札幌市中央区北1条東1丁目6−16ニューワンビル3階
「学びや むげん」代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 何だかなぁ main 私信ですね、これは >>
学力Bに向けて
学力Aの問題を、軽くですが見ました

社会…相変わらずですね(-_-;)


日本の諸地域で九州地方を出題

歴史で九州地方を題材に出題


何で、そんなに偏ったことをするんでしょうね


さて、今日する話は、どうしても学力Bで点数を取らなければいけない人に向けた話で、真面目に勉強している人からすると「邪道」と映るかもしれません

ですから、その通り実行するかどうかは、各自で判断してくださいね


まず、学力テストの範囲表は手元にありますか?

一番わかりやすい理科から説明しますと、それぞれの単元が一部を除き、ABCの中で2回出題されることになっています

AB
身近な物理現象・化学変化とイオン・植物の生活と種類・気象とその変化

AC
身の回りの物質・電流とその利用・動物の生活と生物の変遷

BC
化学変化と原子分子・大地の成り立ちと変化・生命の連続性

Cのみ
運動とエネルギー


今回のAで出題された内容は、断言はできませんが、BやCでは出題されにくいです

恐らく、ABCを受けることで満遍なく復習できるようにとの配慮でしょう

ですから、それを逆手に取らせていただきます

まず、身近な物理現象では今回音と光が出題されましたから、Bでは力、圧力や水圧・浮力などが出題される可能性が高いです

化学変化とイオンでは、電池が出題されましたから、Bでは酸アルカリ塩(特に中和)、後は電気分解や原子核の構造なんかも出やすいでしょう

植物の生活と種類は、花のつくりと蒸散でしたから、Bでは光合成と呼吸、植物の分類などが怪しいです

天気の変化は、グラフを使った問題、湿度が出ましたから、Bでは天気図(前線)、それに付随して気圧配置や気団などについて

こんな感じで出題する範囲を絞り込むことができるのです


もちろん、やり直しはするのですが、今やるのではなくABCが終わった後にまとめてでも、構わないと思います


数学では、空間図形がBだけの出題になっていますので、体積・表面積の問題はしっかり練習しておいた方がいいでしょう

あと、文章題が出るとしたら二次方程式です


学力Cは、さらに絞り込むことができます

定期テストと重なる学校も多いでしょうから、ある程度効率よく勉強しないといけませんね


まあ、これも塾の先生の仕事の一つです

良いか悪いかは別にして

うちは、出る範囲だけは教えて、それ以外は生徒自身が考えて勉強してもらいますけどね

対策プリント作ったり、対策授業をしたりすることはないです


それでは、今日はこのへんで


| 学力テスト | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode