札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2014年 北海学園札幌高校説明会 main お答えします >>
2014年 札幌創成高校説明会
昨日に引き続き、私立高校の説明会の記事です

創成高校についての記事は、5月の学校見学会のときも書いています

こちら

まず、細かい数字は9月の説明会のときに、と書いてましたので(笑)


定員が305名ですから、2年連続での定員確保ですね

まあ、半数以上が推薦・単願というのは、致し方なしといったところでしょうが

2012 268名中146名(54.5%)
2013 352名中162名(46.0%)
2014 339名中199名(58.7%)

年々、総合コースの推薦・単願者が増えているのも気になりますね

2012 131名
2013 141名
2014 169名

入試の合否判定ラインについても説明があったのですが「マル秘」と書かれてあったので、さすがに記事にするわけにはいきません(^_^;)

ただ、一般入試については昨年までと同じで、推薦・単願入試については昨年より基準が上がるそうです

何やら、定員の110%超えが2年続くと道の学事課から「指導」が入るんだそうです


さて、気になる進学実績ですが…

S選抜コース(24名)からは6名、特進コース(25名)からは1名、国際コース(13名)からは1名、大進(総合コースから大学進学を目指す)コース(136名)からは5名、計13名が現役で国公立大学に合格したそうです

そして、ここが創成高校の良心的?なところなのですが、一般受験なのか公募推薦なのかを教えてくれています

一般受験はこのうち4名、9名は公募推薦による合格です

なんだ、一般受験ではないのかと思うかもしれませんが、名前を書いたら入れるような私立大学のAOや推薦入試ならいざしらず、国公立大学の公募推薦は意外と大変なんですよ

北大合格者が6年ぶりにいなかったのも、学校的にはちょっと実績を強調したいうえではマイナスでしたね

学校案内からも、その苦労がしのばれます


で、このあたり進路担当の先生がなかなか面白い話しをしていたのですが

ここ数年、「直前での安全志向と失速傾向」が見られると

何でかな〜と考えたときに、学力以外の+αがなければいけないのではないだろうか

ということで、視野を広げるために勉強以外のこと(部活動、同好会活動、委員会活動、ボランティア、学校行事などなど)に積極的に取り組んでもらおうと

東西南北などと違い、どうしても中学校時代にリーダー的な立場ではなかった生徒が多いそうで、生徒主導で学校行事などに取り組ませても、最初はなかなかうまくいかないそうです

そこで、やっぱり無理だからと諦めるのではなく、我慢して続けてもらうことで少しずつ形ができつつあるのだとか

あと、S選抜でも強化指定クラブに入れるのだそうです

他の学校では、最上位クラスの生徒の部活動を禁止していたりするので、これは特徴的ですね

あと、講習は強制ではなく選択・希望制にしたのだそうです

これはいいですね、ぜひ他校さんもお願いします(笑)


こういった私立上位コースは「合う・合わない」がはっきり分かれると思います

公立・私立の上位校の中で、たくさんいる生徒の中の一人として同じことをやらされるより、少人数で手をかけてもらうほうがいいという生徒には向いているでしょうね

今年は、高3生に京大の薬学部を狙っている生徒がいるらしく、学校としてもそのレベルの生徒を受け持ったことがなく、試行錯誤を続けているのだとか

この生徒さんは塾とか予備校には通っていないんですかね…

もし、高校のみで合格できれば、学校にとって大きな自信になりますね

ぜひ頑張ってほしいものです


それでは、今日はこのへんで


| 学校説明会 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/2245
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode