札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 学力A感想(前編) main 札幌第一高校の授業見学会に行ってきました >>
学力A感想(後編)
学力Aの感想の後編は理科から


大問1は身の回りの物質

問3の問題は数字にひとひねりほしかったですね、1.0c㎥では密度だって計算したことにならないでしょうよ


大問2は音

この実験の設定はどうにかならないですかね(-_-;)

手動のストップウォッチで0.44秒とか…反応速度とかのことも考えるとずれが大きすぎる気がしますね

まあ、答えを出すのに設定は関係ありませんがね(笑)


大問3は光

ちょっと問題の状況がわかりづらかったかもしれませんね

アイデアはかいますが


大問4は電流(オームの法則)

問2は、b点とce間というのが、少し作為的ではありましたね

オームの法則の計算は基本レベルです


大問5は電流(磁界)

問2は定番なんですが「同じコイルと棒磁石」なので、巻数増やしたり磁石を強くするのはダメですよ

問4は「身の回りで」が余計です(-_-;)素直にこの現象を利用したものでいいでしょう


大問6は化学変化とイオン

まあ教科書レベルの問題なのですが、そもそも電池の部分は「完全」に理解している子が少ないので、これでも正解率は低いんでしょうね


大問7は植物

特にないです


大問8も植物

問4は定番ですね

模範解答はD(表・裏・茎)ーB(表・茎)ですが、A(裏・茎)ーC(茎)でも同じです


大問9は動物

ん〜、特に問題はないのでは?


大問10は天気の変化

問3の吹流しの問題は間違えやすいですね

風向の羽根とは違うんですよ

まあ、風見鶏よりもわかりやすいはずですが


大問11は天気の変化

おそらく、今回一、二を争う正解率が低かった大問では?

水蒸気量・湿度、わかってしまえば単純なんですが、計算問題は苦手とする人が多いですからね(-_-;)


計算問題や作図が多いこと

完全回答の問題が多いことで、点数が伸び悩んだ人が多いと思いますが、問題レベル的には難しいわけではないです

ひねくれた問題もありませんから、今後復習する材料としてはいいのではないかと思います


最後に英語

昨年も書きましたが、リスニングの形式は変えないんですね

正直、公立入試とはちょっと違いすぎますね

まあ、「学力テストは公立入試の模試ではないです!」と言われそうなので、これ以上は言いませんが(-_-;)

おや?昨年に続いて大問2以降は傾向を少し変えましたね


大問4が短い長文(この言い方、なんか変ですね)

公立入試の短文を少し意識した作りですね

本文にしっかり答えは書いてありますから、ここは短時間で通過したかったですね


大問5

問3は引っかかった人が多かったでしょう

通常、こういう問題では、「What food…」と書くケースが多いですからね

問6のCは「as」ですか…

どうなんですかね、前置詞を答えさせる問題っていうのは


大問6

問6は「本文の内容に合うように」ですからね

くれぐれも、自分で考えて答えてはいけませんよ

問7は、アの「all year」というのが…

いや、一年中なんでしょうが、もうちょっと別の表現なかったんですかね

きっと、2011〜2014のすべての年と思った生徒もいるでしょう


というわけで、2日間に分けて感想を書いたわけですが

例年と比べて、「これはちょっと…」という出題が少なかったです

明日が得点集計の締切日なので、週末には道コンのSSに換算したものが出るでしょう

まあ、あまり気にしないでくださいね(-_-;)


それでは、今日はこのへんで


| 学力テスト | comments(4) | trackbacks(0) |
comment
あんじゅ | 2015/09/24 4:21 PM
始めまして、いつも参考にさせていただいております。
札幌の塾長50人で先生のお顔を拝見しました。
近くに住んでいたらな〜と残念で仕方ありません、、、

今回の学力Aは190点もいかず、目指す月寒、北広、啓成理数は難しいのかなと思いつつも再びBに向けて頑張っているところです。(夏の道コンも200を越えず)

そろそろ私立の説明会をと思っていたいたところに、新陽高校のSサポートは物凄い魅力を感じました。
我が子は道内国立大を目指したいようで、Sサポートの予備校代と年間10万の奨学金は魅力があります。
ただ私立の本命と同じA日程ですので、まずは来月の説明会を行ってみて本人がどう感じるかでしょうね。
私立の本命は全額どころか半額も無いでしょうから(苦笑)

1学期の中学の3者面談も、こちらのブログを見た後だけに担任が道○受験者情報と○コン事務局のガイドブックを出してきた時は複雑な気持ちになりました。
その頃、塾は塾で下の子(小6)の入塾を勧めたいのか?ここの私立は興味ありませんか?ここの学校はどうですか?といった話です。
確かに頭の悪い子ではありませんが、かなり優秀な子でないと入れないと認識していただけに驚きです。
塾推薦とか、すんなり入れる何かでもあるのでしょうかね〜。
子供の将来の夢がハッキリしているのでお断りしましたが、、、

さて学力Bまで2週間をきりました。
塾いわく、BCと点数が上がっていくものだそうですが?ちょっと信じたいような、でも疑って頑張るのみですね。
その点数で中学も判断するのでしょうから(悲)





たかとりーな | 2015/09/25 2:09 AM
はじめまして

やはり、皆さん私の顔が気になるんでしょうか(笑)

たま〜に、ブログの写真に写っていたりするんですが(焼肉やボウリング大会)

まあ、夏の道コンや学力テストの点数はあまり気にしないで、「自分ができないところはどこか」を探すものだと考えてください

そのためには、正解している問題も、はっきり理由が答えられるかチェックしたほうがいいでしょう

ある意味、間違えた問題よりそちらのチェックの方が重要かもしれません

私立の説明会は、全く参加しないよりかは、いくつかご覧になった方が良いかと思います(基本的に良いことしか言いませんので、話半分で)

本当は、紹介できませんでしたが「私学フェア」に参加していれば、効率よくいろんな私立の話を聞くことができたんでしょうが(^_^;)

私立中学は、明確な塾推薦はないんでしょうが、合否ギリギリであれば、若干有利に働くのかもしれませんね(詳しいことは私も知りません)

俗にAが一番難しいと言われているのは、範囲が絞り切れないからで、問題自体の難易度か変わるわけではありません

ですから、勉強しなければ点数は上がらないのは当然です

頑張ってください
あすみ | 2015/09/26 1:05 AM
大変参考になる記事ありがとうございました。

数学…決して簡単ではないと言われる定期テストと比べて平均点が100点換算で10点以上低かったり、いつも道コンの数学で名前が載っているような子でも、今回まさかの40点台だったとか、そういう話を聞いていたので、そうか、簡単だったのか、と気を引き締めなければなりませんね。というか気温差の問題、ご多分に漏れず…(-_-)

国語の記述問題、確かに解答欄が二つ欲しかったかも…子どもは改行して書いたもので、字数が足りないと注意されたようですw

英語は、聞き取りはできたのですが、入試とは形式が違うのですね(^_^;)

学年全体の平均点や順位などは分からないので、難易度や出題傾向のお話は、とても助かりました。
たかとりーな | 2015/09/26 2:13 AM
数学は、道コンや入試との問題構成の違いが、影響しているのかもしれません

1枚目の表でつまづくと、気持ち的に立て直すのが難しいのかもしれませんね

まあ、一度はパニック状態も経験して欲しいので、早い時期で良かったと思いましょう

実は、道コン事務局から道コンSSへの換算表はもらっているのですが、急いで記事にしなくても後日HPで公表されると思いますので、その際に詳しく話をさせてもらおうと思います



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/2727
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode