年データは手に入らない(総合資料には数字しか出ない)ので、かなり貴重かと


それでは、今日はこのへんで


| セミナー | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode