札幌市白石区北郷2条4丁目コープさっぽろそば
N43 INAビル1階「学びや むげん」
代表のたかとりーなが日々考えていることです
<< 2014札幌圏の公立高校出願状況(前編) main ミスをなくすにはどうすればいいのか? >>
2014年札幌圏の公立高校出願状況(後編)
まず、昨年出願変更で大きな動き(2ケタの増減)があった高校は次の通りです

( )の中の倍率は昨日とは違い、推薦を抜きにした当初倍率です

ただ、倍率は微妙に違うかもしれませんので、明日教室に行ってから訂正する高校もあるかもしれません(^_^;)

まずは増えた方から

西陵   +25(1.02)
東陵   +14(0.99)
大麻   +12(1.12)
千歳北陽 +18(0.69)
北広島西 +23(0.97)
石狩南  +29(1.07)
当別   +10(0.99)
恵庭北  +19(0.97)
旭丘   +19(1.50)

2ケタと言っても30人以下の高校ばかり

旭丘を除けば、定員割れや低倍率の高校がほとんどです


続いて減った方

西    −22(1.54) 
南    −25(1.28)
北    −20(1.40) 
英藍   −11(1.19)
石狩翔陽 −11(1.37)
新川   −27(1.44)
開成(コ)−11(2.11)

西南北のTOP校は全て高倍率でしたから、下がるのは仕方がないと言えるでしょう

新川も1.4倍超えてましたからね


では、低倍率の高校が必ず出願者が増えて、高倍率の高校が出願者が減ったかというと、そうとも言えません

藻岩、平岸、清田、開成(普)などは毎年出願変更が少ないですし、江別、野幌、千歳、北広島など、札幌郊外の高校も極端な低倍率(定員割れ)でもない限り、出願変更の動きは少ないです


さて、以上のことを踏まえて、ここからが今年の話です

まず、東西南北のTOP校はどう動くのか?

西や北は若干出願者が減り、東は微増、南は現状維持

そのように思います

ん?去年も同じこと言ってましたね(^_^;)

理由も昨年と同じ

1つ目は、動こうにも他の高校も軒並み倍率が高いため、動くに動けないということ

準TOP校と言われる開成や旭丘

さらに国際情報や月寒まで倍率高いですからね

開成の普通科については低いでしょ?と思う方は昨日の記事をもう一度読んでください

もう1つの理由は、東西南北を受験する生徒は、ダメなら私立と腹をくくっているケースが多く、倍率で志望校を落とすケースが少ないからです

そもそも、倍率見て下げるくらいの気持ちで受ける高校ではないです( ̄▽ ̄;)


次に、大きく出願者が動きそうな高校はどこか?

例年と同じであれば、定員割れの高校はほぼ確実に

そして1.2倍以下の低倍率校は志願者が増える可能性があります

ただ、上の条件でも昨年より倍率が上がっている高校は、あてはまらないと思ったほうがいいでしょう

啓成
北陵(定員割れ)
手稲(定員割れ)
白石
東陵(定員割れ)
南陵
真栄
あすかぜ(定員割れ)
稲雲
英藍
江別(定員割れ)
野幌(定員割れ)
大麻(定員割れ)
千歳
千歳北陽(定員割れ)
当別(定員割れ)
恵庭北(定員割れ)
藻岩
清田

今年は大幅に減った高校が多かったので、出願変更でも大きく動くような気がします

その中でも、手稲は結構増えるのでは?

昨年の高倍率が嫌われただけのような気がするので、西、新川、国際情報あたりから流れませんかね

下の市立高校2つは微妙ですね(^_^;)

毎年市立高校は思ったほど動かないんですよね、手続き上の問題なのかわかりませんが

さらに、勘違い?により開成の普通科も増えそうな気がしますよ


逆に、1.3倍を超えるようであれば出願者が減る可能性が高いのですが

西
月寒
東豊
白陵
国際情報(普)
北広島
啓成(理)
国際情報(国)
旭丘
平岸(普)
新川
開成(コ)

並べてみると、志望校を落としたくない、もしくは落とせないケースが多いと考えられるため、大きく減らしそうなのは…

北広島と新川くらいですかね


まとめると「例年より定員割れしている高校や昨年より減らしている高校が多いため、出願変更の動きは激しいのでは?ただ、そうは言っても上に挙げたような一部の高校に限られるはず」というのが私の考えです


最後に

私は倍率と言うのは、気にしなくても困るし、気にしすぎても困るものだと思っています

大学入試ではないので、2倍を超えるような倍率でなければ、それほど神経を尖らせるものではありません

とはいえ、1倍を超えるということは「誰かが落ちる」のです

その「誰か」にひょっとしたら自分がなるかもしれない

そういった危機感が持てない人は受験を舐めている証拠です

「○○高校なんて余裕〜」

そう言って、ちっとも勉強していない人、周りにいませんか?

必死で勉強している姿を知られたくないだけかもしれません

本気で余裕と思っているのかもしれません

もし後者だとすれば…痛い目をみることになりますよ

たまたま合格したとしても、次の壁を越えることができないと思います


油断することなく、必要以上に恐れることなく

自分の最善を尽くすという心構えで、粛々と受験の準備を進めてもらえたらなと思います


それでは今日はこのへんで


| 教育関係 | comments(3) | trackbacks(0) |
comment
Mi | 2014/01/30 3:49 AM
受験生の母親です

昨年ここを見つけてからは、毎日拝読しています
ホントに毎日(^^)

いよいよ残り一ヶ月ほどとなりました

昨日出た出願状況を見ると
昨年ほどではありませんがやはり高倍率!

でも、志望校は絶対変えない!の一点張りで
根負けしました

とにかく波があるので心配です
数学や英語はくだらないミスがほとんど
しかも、三角形の面積なのに二分の一を忘れたとかありえないレベルのミスです
(TOP校受けます(^^;;

ミスがなかったときとひどかった時では
SSでくらべると10以上ひらきがあります

ミスも、これほどあると、それが今の実力なわけで…本番でこれをやってしまったらアウトですよね

今から何とかミスをなくす方法はないでしょうか?
解法がわからなかったわけではないので
間違えたところを何度もやり直すというのも
違いますよね?
たかとりーな | 2014/01/30 11:57 PM
いつも見ていただいてありがとうございます

志望校は絶対変えない!

それくらいの気持ちがないとTOP校は難しいですよ

まずは第一関門突破ですね

さて、ご質問の件

コメントに埋もれさせてしまうのは勿体無いので、記事化させていただきますね

私からの返答は今日の更新ということで
Mi | 2014/01/31 12:11 AM
ぜひよろしくお願いします!

ありがとうございます。



この記事のトラックバックURL
http://takatori-na.jugem.jp/trackback/1982
trackback
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Link2
Mobile
qrcode